生涯チャレンジ
e0077899_5222524.jpg
昨日、長い間チャレンジしている話しをした。
実は、もうひとつ、チャレンジし続けているものがある。
もの心ついてから、まだ一度も成し得ていない事がある。
20才を過ぎてからは、意識してチャレンジしているが
未だ、成功していない。
それは・・・

<アメ玉を最後まで舐める>

一見なんでもない様だが、これがいかに難しい行為であるか!
「そ~んなの簡単じゃ~ん」
と簡単に仰られる方には、
とうてい理解出来ないかと思われる難しさである。

さて、では、やってみましょう。
丁度目の前に、直径1センチのアメ玉がある。
包装をといて、今ほうり込んだ。
カラコロと歯に当たる音がする。
昔ながらの、甘いアメ玉だ。

私はセッカチである。
自動ドアが開くのが待てなくて、よくブツカル人間である。
自動改札機を通る時、パスモが感知される前に通り過ぎ、
バタンっ!と閉められてしまう人間である。
(うむ、少し溶けてきたな)
<アメ玉を舐める>という行為は、忍耐を要する。
他の食べ物であれば、口中に入った途端、たちまちの内に、
食道方向に押しやられる。
すなわち、同じ味の物体がいつまでも、口中に留まっていない。
ところが、アメ玉だけは、食事の異端なのである。
美味しいと感じても、飲み込んではいけないし、
よもや、噛んではいけない
(やや、小さくなってきたな)
しかし、BUT、だけんども!
液体ならいざ知らず、口の中に固形物が侵入しているのに
<噛んではいけない> っちゃ、どげんこつね!

例えば、固形物で味のする歯ブラシが口中に侵入しても、
噛みたいなどと思わない。
ただあんぐり口を開けている。
ところが、今、口の中で転がっているのは、
噛んでしまえる物体なのだ。
噛みたくなる歯ごたえを有しているヤツなのだ。
 (随分小さくなってきた。たぶん薬の錠剤ぐらいかな)
私の脳は噛んではいけない・・と命令を発しているのだが、
歯とアゴは、不随意筋で出来ているのだろうか、
いつの間にか、ガキっと噛んでしまう。
 (おお~っと、今、思わず噛みそうになってしまった)
このアメ玉ってヤツは、口の中で、
凄まじい動きをする。
一時もじっとしていない。
歯と舌のコンビネーションで、上下左右前後、
次から次へとパスをされる。
バスケットのパスの比ではない。
卓球の打ち合いに近い。
温泉場にあったピンボールゲームに似ている。
銀色の鉄球が目にも止まらぬ速さで、台の上を飛び交う。
あの飛び交い方にそっくりだ。
ピコーン!ピコーン!
ただ、時折、じっとする時間帯がある。
あれはナンだろう?
さすがに、舌も疲れるのだろうか?
歯茎と頬の間で、ひっそり休ませている。
っと安心していたら、またまた、ピンボールゲームだ!
ピコーンピコーン
卓球だ!
ガキッ
そうしてその内、アメ玉は自然消滅しなければならない。
そういう食べ物であるはずだ。

ん?今、ガキッって言わなかったか?
言ったよね。
ガ~~~~~~ン!
噛んじゃった。
やっぱ噛んじゃった。
つい噛んじゃった。
不随意筋が私の脳みそを無視した。
又、チャレンジは失敗だった。

ああいつの日か、アメ玉を最後まで舐められる事を祈って・・
e0077899_522131.jpg

by ishimaru_ken | 2008-05-25 05:23 | その他
<< 京都と琵琶湖 ニワトリは知っている >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧