カテゴリ:その他( 1874 )
キー不精 パート2
e0077899_491643.jpg
キー不精は、相変わらず続いている。
(2月24日参照《キー不精》

キー不精・・すなわち筆不精である。
え~私は決して、手紙の返事を書かない事の、
言い訳をしているのではないのだが、
あまりの筆不精に、本人もガッカリしているのだ。

今年になって、手紙は全く書いていない。
去年書いたのか・・記憶が無い。
時々、相撲取りが羨ましくなる。
<手形>で済むのだから・・

パソコンは、こうして持っているものの、メールを出す事が
稀有だ。
頂いたメールに返事を出す事が稀有なのである。
返事を出したくない訳ではない。
出したい気持ちは人一倍強い。
パソコンの前で、それなりにウンウンいっているのだが、
キーは黙ったままだ。
FとJに人差し指を置いたまま、まるで眠っているかの様になる。
そして、実際にそのまま、眠ってしまう事も多々ある。
目が覚めて、画面をのぞくと、

『ほう、それは素晴らしい!

で、フリーズしている。
素晴らしい・・から先の表現が出来ないらしい。
ガッカリだ。

思い返してみると、両親に手紙を書いた覚えがない。
先日、覚えが無いと母親に言ったところ、
35年ほど前に一通だけ貰ったんだという。
それも、はがきだそうだ。
母親も一通だけだから、覚えているのだという。
文面も覚えているという。
裏を返すと、ひとこと、こう書かれてあったそうだ。

< 別に用はない >
by ishimaru_ken | 2006-09-04 04:12 | その他
どっとどっとどっと
e0077899_7502881.jpg
ラジオが喋っている。
『お問い合わせは、○○ドット、××ドット、△△ドット~』

どっと>ってなんだよお?
どっとどっとってうるさいなあ。
パソコンを使わない人の素直な意見である。
何年か前の私も、そうであった。
他のパソコン用語は、たいして気にならないのだが、
どっと>は、うるさい。
ソロバンを知らない人が聞く、<~円な~りぃ>に近い。

しかも、ある日突然、なんの前触れもなく、始まった。
ある日、どっとといい始めたのだ。
<どっと>が何であるか・・説明もなかった。
<どっと>の意味を解説する、
ラジオパーソナリティもいなかった。
聴視者は、知っている筈だという前提で、<どっと>を
使い始めたのだ。
意味が、解らない者にとっては、<どっと>を使っている人は、
かっこつけている様にしか、思えなかった。
ニューヨークをヌーヤークと呼ぶ、いやみな奴と同レベルだった。

その思いが、まだ、尾を引いていて、人に、アドレスを
教えるとき、<テン>と言ってしまう。
neテン jp などと言ってしまう。
自分でも、どうかなあ?と思うのだが、
パソコン黎明期の、ラジオから洪水の様に流される
<どっと>の嵐の影響は、根強い。

しかも、悪い事にイシマルは大分県人だ。
大分県人だと、どうして悪いのか。
<どんどん>を大分弁に訳すと、<どっとんどっとん>という。
『ほら、どっとんどっとん、食べな』 などと使う。
人をせかして、追い立てる時に使う。
つまり、大分県人にとって、ラジオの、ドットの嵐は、
急げ!急げ!と追い立てられている様に感じるのだ。
落ち着かなくなるのだ。
心拍数があがるのだ。
東京にいる、イシマルでさえそうなのだから、
大分在住の方達は、大丈夫なのだろうか?
心臓に負担が罹っているのではないだろうか?
生きていけてるのだろうか?

県民の健康を祈るばかりであるドットjp
by ishimaru_ken | 2006-08-31 07:58 | その他
私の夢
e0077899_1012418.jpg
があるのだ。一度やってみたいがあるのだ。
でも、(なあ~んだ、そんな事なの!)とバカにされそうで
言い出せなかったのだ。
今日は、夏の暑さに思い余って、告白するのだ。

イシマルが走っていく。水着姿で走っていく。
夏だ!
炎天下だ!
裸足の裏がコンクリートの熱で、焼けそうだ。
全身汗だく、ノド、カラカラ。
おお!あの先にあるのは、なんだ!
プールだ!
それもただのプールではない。
黄金色に輝く、<ビールのプール>だ!
ビールがプールに満タンにチャッポン、チャッポンなのだ。
もう一度言おう。
ビールのプール>だ!

飛べ!イシマル!
高く遠い軌道を描いた、イシマルの身体が、黄金色の水面
ダイブする・・
スローモーションの様な羽ばたきの中に、
イシマルの歓喜の声が響く。
そして、その瞬間が・・・
・・キンキンに冷えたビールの中に、
ドッパアーーーーーーーン!

目を開けると、泡だらけだ。
小麦色の泡が身体にまとわり付いてくる。
もう、何も見えない。ビール以外は何も見えない。
ここは、ビールの世界だ。ビールの宇宙だ。
今だ!飲むのだ!
ゴクゴクをするのだ!
ウグウグをするのだ!
バッフーをするのだ!

影の声
 『4℃に冷えたビールの中に入った途端、
心臓麻痺をおこします。
水中、いやビール中で、嚥下ゴクンは出来ません。』

うるへえ~!
鼻から入ってもいい。溺れてもいい。
麻痺した心臓をぶん殴れ!
飲め飲め、飲み続けろお~!
by ishimaru_ken | 2006-08-30 10:13 | その他
美味しいパン屋さん
e0077899_83615.jpg
『ねえねえ、橋渡ったとこに、
美味しいパン屋さんが出来たの知ってる?』

美味しいパン屋さん
このフレーズは、よく聞かれる。
パン屋さんの大半は、こう呼ばれている。
新しいパン屋が出来ると、まず間違いなくこう呼ぶ。
<美味しいパン屋さん>

なぜなんだろう?
なぜ、ただの<パン屋さん>じゃないんだろう?
<美味しい>を接頭語に付けるのだろう?

(何が、不思議なの?)と思ったあなたに問う。
では、<美味しい魚屋さん>と言いますか?
<美味しい八百屋さん>
<美味しいお菓子やさん>と言いますか?

『美味しいラーメン屋さん、と言うじゃないの!』
確かに言います。でもそれは、食べてみて美味しくて
初めて、そう言ったわけです。
出来たばかりの店を、美味しいとは言いません。
<美味しいうどん屋>しかり。
<美味しいケーキ屋>しかり。

なぜか、パン屋さんだけは、無条件で、美味しいと言われる。
新装オープンすると、もう、
美味しいとレッテルを這って貰える。
パン屋さんって、ズルイ!
と、思うのだが、やはり、ふと気付くと
<美味しいパン屋>と呼んでしまう。

考えに考えた末の結論だが、
パンは、焼きたてだと、たいがい美味しいもんなんだな。
少々、不出来でも、焼きたては美味いんだな。
それに加え、あの香りだな。
あの香りは卑怯だな。
ご飯には、あれほどの香りのインパクトは無いもんね。

結論
 『角の、美味しいパン屋さんで買ってきたのよ。』
と、敢えて言われずに、冷えたパンを食べたとしたら、
まあ、ただの普通のパンだわな。

総論
 パン屋さんとは、もれなく、美味しいと言って貰える特権階級かもしれない。
『ねえねえ、駅前に、美味しいパン屋さんが出来たんだって』
「あらそう、美味しかった?」
『あ、いえ、まだ食べてないんだけど・・』
by ishimaru_ken | 2006-08-29 08:37 | その他
自転車のブレーキ
e0077899_8235714.jpg
さあてと、問題は自転車のブレーキだ。
自転車のブレーキは、ハンドルの所に付いている。
(そのくらい、知ってらい!)
右側を引くと、前輪が利き。
左側を引くと、後輪が利く。
(当たり前の事、言ってんじゃねえやぃ)

ほお、(当たり前)ですか・・
では、その反対になっている自転車があるのをご存知かな?
(そんな、特殊自転車なんか、知ったこっちゃねえやい)
ほお(特殊)ですか・・

ほんじゃ、お教えいたしますが、
右=前輪 左=後輪 となっているのは、
世界の中で、日本だけなのですぞ!
ヨーロッパ、アメリカなど、みんな逆になっているのだ!
右=後輪 左=前輪
(え~!驚いたぜ、すっとこどっこい!)

なぜ なぜ日本だけが、反対になっているのか?
誰が、決めたのか?
反対にするメリットはあったのか?
そういえば、車のハンドルも、
日本とイギリスだけが、右ハンドルで、他は、左だ。
ひょっとして、自転車も、イギリスだけ日本と一緒ではないのか?

イシマル諜報員、ロンドン支部、諜報員ナンバー052(52歳)
の彼に聞いてみたいもんだ。
《お~い、きむら、分かったら教えてくれえ~》

しまった! 諜報員の名前を語ってしまった。
by ishimaru_ken | 2006-08-28 08:25 | その他
おさかなちゃんのその後
e0077899_4255493.jpg
<おさ> という苗字の友人の事を以前書いた。(7月9日)
<おさかな> ちゃんの話だ。
先日、テレビの番組、バイキングを見ていたら、
なんと、その親子が出ているではないか!
フジテレビの、親子で、サスケのような難関を突破する奴だ。
娘さんの名は、勿論、<かな> ではない。

・・と、その時、気付いた。
おさ>という苗字は、
いろんな、名前をくっ付ける事が出来ると。
例えば、

おさ むらい> 長 夢来
 かっこいい名前じゃないか。

おさ いほう> 長 偉方
 服飾関係にチャレンジして貰いたい。

おさ るさん> 長 留三
 上野動物園の就職に失敗したら、日光猿軍団が待っている。

おさ しみ> 長 詩美
 字体が美しい。 素敵な名前だ。

おさ んどん> 長 ん丼
 これは、人の名前ではなく、おささんのお店に付けるべきだ。

おさ ななじみ> 長 奈々路壬
 やや、呼びづらいが、優しさ溢れている。

おさ らい> 長 雷
 字で見ると、かっこいいが、反省ばかりしていそうだ。

おさ とう> 長 島
 熱狂的な、長島ファンである。 甘党でもある。

おさ げがみ> 長 毛髪
 漢字も、もろそのまま。美容師になるしかない。

まだまだ、たくさんありそうだが、これは止した方がいいよ。
けのみ> 
なづま
by ishimaru_ken | 2006-08-27 04:27 | その他
ハンモック
e0077899_1005296.jpg
ハンモッ

いい響きだ・・
ハンモックと聞いただけで、いろんな想像が膨らむ。
~ハンモック~
南の島だ。椰子の木だ。
椰子の木と椰子の木をハンモックで繋ぐ。
さわやかな風が、ここちいい日陰だ。
ハンモックに寝転び、本を読む・・
いつしか、ウトウトのまどろみの中、昼寝に引き込まれる。

《よお~し、ハンモックを買おう!》
といって、ハンモックを買ったとしよう。
木と木に繋ぐ。ここまではいい。
さあ、乗ってみよう。
コレが、難しい。
ひょいと気軽に乗ろうもんなら、クルリとひっくり返ってしまう。
ドスン!
では、そお~と乗ったとしましょう。
(あれ?ちょっと横向いてしまったな)
と思って、真上に向けて修正しようとするのだが、
編みの目が引っかかって、なかなか上に向けない。

では、なんとか真上を向いたとしましょう。
(身体が曲がってるな)
ハンモックは網であるからして、当然たわむ
尻のあたりが最も沈む。
肩も両方の網で圧迫されて、窮屈だ。
文庫本を持ってみると、腕が縮こまっている。
満員電車で、本を読んでいる様に似ている。

しょうがない、眠ろう。
身体の格好が不自由だ。
これが網ではなく、ただの袋だったら、
捕まえられた小動物と同じだな。
寝返りがうてない。
さらに、しばしば勘違いされる事だが、

ハンモックは揺れない
揺れているハンモックを見た覚えがある方。
それは、誰かが揺すったか、乗った直後かでしょう。
自力では、揺れません。
『え~でも、テレビのCMでは、揺れてるよお~』
だからあ、誰かが揺すったのですよ。
イメージですよ、イメージ・・

まあ、仮に、ほどなく眠ってしまったとしましょう。
目が覚めました。
さあ、最後の難関、

降りなければなりませんぞ。
by ishimaru_ken | 2006-08-16 10:03 | その他
カーナビと闘う
e0077899_10144995.jpg
カーナビが賢くなっている。
人間の喋る言葉が、理解出来るらしい。
アソコに行きたい、と言えば、アソコを教えてくれるらしい
らしいだけでは、信じられないので、
カーナビと闘い中のイシマル(8月6日参照)としては、
さっそく、試してみる事にした。

ナビ《目的地の、県名と施設名を仰って下さい》

イシマル『かながわけん、つくいはませいけいげか』
(神奈川県、津久井浜整形外科)

ナビ《長崎県、ハウステンボスを表示します》

え~~~??
どういうこっちゃ?
どこをどう聞き間違ったら、神奈川県が、長崎県に
なるんだよ~
しかも、津久井浜整形外科 ⇒ ハウステンボス
よお~しこうなったら・・反対を言ってみよう。

イシマル『長崎県、ハウステンボス』

ナビ《神奈川県、川崎逓信病院を表示します》

なんじゃあ、こりゃ?
おのれカーナビは、ワシをバカにしとるんか!
役者のくせに、発声が悪いのを笑っとるんか!
確かに、割舌(かつぜつ)が良いとはいえない役者だが、
カーナビ如きに、指摘されなくてもいい。
非難されなくて、けっこう。

おんどれカーナビは、間違いを認めない性格だな。
<か なが わ> <なが さき>
なが が聞き取れただけで、わざと間違っているな。
分らなかったのなら、素直に
《わかりません》 と言いなさいよ。
<津久井浜整形外科> と <ハウステンボス>
は、似ても似つかんだろ。

ウソをつくにも、付き方ってもんがあるぞ。
世間では、見え透いたウソは、嫌われるんだぞ。
君らカーナビ界では、平気なのか?
なのか?

へへ~んだ。今回は 勝ったな!
by ishimaru_ken | 2006-08-15 10:17 | その他
史上最強のバスガイド
e0077899_8343612.jpg
バスガイドの友達が、ふたりいる。

と言ってみて、気付いたが、バスガイドさんを
観光地で見かけた事はあったが、
バスガイドの乗っているバスに乗った記憶が遠い
恐らく最後に乗ったのは、中学の修学旅行だろう。

ふたりのバスガイドとは・・
ねーやん> と <ひろりん>と呼ばれている、
ウインドサーファーなのだ。
それも、かなりの腕前のウインドサーファーなのだ。
風速15mを超える海にも、平然とした顔をして
出て行くのだ。
野郎共のように、荒々しくウインドしない。
どんなに荒れた海でも、鼻歌まじりに澄まして走っている。
軽やかにジャイブをこなし、
相当のスピードで、カッとんでいく。
<サワヤカ>という言葉がぴったりである。

はてさて、バスガイドという職業。
これが、イシマルの俳優業に、よく似ている事がわかった。
★ まず、旅が多い。
  観光地によく行く。(2時間ドラマなど)
★ いつ仕事が入るか分からない。
  (非常に忙しかったり、ず~と暇だったり)
★ ホテルや旅館で過ごす事が多い。
★ 人様に見られる職業である。
★ 人を楽しませる職業である。
★ ウチに帰ってくると、{おお!ウチがあった!}
  と感激する。
★ 顔に汗をかかない。
★ 好きでやっている

だから、話が良く合う。
挙句の果てに、この史上最強のバスガイド
ねーやん>と<ひろりん>は、
こんな壁に登ったりもする。

もし、観光バスで、この二人に乗り合わせた方、
あなたはラッキーですぞ。
だって、彼女たち、旅の達人ですもん!
e0077899_8361564.jpg

by ishimaru_ken | 2006-08-13 08:40 | その他
重はずみな言動
e0077899_90623.jpg
軽はずみな言動
コレは若者の特権である。
『部長、お子さん、○○大学落ちたんですって?大丈夫ですよお!僕なんか、3年も浪人ですもん!』
な~んのフォローになってない。

だが!この若者より、もっと問題な言動をする輩がいるのだ。
そう、我々だ。
我々、おじさん達だ。おばさん達だ。
その言動を、こう呼ぼう。

重はずみな言動

さあ~て、どういう事でしょうか?
年齢を重ねるほど、重はずみな事を言うらしい。

☆したり顔で、いっぱしの事を言う。
  人生経験を積んだ分、後輩にああしろこうしろと指導する。
☆自分の経験論ですべてを、説明する。
  オレは、こうやったな~
  ワタシの場合はこうだったよ~
☆出来ない事を非難する。
なんで、こんな簡単な事が・・・

そうなんです。
こうやって、重はずみな言動を繰り返しているのです。
そして、最大の重はずみな言動は・・・・?
もうわかりましたよね。

今、こうやって、私が、<重はずみな言動がいけないよ!>
と啓蒙している現実なんですな。

『あなた、重はずみな事をやってはいけませんぜ。』

ああ、重い、重い・・
by ishimaru_ken | 2006-08-10 09:01 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧