キー不精パート3
e0077899_6213642.jpg
<キー不精>の事を以前書いた。
(’06、2月24日《キー不精》、9月4日《キー不精②》参照)
キー不精とは、筆不精の事なのです。

最近、ある方から、たいそうなお酒を贈って貰った。
さあ、礼状を出さなければ・・
便箋と筆ペンを用意した。
なぜ筆ペンかというと、筆の方が、大きな文字になるし、
行からハミ出るし、字数の割りに、
行が稼げるからである。

そうなのだ、このイシマル、お手紙が書けないのだ。
先日は
でもう、筆が止まってしまう。
筆ペンを握りしめたまま、じっとしている。
じっとしている事が最も不得意な、落ち着きのない私が
まるで、地蔵さんの様に動かない。

便箋を見つめている。
11本線が引いてある。
つまり、10行の白紙が目の前にある。
一行飛ばしに書いたとしても、5行は書かなければ
一枚がクリア出来ない。
最低限、便箋2枚書くとすると、10行は書かなければ。
まあ、最後の一行は、名前で埋めるとして・・
9行は必要だろう。
9行も心が込められるだろうか?
まだ、一行目の始めで悩んでいるというのに。

そうか、最後の名前の前に、日付を入れれば、それで
一行稼げる。
残るは8行だ。

待てよ、手紙の最後には、<敬具>ってのを付けるな。
よし、これで一行。
残るは、7行だ。

ふむふむ、文の最後はやっぱり
「どうぞ御身体を御自愛下さい」
が定番ってえもんだろ。よし、これ付けよう。
ちょっと待て。ならばそれを膨らまして
「どうぞ健康に気を付けて末永く
御身体を御自愛下さい」
と増やせば、2行に渡る仕掛けになる。
やや、卑怯かもしれないが、この際、止むを得まい。
したがって、残るは5行

健康の事に触れたのだから、コレにも触れとこう。
「今年の冬も寒さがことさら厳しく、
 どうぞ~
よし、又一行頑張ったぞ。
(今年は暖冬である事は、非常時と云う事で無視しよう)
あと、4行

そうか、今のも膨らませよう。今年の の前に
「暖かい春を今か今かと待ち焦がれる
 年齢になった我々にとって、」
を付けよう。
おっ、思いのほか、2行費やしてしまったぞ。
ラッキー!
とすると、あと2行だな。
なんか無いかな?

もうこうなったら、ヤケだ!
枕を付けよう。暖かい春の前に、
「春うらら、春うらら」
よお~し、あと一行
う~~~~ん

が~~~~ん!
なんだ、こんな簡単な事を忘れていた。
最初は、<拝啓> で一行じゃないか!

よし出来た。やっと書いて出せる。
手紙をラストから書き進めていくと云うこの技法、使えるな。
今後の為に、技法を確立させておこう。
手紙を書くという行為は、私にとって
かくも苦しい作業なのです。
だから、ホームページにメール下さった方、
返事が行かなくても、ちゃんと読んでますからね。
ご安心下さい。
さあ、礼状を清書して出そう!

1  拝啓
2 春うらら、春うらら
3 暖かい春を今か今かと待ち焦がれる
4 年齢になった我々にとって
5 今年の冬も寒さがことさら厳しく
6 どうぞ健康に気を付けて末永く、
7 御身体を御自愛下さい。
8             敬具
9 ○月○日 
10          石丸謙二郎

(ん?御礼は、どした?)
by ishimaru_ken | 2007-02-19 06:26 | その他
<< ああ、気になるぅ~ 一粒で100m >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧