第一回異種個人メドレー
e0077899_5395617.jpg
 「第一回、異種個人メドレーの開催です」
プールでの競泳種目が、4つ出揃ったところで、
いよいよ、メドレー競争が行なわれる次第となった。

日本代表のイシマル選手も、決勝まで勝ち進み、
メダルをかけて、試合に臨むことになった。
では、実況アナウンスをお聞き頂きましょう。

「伊東市ハトヤ屋外プールでは、
 200m個人メドレーの決勝の号砲が、
 鳴り響こうとしています。
 4コースには、日本が誇る、初代異種メドレー泳者イシマルが、
 顔面を真っ赤に紅潮させております。
 さて、メドレーを簡単に、ご紹介いたしましょう。
 スタートは、<面かぶり>、次に、<クリオネ>
 そして、<ターザン>と続き、
 ラストが<スクリュー>でゴールです。

 おっと、イシマル、特製のゴーグルを取り出しました。
 水流に対して無抵抗が売り物の、
 バタヤン印の特注品と自慢しております。
 果たして、効果は発揮されるのでしょうか?

 轟音一発!
 スタートしました。
 まずは、面かぶりです。
 両手を真っすぐ伸ばしたまま、ただただ、50mのバタ足です。
 バタ足地獄とはよく言ったもので、
 ただ水しぶきを激しく挙げているだけの泳法と云えるでしょう。
 腕が、曲がったら失格です。
 イシマル選手、まずまずの好位置に付けています。
 さあ、最初の50m、何位でターンするでしょうか?

 そしてここで、異種メドレー独特のターンが見られます。
 麺かぶりの両手が壁面に着いた途端、
 そのまま、手で押して、足の方向に進むのです。
 そう、これこそ、<クリオネ>
 まるで、ユラユラと、優雅に後退していく様子が、
 水族館にいるクリオネに似ているところから、
 名前が付けられました。

 お~ぅっと、イシマル選手、遅れだした。
 クリオネが不得意と戦前かたっていた通り、
 スピードが出ない。
 元来、スピードが出しにくいこの泳法ですが、
 それにしても遅い。
 顔面を上に向けて、足方向に進むので、
 口や鼻に水が入るこの泳法・・
 アララ・・イシマル選手、咳き込んでいます。
 珍しい事に、水泳選手が、競技中にゴホゴホ咳き込んでいます。
 オエっとか、言っています。
 あっ、今、鼻をかんだようです。
 一応ルール上は、違反ではないようです。
 違反ではありませんが、非常に珍しい光景です。
 水泳選手が、競技中に鼻をかんでいます。
 あっ、その手を隣のレーンに振りました!
 3コース、オーストラリアの、
 イヤダワン・ソープが驚いています。
 やはり隣5コース、アメリカのヘルペス選手は、
 思わず泳ぎを止めました。
 これは、後ほど、審議の対象になるでしょう。

 さあ、100mのターンです。
 次は、<ターザン>
 顔面を、常に水上に出して泳がねばなりません。
 今のところ、4番手のイシマル選手、
 ここで追い上げたいところです。
 腕をかくたびに、右左と、首を振っています。
 コレは、苦しい闘いになりそうだ。
 20キロ近い頭部を、水面に浸けないで泳ぐには、
 頭を振るしかありません。
 苦しい・・と思いきや、
 イシマル選手、なぜかニコニコしております。
 笑っています。
 なんと、観客に愛嬌をふっています
 顔が、テレビカメラに映っているからでしょうか・・
 職業柄でしょうか、満面の笑みを浮かべて、
 笑顔を振りまいています。
 あらま、クロールの途中で、手を振ったりしています。
 ハトヤホテルに集まった観衆に手を振っています。
 タイムは大丈夫でしょうか?

 まもなく、150Mのターン。
 4位で、ターンを終えたイシマル、最後の泳法
 <スクリュー>を残すのみとなりました。
 クロールと背泳ぎがミックスされたこの泳法。
 仮に、ゴールから見れば、反時計回りに、
 身体が、グルグル回転して、進んでいきます。
 方向を定めるのが、非常に難しい泳法と言われています。
 しかし、イシマル選手このスクリューを得意としています。
 早くも、3番手に上がってまいりました。
 もの凄い回転です。
 目が回らないのでしょうか?
 おお~っと、2番手のソープを抜き去りました。
 どんどん回転が上がっているようです。
 トップヘルペスとの差は、あと、わずか!
 ガンバレ、イシマル!
 ああ、抜いた抜いた!
 トップに躍り出た!

 いや、どうしたことか?
 隣のレーンとの境にある黄色いロープに、
 腕を打ちつけたではないか!
 ああ~っと、そのまま、回転しながらロープを乗り越えた!
 ヘルプスの進路妨害だ!
 いやいや、さらにそのまま、2コースのロープも乗り越えたゾ!
 な、なんと、1コースのロープも乗り越えた!
 イシマル、スクリューが止まらない。
 グルグル回っている。
 ああああ~、ついにプールサイドに乗り上げた!
 そして、そのまま、まだ回っている。
 ゴロゴロ転がっている。
 いったい何が起こっているのでしょうか?
 ゴロゴロゴロゴロ転がって、今、側壁の掃除バケツに
 ぶつかって止まったあ~~!」

「成績発表です。
 異種個人メドレー優勝、ヘルペス選手。
 副賞として、ハトヤ宿泊券1年分が贈られます。
 なお、イシマル選手は、失格とはならず、
 正式には、次のような発表がありました。
 《戦線離脱》
 イシマル選手のインタビューが撮れておりますのでどうぞ」

『はあはあ・・』
「失格ではないそうです」
『あっそ、でね、このバタヤンデザインゴーグル、調子いいよ、
 100分の何秒か、速いネ、コレ売れるネ』
「戦線離脱だそうです」
『売れたら、アイデア料とか貰えるのかな?』
e0077899_5393638.jpg

by ishimaru_ken | 2011-08-05 05:47 | 謙の発見!
<< ウナギの夢 究極の泳法 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧