その時 ③
e0077899_5173035.jpg
~一昨日からの続き~

 大きく揺れる地下鉄車内に私はいる。
目を閉じた
今、いるのは、地下30mほどのトンネルの中だ。
停電が発生すると、恐らく真っ暗に近い状態になるだろう。
人は、我慢すれば、暗闇に耐えられるかもしれないが、
突然、真っ暗になると、パニックを起す。
その為に、あらかじめ、目を馴らしておく必要がある。

たまたま、私には訓練が出来ていた。
コレは、真っ暗な舞台上に、袖から出て行く役者が、
皆やる行為なのだが・・
出番の1分以上まえから、
目をつぶっておくのだ。
すると、かなりの暗闇でも、スイスイと歩く事ができる。
やれと言われれば、走ることもできる。
本気になれば、
舞台の、客スレスレの断崖に立つことも可能だ。
スレスレに挑戦して、客席側に転落した役者もいる。
(私だ)

話を戻そう。
まだ揺れは続いている。
一定の揺れというより、
やや大きく揺れたり、やや小さく揺れたり・・
列車内の灯りは点いたままだ。

揺れは、
時間にして、2分以上3分以内続いた。
揺れは、突然終わるのではなく、だらだらと終わった
列車内に、どお~と、母音だけの感嘆詞が吐き出される。
まるで、皆が、暫く息を止めていたかのようだった。

最初の雑音は、声ではなかった。
それぞれが、取り出す携帯の操作音だ。
声も聞こえる。
しかし、大声はない。
むしろ、ヒソヒソ系の囁きだ。
「揺れたね」
「うん、揺れた」
「びっくりしたね」
「うん、びっくりした」
「止まったね」
「うん、止まった」
3つくらいの簡単単語会話が、あちこちで起こる。

「ただいま、運転を見合わせております。
 ご迷惑をおかけしております」
先ほどよりも緊迫した声の、アナウンスが響く。

足のストレッチを始めた。
座ったまま、筋肉を緊張させたり、緩めたり・・

「列車から降りるのは危険です。
 決して、線路を歩かないで下さい」
このセリフが最も強調されたアナウンスだった。
「ただいま関東地方を襲った地震の影響で、
 列車の運行を見合わせております」
二つの状況セリフが、繰り返される。
頻繁に繰り返される。
車掌の声は震えていない。
逼迫していないし、叫んでもいない。
だからといって、人ごと感もない。
(わたしも困っている)感が伝わってくる。

(動かない・・地下に閉じ込められる)
皆が、無意識に目だけを動かし始めた。
e0077899_517501.jpg

by ishimaru_ken | 2011-04-08 05:19 | その他
<< その時 ④ その時 ② >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧