メール短縮の未来
e0077899_7142318.jpg
 メールの文章が短くなる傾向にある。
家族や夫婦間のメールでは、それが顕著にあらわれる。

「終わったヨ、これから帰るネ」
最初はこのようなメールを打っていた筈なのに、
いつのまにか、どんどん短縮されている。
「終わり、帰る」
「おわり」
文字歴の「お」の欄の筆頭が、「おわり」だ。

返ってくるメールも短縮に拍車をかけている。
「はい、ごくろうさま、気を付けてお帰りなさい」
これが、原型である。やがて・・
「ごくろうさま、気を付けて」
ついに、
「気を付けて」
おそらく、「き」の欄の筆頭が、「気を付けて」になっている。
しかし、これでも一応文章になっているから、
誰が見ても理解できる。
ところが・・

「わかったヨ、すぐやっとく」
理解したという意味の語彙をメールする機会は圧倒的に多い。
多いあまりに、いちいち長い文章を打つのは、時間のロスだ。
短縮とは、この為にあるのかと思いいたる。
「わかった」
こうなるのは、自明だ。
さらに、小さな「っ」を打つのが面倒になる。
「わかた」
この小さな「っ」の欠落現象は、あたりに伝染する。
「こまった」は、「こまた」となる。
「まいった」は「まいた」となる。
「食ってしまった」は「食てしまた」となる。

「わかた」の短縮は、
その頻度から、将来的にさらなる短縮を招くだろう。
「わか」になるのに、さした時間かからないだろう。
最終的に、「わ」に帰結するものと思われる。
長々と、長いメールを受け取り、それを理解したという返事が、
「わ」 
これだけである。
長々打った相手にしてみれば、いかにもさびしい。
しかも、これで短縮が終わった訳ではない。
短縮は、常に究極を目指している。

長々と打ったメールの返事が・・・
カラメール
文字は無い。
返事を打つ時間がないとみえて、ただカラメールが送られてくる。
その意味は、「わかった」という趣旨だ。
カラメールが二つ続けば、それは、
「よくわかった」という意味だ。
ふたつ打つ暇があるなら、
「わ」くらい打てばと勘繰るかもしれないが、
いったん短縮形に足を踏み込んだ送信者には、
あと戻りがきかない。
それは、メールで何度も難しい話を更新するくらいなら、
電話すればいいじゃないかという議論に似ている。

この先、さらなる短縮の進化があるのかどうか?
いつの世も、驚かされる事ばかりなので、
どんな短縮形が出現しても、冷静でいよう。
わたし・・?
私は、まだ、「わかた」で留まっている。
だって、「わ」には、
「わ~い」の出番が待っているのでネ。
e0077899_714397.jpg
      エア麻雀に興じる4人
by ishimaru_ken | 2013-04-24 06:11 | その他
<< イノちゃんのエントリー用紙 新100m走 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧