銀色のサバ
e0077899_7551171.jpg
 サバの話をしよう。
時折、サバの話をしないと、サバ好きの友人から、
「イシマルさんは、もうサバは見限ったんですか?」
お怨みのお便りが来てしまう。

そろそろ、サバの季節である
そのサバを水中で眺めた事があるだろうか?
真横から・・・
私はある。
ないと云うアナタは、水族館に行って、サバを見なさい。
きっと驚くに違いない。
銀色だけじゃ~~ん!
模様が、ほとんどないじゃ~ん!
このナゾの答えを解き明かそう。

サバは、我々だけの好物ではない。
魚たちは、みんなサバが好きだ。
サバを生きたまま餌に使うと、大きな魚はすぐにとびつく。
サバの切り身を餌に使うと、イカでも、海底の魚でも、
もれなく、興奮する。
つまり、サバは地上でも、海中でも大人気なのだ。

その事を知ってか知らずでか、
サバはサバなりの護身術を身に付けた。
水中で見つけにくい色に、身体を染めた。
まず、魚体を3方向から見てみよう。

<真上から>
サバをサバたらしめている模様が見える。
深緑に、青を混ぜた色あい・・
そして、あの迷路のような紋様。
あれは、上空から見た場合の水面を表現している。
水面のさざ波に似せた擬態と云っていい。
迷わせているのは、鳥である。
海面近くにまで浮かび上がるサバにとって、
鳥を目くらますのは、必死の作業だ。

 <真下から>
好かれるサバは、真下からも襲われる。
したがって、海面に似た色で、
おなかの部分を隠さなくてはならない。
あの銀色は、空が映る水面を擬しているのである。

 <真横から>
問題は真横だ。
魚屋さんで売っているサバは、上半分が深緑模様で、
下半分が、銀色だ。
ところが、
海の中に潜ってサバを見ると、
ただの銀色の魚体が泳いでいるに過ぎない。
海水色の物体と言ってもいい。
「え~どういうこと?
 あの模様はなぜ見えないの?」

ここにサバが太古の昔から見に付けた
<ウロコ>のワザが登場する。
魚には、殆どの魚体にウロコがある。
サバのウロコは小さい。
そのウロコの付き方が、興味深い。
アナタは、ウロコという物は、
魚体に沿って張り付いていると考えているでしょう。
ところが、顕微鏡レベルで観察すると、
ウロコは、全部、垂直に立っているのだ。

サバを顔の正面から見てみよう。
仮に、ウロコを窓ガラスに例えてみると、
すべてが垂直に嵌められている窓ガラス
をイメージして欲しい。
身体の上方も、真ん中も、下方も、垂直だ。
すると、どうなる?
横からの光は、垂直のガラスに反射されるので、
身体の色ではなく、水中の色を反射するのである。
光が強ければ、銀色に・・
弱ければ、暗いブルーに・・
マジックで、テーブルの脚を消す仕掛けと同じだ。
結果、サバは見えなくなる

はい、サバくん良く出来ました~
拍手をしてやりたいのだが、
なぜか、サバくんは、よく食われる。
いとも簡単に発見されるのだ。
理由は、たぶん本人も解っていると思うヨ。

きみ!
動き過ぎだよ!
e0077899_7543285.jpg
      刺身でいただきます
by ishimaru_ken | 2010-10-06 07:57 | その他
<< サバ死すとも 愛煙家の皆さん >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧