犬も歩けば 棒にあたる
e0077899_934580.jpg
                      仁徳天皇稜
《犬も歩けば棒にあたる》
私は、この故事を聞くたびに、首をひねってしまう。
どういう意味だろうか?
アナタはこの故事の、
真の意味を考えた事があるだろうか?

たぶん、好奇心の話をしているんだと思う。
好奇心旺盛な代表格の、犬クンの話だと思う。

イシマル説①;
 犬クンが、歩いていれば、棒に出くわすんだよネ。
 棒とは、
 犬を遊ばせる為に、放り投げる棒だネ。
 「ほうら、取って来い!」
 その棒を、あるとき散歩をしていた犬クンが、
 自ら偶然に発見したんだな。
 「おっ、こんなとこに在った!」
 《犬も歩けば、棒にあたる》

イシマル説②;
 犬クンが歩いていると、
 突然、藪から棒が飛び出してきて、
 犬クンの足に引っ掛けるらしい。
 犬クンを転ばそうと誰かが、
 棒を持って隠れているらしい。

イシマル説③;
 犬クンは運動神経が優れている。
 猫に次いで優れていると思われている。
 その犬クンが歩いていると、
 さすがの犬クンでも、つまずく事がある。
 その原因が、<棒>だ。
 理由はわからないが、
  なぜかそこに在った棒につまずくのだ。
「おおォ~っとっォ~」
 ついやっちまった自分に犬クンは、恥じるのだ。
 恥ずかしいので、居直るのだ。
「犬だってよォ~歩いてりゃァ、棒に当るでさァ~」

イシマル説④;
 犬は、常に走っていると思われていた。
 猫を追い、
 猿を追い、
 羊を追い、
  追わなくてもいいのに、自転車を追い・・
  よせばいいのに、列車を追い・・
  ゆえに、犬が歩いている姿は、日常的でなかった。
  常に、走っていると思われていた。
  ゆえに、もし、歩いているとするならば、
  じっとしている棒にでも当たるだろうと考えた。
  《犬も、歩けば、棒にあたる》

イシマル説⑤;
 昔々、動物受難の時代があった。
 牛も馬も羊も豚も、
  みんなムチ打たれる時代があった。
  棒でぶん殴られながら、働かされていた。
   犬も例外でなかった。
「タロウ、ちょっとこい!」
  ゴンッ!
  棒でぶたれた。
  理由もなくぶたれた。
  それが、犬には口惜しかった。
  なぜ自分がぶたれるのか、いきどおった。
 「牛ならともかく、なんで、人間さまに、
    かくも忠実なオイラまでもが・・」
  涙を浮かべて、耐えていた。
  そんなある日だ。
  ついに、犬はグレたのだ。

「オレだってなァ~、オレだってなァ~」
 歩きながら、主人さまが使っている大切な、
 棒にアタッタのだ。
 コノヤロ、コノヤロ!
 《犬だって歩けば、棒にアタル》
e0077899_8565583.jpg
       駒・・牛なの?
by ishimaru_ken | 2012-07-22 05:51 | その他
<< 残響 犬も歩けば >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧