カテゴリ:その他( 1798 )
ジンギスカン

e0077899_914227.jpg
ジンギスカンがブームだって?

ふ~ん
私、40年前から、肉といえばジンギスカン<羊の肉>ば~か食ってきたのだあ

その昔
父親がどうもジンギスカン鍋にはまったらしい。
ジンギスカンの、そのモノを買ってきた。
それ以来、毎週土曜日はジンギスカン!
それも、庭で食う。
今風にいうと、バーベーキュー
昔風で、野焼き
我が家、5人家族なのに、
父親は、2.5キロの羊の肉を買ってくる。
つまり、一人、500グラム食べるわけだ。
そして、そのとおり食べる。
500グラム食べる。
誰かが、食べないときは、その分食べる。

想像してください。
決して裕福でない・・猫のひたいのような庭
で、七輪の周りに集まる5人の家族。
おのおの、タレを入れた器を片手に
肉を焼き、ついばむ。
ただただ、羊という同じ肉を
食い続ける。
だんだん、日が沈んでいくが、
目をこすり、食い続ける。

早い話が、羊肉が好きなんだな~

ジンギスカンといえば、モンゴルだよ・・
そうか、それで、俺たちには、

蒙古班(もうこはん)> があるのか!
by ishimaru_ken | 2005-12-19 09:12 | その他
こんな鯵がいるのか


アジは好きですかぁ~
アジを釣ったことがありますかぁ~

 「んだ、竹串に刺して囲炉裏で焼く
  あれは、うめえなあ」
って、それは、アユだよ。
e0077899_13454984.jpg

東京湾の横須賀のちょい南に{走水}(はしりみず)
ってえ所がありまして、
その沖に、回遊魚のくせに、その場に
いついてしまった がいる。
走る水 と書くくらいだから、
海流の速さははんぱじゃない。
イアン・ソープでも泳ぎきれない。
(どういう例えだ)

つまり、大分県の関鯵、関さばと
同じ環境に育っているわけだ。
ほんだから、味も、抜群にいい。
通常、魚は大きくなりすぎると、大味になると
云われているが、
なになに、走水のオオアジは、うまかーとです。

魚拓の50センチが想像出来ない方
自分のヒザの皿から下を見てごらんさい。
男で、だいたい50センチだよ。

釣り宿; 広川丸046-841-8002
                   にて
by ishimaru_ken | 2005-12-10 13:33 | その他
台湾夜市の魅力
e0077899_2028179.jpg
台湾への日本からの観光客が、今年、
100万人を突破するそうだ。
 はい、わたくしも、行ってきた。

台湾の何に惹かれるのか?
何といっても、食べ物だ。
うまい! 何を食ってもうまい!

その楽しみの一つが、

夜市

夜市とは、まあ、屋台のことだな。
日本では、博多が有名だが。
台湾夜市は、台湾の都市にあふれている。

その中でも、お勧めは、基隆(キルン)市
ある、夜市。
総延長500メートルほどの
通りの両側に、ずらりと並ぶ屋台の数々。
魚料理の店、肉料理の店、
ショウロンポーから、臓物まで
ジュース専門、お菓子屋さん
などなど、毎夜が お祭り状態・・

さあ、この店あたりに腰掛けましょうか・・
「え~とね、アレとアレとコレちょうだい。
 それと、ビール!」
『メイヨ』
 
え~~~!ない?ビールがない?
アルコール自体を置いてない?
よくよく、周りを見回してみると、
なるほど、誰もオサケを飲んでない。
実に楽しく、わいわいと{食べて}いる。

そうか、台湾夜市とは、そういうところだったのか・
しかし、あとで、わかった。
ちょいと外れたところで、ちゃ~んとビール
紹興酒を出している店があった。

考えてみりゃ、日本だって、お祭りの屋台の
焼き鳥売ってる店では、飲まないわな。

結論
あまりのうまさに、<はしご食い
by ishimaru_ken | 2005-11-22 20:34 | その他
柿泥棒
よそのうちの塀からはみ出た柿を、
こそっと盗み取ったのは昔の話。
いまじゃ、長―い棒を使って、堂々と柿泥棒。
e0077899_17523122.jpg

干し柿にしてみました。
e0077899_17533262.jpg

もう、ひと工夫。
渋柿のヘタに、焼酎をちょっちょっとふりかけ
ヘタどうしを重ねて、一週間ねかせると、
あら 不思議・・甘い甘い甘柿に変身するのです
なぜ、そうなるのかは、わかりません。
昔の人の知恵です。
e0077899_1754481.jpg

by ishimaru_ken | 2005-11-05 17:55 | その他
鯵にチヤホヤされたい・・・
e0077899_1014829.jpg
鯵の国の王様になろう!

どひゃー!!
四六時中、鯵がまわりをとり囲んでくれる。
ご機嫌をとてってくれる。ちやほやしてくれる。
『ワタシを食べてください』と、その麗しい身を投げ出してくれる

e0077899_10472367.jpg「よし!<刺身>にしてつかわそう」
「そちは<塩焼き>なるぞ」
「そなたは<タタキ>じゃ」
「お前は、<なめろう>」
「ほう~、そなたは<酒蒸し>がお似合いじゃ」

・・・あーしあわせ

天の声「えっ?そんなもんでいいんかい」?
謙二郎「いいのです」

好きなんです、鯵さまが・・・。

と・・なると、当然ご近所の<鰯の国>からご一行様が挨拶にきますわなぁ
ついでに貢物とばかりに、金太郎鰯・丸干し・目刺・・・なんていうもの差出しますわな・・・

あー、幸せ

天の声「ホントにそれでええんかい?」
謙二郎「ええのです」

おっと!!それを聞きつけた光物の帝王<秋刀魚軍団>が
大軍勢でのりこんできますな
大根おろしにカボスなんかしょってたりしますな
中には、王様に恋こがれて、もう半身くらい焼け焦げていたりしますな
・・・たまりません。

天の声「鯛やヒラメは舞い踊らなくてよかとですか?」
謙二郎「よかですたい」

さあ大変です!!!

そうなると黙っていられないのが、ヒカリモノのスパースター
<鯖さま>の出現です  
♪~鯖さまのおなーりー・・/ドンドン(太鼓)

とうとう、ヒカリモノ四天王のそろい踏みです。
あー何たる幸せ。

ヒカリモノにチヤホヤされたい
e0077899_1144057.jpg

by ishimaru_ken | 2005-10-17 11:23 | その他
我慢した旨さ
e0077899_19203065.jpgハタハタを食った。
「~♪~♪秋田名物、八森ハタハタ、男鹿でオガブリッコ、
アーコリャコリャ・・・♪」
秋田を旅をするとこの唄をどっかで耳にする。
ハタハタ
という魚をご存知か?
体長20cm弱の一見雑魚である。
海釣りでは釣れても捨てられ、カモメが食うような見た目は雑魚である。
ところが!!その味、旨いんですな~これが。
塩茹でしたハタハタの旨いこと。
一夜干しをひと炙り、その芳醇さ。

でも、ハタハタを刺身で食おうとは思わないでください。
実に小さな魚です。部分のみで食べるなんて、もったいない。
一本丸ごといかないと・・・あー旨い、あー旨い。

旨いあまりに、いまから遡ること十数年前、
ハタハタが秋田・山形沖で絶滅に危機に陥ったのですな。
だって旨いから、採るだ採って食うだけ食ったんですよ。
ところが、秋田山形の方々は偉い!!
『禁漁!!』
漁師としては死活問題なのに、禁漁を敢行したんですな。

そこで、最初の唄に戻ってみましょう。
「男鹿でオガブリッコ♪」・・・かわいこぶりっ子じゃないよ。
ハタハタの卵のことを「ブリッコ」というのです。
このブリッコが海岸に大漁に流れ着いて孵化するんですな。
そしてこのブリッコ(卵)を子供たちは拾って地べたに投げつけたような。
このブリッコはゴムボールのように硬く、投げても壊れなかったそうな。
このブリッコを保護しよう!と日本海の賢人は考えた。
そのお陰で、ハタハタが舞い戻ってきたのです。

<ここでの教訓>
イワシが食べられないからって・・・ちょっと我慢しようよ。
牛丼が食べられないからって・・・ちょっと我慢しようよ。
我慢した後はもっと旨いぞ。
by ishimaru_ken | 2005-10-10 19:22 | その他
カワハギ釣り・・・写真UP成功!
昨日・・・いや、正しくは一昨日か・・・久々にカワハギ釣りにいった。
久々の釣りは楽しかった・・・。
この日の釣果は、カワハギが10匹、オコゼが1匹、ベラ1匹、ハゼの仲間が多数・・・。
魚のサイズがどれも小さく、個人的にはちょっと不満。
でも久々の釣りは楽しかった。
もちろん、帰ったその日の夕飯は「カワハギ三昧!」
肝を堪能するにはちょっと時期が早かったけど、まあまあ。
うーん、やっぱり旨いね。日本酒もすすむ。
綺麗にさばいて刺身にした写真をとったんだけど・・・なんとか今日はupできました!

そうそう、この日思ったこと=「逃がした魚は大きい」のではなく『逃げた魚が大きくなる』。
隣のおじさんが30センチくらいあるカワハギを釣り上げた(羨ましぃ~)。
まるで座布団みたい。でもそいつは、きっと今回初めて釣られたんじゃないはず。
小さいころ釣られて、学習し、その後釣られないように生きてこなきゃ、
あんなでかくなるはずがない!
一度や二度、痛い目に合い反省して学習しないと
でかくはなれないのかなぁ~なんて思った。
・・・でも最後に釣られたら終わりだけどね。

e0077899_21251113.jpg
by ishimaru_ken | 2005-10-05 01:54 | その他
釣り
大好きな魚!自分で釣った刺身は絶品!以前50センチの大鯵を釣り上げたことも!
【カワハギ大好き!】
e0077899_21492569.jpg

【横須賀走水「広川丸」のお母さんと】
e0077899_21471851.jpg

by ishimaru_ken | 2005-09-28 21:46 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧