一等船室
e0077899_213624.jpg
 「石丸様の乗船いただく高速船が、故障してしまいまして」
大島から帰る船が壊れたと、わざわざ船会社から電話がかかる。

『はあ、で、どうすれば?』
「時間はかかりますが、大きな船でよろしければ」
『かまわないです』
「お部屋は一等二等がございますが」
『い・・一等で』

そら、迷わず一等にするわな。
新幹線で、普通車とグリーン車どっちにする?
とわざわざ尋ねられれば、そら、グリーンにするわな。

船に乗り込むや、すぐに、部屋に向かった。
<一等、101号>
チケットに書いてある部屋を覗くと、8人分の布団が敷いてある。
8人が、共同で休息するのだと理解する。
ふ~ん、どうも気前が良すぎると思ったんだナ。
ま、いっか、都合よく他に誰もいないしぃ・・
ん・・もしや?

部屋をとびだし、廊下を進む。
そこに、やはりその表示はあった。
e0077899_2133737.jpg
《特等》 《特一等》 

客船というのは、部屋のランクがたくさんある。
《特等》
《特一等》
《一等》
《特二等》
《二等》

私が、グリーン車だと勘違いしたのは、
ちょうど真ん中のクラスだ。
船会社も、あえて、勘違いするような会話をしていた。
言わなければ、一等のさらに上のクラスが存在するとは、
誰も思うまい。
つまり、船がトラブッた程度では、
特等にも、特一等にも、お入り願えないというワケだ。
「ちょぃと覗いてみるっぺ?」
不埒な輩を排除するためか、
見張り員がいて、特等の廊下にすら入れない。

そういえば、昔は三等もあったと記憶している。
乗船して階段を幾階か下りた、船の最深部の大部屋に、
ゴチャゴチャに詰め込まれ、
寝場所取りに苦心していた。
「船沈んだら、わたしらお仕舞やなあ~」
嘆くオバチャンの横で、
日本酒片手に、アグラを組んだオッチャンが、
「転覆してひっくり返ったら、俺らがテッペンやぞ!」
映画ポセイドンアドベンチャーみたいな事をうそぶいている。
テッペンには違いないが、どうやって脱出するのかまでは、
オッチャンも考えていない。
三等に乗り合わせた乗客の、遠吠えなのだ。

船に弱い方のために、酔わずに寝る方法を教えよう。

進行方向に頭を向ける
 船首を12時、船尾を6時とすると、
 自分の頭を12時に向けて寝転ぶ。
 荒波を船が越える時、船首のほうが持ち上がる為である。
 3時や9時に頭を向けると、
 横揺れのたびに、頭に血がのぼる。

船の真ん中に寝る
  端っこに寝ると、横揺れする船では、上下動が大きい。
  ど真ん中が一番横揺れが小さい
  船の前後では、やや後方が揺れにくい。

結論;
部屋を限定される特等や一等ではなく、
すいていれば、二等の真ん中あたりを狙うべし。
e0077899_2135161.jpg
     一等を いっとうエライとかんちがい
by ishimaru_ken | 2013-03-18 06:02 | その他
<< 50キロ制限 回曲 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧