ふくらはぎ
e0077899_58534.jpg
<フクラハギ>
以前から、このフクラハギが、気になっていた。
人間のフクラハギの太さの問題だ。
足全体に於ける、フクラハギの太さの比率だ。
私が何を疑問に思っているのかを説明する為に、
私の場合を例にとろう。

はい、今計測をしました。
モモ周り・・・・・53cm
フクラハギ周り・・37cm
53分の37=0.698パーセント
つまり、大腿に対して下腿は、7割程度の太さなのである。

これを他の動物で考えてみよう。
競馬場を走っている馬はどうだろう?
馬のモモは馬鹿でかい。
しかし、フクラハギの部分は極端に細い。
よくあれで、スピードが出るもんだと感心してしまう。

鹿を見てみよう・
鹿のモモもでかい。鹿のモモ肉を料理屋で出されると、
こ~んなにと思うくらい幅がある。
それに比べて、スネの辺りの貧弱なこと。

牛はどうだろう?
牛のモモの逞しさは、涎がこぼれるほどだ。
(たとえ方が悪いかな)
ところが、やはり、スネの部分の細さに
「よくもまあ、こんな華奢な足で畑を耕して・・」
と同情してしまう。

さあ、どうでしょう?
人間以外の、四足動物の大腿と下腿。
私の、7割などという割合を遥かに超えた数字が想像できるよね。
太さだけなら、1割位じゃないだろうか?
(正確には解らないが)
言葉にすると、四足動物における、
モモの太さに比べて、フクラハギの何と細い事よ!
それに比べて、人間のフクラハギの何と太い事よ!
この疑問を、筋肉に異常に詳しい先生にぶつけた。
すると、帰って来たこの言葉に驚いた。

『フクラハギは第二の心臓です』

ど、どういう意味だろう?
先生「イシマルさん、四つ足動物は、
下半身から心臓に血液を送るのに
   垂直方向に、さほどの距離がないのです」
イシマル『へいへい』
先生「ところが、人間は直立しているので、重力に逆らって
   かなりの距離を、血液が登らなければならないんです」
イシマル『ふむ』
先生「そのポンプの役目を果たしているのが、フクラハギです」
イシマル『え~ポンプの為に、太くなったんですかあ~?』
先生「そです」

そだったのだ。
フクラハギは心臓へ血液を戻す為の、ポンプだったのだ。
だから、直立した人間だけプックラと膨らんでいるのだ。

『え~わたしのフクラハギは結構なプックラなんですけど・・』
とお嘆きの貴女・・ご心配なされるな。
人類としての必要不可欠な<ポンプ>が、
貴女に付属しているのです。
先生が申すには、フクラハギを鍛えると、
必然的にポンプを鍛える事になり、
新陳代謝が高まり、お肌が綺麗になるそです。

ちなみに、金沢市辺りでは、出世魚のブリの青年魚は、
<ふくらぎ>と呼ばれている。
e0077899_571767.jpg

by ishimaru_ken | 2008-08-01 05:10 | スポーツ
<< 夢の大吊り橋 顔の汗 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧