鹿の害
e0077899_12394194.jpg
 鹿の害が叫ばれて久しい。
今や、山は、鹿に食い尽されようとしている。
若い木の芽や皮が、ガリガリ食われている。
笹は、食べやすいらしく、ある山からは無くなった。

その鹿をなんとか、しとめようと、猟師が鉄砲かついで、
山に入ってゆくが、
なんたって逃げ足の速い鹿だ。
追ったって、追えるもんじゃない。

以前、山麓を鹿が集団で疾走している場面に出会った。
林間を、音もなく、走りぬけてゆくスピードに、
たまげてしまった。
ウサインボルトもまっ青である。

しかし、鹿が減らないのは、その逃げ足だけではない。
あの愛くるしい目に、我々人間が惑わされるのである。
「♪~小鹿のぉバンビぃは可愛ぁい~いなぁ~♪」
バンビで育った我々には、鹿は可愛いくて、
ぬいぐるみにもして、
間違っても、食欲をそそるモノではない。
シカ肉が好きな私でも、さすがに小鹿を見つけて、
涎を流すような無作法をしない。

これが、猪だと話がかわる。
猪の子供のウリンボも可愛い。
しかし、ウリンボを見て、
今夜の鍋を想像し、涎がこみあげる自分を嫌いではない。
出来れば、親猪の方を期待したいが・・

3大害獣と言われる、猪、鹿、猿であるが、
鹿だけは、どうも、保護的な観察がなされている。
鉄砲で撃つというより、「頼むから来ないでくれ」的な、
婉曲な駆除だ。

しかし、もはやそんな事を言ってらんない状況かもしれない。
天敵のいない鹿を積極的に駆除しないと、
山の自然が荒廃してしまうかもしれない。
そこで、ある市長さんが、こんな事を言いだした。

「オオカミを放したらどうだろう?」

オオカミに食べてもらおうと議会に提案したのだ。
結果は、即、却下されたそうだ。
ま、そうだろな。
オオカミだって、
ウサインボルトより速い動物をいちいち追いかけなくても、
服を着たのろい動物を襲ったほうが効率いいしな。
脂肪もたっぷりついて旨そうだしな。
そりゃ、却下されるわな。

ところで、
最近の鹿は、逃げやしない。
人が近寄っても、知らんぷりだ。
そのうち都会の駅にハトが居座っているごとく、
山道に、鹿がゴロゴロたむろするようになったらどうする?

っとここまで書いたところで、携帯のメール受信が・・
ひらいてみると、伊豆に住む義弟からだ。
なになに・・?
なんでも昨夜、バイクで帰宅途中、
突然、消防署の近くの道路の真ん中に5,6頭の鹿が出現!
避ける間もなく、
そのまま突っ込み、鹿はぶっとび、自分もぶっとび
本人は軽傷ですんだものの、バイクは破壊!
「おにいさん、鹿は馬鹿だから気をつけて下さい」

すごい!驚いた!
私が考えているより、はるかに早く、
足音は、ヒタヒタとせまっているようだ。

さっき、山麓と書いたが、
麓の字は、林の下に鹿がいるんだわナ。
e0077899_12385139.jpg
    「こら、逃げんかい!」
  「すくなくとも、コッチを見んかい!」
by ishimaru_ken | 2013-03-07 05:38 | その他
<< 真冬の雪山 真夏の本栖湖 ねじまわし有る? >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧