船長
e0077899_5533742.jpg
おいらは、船長である。
アチャラの言葉に直すと、スキッパーである。
2級船舶免許を持っている私は、船を操縦出来る。

 昨日も、友人の漁船を借りて、海に出た。
目的はただ一つ、旨い魚を釣るのである。
最近の漁船の近代化は、素晴らしく、
<魚探(ぎょたん)>という武器が付いている。
船から音波を発して、魚がどこにどのくらい居るか・・
一目瞭然にしてしまうのである。
当然海底の形も丁寧に教えてくれる。
それどころか、自分のいる位置も正確に解る。

ところがだ、私の運転する船は、小型のボロっちい船だ。
魚探などありはしない。
魚のいる場所は、自分の勘で見つけなければならない。
以前釣れた場所を、覚えておかなければならない。
さあ、どうやって覚えるか?

陸地にある、建造物や、山で、見通しを立てるのである。
例えば、西の方向にある<煙突>が、
その後方の<神社>と一直線である。
又、北を見ると、<橋げた>が、
その後方の<マンションの壁>と一直線である。
その二つの見通し線の交わった箇所が、ポイントになる。

以前、この場所で、大きなサバとアジが釣れたのだ。
きっと、この下の地形が、彼らが好む場所なのだろう。
すべては、想像である。
船長の腕いかんで、本日の釣果が決まる。
「あの時は、51㎝のサバが釣れたナ」
つぶやく船長の口元には、早くもヨダレが垂れている。
イカリを降ろし、船を固定すると、
さっそく釣り糸を、海底に沈めてゆく。
魚探はなくとも、水深は48mだと解った。
テグスに1mごとに、メモリーが打たれているのだ。

寒風なんのその、じっと海底に思いを馳せる。
きっと、今頃、大きなサバ共が、バラバラと捲かれた餌に
興味を示し始めたに違いない。

ここは、東京湾のど真ん中。
ナン十万トンのタンカーが行き来する。
でっかいフェリーが、波を蹴立ててゆく。
おお!真っ黒い頭だけ出して、
水しぶきを挙げているのは、潜水艦ではないか!
君らに比べたら、私の船は、ゴマ粒だな。
ほんでも、船長には変わりないな。
鼻歌が風に流されてゆく・・

うわあ~きたあ~!
突然竿が、満月のように曲がった。
もの凄い引きである。
テグスが、どんどん出ていく。
必至で撒くのだが、出ていく方が多い。
こいつは大物だぞ!
竿がミキミキと軋む。
相手は何という魚だろう?
引きから推察すると、青魚系の暴れ方である。
長い長い時間が過ぎたように感じられ、
やがてその魚は、浮いてきた。
私は、絶叫していた。

サバだあああああ~!」

ずしりとタモに収まったその大サバは、
体長54㎝のマルマルと太った銀色の腹に青空を映していた。

もし、カモメが私を観察していたら、
ヨダレが、波間に飛び散るのを見られたものを。
e0077899_553555.jpg

by ishimaru_ken | 2009-03-21 05:54 | その他
<< チェーンソー 大きな人列伝⑤ >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧