抱きマクラの悩み
e0077899_945711.jpg
 <抱きマクラ>使ってますか?
「体に良い」と抱きマクラが通販で売られている。
写真では、ベッドの上に女性が横たわり、
抱きマクラを横向けに抱いている。

私は、あの写真に異を唱える。
あれは、使用例をしっかり見せる為に、ある物がない。
ある物とは・・

《かけぶとん》
現実の睡眠を想像してみよう。
アナタは、左側に抱きマクラを抱えて眠っている。
やがて、寝返りを打ちたくなった。
ここで、抱きマクラを越えて反対側に行くヤツなんかいやしない。
通常は、
抱きマクラを自分の上を通過させて、右側に移そうとする。
すると、具合の悪いことがおこる。
抱きマクラと布団の摩擦が大きく、布団が引っ張られる。
まるで、コロの上に乗った物体のごとく、布団が動くのだ。
アナタはただ、左から右に向きを変えただけなのに、
布団が右側にほとんど移動してしまい、
背中側の布団がはがれてしまっている。

こいつをなんとかするには、
抱きマクラを抱えたままの状態で、布団を元の状態に、
送らなければならない。
上半身と下半身の布団を同時に、右から左に送る。
眠っている最中にいともややこしい運動をする羽目になる。
手と足が、布団の中で、バタバタと動いている。

当然、右から左に寝返りをうつ際にも、同じ動作を強要される。
一晩にうつ寝返りの回数分、布団送りを繰り返す。

抱きマクラが見えない第三者が、その様子を眺めていたら、
とんでもなく寝相の悪い人を目にするだろう。
もう、眠ってなんかいられない。
安眠するべく抱いているマクラのセイで、
眠れない夜を過ごすのだ。

この苦悩が、これから夏に向かうと、さらに加速する。
掛け布団が薄くなればなるほど、摩擦係数が大きくなる。
まとわりついてくる。
元に戻すのに、ややこしい手足の動きを必要とする。
「こんなわけわからん動きできるロボットないやろ!」
ついに、悪態までついてしまう。

そこで、急遽の策、
寝返りの時、抱きマクラを連れてこない方法を用いた。
つまり、手放すのである。
ふむ・・・
布団問題は解消されたが、
片側だけの抱きマクラ使用でいいのだろうか?
体幹のズレとか生じるのではないだろうか?

そこで、急遽の急遽。
《抱きマクラふたつ使用》策をとりいれた。
両側に、抱きマクラを置いておき、
寝返りをうったら、反対側の抱きマクラに抱きつくのである。
さて、成果やいかに!

大成功・・と思いきや。
抱きマクラを抱いていない背中側に、
洞窟のような隙間ができ、
風がスースー。
う~む、うまくいかない。
みんなどうしているんだろう?
e0077899_9443984.jpg

by ishimaru_ken | 2013-04-05 05:43 | その他
<< ミサキちゃんの発言 整体にゆく >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧