カテゴリ:その他( 1798 )
ポックリ芝居
e0077899_13132122.jpg

芝居の旅で地方に行く。
劇場では、年のころ80を超えた
おじいちゃんたちが見てるんですなあ。
ときおり、ガホガホといって、笑っているんですなあ。
腹筋が弱っているので、思いっきり笑えないんですなあ。
おまけに、肺活量も減っているので、
笑い続けることが出来ないんですなあ.
それでも、あまりにもおかしいところは
ガマンできないらしく、ヒィー・・ヒィー・・
「笑う」 という行為はとんでもない体力を使らしい。

  さあさあ、そこでだ!
あのおじいちゃんが、あのまま、ポックリ逝ったとしたら・・
それはそれでいいんじゃないだろうか?
人生の最後に大笑いをしてジャンジャン。
いいじゃん・・最高ジャン・

さあ、そうなると、大変でッセ。
マスコミがほうっておく筈ありまへんなあ。

 「石丸一座、公演中に観客笑い死に!」

大変大変!
マスコミが取材にきて、
どういう状況で、笑い死にしたのか、
特集をくんでTV,ラジオ、新聞、週刊誌で、
大騒ぎ!

それを見た、同年齢のおじいちゃん、おばあちゃん達が、
私も私もと、さっとうする。
「わたしも、笑い殺して~」
「あだしも、死んでみたいわ~」
「ころじでくで~」
「お布施は、なんぼでっしゃろか?」
「わたしら、くすぐっても、もう笑えまへんのや」

こうなったら、話題が話題を呼び、もうパニックですわ。
石丸一座の芝居が次にどこでやるのかの問い合わせが殺到し、
チケットは売りきれ!
立ち見まで出るしまつ。
高齢者は立ち見が出来ないので、
原点に戻って、座布団席をもうける始末。
  すわっ!「座布団だ~」
ってなことで、安心した高齢者のお歴々が、
お茶菓子を持ち込み、さらには、ヨメサンが用意してくれた、
魔法瓶のお茶を
本番中にコポコポとそそぐのでんなあ。

そうなると・・モウ大変・・
お芝居にはおじいちゃんおばあちゃんの空咳がつきもの。
コポコポ・・
ガホガホ・・
チッチッチッ・・(お茶菓子の残りカスをほじる爪楊枝の音)
本来はオケピットがあるあたりに
座布団の円陣が出来あがり、
「とめさんとそうじろうさんが怪しい・・」
ほんでもって、当然自慢話とあいなるんですわなあ。
「あたしの死に方は誰にも負けまへんでー」
「わしが、戦時中に笑い死にかけたのは、満州じゃった」
「ボクの特技はへそで茶を沸かすことなんでひよ。」
「一生に一度でいいから、入れ歯を飛ばしてみたい」
「あたしの彼氏は、笑い顔がきれいじゃったのよー」

さあさあさあた~いへん!
裏のスタッフも製作もてんてこまい!
それでも舞台上の役者は、
真面目に芝居を続けるしかおまへんのですがなあ。
おまへんのですが、
これが集団の心理的効果ってぇ奴ですかい?
本当にポックリ逝くお方が出てしまうんですなあ。
ピーポーピーポー

「ほらみろ、やっぱり!」
マスコミは騒ぐし、のりにのった役者連中が、
又、あおるもんだから、
ほらまた、ポックリ
そこでもポックリ
そうなると、連鎖反応で、
まだまだ、おい先長いと思っていた、梅さんまでポックリ、
 亀二郎さんまでポックリ
ポックリ・ポックリ・・・

 「石丸一座ポックリ公演」
    ついに八戸に来たる!
なんて見出しが地方版の新聞に載ったりして、
ポックリ教の教祖石丸様を一度拝顔しとかなきゃ
という地元のしわしわ連中と、つえつえ連中が
ドット!押しかけてきたりしまんねんがな。

   ・・・きません
by ishimaru_ken | 2006-01-27 13:14 | その他
青梅市困った
e0077899_9414391.jpg

石 :石ヤンで~す。
ケン:ケンちゃんで~す。
二人:ふたり合わせて、石ケンでーす。
石 :知ってるか?
ケン:知らない。
石 :東京に青梅(おうめ)市ってのがあるの知ってるか?
ケン:おっ、市民国際マラソンやってるとこ?
石 :その青梅にな、新しく陸橋を作ることになったのよ。
ケン:良かったね。
石 :良かないんだよ。
ケン:何があ?
石 :名前が付けられないんだと。
ケン:なんで?
石 :考えてもみなよ。
ケン:考えてねえよ。
石 :青梅に新しい陸橋だぞ。
ケン:青梅の新陸橋だろ?
石 :んっ?なんつった?
ケン:お・・青梅新陸橋・・
石 :もいっかい、小指を歯で噛みながら言ってみな。
ケン:オーメシンリッキョウ・・
    あ、そりゃ駄目だわ。

             ジャンジャン
by ishimaru_ken | 2006-01-26 09:42 | その他
酒屋怪談

e0077899_3263140.jpg
酔っ払って階段から落ちる友人を知っている。
3人ほど。
癖になっているらしい。
命がけの癖だ。
そのうち一人はホントに命カケて、
カケに失敗して、アッチへ、いっちゃた。

そういう友人と外で酒を飲む時は、
階段の無い飲み屋を探す。
そのまま入る店とか、
いっそ、エレベーターで上がるしかない店とか。
もっといっそ、野外で飲むとか・・

どうしても、階段を使う店の場合、
帰りは、その友人のエリ首を後ろから
掴んで降りる。
それでも、足踏み外して、ダダダダ~ン!
 今だに、その友人が生きていることが信じられない。

つい最近、そのグループに新たに一人
加わりかけたがいる。
本人の名誉もあるので、Y君ということにしよう。
Y君の場合、とても運が良かった
 気持ちよく飲んで、最後に階段から落ちた。
どんぐりの様にコロコロ落ちた。
頭から落ちた。
落ちたところに、自分の主治医が通りかかった。
整形外科医だった。(参照;1月8日過去ログ)
良かったね、ヤスタニさ~ん。
by ishimaru_ken | 2006-01-23 03:29 | その他
猫肌

e0077899_12343345.jpg
猫肌である。
昨日、猫舌であると書いた。
同じ意味だ。
<熱い風呂に入ることが出来ない>
厳密にいえば、<出来ない>わけではないが、
がまんができない。
入った瞬間に、ギャッと飛び出してしまう。
沸かしている途中のぬる~い風呂ならOK

だから、集団温泉旅行が困る。
せっかく、温泉に来ているのに湯船に入れない。
みんなが、「ああ~たまらん~」
とか言って、頭にタオル乗っけて、湯に浸かっている時、
いつまでも、洗い場で体を洗っていたりする。
こっそり湯船の水の蛇口をひねろうもんなら、
大勢の非難の目玉がぎょろり。

ガマンガマンで、20秒ほど浸かったとしよう。
するとどうなるか?
浴衣に着替えても、汗が噴出す。
あっという間に、浴衣が汗で、グショグショになる。
又、体を洗わなくてはならない

 <猫肌専用温泉
作ってくれませんかあ~
by ishimaru_ken | 2006-01-13 12:35 | その他
猫舌

e0077899_9574776.jpg
猫舌である。
苦手な食べ物は、カタクリで、とじたもの。
中華丼、カレーうどんなど・・
食べたいのに、冷えるまで、食べられない。

猫舌人間の特徴は、<経験が役に立たない>
というところかもしれない。
どういうことか?
 こういうことだ。

猫舌人間は、子供の頃から自分が
『熱いものが食べられない』 ことを知っている
知っているのに、熱いものを出されると、躊躇なく
口元まで持っていく
口をつける。
思わず、「あちち~!」と大騒ぎする
「ああそうだ、俺は猫舌だったなあ」と反省する
そして、周りのみんなに、
「俺、猫舌なんだよ。」と発表する
近しい人達は、その言葉を何十回も聞いている
言った本人は、言ったことで、安心するのか、
次回、まったく同じことを繰り返す
<経験が役に立たない>

本家の猫は、躊躇なく、口元を近づける事はしない。
足で、ちょこっと触ってみたりする。
つっついたりする。
猫舌遺伝子の歴史が人間より
はるかに長いのかもしれない。
by ishimaru_ken | 2006-01-12 09:58 | その他
あけまして
あけまして、おめでとうございます。

e0077899_9133755.jpg

海の青さは、空を映しているというが、
南国の海の青さには、空にないがある。
あのは、どこからくるのだろうか?

エメラルドグリーン
ターコイズブルー
マリンブルー
ソーダ色

この中で、ソーダ色を見つけるのが難しい。
晴れた日に、ウインドサーフィンで海の上を走り回る。
時折、現れるソーダ色。
思わず飛び込んで、ゴクリと飲みたくなる。
実際、飲んでみたことがある、ゴクリ。
とてもショッパかった。
あたりまえだが・・・

さあ、今年もソーダ色を探しに行こう!
by ishimaru_ken | 2006-01-01 09:12 | その他
オレは死ぬ!・・とオヤジ

e0077899_21335625.jpg
まもなく90歳になるオヤジがいる。
最近、「ガンだ!オレはもう死ぬ!」・・と大騒ぎしている。
病院で調べてもらったら、まあ確かに、
ガンだとわかった。

このオヤジ。10年前にも、
「ガンだ!オレはもう死ぬ!」と大騒ぎした。
確かに、ガンだった。
胃がんだった。
手術をした。
胃の3分の2を摘出した。

さあ、ここからです、お話は・・・

全身麻酔で手術をした翌日の朝
(どうせ、寝たきりだろうなと思って)
病室に行ってみると、朝刊を広げ、社会欄を
見ている。 詰め将棋を見ている。
な~んだ、元気なんだと思った。

その直後、事件は起こった。

病院から、我が家に電話があり、緊急再手術だ!という。
『がーん!やっぱりガンが進行して・・・』
と普通思うでしょ?
それがねえ~
担当の看護士の証言によると、
喉が渇いたからといって、
売店に歩いて行きパック牛乳を買ってきて
チューチューと飲んだらしい
あの冷たい牛乳を・・
胃を3ぶんの2を切り取った次の日に・・

バカです。私のオヤジ バカです。
バカ過ぎて、何故か元気です。

そうか!
長生きの秘訣は・・{バカ}・・かもしれない・・
by ishimaru_ken | 2005-12-25 21:26 | その他
冒険家ニューギニア探検

e0077899_12124410.jpg
石丸の師匠が、今ニューギニアにいる。
何の師匠かというと、ウインドサーフィンであり、
フリークライミングであり、
総じると、冒険の師匠である。
そして、彼は、冒険家である。
 <藤原一孝(ふじわら かずたか)>

何しに、ニューギニアに行ったか?
タスマニアンタイガーを探しに行ったのだ。
地球上から絶滅したと云われている有袋類
タスマニアンタイガー

5年ほど前、師匠藤原、突然冒険に出かけた。
日本から、ヨットで、ニューギニアまで行き、
川を600キロ遡り、
オセアニア一高い山に登り、
又、舞い戻ってきた。一年かけて・・
その途中で、
タスマニアンタイガーの確かな目撃情報を
仕入れたらしいのだ。

発見されれば、世紀の発見になるのだが・・

藤原ホームページ http://www.geocities.jp/tassyexploration
by ishimaru_ken | 2005-12-25 12:11 | その他
ナミイと唄えば

e0077899_11132746.jpg
ドキュメンタリー映画を見た。
ひとこと・・・面白かった。
そして、元気が出た。
大好きな沖縄の話だ。正確にいえば、石垣島。
そこに、85歳になる、
 <ナミイ
という名前のお婆さんがいる。
人は、彼女のことを
 <ナミイおバア> と呼ぶ。
サンシン(三味線)を弾きながら歌う 現役の
お座敷芸者だ。

あまり見たことのない、風変わりなドキュメントである。
監督は、「アレクセイと泉」 「ナージャの村」 を
手がけた、本橋成一

実は、この本橋(もとはし)監督、昔サーカスの写真集を
出したことがある。・・というので、見せてもらった。
その写真集の中に、当時ピエロのアルバイトで、
サーカスに出入りしていた、石丸謙二郎
写っていたのである。ピエロ顔で。
まだ、俳優になる前だから、30年ほど昔のこと・・
偶然とは、面白いもの・・

<ナミイと唄えば>
2006年3月18日より一般公開。ポレポレ東中野という所にて~
●製作ポレポレタイムス社&サスナフィルムのHP
by ishimaru_ken | 2005-12-24 11:12 | その他
蔵書処分
誰か、貰ってくれませんか
e0077899_1253327.jpg

溜まりに溜まってしまった。
こんな本棚が4つ。
2500冊以上はありそう。
みかんダンボール箱で、10箱くらいか・・
ほとんど、文庫本で、純文学から、
サスペンスまで様々。

東京都内近郊であれば、
お届けもできるのですが・・・

「私がー」という優しい方おられましたら、
ホームページの事務所の方に、
メールを頂けたらと、思います。
by ishimaru_ken | 2005-12-23 12:52 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧