アノ屏風岩が
e0077899_19592898.jpg
 ~昨日からの続き~
上高地を出発すると、3時間ほど平らな平地を歩いてゆく。
これがたまらなく気持ちよい。
梓川の清らかすぎる清流を遡りながら、
首が痛くなるほど見上げなければならない尖峰が、
蒼空に突き立っている。
写真を撮りだすと、とまらなくなる。
誰がどう撮っても、絵葉書写真になってしまう。
登山者だけでなく、上高地から遠足気分で歩く人達もいる。
カメラの操作に余念がない。

この先、横尾を過ぎれば、いよいよ登りが始まる。
遠足気分の方たちとサヨナラだ。
っとここで、思い出した。
この先に、日本三大岸壁と呼ばれるアノ岸壁があるはずだ。

屏風岩》びょうぶいわ

昭和の時代、幾多の若者の命を奪った悪名高き岸壁である。
30年前、40年前に、この岩が見える場所まで来たら、
思わず震えたもんだった。
カ~ン・・カ~ン・・
ハーケンをカナヅチで岩に打ち込む音が響く。
600mにおよぶ岩場を仰ぎ見ても、
人の姿が見えない。
それでも、じっと目を凝らしていると・・・
おお~あの垂壁に、チラリと茶色の物体が!
その真下に、黄色の物体が!
二人のチームが、尺取虫よろしく、ジワリジワリと、
這い登っているのである。
さらに、目を望遠鏡にしてみると、
アッチにも、ソッチにも、
這い登りのパーティがいるではないか!
っと、ここまでの感想は、30年前の話だ。

2013年の7月上旬。
天気晴朗。
屏風岩には、誰一人取り付いていなかった。
というより、その岩肌に驚いたのである。
30年、40年前の岩は、まさに灰色をしていた。
緑なる植物は殆ど、無かった。
しかし、今回の屏風岩は、緑だらけであった。
岩のクラック(裂け目)に、草や木が根をはり、
繁茂しているのだ。

「え~これじゃあ、登れないじゃ~ん!」
ため息が漏れた。
自分が登るワケではないのだが、
まるで、我ゲレンデの荒廃を見るようで、
目頭が熱くなった。
(あとで知るのだが、
  それでも屏風岩クライミング熱は盛んらしい)

そうそう、その昔は、遠足気分の方たちは、
ここまでやってきて、カ~ンカ~ンの尺取虫の闘いを、
双眼鏡で眺めていたそうな。

ちなみに、その尺取虫たちは、岸壁の途中で、
日没サスペンディットになった場合、
その場所で、宙吊りになって、一晩過ごすのです。
食事もするのです。
お湯も沸かしたりするのです。
そして眠るのです。

彼らは、
ビルの窓拭きのアルバイトをやったりしている人もいる。
私の友人もその一人だった。
その友人に尋ねた事がある。
「高層ビル窓拭きで、夜、宙吊りで眠る気ある?」
彼は、即答した。
『ない!面白くない!』

やっぱり、
自然の岩場にこそ、魅力があるんだ!
e0077899_19565432.jpg
          屏風岩
by ishimaru_ken | 2013-07-16 09:16 | スポーツ
<< 涸沢ヒュッテ 上高地より >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧