楽譜とバイオリン
e0077899_7535164.jpg
父親正也の話だ。

戦争で5年戦い、その後シベリアで5年間抑留された正也。
命からがら日本の地を踏んだのは、京都舞鶴の港。
35才になっていた。
お国から、7000円(今の15万くらい)を支給された正也は、
両親がその頃住んでいた大分県別府に向かった。
別府の町に着いた正也は、7000円の内、半分の
3500円を払って、バイオリンを買ったのである。
食べるものも、乏しかった戦後のあの時期に・・

さて、日がなする事もなく、ブラブラと別府の街を歩く正也。
手にはいつもバイオリンがぶら下がっている。
ある時、街で声を掛けられた。
「音楽をやるのですか?」
声を掛けた彼が、手に持っていたのは、楽譜であった。
楽譜を持っているものの楽器がない彼と、
楽器はあるものの、楽譜がない正也が遭遇したのである。

正也はさっそく、楽譜を貸して呉れる事を嘆願した。
快く貸して頂いた大量の楽譜。
その日から、正也の楽譜の写しの作業が始まった。
五線譜を買い込み、正確に写し取ってゆく。
ミスは許されない。

こうして何十曲もの楽譜が出来上がった。
この中に、サラサーテ作曲の<チゴイネルワイゼン>があった。
バイオリンの曲の中でも、とりわけ難しいと言われている曲だ。
マジシャンの様な指使いを強要される。
明大マンドリンクラブで古賀正夫の弟子だった正也は、
チゴイネルワイゼンを弾き続けた。

数年後、正也の3人の子供達は、その成果を聞かされる事となる。
夕食後、集められた家族は、正坐をして、
音楽ショーの始まりを待つ。
おもむろにバイオリンを持ちだした父親が、
首にそれを挟む。
弦をしごいた後、
その曲が始まる。
♪~
実に厳かなイントロである。
バイオリンが泣いているかのようだ。
この曲を作った人は、とても悲しかったのだろう・・と
子供心にもわかる。
やがて、佳境に入ってゆく。
とてもエキセントリックな旋律が続く。
指先が魔法のように動いている。
もの凄い速さだ!
っと、その時、正也が口で旋律を歌い出した。
余りの速さに指が付いていかず、
究極の部分だけ、口で演奏するのである。
そして、その部分を通過すると、
まるで何事も無かったかのごとく、
再び、バイオリンが歌いだす。
見事な、チゴイネルワイゼンのアンサンブルである。

その後、事ある毎に、この一人アンサンブルを聞かされた。
こうして育った子供達は、
チゴイネルワイゼンの曲を誤解して覚えてしまった。

最近、本物のチゴイネルワイゼンを聴く機会があった。
究極の部分で、
なんと、バイオリンの音色が響いているではないか!
その違和感!
思わず呟いてしまった。
「コレは違う・・チガウワイゼンだ」
e0077899_7532730.jpg
           60年前のチゴイネルワイゼン
by ishimaru_ken | 2009-06-29 07:55 | その他
<< ミーバイ 銀田 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧