豆しとぎ
e0077899_7343490.jpg
 コレ、《豆しとぎ》というオヤツである。
八戸で見つけた。
原料は、大豆。
造り方はまあまあ簡単。

大豆を茹で、臼で搗く。
(簡単と言っておきながら、臼を持ち出す)
粗めに搗いた大豆をボールにうつし、
米粉と砂糖をまぶし、捏ねる。
するとネバリが出てくる。
形を整えれば、ハイできあがり。

さて、お味の方は・・・
オハギに似ている。
しかし、目をつぶって食べてもオハギではない。
大豆の香りがほのかにする。
色がウグイス色なので、草モチっぽいのだが、
甘さが際立っている。
砂糖の量は、各家庭でおおいに違うそうだ。

造りたては特にうまいのだが、
冷えてからも充分美味しかった。
試しに、焼いてみた。
するとコレがまた香ばしく、手を叩きたくなる。
箸で食べるのもよし、手づかみもよし。
当然考えられるアイデアは、
コレに餅を絡めるとたぶん・・えもいわれぬ。
オハギ超えとなるかもしれない。

しかし、世間的には殆ど知られていないのが、不憫だ。
《豆しとぎ》
臼の部分はなんとかして、作ってみよう!
e0077899_734042.jpg
  《豆しとぎのテンプラ》
e0077899_7342159.jpg

by ishimaru_ken | 2017-04-05 05:41 | 謙の発見!
<< 八戸 陸奥湊駅前朝市 チッカケ >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧