チェーンソー
e0077899_4404583.jpg
 <チェーンソー>

って、わかります?
電動ノコギリだ。
木を切り倒す時に、大活躍する優れものである。
その分、私は危険ですよと、大そうな音でアピールしてくれる。

先日、伊豆の山中に、分け入った。
目的は、シイタケのボタ木造りだ。
ボタ木とは、ホダ木とも云い、クヌギやコナラの木を、
山林に斜めに立てかけて、シイタケを栽培するその原木だ。
山に登っていくと、コナラの木が群生している。
直径20~30cm、高さ10数mのコナラだ。

昨年の秋、切っておいた大木が、回りの木に引っ掛かって、
斜めに立っている。
さて、コレをどういう風に切ればいいのか?
最終的には、長さ1mに、切り揃えたい。
チェーンソーを握りしめ、頭に血を巡らす。

もし、下から1mの所にチェーンソーの歯を当てたとしよう。
上手く切れたとして、上部の木は、どういう動きをするだろうか?
それによっては、自分の立ち位置が問題となる。
なんせ、数百キロはあろうかと云う大木だ。
落ち方によっては、
<おくりびと>にお世話にならぬとも限らない。

チェーンソーの使用法として、
すでに真横に倒れている木を切るのは簡単だ。
切った木の動きは単純だから。
真っ直ぐ立っている木も、何とかなる。
倒したい方向に、導いてやればいい。
ところが、私の目の前には、下をすでに切ってある大木が、
やや倒れて立っているのである。

よし、計画は固まった。
チェーンソーのヒモを引っ張り、エンジンを始動させる。
ケタタマシイ音が、山間に響く。
少なくとも、イノシシと鹿は逃げただろう。
木の横に、足場を固め、チェーンソーを振り上げる。
木の表面に激しく回転する歯を押し当てた。

ギャャアアアアアア~~ン!!

熊も逃げたに違いない。
私の胴周りほどの幹が、あっという間にせん断されてゆく。
3/4ほど切ったところで、一旦チェーンソーを引き抜く。
覗き込んで、切り口を見る。
ふむふむ、木とは、面積の1/6位が繋がっているだけで、
立っていられるものなんだな。
もう一度、チェーンソーを差し込み、エンジンを吹かす。

ギャャアアアアアアア~~~ン!!

鬼も逃げたナ。
メリメリッ!
やには、裂けるにぶい音がし出した。
やばい・・私が逃げなくては・・
私の立っている所はかなりの急斜面である。
とっさに飛び退くには向いていない足場だ。
チェーンソーを引き抜き、飛びすさった刹那、
ドスン!
私の横1mに、コナラが突き刺さった。
計画どおりではあるが、リスクが大きいな。
その後、コナラにあらかじめロープを巻きつけ、
木が落ちる方向を限定したのだった。

なんやかや、500キロほどのボタ木を切り出し、
ネコに積み込み、山から降ろして来たのだった。
ふうぅ~、体重2キロ減。
e0077899_4395547.jpg
e0077899_4505390.jpg

by ishimaru_ken | 2009-03-22 04:44 | その他
<< シイタケの絵 船長 >>



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧