水風呂は悲しや
e0077899_8411147.jpg
 悲しいことだが、熱い風呂に入れるようになってしまった。
熱い風呂とは、42度ほどのお湯のことだ。
私的には、これが悲しい。
なにが悲しいって、その熱い湯に、首まで浸かって、
「ああ~~」とか言ってる私が悲しい。
ジャポンッとか、お湯を揺らがしてる私がふがいない。

異常なまでの、新陳代謝をもつ私が、
《湯舟に漬かる=大汗をかく》
という<人間としてどうかな>的な、
時間を長い間過ごしてきた事は、以前にも述べた。
しかし、それはそれで気にいっていたのである。
その私が、ここんとこ、
「ああ~~」とか感嘆詞をほざいている。
42度の熱湯の中でである。

しかし、この「ああ~~」にも条件がある。
同施設内に、
《冷水コーナーが存在する時に限り》
なのだ。
熱い風呂と冷水に入る、を何度も繰り返すのである。
サウナが有る風呂屋には、冷水が設置されている。
私は、サウナには興味がないのだが、
冷水には、興味森々で、冷水施設のない風呂屋を、
ランキング下位に落としてしまうクセがある。
《冷水のある風呂屋》=《良い風呂屋》
非常に解り易い図式だ。
《冷水のない風呂屋》=《しまった出直そう》

以前までは、この冷水はサウナから出て来た人達が、
ザンブと漬かる身体冷ましとして用いられていた。
ところが!
近頃では、
熱い湯と冷水を行き来する私の様な利用者が増えて来た。
どのくらい増えて来たかというと・・

ところで、冷水の入れてあるコーナーってのは、
さほど広くない。
頑張っても、二人入れば、もう一杯だ。
3人目が入ろうとすると、
水中身体接触という気持ちの悪い状況が発生し、
口論から、あわや乱闘騒ぎに発展する可能性すらある。
(ないな)
そんな小さなコーナーでも、これまでは、なんとかやっていけた。
冷水に漬かっている時間なんて、
10秒~長くても30秒ほどだったのである。
それが、ここんとこ、長く漬かる人が増えたのだ。
1分なんてざらである。
3分漬かったまま、出て来ない人もいる。
5分過ぎて、唇が青くなり、
ガタガタ震えながら挙がってくる私なんかがいる。 

理由はなんだろうか?
一つは、冷水温の上昇である。
行きつけのスパでは、温度計が18℃をさしていた。
これでは、冷水とは言えない。
プールに近い。
冷水の通常温度は、12~15℃じゃなかったのか?
ここは、一つ江戸っ子の爺様にご登場願うしかない。

「なんでぇなんでぇ!ちかごろじゃぁ、
 湯舟が生ぬるくなりやがって、
 へぇったって、ちっとも熱ったまらねぇじゃねぇかい!
 おまけに、こっちの冷水もどうなってんでぃ!
 このヌルリとした冷水はなんでぇ!
 横町の純喫茶カトレアだって、もっとましな冷水出すぜぃ。
 本来はよぉ、へぇった途端、キーンと玉が縮みあがってナっ、
 ひょっとしたら、心臓マヒ起こすんじゃねぇかって、
 ビクビクしながら、へえるもんだろうヨ。
 それがなんでぇ、これじゃスイカも冷やせねぇじゃねぇかぃ!
 氷かついで、おととい来やがれ!」

な~るほど、江戸っ子の銭湯があまりにも熱過ぎて、
身体によろしくないってんで、最近銭湯がぬるくなった。
・・と、同じ現象が、冷水にも生じているのかもしれない。
キンキンの冷水は、身体によろしくないのだろうか?

「おいおいおめえヨ、さっきから熱いの行ったり冷てぇの来たり、
 せわしくって、いけねぇやぃ。ひょっとすっと、
 おめえの体温で、ヌルくなっちまったんじゃねぇのけ?」
e0077899_8405580.jpg

by ishimaru_ken | 2013-04-03 05:41 | その他
<< 整体にゆく ホテルを選ぶなら >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧