北京の人力車
e0077899_7183253.jpg
昨日まで、北京を訪れた話を、さんざんお話しした。
実はもう一つ、話そうか、話すまいか迷っていた話がある。
「え~イシマルさん、いったい何日北京にいたんですか?」
『って、3日だよ。それも、二日は撮影所とホテルの往復だけ。
 自由時間は一日しかなかった。私の一日は長いかんね。
 私と一日行動したら、ハプニングやら事件やらの連続で
 ホウホウ逃げ出す羽目に陥るよ。』
「まだ北京の話ですかあ~?」
『まだって、まだ半分も話してないのに・・
 よし分かった、当人の人権を配慮して、
話すまいと思っていた、あの話で終わりにしよう』
~~~ ~~~ ~~~
紫禁城を抜けて、裏門を出た私である。
これから、ある場所に行きたいのだが、タクシーに乗れば、
10元(160円)の距離だ。
それじゃ面白くない。
辺りを見回すと、タクシーがズラリと並んでいる。
その片隅に、妖しい人影がうごめいているのが見えた。
(きっと、ぼったくり連中だろう)
と、ピ~ンときた私は、自らその怪しいヤツに近づいていった。
ど素人の観光客を演じていた。
キョロキョロ、オロオロ・・
疑似餌に引っ掛かった彼が近づいて来た。
(以下、セリフは多分そうだろう言葉である)

「どこ行くのですか?(英語)」
『~~~』
「私が連れて行ってあげます。小さな車でネ(英語)」
『humhum』
「乗りますネ、OK?」
『humhum』

英語を駆使する彼に連れられ、私はどんどん歩かされた。
5分も歩いた所に現れたのは、
自転車の後ろに荷台をくっ付けた三輪車だ。
コレに乗れという。彼が漕いで案内するという。
(ほお・・ぼったくられるのを承知で乗ってみるか・・)

ギ~コ、ギ~コ漕ぎ出した先にあるのは、
フートンの町並みだ。
昔ながらの家々が連なっている。
車で入れない小路を、三輪車が進んでゆく。
彼は漕ぎながら、ず~と解説を続ける。
「こちらの家の入り口の階段には意味がある・・」
『humhum』
「あの窓は、綺麗に磨かれている・・」
『humhum』
「今通り過ぎたヤツは悪い奴だ・・」
『humhum』

何を言われても、私はhumhumしか言わない。
実は、何を言われているのか、ほとんど解らない。
解ったフリをしているだけなのだ。
時折、ホントに解ったのか?という様な表情で聞いてくる。
そんな時は、手を変える。
『oh,of,course』(もちろん)
頷いている私の顔面の表情はイギリス人のそれだ。
ジェームスボンドだと言ってもいい。

そんなこんなで、小一時間が過ぎた。
「ここが目的地だ」
『センキュ、ハウマッチ?』
「720元(14000円)」

ここで、驚いてはいけない。
タクシーだと、160円で来れる場所に、
例え人力車で来たからと言って14000円はないだろう・・と
喧嘩を売ってもしょうがない。
最初から、ぼられるのは承知の助だ。
『ああ~~今お金出すから待ってね。え~といくらだって?』
ポケットから大きな財布を取り出し、
グチャグチャの紙幣を取り出す。
1元札だの5元札だのがゴロゴロ出てくる。
『ハウマッチ?』
「720元」
ああ、あったあった、72元。

途端に彼の目が据わる。
本気モードの顔つきになる。
ああ、チップね、財布の隅にあったコインを幾つかプラスする。
糸のように細くなった彼の目が、やには、かっと開き、
「払わないなら、ポリスに連れて行く」という。
『oh,ポリース、プリーズ』

その途端、彼は、急に紳士になった。
そして、パウチッコしてある、
人力車連盟の証明書を見せてくれた。
720元という、金額まで明記してある。
『oh、720元?72元じゃないのね。それは悪かった』
「じゃ、払って下さい」
『私、お金ないのよ。ごめんね、でもさ、
あなたの自転車漕いだ頑張りを祝して
靴下に隠してある50元札をアゲルからさ、勘弁して』

かくして、122元(2000円)の出費で、
彼と握手をして別れたのであった。

っと、その私の後姿に、彼の声が振ってくる。
「もう一方の靴下の中を見せろよ!」
脱兎の如く走り出した私は、サスケマンだった。
e0077899_718237.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-31 07:20 | その他
<< 国際空港の出迎え 北京の撮影所 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧