旅ゆかば④ 城好きである
e0077899_725334.jpg
城好きである。
旅をしていて、城が地図上に現れると、迷わず向かう。
城のある場所は、わかり易い。

平野にある城を探すのは、最も簡単だ。
街の真ん中に行けばいい。
城下町とはよくぞ言ったもので、城を中心に街が出来たのだから、
その形状は数百年経っても、変わっていない。
天守閣を築城してあれば、数キロ先からでも、見つけられる。
私のお気に入りの城は、
<松本城> <高知城> <岡城> だ。

松本城と高知城は、戦(いくさ)の為の城造りが随所に見える。
城とは、殿様が天守閣で威張る為のものではない事を、
これらの城は教えてくれる。
どうやって、戦うかを追求した建築物だ。
ある意味、殿様は、これほど怯えていたのか・・と
イヤミな想像もしてしまうほど、
ワナが張り巡らされている。
<隠し部屋>や<落とし穴>がある。
守りやすく、攻めにくい構造だ。

ところで、もうひとつの<岡城(おかじょう)>とは・・?
それは、大分県は竹田市にある。
滝廉太郎作曲の、<荒城の月>の舞台になった城だ。
今は、天守閣はない。
街から少し離れた、丘の上に、城壁のみが残っている。
古戦場の跡の雰囲気がプンプンする佇まいだ。
ソレもそのはず、この岡城ではその昔、凄まじい戦いがあった。

昔々、齢18才の若い殿様がおられた。
その城を、2万人の軍勢が攻めたのである。
そして、その殿様と共に戦った武士が、なんと300人!
20000人300人
単純計算では、
一人で、66人を相手にしなければならない。
結果から言うと、
勝ったのである。
300人が勝ったのである。
まるで、アメリカ建国史にも出てくる<アラモの砦>そのものだ。

現在、その名残を見せるかの様に、城壁は反り立っている。
その城壁を降りようというお馬鹿な子供がいた。
45年も前の話しだ。
小学6年生の子供らが、ふいにそれを口にした。
「城壁をみんなで降りようぜ!」
登るのではなく、降りるのである。
今すでに、城壁の上に位置しているのだから、
そういう発想になった。
よし、降りよう!・・と賛成したお馬鹿な仲間5人ほどが、
石に手をかけた。
下を覗き込む。
高い!
遥か下に、桜の大木が見える。
ゴクリと唾を飲み込む。

「いくぞ~~!」
誰ともない掛け声と共に、身体を宙に躍らせる。
靴先で、見えない岩のとっかかりを探す。
じわり・・じわり・・
身体を下げてゆく。
身長分ほど、城壁を下った時だ。
「ワア~~~!」という歓声が挙がった。
見上げると、一緒に降りていたはずの仲間が上から見ている。
そして、逃げ出したのだ。
どうも、みんなは、言うだけ言ったものの、
降りる勇気はなかったらしい。
本当に降りていくイシマルを見て、怖くなったらしい。
(おら、知らねえ)
と、クモの子散らしたのである。

城壁で、固まってしまった12才のイシマル。
古の18才の殿様に、必死のお願いをしたのを覚えている。
「どうか、ボクを落とさないで下さい!味方でぇ~す!」
e0077899_7221623.jpg

by ishimaru_ken | 2008-09-23 07:27 | その他
<< 旅ゆかば⑤ 道の駅好きである 旅ゆかば③ 滝好きである >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧