ワラサフィーバー
e0077899_855881.jpg
<ワラサフィーバー>とは?
ワラサを釣り上げる大騒ぎの状態を、
楽しげに表現していると思い込んでいた。

半分は、当たっている。
しかし、半分は、釣り上げたその後のフィーバーであったのだ。
14本の2~3キロのワラサを持ち帰った私に、
待っていたものとは?

①食べる
②配る
③保存する

この①~③の行為すべてに、ワラサをサバくという技がいる。
勿論、私的には、そのサバく行為が大好きだ。
早速、サバきにかかった。
出刃包丁を研ぎ、額に鉢巻をキリリと巻いて、
デップリ太ったブリの青年ワラサ君を、俎板の上にのせる。
「ふむ、一匹で、20人前の刺身が取れるナ」
飲み屋のオヤジ的な感想が湧く。

私の包丁サバキは、我ながら見事であり、
あっという間に、分解作業が進む。
ここで、言っておきたいが、私は、
魚をあだやおろそかにしない
頭のテッペンから、尻尾の先まで、
すべて食べ尽くしたいと考えている。
その考え方を持っている人間が、包丁を握っている。
背後にあるクーラーボックスには、14匹のワラサだ。
う~~む・・
サバくところまではいい。
コレを誰に食べて貰う?

プルルル~
「あのさぁ~今夜、刺身食べたい?」
友人に電話の襲撃だ。
運の良いことに、私の友人たちは、刺身好きだ。
魚好きだとも言える。
ここで、②の配る行為が始まる。
「何時にいる?」
「何時に取りにこられる?」
友人にとって、ただでさえ、忙しい週末に、
イシマル用事が増えてしまう。

5匹をサバイたところで、行き詰まってしまった。
もう、貰ってくれる人がいない!
なんせ、鯵だのサバだのという大きさの魚ではない。
一匹あれば、5~6人で堪能できる魚だ。
この<配る>という行為は、相手を選ぶ。
貰って嬉しい人ばかりではない。
「後は、醤油とワサビで食べるだけにしてくれれば」
これが、まっとうな貰う側の心境だ。
夫婦二人暮らしのところに、20人前の刺身を届けても、
ご迷惑なのは、言わずもがなだ。

そこで、最終手段。
③ 保存する。
かねてより、この日の為に買い求めた、
マイナス25度の冷凍庫が登場する。
バラバラに分割した大量のワラサの身を、
パックに小分けして冷凍するのだ。

板前さんの私は、額に汗水して、働いた。
たぶん・・釣り船の上で、
ワラサフィーバーを味わっていた2倍の労力を、
釣り上げてからのフィーバーで搾り出したのではないだろうか?
釣るのは、楽しい。
サバくのも、楽しい。
食べるのは、また、楽しい。

おっ、ワラサの画期的な食べ方を思いついたゾ!
e0077899_8545150.jpg

by ishimaru_ken | 2012-10-18 05:48 | その他
<< ワラサの姿焼き ワラサ爆釣 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧