登山する猫
e0077899_6362445.jpg
 驚きを通り越して、口があんぐりとはこの事だ。
千葉は房総半島の山に登った。
≪御殿山≫ ごてんやま 364m

登山口に車を停めて歩きはじめる。
我らイシマル探検隊の今回メンバーは、私を入れて3人だ。
出発してすぐに、農家の軒先から、
猫が、待ってましたとばかりに、とび出してきた。
まだ生後半年くらいの若いオス猫だ。
我ら探検隊は、足が速い。
タッタ、タッタと坂道を登ってゆく。
その我らを追い越し、水先案内をしてくれる。

始めのうち、
「そのうち、バテルさ」
勝手についてくる猫を追っ払うふりもせず、
なすがままに任せていた。
ところが、10分ほどしても、まだ坂道を追いかけてくる。
もう、さっきの農家から随分離れている。
猫が散歩をするテリトリーを超えている。

「もう、帰りなさい~」
我らの心配をよそに、小さな身体で、懸命に走っている。
人間のスピードに追い付くには、時折、全力で走るしかないのだ。
それでも、さすがに疲れるのか・・
我らを追い越すと、地べたにパタンと倒れる。
腹を上下させ、息を整えている。
その猫を跨ぐようにして、先を急ぐ。

やがて山の稜線に出た頃、心配になってきた。
この場所から、この猫は帰れるだろうか?
なんといっても、行動範囲が狭い猫だ。
犬じゃない。
道など覚えている筈がない。
「しょうがない、いざとなったら、リュックに入れて帰ろう」
そのうちバテルだろうと高をくくった我らは、頂上を目指した。
そして、頂上直下の崖のような傾斜道に来た途端、
なんと猫の四足が、その本領を発揮し始めたのだ。
疲れているどころか、
ヒィ~ヒィ~音をあげる我らを尻目に、
ピョンピョン跳ねながら、頂上まで駆け上がったのである。
超の付く元気いっぱいだ。

アナタに問いたい。
犬ならまだしも、猫が、364mの山の頂上まで、
登るのを見たことがあるだろうか?。
しかも、見ず知らずの他猫だ。
さっき、あったばかりのよそ猫だ。
他にも登山者がいたにも関わらず、
なぜか、我らに唐突についてきた。

そして、圧巻は下りのパフォーマンスである。
ヤツは、坂道を走り下り、我らを追い越すと、
手近の樹に飛びつくのだ。
バリバリと登り、一瞬の躊躇のあと、ドタリと落ちてくる。
まだ、木登りがさほど上手くない。
しかし、性懲りもなく、そのパフォーマンスを繰り返す。
10数回も繰り返し、自らの能力の高さを存分にみせつける。

とうとう、麓まで降りてきた。
信じられない!
登山する猫などいるだろうか?
しかも、走りっぱなしで・・・
ん・・まてよ、どこまでついてくるのだろう?
「まずいな・・」
っと、その時、とある農家の方たちが犬を連れて立ち話をしていた。
「すみませ~ん、この猫、どちらの家猫ですか?」
『あぁ、そのこネ、誰かが捨てていったんですよ』
「えっ?」
『人懐っこくてネ』

なんと捨てられたノラだったのだ。
ノラなのに、ご飯をねだるでもなく、我らと共に、
ただただ遊んだスーパーキャットだった。
本気で、君をサスケに出場させたいと思ったほどだった。

頂上でちょこっとだけ、オコボレのおにぎりを食べたこの猫は、
散歩中の犬におびえ、我らを追いかける足が出せなかった。
残念だが、そこでサヨナラをする我ら。
アイツはすごい!
南房総の地で、この冬を越してくれるだろうか?
しまった、名前を付け忘れた。
御殿山ってぇ事で、≪殿(との)≫と呼んでおこう。
e0077899_6355337.jpg
e0077899_6351148.jpg

by ishimaru_ken | 2014-10-30 05:34 | スポーツ
<< 柿の種をペッペ ロダンの考える人 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧