剣岳登山 ⑦
e0077899_9335832.jpg
 剣岳の通常ルートには、
<カニのタテばい> と <カニのヨコばい>
と名づけられた難所がある。
ところが、そこに辿り着く前に、
すでに、鎖場が次々に現れる。
岩場クライミングをやっている人には、
さして難しいルートではない。
確かに、落ちたら死んでしまう場所ではあるが、
落ちる可能性は極めて低い。
e0077899_9355029.jpg
怖いという精神的な要因が、
落ちる自分を想像してしまう。
平地であれば、誰でも楽に歩ける平均台が、
屋上のヘリに設置されていたら、
とても渡れないのと同じだ。
e0077899_936779.jpg
<カニのタテばい>には、しっかりと、
鎖がぶら下がっていた。
岩の取り付き部には、足ホールドの鉄筋まで穿たれている。
試しに、この部分を鎖なしで登ろうとすると、
フリークライミングでいうレベルの、
10C(テンシー)の能力がいる。
しかし、そこを過ぎると、
7~9のレベルである。
的確にホールドとスタンスを見つければ、
落下する場所でない筈だ。

筈なのだが・・
通常のクライミングと違うのは、
わが身が確保されていない点だ。
もしもの為のロープが、無い。
20m近い垂直に近い岸壁を登る。
しかも、標高2800mを超えた酸素の薄い場所でだ。
「怖い」
恐怖感に身体がすくんでしまうワケにはいかない。
ここでは、誰も助けてくれない。
自分の身体は自分で持ち上げ、
帰って来なければならない。
当たり前の事が、剣岳では試されている。

しかしながら、安全第一の人は、
その鎖に、自分の腰に巻いたハーネスから、
ロープを渡し、尺取虫のように進む戦法もある。
実際そうしているグループもいた。
それはそれで、大変よろしい。
なにせ、朝方雨が降り、鎖自体が湿っている。
滑る。

そもそも、この鎖は登るための備品ではない。
いざという時の補助として、取り付けられてある。
いざ・・とは、
「おっとぅ~」
身体が、岩から思わず離れてしまったり、
「うわっ」
岩が、浮いていて、剥がれたり、
そんな時、目の前の鎖にしがみつくのだ。
もしくは、前出の尺取虫戦法の為だ。
e0077899_9372024.jpg
そんな岩場の下では、常に、渋滞が起きる。
安全を優先させる為に、どうしても、
登山者の渋滞が起きる
「山の中で渋滞ってどぎゃんこつネ!」
怒ってはいけない。
せかしてもいけない。

っと、夕べの山小屋のアナウンスを思い出したのだ。
「早出(はやで)の方は、弁当を・・・」
そうか、1時に起きて、早出した人たちは、
渋滞を避けたのだな。
車の考え方と同じだったのか・・

急峻な岩に取り付いた数人の、
数珠つながりの光景を眺めながら、
ふとつぶやくのだった。
「エベレストでも渋滞があるって聞いたゾ」
e0077899_9365351.jpg

by ishimaru_ken | 2012-09-05 05:31 | スポーツ
<< 剣岳登山 ⑧ 剣岳登山 ⑥ >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧