魚河岸の誘惑
e0077899_6112088.jpg
最近の私のはまりは、魚河岸である。
早朝、都内でロケが終わった折など、
そのまま、築地魚河岸に向かう。

築地は、場内と場外に別れており、
場外は、観光客が行きやすく。
場内はやや、敷居が高い。
入っていけない事はないのだが、暗黙のルールを守らないと、
魚河岸の方たちに、迷惑を掛ける事になる。
たらたらしていると、大八車にぶつけられ、
ターレー(通称バタバタ)に轢かれるはめになる。
何たって、新鮮な魚を扱ってる総本山だ。
「っるせえな、魚、腐っちまうぜ!」
っと、ジョーカーを切られてしまっては、返す言葉がない。

さて、狙いは寿司屋だ。
午前10時にもなると、数ある寿司屋の前に、
行列が出来始める。
これが面白い。
隣の店はガラガラなのに、なぜか、その店は行列が出来ている。
そんな店が何軒かある。
恐らく、マスコミ、ミニコミでの影響だろう。
まあ、並ぶのもいいでしょう。

しかし、並ぶのが嫌いな私は、
これ幸いと、空いている店に飛び込む。
出されたお絞りで、手を拭う間もなく、
「アジね」
「イワシね」
「サバね」
「カツオね」
「サンマね」
ひと通り、光モノ系を総なめすると、返す刀で、
脂こってり系を連発する。
「ブリね」
「サーモンね」
「トロね」
「トロね」
「トロね」
「炙りトロね」
「カマトロね」
「ごちそうさま~」

っと、毎回こういきたいのだが・・
実は、私にとって、魚河岸には入り口に障害があるのだ。
入り口近くにある食べ物屋さんの中に、
どんぶりモノを食べさせる店がある。
 <モツどんぶり
おばちゃんとお姉さんがやっている小さな店だ。
歩道に面しており、客が5人も座ればいっぱいだ。
カウンターに、大きな鍋がグツグツ音を発てている。
こげ茶色の見るからに、危なそうな食べ物だ。
モツが大量に甘味噌醤油味で、煮付けられている。
うなぎのタレと同じで、
継ぎ足し継ぎ足し、煮込んでいるらしい。
この前を通ると、足が、香りのクサリに繋がれてしまう。

(いいか、今日はわざわざ、寿司を食いに来たんだぞ)
自分に強く言い聞かす。
(昨日から楽しみにしていたのは、寿司だぞ
手を握り締める。
(今日は、少しは散財してもいいんだぞ。
 なのに、この丼は650円じゃないか)
まだ、足は動かない。
(待てよ、寿司は築地でなくても食えるな、
 ところが、この丼はここじゃなきゃ食えないじゃん)
屁理屈をこね出した。
(どちらを食べなかった方が後悔するかな?)
胸が痛み出した。
(ほら、ちょうどイスが空いたじゃないか)
ちょうど空いたのか、空く様に待っていたのか・・
(早く座らないと、他の人が座っちゃうよ)

「・・・一杯ください・・」

ああ、寿司は遠くにありて思うもの・・
e0077899_61206.jpg

by ishimaru_ken | 2008-06-30 06:13 | その他
<< 太陽公園とは? とうもろこし >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧