九手詰め
e0077899_811411.jpg
名古屋から、グーと南に降りていくと、
愛知県には、半島が二つある。
南北に走る<知多半島> と 東西の<渥美半島>

その渥美半島の先っちょに、赴いた。
ほんとの先っちょだった。
ほんとの先っちょには、古めかしい料理旅館があった。
「はい、へ~どうぞ、こちらへ~」
女将さんが、ずずいと、先っちょの部屋へと案内してくれる。
只でさえ先っちょの、その又先っちょの部屋は、立派だった。
昭和の文豪が、腰をおろして、筆を垂れるほどの
雰囲気を醸し出していた。
部屋そのものが、<和> そのものである。

さ~てと・・・
部屋に入るや、座椅子にドテっとふんぞり返る・・私。
ん・・?
床の間に架かっている<掛け軸>に目がいく。
ん・・?
これって、なに?
驚いた、びっくりした!
こんな掛け軸があるんだ。
あってもいいんだ!

はい、あなた、掛け軸と言ったら何ですか?
<山水画> でしょう。
<鯉の滝登り> でしょう。
<虎がこっちに歩いてくる> でしょう。
<読めない漢字> でしょう。
<読めそうな漢字> でしょう。
<読めたフリをしなければならない漢字> でしょう。

さあ~て、その部屋に架かっていた掛け軸とは!
まず、書き人の名前を見た。
 縦書きで、<米長邦雄(よねながくにお)>と書いてある。
が~~~ん
将棋を知らない方は、知らないだろうが、
将棋界の素敵なおじ様、
50才にして、将棋界の頂点、<名人>になられた
超人である。
この方が、テレビの将棋解説を為さると、
なんともまあ、ユーモアまみれの解説で、
将棋とは、これほど面白い競技なのかと、拍手をしてしまう。
あげくに、
「ボクの二人の兄貴たちは、頭が悪いから東大に行ったんだ」
との名言を残した。
これも、米長元名人独特のユーモアである。
ユーモアとしても、凄いセリフではあるが・・・

そこで、肝腎の掛け軸だ。
そこには、なにが描かれてあったのか?

 <詰め将棋>
なんと!
掛け軸に、詰め将棋の絵が描かれているのだ。
墨で・・
オシャレでしょう・・
絵面としても、美しい。
え~とね、将棋が解る方に、説明すると、
持ち駒が、金3桂馬1だったね。
解らない方に説明すると、所謂 パズルだね。

考えた・・
うんうんウナった。
女将が出してくれる料理は、上の空だった。
しばし・・しばし・・
お酒のお銚子が、一本空いたその時、
突然、私は立ち上がった。
頭のてっぺんに、電球が点いた!
障子を蹴立てた。
古めかしい廊下を走った。
浴衣の前がハダケた。
「女将ぃ~ご主人~!」
『へえへえ』
「こ、こ、答えを言います!」

私が、息せき切って喋る詰め将棋の答えに、宿のご主人が
正座をして応対してくれた。
『そのとおり、九手詰めで御座います』

将棋の棋士とは、粋なハカライを振りまいているでにゃあの。
e0077899_7595662.jpg

by ishimaru_ken | 2008-06-27 08:07 | 謙の発見!
<< 刀削麺 炭の熾し方 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧