カテゴリ:その他( 1886 )
お釣り症候群
e0077899_5572590.jpg
「あっ、ポケットティッシュを買おう」
小さな洋品店に入る。値段を見る。
96円
財布を見る。一万円札しかない。
(一万円札で96円かあ~悪いな)
ってんで、つい、隣にあった虫除けスプレーを友買いする。
しめて、380円。
え~ばっかじゃないの~
友買いの方が高いじゃん!

そうなんです。
お馬鹿な買い物をしているのだ。
<友買い>という言葉があるかどうかは、別として

お釣り申し訳ないな症候群

があるのだ。
一万円札出して、こんなモンしか買わなくて
お釣り貰っていいのかしら?・・症候群と云ってもいい。
この症候は午前中に、特に起きる。
店が開いたばかりの時に、特に起きる。
お店が、お釣りをたいして用意している筈がない時間帯に、
特に起きる。

今、暖簾を出したばかりの、蕎麦屋に入ったとしましょ。
もりそば400円を食べ、一万円札を出す勇気はない。
蕎麦屋が銀行で両替して来たばかりのお釣りを、
簡単に引っさらって行く勇気はない。
『それは仁義に・・もとるんじゃ・・ないすか』
・・高倉健さんも言ってる様な気がする。

そんなん商売なんだから、割り切っていきまひょ!
という意見もあるのだが、割り切れない

割り切れない派のイシマル、今日、タクシーに乗った。
ワンメーターの距離だった。
ふと、財布を見ると、一万円札しか無かった。
『お客さん、着きました。この辺でよろしいですか?』
「え~と、ごめんなさい。もうちょっと走って下さい。」

結局、目的地を著しくオーバーランし、
本来タクシーを使った筈の2倍の距離を、歩いてしまった。

『それで・・いいんじゃ・・ないすか』
高倉健さんが言ってる様な気がする。
by ishimaru_ken | 2006-11-03 05:58 | その他
ネギを咥えて鯖が来る
e0077899_5414425.jpg
<ネギを食べると頭が良くなる> と昔から言う。
<青サカナは脳を活性化させる> と最近言われる。

ネギが好きだ
朝から、晩までネギをふんだんに食べている。
納豆には、納豆と同量のネギを入れ、
味噌汁なんて緑の湿地帯になるほどだ。
夜、鍋をやったりすると、
買ってきたわけぎネギ一把が消えてしまう。
器にネギが盛られているので食べていると、
下から豆腐が出てきたりする。

いっぽう、青サカナは大好きだ。
サバ、アジ、イワシ、秋刀魚
毎日でも食べる。
サバに至っては、朝昼版と3食食べる事さえある。

イシマル君、こんなにネギと青サカナを食べている。
幼少の頃より食べている。
恐らく、一般の平均値を遥かに超えていると思われる。
だとするならば!だとするならばだよ!
冒頭の格言が正しいならば、ば、ば、ばばば!

わたくしは、もっと頭の回転が良くなっている筈だ。
とっくに東大はおろか、ハーバードも卒業して
ひとかどの人物になっていてもおかしくない。
更に、
頭に良いとされているサカナの目玉なんて、好物の最右翼で
どれほどのサカナに御迷惑を掛けたか、謝りたい位だ。
だとするならば!ば、ば、ばばば!
セリフを間違ったり、覚えが悪かったり、電車に忘れ物をしたり
何故するのだろう?

食い方が足りないとでも言うのか?
それとも、こういう事なのだろうか…

もし、ネギも青サカナも目玉も食べていなかった・・としたら、
イシマル君は、相当ボンクラだった・・のだろうね。
あれだけ食べたからやっとコノ程度になれた・・のだろうね。
ネギさん達に感謝しなければね。

さ、ネギラーメン食べに行こ。
by ishimaru_ken | 2006-11-02 05:43 | その他
I LOVE ネギ
e0077899_1565252.jpg
この写真、何だか解りますか?
味噌汁の中に浮いているネギを見て下さい。
ハートマークになっているでしょ。

ネギが好きだ。
スーパーの万能ネギを一把買っても、一日で食べてしまう。
納豆をこねながら、ふと思う。
(納豆とネギ、どちらが沢山入っているのかな?)
鍋物をやると、一鍋で一把食べてしまう。
料理屋で、鍋物を食べる時、出されるネギの少なさ
がっかりしてしまう。
時折、タッパウエアにがっぽりネギを持参して行く事がある。
鍋をつつきながら、マイネギを器にカケルのである。

立ち食い蕎麦屋のステンレスのネギケースを見ると
アレ全部かけたくなる。
いや、出来る事なら、あのネギケースに蕎麦を入れて食べたい。

ネギを、包丁でザクザクと切るのも楽しい。
あのザクザク感はネギにしか出せない。
ネギを切ると、包丁の切れ具合が分かる。
(そろそろ砥がなきゃな)
ネギを切ると、身体のキレ具合が分かる。
(よし、体調いいな)
ネギをきらすと、食事がつまらなくなる。
(がっかり)

ネギは料理界の名脇役である。
しかし、いつか、主役に抜擢されても、文句を言わないぞ。
その日が来たら、カモを背負って行こう!

冒頭の写真のハートマークは、湯のみに例えると、茶柱だね。
by ishimaru_ken | 2006-10-31 01:58 | その他
リンスでいこう
e0077899_971977.jpg
『ああ~さっぱりしたあ~』
お風呂を出て、バスタオルで身体を拭いている。
頭のてっぺんから拭く。
結構、拭き方は乱暴だ。
スペインの闘牛士マタドールよろしく、
タオルの舞をしている様だ。
フラメンコの曲でも掛けてくれれば、ダンスに見えない事もない。

やがて足に取り掛かったあたりで、異変に気付く。
なんか身体の表面がヌルっとする。
(バスタオルに何か付いていたのかナ?)
ガ~~~ン! 思い出した。

リンスをすすいでいない!

頭を擦ったバスタオルで拭いているので、体中リンスまみれだ。
もう一回、お風呂に入らなければならない。
犠牲になったバスタオルも、無駄な洗濯をしなければならない。
実は、この<リンスすすぎ忘れ
今回が初めてではない。
年に3回ほど起こる。
起こる理由は解らない。起こった時にパターンが無いからだ。
家でも起こるし、外泊のホテルや旅館でも起こる。

そこで、お尋ねしたいのだが、みんな起こっているのだろうか?
「おいらは生まれてこの方、すすぎ忘れなんてネエだよ。」
『タクは最後シャワーですので、有り得ませんわ』
と云う方、おられるのだろうか?
ひょっとすると、そちらのほう・・・つまり
一度もすすぎ忘れをした事が無い人の方が多いのだろうか?
あるいは、大多数の人は忘れた事など無いのだろうか?

今・・コレを読んでいて、
『ええっ!私(俺)って、少数派なの?』と思われた方。
いえいえ、大丈夫ですよ。
少数派の中でも、ランクというものがあるからネ。

イシマル君の場合、朝シャワーを浴びて出かけた
ロケ先の支度部屋で、メークさんに指摘されたもんね。
「頭、何つけてンですか?」
by ishimaru_ken | 2006-10-30 09:09 | その他
幹線に乗ろう
e0077899_10401190.jpg
日本地図、世界地図、
イシマル、これで育った。40年も前だ。
それ以前は、日本地図、世界地図だったのだろう。
とするならば、今頃、
続続新日本地図くらいになっていなければならない。
10年後には、<帰ってきた続続新日本地図>になっているだろう。

<新しい>という文字を付けたがる傾向は何だろう?
日本に限った事ではない。
ニューヨークは、イギリスのヨークの新だ。
ニューアークしかり、
ニューオーリンズしかり
海外もニューだらけだ。
(ん?ニュージーランドのジーランドってどこだっけ?)

<新(ニュー)>を付けたがるのは解る。
その時点では、<新しい>んだからね。
しかし、<新しい>なんて、あっという間に古くなるんだわな。
命名する人は、その事に気付いているのかな?
たとえば、
<新国立劇場>と名付けたビルは100年以上耐えられる
立派な建物なんだけどな。それでいいのかなぁ?
<新劇>なんてその最たるものなんだけどなぁ~

一度、まっさらにするつもりで、
すべての<>をとっちゃったらどうだろう?
そこで、遅刻の言い訳
『すいません、雪で<幹線>が遅れてしまって…』
by ishimaru_ken | 2006-10-28 10:42 | その他
名前の逆さ読み
e0077899_9441023.jpg
自分の名前を逆さまから言えますか?
例えば、<いしまる けんじろう>なら
《うろじんけ るましい》
かなり笑えるニュアンスになる。
この、逆さ読みを、小さい頃に良くやっていた。
友達と逆さ読みごっこで遊んでいた。
『そうそう、私もやっていた!』と膝を打ったあなた。
そのあなたを統計に入れていくと(イシマル統計では)
9割の人が、自分の名前の逆さ読みをやっていた様だ。
『え~私は1割なの~』
と思われた方・・・又明日会いましょう。

さて、警察が犯罪捜査をしている時に、
犯人が偽名を使っている場合がある。
その時の、見分け方があるのだ。
もう、賢いあなたは解りましたね。
そう!
その人物に自分の名前を逆さ読みさせるのだ。
偽名を使っていなければ、たいがいの人はすぐに言える
結婚して、姓の変った人は旧姓で、読んでもかまわない。
ところが、偽名を使っている人は、
そんな練習などしていないものだからオタオタしてしまう。
イシマルだったとすると、
「うじ んけ ろ~」
などとやってしまう。
警察官は、はは~ん、こいつ偽名を使っている可能性があるな
と気付くのだ。

ところが、したたかな犯罪者もいるもんで、
「逆さまに言ってみろ」
『みもと ともみ』 (三本友美)
『こいけ けいこ』 (小池圭子)
『みおつか かつおみ』 (澪塚 勝臣)

結論;偽名を使う人は<回文>にしましょう。
by ishimaru_ken | 2006-10-27 09:46 | その他
こらっ!カップラーメン
e0077899_8323439.jpg
カップラーメンを食べるのは、大変な苦労を要する。

まず、あの周りを被っているラップが破けない
取っ掛かりが解らない。
どこにどう爪を立てても、簡単には破れてくれない。
どちらかと言えば、ラッキー!で破けている様な気がする。
余りにも破れないので、ボールペンを使って底の部分を
チョンと突いたら、
ブスっ!ラップもろとも底のハッポースチロールまで
穴が開いてしまった。

やっと採れたラップが指に絡みつく。
静電気で絡みつく。
指を振る!ブルブル振る!
取れない。
クソっ!
思いっきり振ったら、バチン!テーブルに指をぶつけた。

お湯を注ぐ。蓋をする。3分待つ。
すでに、カップラーメンの歴史は30年を越えた。
にも関らず、<ただ待て>と言う。
ただガマンしろと言う。
だの香りだのには、莫大な資金と知恵を投じているのに、
お客の<待つ>という行為には、何のサービスも無い。
せめて、蓋にクイズを出して貰いたい。
3分以内で解けたら、「あんたはえらい」
と云うクイズを出して貰いたい。

30年以上カップ麺を食べているのに、この3分が苦しい
時計を何度も見てしまう。
(もう大分経ったな)と思って時計を見ると
30秒しか経っていなかったりして、自分にがっかりする。
特に最後の1分の過ごし方が難しい。
秒読みするには早過ぎるし、
忘れた振りをするには、出来上がり時間が迫り過ぎている。
しかし、人生はどうあがいても時間は進むもので、
やがて、フィニッシュタイムがやって来る。

ジャ~ン!うわ~い!3分経ったぞお~!
割り箸を持ち、蓋をベリリと剥がす。
ジャブジャブと麺をかき混ぜ、箸で持ち上げたその時・・・

ガ~~~~ン!!!
猫舌だった、オレは・・・)

苦労したカップラーメンを食べ始めるまでに、さらに
5分の間、待つのであった。
by ishimaru_ken | 2006-10-26 08:34 | その他
デジタル課長
e0077899_1033017.jpg
<12‘34“56> (12時34分56秒)

この時刻は毎日お昼時にやって来る。
会社では、お昼の休憩時間だ。
ここに、数字がとても嬉しい上司が登場する。
仮に、課長という事にしよう。
この課長、777とか大好きなのだ。
数字の並びに敏感なのだ。
敏感過ぎて、みんなに数字が並ぶ瞬間を教えようとするのだ。

『5秒前、4、3、2,1、はい並んだ!
毎日、12時34分56秒にデジタル時計を手に持ち、
発表するのだ。
お弁当を食べている社員は、「おお~!」と驚くのだ。
毎日驚くのだ。
すでに、お弁当を食べ終わり、屋上にバレーボールに行きたい
社員も、その時刻まで、待っていなければならないのだ。
誰か、課長に進言をしなければと思いながら、
何となく、長い間続いているのだ。

そして、みんな恐れているのだ、来年を。
2007年の8月9日を恐れているのだ。
その日は、課長にとって大イベントになるに違いない。

123456

ま、まさか、日曜日ではないだろうな!
by ishimaru_ken | 2006-10-25 10:05 | その他
洗濯の幸せ
e0077899_8142479.jpg
ウイークリーマンションを利用した。
長期滞在では、ホテルより快適な場合がある。
何より、洗濯機がある。
一念発起、毎日洗濯をする事にした。
毎日洗い、毎日干し、毎日たたむ。
簡単なようでなかなか出来ない。
しかし、頑張った。単身赴任のお父さんの苦労がわかった。

10日を過ぎた頃、液体洗剤が無くなった事に気付いた。
(同じモノを買ってくるか)
ってんで、洗剤を手にとって眺めた。
(んっ?)
洗う>という文字が無い。
上から下まで、くまなく探した。<洗う>が無い。
裏返した。びっしり文字が書いてある。
<洗濯機>というのはあった。<洗う>が無い変わりに、
<臭い>だの<消す>だの<菌>だのが頻繁に出てくる。

ガーーーーン!ひょっとしてコレは、柔軟剤なのではないのか!
ひょっとしなくてもコレは、その手の奴だ。
<天然のやわらか成分配合>と書いてある。

え~~~~!
じゃあ、この10日あまり、柔軟剤で洗っていたのか。
いい香りがするので気分が良かったが、
気分だけだったのか。
気分Tシャツ気分ズボンを履いていたのか。
恥ずかしながら、気分下着で、人様とお会いしていたのか。

毎日洗っていたのは、何だったんだ。
毎日干していたのは、何の為だったんだ。
毎日たたんでいたのは、たたむのが好きだったんじゃないぞ。
オレの10日気分を返せえええ~!

あっココに小さく書いてある。
<洗剤とは異なり、汚れの洗浄効果はありません>
by ishimaru_ken | 2006-10-15 08:16 | その他
覚悟して空を飛べ
e0077899_8201566.jpg
「種子島行きの便は、ただいま搭乗をお待ち頂いております」

鹿児島空港で、搭乗待ちをしていた折の、女性アナウンスだ。
よくあるアナウンスで、まあ、気にも留めないたぐいだ。
ところが、その種子島便が、次第に怪しい雰囲気になってきた。

「種子島行き、もうしばらくお待ちください」
「アナウンスにご注意お願いします」
「どうぞ、ゲートでお待ち下さい」
どうも、<欠航止む得なし>の雰囲気が漂う。

その雰囲気を突き破るかの様に、かつて聞いた事のない
エネルギッシュな女性アナウンスが響いた。

「種子島便ご搭乗の皆様、ご迷惑をお掛け致します事を
覚悟で申し上げます。欠航致します。
つきまして、払い戻しを致します。○○窓口~」

ほお!
今迄空港でいろんなアナウンスを聞いてきたが
覚悟で申し上げた 人は初めてだ。
肝が据わっている。
余りにも客を待たせ過ぎたので、
『ふざけんな!』という客が、
払い戻しカウンターに殺到する事が目に見えている。
その怒り狂った客を、覚悟の上で引き受けようと云うのだ。

どうも、これまで空港でも駅でも、覚悟なしの
曖昧な表現での<遅延アナウンス>を聞き慣れてきた。
しかし、この<覚悟アナウンス>で目が覚めた。
ポンと膝を打った。
パシっと額を叩いた。
人は、やはり、正直さが大切なんだ。
正直な気持ちは、相手に伝わるんだ。

このアナウンスの女性の声が、
やや震えていたのを、私は聞き逃さなかった。
お名前も知らない方だが、
あなたの空港> を私は信用したい。
by ishimaru_ken | 2006-10-13 08:29 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧