アンコウの吊るし切り
e0077899_6132175.jpg
昔から一度やってみたかった事がある。
30数年来の悲願と言ってもいい。

アンコウの吊るし切り

テレビなどで、目にする度に、アレをやってみたい!
と、願い続けてきた。
昨日の事だ。
魚市場を闊歩していると、そいつが目に飛び込んできた。
<ちょうちんアンコウ>
深海に棲むブサイクの代表である。
これまでも、何度もお目にかかってきた筈なのに、
昨日は、私の頭の上に電球が灯った。
《こいつは、私に吊るされたがっている》

「このアンコウ下さい」
『ほいな、捌きましょうネ』
「いや、このままで」

一匹のまま、丸まま買ってしまった。
今、一匹と言ったが、アンコウの場合、<一頭>と呼びたくなる。
2,8kg、61㎝のアンコウ。
まずは、写真を撮ろうと思い、皿に乗せたが、身体がはみ出し、
二枚の皿に跨ってしまった。

さあ、念願の吊るし切りだ。
S字カンに、下顎を引っかけて、ぶら下げる。
う~む、だらしない格好だ。
親には見せられない姿になった。
さてどうしたものか・・
テレビでは、確か、口から水を大量に注ぎ込み、
腹が膨れ上がった状態で、切り刻んでいたナ。
マネをして、水を口からドボドボ入れた。
っと思いきや、ドバドバ~腹の横から漏れてきた。
魚屋さんが、ご丁寧に腹を裂いて内臓を
部分処理してくれたらしい。
う~む、残念・・水攻めは次回に委ねよう。

でだ、どこからどうしよう?
出刃包丁を取りあえず、背中に突き刺した。
骨の線に沿って、尻尾の方向に裂いてゆく。
ところが、奴は、ブヨブヨしている上に、
吊るされているものだから、
包丁の刃がすんなりとは、入らない。
左手で、奴のブヨブヨを掴み、
無理やり包丁を動かしてゆく。
やがて、肉塊が、ボタリボタリと、落下していった。

アンコウとは、ブリブリのコラーゲンの塊である。
いわゆる、魚の脂ギトギトではなかった。
むしろ、さっぱりとした接触感とでも言おうか、
非常に柔らかい弾力あるゴムを触っている気がした。

途中で、大きなこぶし大の肝が採れた。
捨てる部分は殆どなかった。
硬い歯が危険なので、捨てたくらいである。
目玉から、尻尾の先まで、皆食べられる。
そうそう、胃袋も採取した。
体重2,8キロなのに、人間の胃袋ほどもあった。
大食漢である。
アンコウにインタビューをすれば、大口開けて、
趣味は食事と答えるだろう。

ざっと、10人前の肉塊が採れた。
解体の一部始終をホームビデオで撮影した。
いつか、欧米人がこのビデオを見たら、
東洋の残虐殺戮として、
アンコウは、クジラ同然の扱いになるかもしれない。
e0077899_6125076.jpg
                   「わし アンコウ」
by ishimaru_ken | 2009-03-08 06:13 | その他
<< 富士山? 乳母日傘 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧