大畠案
e0077899_16594975.jpg
 今日は、<大畠案>をご紹介しよう。
整形外科の大畠先生が、絞り出した案だ。
医者なのだが、医療と全く関係ない案である。

突然、麻雀の話になる。
マージャンを知らない方は、今日の話は退屈になるので、
散歩にでも行った方が、健康に良いでしょう。

麻雀をしに雀荘(じゃんそう)に、4人の友人と行く。
そこでは、雀代(じゃんだい)という代金を支払う。
1時間いくらという単位で、計算される。
通常、4人で、1500円ほどになる。
つまり、雀荘で遊ばせてもらう場所代と考えればいい。
10時間も遊べば、15000円。
4人で割ると、まあまあの金額になる。

っと、ここで大畠先生が、異義を唱える。
「麻雀の最中に、長い間考えた人と、短時間で指した人とが、
 同じ金額払うのは不公平じゃないのかな?」
麻雀というのは、反射神経が必要とされるゲームである。
往年の雀士、阿佐田哲也氏も語っている。
「麻雀とは、反射神経である」
ところが、ゆっくりとした熟考型の人もいる。

っと、ここでなぜか滝田君が登場する。
「はい、滝田君、早く切ってネ」
腕組みして考えこむ滝田君を、3人がたしなめる。
「滝田くん、将棋じゃないんだから」
頭を抱えている滝田君に、非難のまなざしを向ける。
「じゅう~びょう~」
将棋の秒読みをして、けん制する。
それでも滝田君は、練りに練って時間を消費している。
我らが1秒しか使わない所作に、10数秒を費やしている。

さあ、そこで、大畠先生が、大畠案をぶち上げた。
消費した時間に応じた、ジャン代の払い方
ってのは、どうだろう?
それぞれが、消費する時間をセンサーが感じ取り、
計算して、パーセンテージを算出する。

現在、雀卓(じゃんたく)は、全自動でパイをかき混ぜ、
運び上げ、点棒まで計算してくれる。
日本人が作った機械の中で、
新幹線に準じて素晴らしいマシンだと言われている。
(言われてません)
そのマシンに消費時間を感知するセンサーが、
取り付けられないものだろうか?
もし、センサーで算出すれば、我らの場合、
ジャン代の80%を、
滝田君に払ってもらう計算になる。
さすれば、将棋差しとまで言われている熟考型の滝田君も、
ジャン代惜しさに、反射的に手が動くのではないか?
1~2秒で、パイを切ってくれるのではないか?

この大畠案を思いついたこの日、大畠先生は大負けし、
滝田君が大勝していた事は、言うまでもない。
人間、口惜しさが、発明品を生むきっかけになる・・
e0077899_1659876.jpg

by ishimaru_ken | 2014-10-15 05:58 | 謙の発見!
<< 夜中のにささやく目覚まし② 築地その昔 二代目の時代 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧