ホルモン命
e0077899_8343919.jpg
 <ホルモン>のちょうちんの文字に惹かれて、
その店に入ったと思って下さい。
そこは、ある地方都市の、繁華街のネオン街だと思って下さい。

 カウンターしかなく、15人も座れば満杯の店である。
丸椅子のスツールに座ると、七輪がカウンターに出てくる。
「何にいたしやしょ」
メニューをにらみ、3品選ぶ。
ホルモン
 シビレ
 ハチのス
まあまあのマニアックな頼み方である。

さあ、生ビールを片手に注文の品を、焼こうとしたら、
カウンターのお兄ちゃんが、トングで、さっさと焼いてくれる。
「ふ~む、そういうシステムの店だったか・・ま・いっか」
この「ま・いっか」が、後悔の始まりだった。

 私は、焼き肉系は、自分で焼きたい派である。
自分のペースで、食べる分だけ焼きたい派である。
尚且つ、迷い箸である。
アッチを少々。コッチを少々。
口の中に入る肉の味が、常に変化するのが好ましい。

 ところがである。
この店は違った。
最初のホルモンが出されたら、それ全部
火の上に、ぶちまけられた。
トングでお兄ちゃんが、見事に焼いてくれる。
焼きあがると、七輪の隅の火が弱い地帯に、積み上げてくれる。
「さあ、さっさと食べなさい」
お兄ちゃんの目が、暗黙のウナガシをしている。
ガツガツガツガツ・・
(ん・・旨えナ)
食べ終わるや、次のシビレが火の上に、ぶちまかれる。

(え~と、あのぉ~
  バラバラにぃ、少しづつ食べたいんですけんど・・)
言いたいんだけんど、
雰囲気がそれを許さない。
カウンターに座っている他の客を、改めて眺める。
ふむふむ、二人単位だナ。
ふむふむ、男と女だナ。
ふむ、この店はホルモン屋だったナ。
男性ホルモンとか、女性ホルモンとかの、ホルモン屋だったナ。
その昔、<力ホルモン(りきほるもん)>なる、
強請系のドリンクがあったナ。
そのデンでいくと、
私以外の客は、ホルモンを純粋に味わっているワケではないナ。
ホルモン屋に行ったと云う実績を、利用しようとしているナ。
舌は、食べる為ではなく、喋る為に使っているナ。

「ホホ肉下さい」
私の追加注文が、厨房にとぶ。
ホホ肉が出てくる。
すぐさま。ぶちまかれる
ジュ~ジュ~
あっという間に焼かれ、所定位置(火の弱い部分)に並べられる。
「さあ、さっさと食って、ホルモン系に行きやがれ!」
お兄ちゃんの暗黙の目が、そう促している。

な・なんだと!
世の中にはナ・・
ホルモンをホルモンとして、純粋に愛している輩がいるんだゾ!
ホルモン命のティシャツを着たい輩だっているんだゾ。
プリン体だとか、痛風だとか、を乗り越え、
ホルモンのカンバンを見ただけで、
涎まみれになる野獣がいる事を、知るがいい!
e0077899_846016.jpg

by ishimaru_ken | 2010-05-20 08:36 | その他
<< お天気お姉さん パノラマ台 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧