ベタベタ度ランキング
e0077899_15173227.jpg
 <ベタベタランキング> 
オリンピック競技を見ていると、
ポイントを獲った時に、選手同士が、手を叩きあったり、
抱き合ったり、お互いを鼓舞して接触をする。
昨今のスポーツシーンはベタベタである。

ところが、個人競技では、ベタベタは減る。
無いと言ってもいい。
メダルが取れた瞬間に、コーチや仲間とのベタベタはあっても、
普段は、どんなに嬉しくても、ただ一人で拳を突き上げている。
悲しくても、拳を握りしめている。

そこで、競技別のベタベタ度をランキングしてみよう。
何といっても、1位は、コレだ。

1位;バレーボール
 点が入るたびに、選手6人が、タッチをする。
 ワンセット25回以上タッチする。
 失敗した時でも、タッチする。
 1試合で換算すると、最高250回を超えるタッチになる。
 勝てば勝ったで抱きあうし、ベタベタ度においては、
 他の追随を許さないダントツである。
 
似た競技でバスケットはどうかというと、
殆どベタベタはない。
次から次に、得点が入るので、ベタベタしている暇がない。

2位;バドミントンダブルス
 同じネット競技の、バトミントンも頻度が高い。
 得点のたびに、タッチだ。
 つまり、ビーチバレーも同様である。
 ネット競技の宿命かもしれない。
 
ならば同じくネットの卓球ダブルスはどうかというと、
私の観察した限りでは、さほどタッチをしない。
仲が悪いわけではないだろうが、
片手に、ラケットを握っているセイかもしれない。
タッチのつもりで手を出したら、
ラケットで叩かれたでは、危なくていけない。

3位;体操
 意外や、個人競技なのに、タッチが多い。
 演技をして帰ってくると、仲間やコーチとタッチする。
 粉を付けているので、白いタッチになる。
 「良くやったね」というより、
 「次は君ネ」的な要素が強い。
 プロレスのタッチに近い。
 ところが、団体戦になったからと言って、
 タッチ数が増えるかというと、そうでもない。
 個人戦と同様の、軽いタッチで済ませている。
 お互いが、ライバルなのだろう。

ベタベタは、コートの広さとも関係してくる。
サーカーやラクロスのように、広いコートでは、
得点が入った時以外は、わざわざ近寄るのも面倒だ。
したがって、ベタベタ度が低い。
では、団体戦で、狭いコートの水球はどうだろうか?
以外とベタベタはない。
タッチしに行くのに、ひと泳ぎするのが大変なのだ。
おまけに空中に手を出さねばならんし・・
(それは、水から揚がってからな)
喜びはあとに取っておく、大人の競技なのだ、水球は。
e0077899_15164792.jpg

by ishimaru_ken | 2012-08-02 06:15 | スポーツ
<< タッチしないオリンピック競技 吊り輪の恐怖 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧