剱岳頂上でのミステリー
e0077899_1954437.jpg
 剱岳の長次郎谷ルートをイシマルが登った番組が、
NHK総合で放送される事になった。
10月14日;15:15~16:00

実は、剱岳頂上での《ある出来事》が、
未だにミステリアスで忘れられない。
「アレは何だったんだろう?」
スタッフも、誰も、いまだに説明がつかない。

では、その前に、講釈をたれよう。
剱岳は、明治時代に、日本の測量隊によって、
初めて、登頂された・・とされている。
新田次郎の小説で、そのドキュメントが知らされた。
何事も「初めて」と云うのが大切である。
日本初は、人々がしびれる。
で、その測量隊は、艱難辛苦の果てに、頂上に辿り着いた。
するとだ・・・
頂上に、<錫杖>(しゃくじょう)が置いてあったのだ。
錫杖とは、修験者が持ち歩いているツエである。
歩く時、地面につくたびに、
ガシャ~ンと音を発する例のヤツだ。
測量隊の驚かんことか!
「我らは、初登頂ではなかったのか!?」

その錫杖を科学的に鑑定した結果、
1000年を経ている事が分かった。
どういう事だろうか・・?
その昔、修験者は、最高の困難を極める為に、
究極の山に登ろうとしたらしい。
地図もなく、登山靴もなく、レインカッパもなく、
乾燥食料もなく、簡易火力もなく、勿論、電話もなく、
さらに言えば、誰に認められワケでもなく、
死をかけて、剱岳に登った。
そして、錫杖を、頂上に残した。
(錫杖は、富山の立山博物館に展示されている)
測量隊の驚かんことか!

さて、話は、私の剱岳登山だ。
この壮大な歴史に、私は、剱岳頂上で物思いにふけっていた。
その時だ・・・
ジ~~~~~~~~~~
あの音はなんだろう?
よく知っているセミの鳴き声ではないか!
それも、セミが死ぬ間際の・・・
鳴き声のする辺りを探した。
すると・・頂上の岩の上に、セミがとまっているではないか!
 (冒頭写真)
行き絶え絶えのセミが、最後の鳴きを搾り出している。
ここは、2999mの高山である。
通常のセミは、高山には登らない。
と云うより、意味のない飛翔はしない。
2000mを超えて、セミの鳴き声を聞いたためしはない。
よもや、森林限界を超えて、セミの鳴き声すら聞いた事はない。
鳥類すら、ほとんどやって来ないこの高所に、
なぜ、彼は、やってきたのだろう?
なぜ挑んだのだろう?
いったいどうやって?
何の為に?
私が、長次郎谷に挑んだその日に、
この頂上で、なぜ、姿を現したのだ?
なぜ、ジ~~~~~~~~と鳴いていたのだ?

まもなく天寿をまっとうした、かのセミ様は、
羽という名の錫杖を、頂上に残していった。

剱岳という険しい山から見れば、
修験者も、セミも同じである。
ただ、おふたかたの所業は、
頭をたれ、崇められてしかるべき偉大な行いである。
特に、セミ君・・君が喋れればなあ・・・
e0077899_19533696.jpg

by ishimaru_ken | 2015-10-10 06:00 | スポーツ
<< 憧れのオールブラックス サップでキスを釣ったはずだ >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧