カテゴリ:その他( 1886 )
イシマル工務店 木を切る
e0077899_18304294.jpg
 「コンチハ~樹を切りに来ましたァ~」
イシマル工務店は、大木も切る。
間違えた・・中木も切る。

昨日の中木切りは、伊豆の村の一軒家だった。
チェーンソーを手に、颯爽と樹木の前に立つ。
ターゲットは、直径40センチ、高さ15mの杉。
真っ直ぐ伸びており、切りやすい。

まずは、樹の周りをグルリと廻り、木となりを観察する。
 枝は広がっているか?
 どちらに傾いているか?
木は、たいがいどちらかに傾いている。
傾いている方向に倒すのが最も簡単。
ところが、木は単独では立っていない。
倒す方向に、大切に育ててきた他の木があれば、
巻き込まれて悲惨な結果をまねくやもしれぬ。
「え~大切な先祖代々のモミジがぁ~!」
避けたい。
「では、少しずらして倒そう」となる。

そこでまず、長いハシゴを木に立てかけ、
ロープを持って、私が登ってゆく。
高さ6mほどの場所に、ロープをくくりつける。
そのロープを倒したい方向に伸ばし、数人で引っ張る。
昨日の引っ張り係りは二人・・・(少ないかも?)

さて、チェーンソーの出番だ。
木が傾いている方向を、下(しも)と呼ぼう。
対し、その反対方向は、上(かみ)と呼ぶ。
最初に、下の方に、直径の3分の一ほどの切り込みを入れる。
三日月形に切り込む。
のちに、木が倒れる助けになる。
いよいよ、上から本格的に切断にはいる。
先ほどの三日月の3センチほど上部の水平ラインを切る。
ギャ~~~~~~ン
いきなりケタタマシイ音量が、山村に鳴り響く。
切りクズが、吹き飛んでゆく。

「もうすぐ切れるゾ~」
ロープを握り、歯を食いしばっている二人に声をかける。
彼らは、下方向に対し、90度の角度に引っ張っている。

っとその時だった。
メリッ
チェーンソーが木に食い込んでしまった。
やはりと云うか、二人の引っ張りなど屁のようなもんで、
何百キロもある木はびくともしない。
木は、自らの倒れたい方に倒れる。
ゆえに、チェーンソーは挟まれてしまった。
まずい・・・
もう一本のチェーンソーで、新たなる切り込みを入れてみよう。
入れてみた。
ギャ~~~~~~~ン
メリッ
またもや木に挟まってしまった。
2本のチェーンソーを噛みこんだ杉の中木。
ど・どうする?
カナテコで何とかしてみるか?

切り口にカナテコを突っ込み、テコの原理で力を加えてみた。
すると・・・どうだ・・・
15mもある杉が、じわりと動いたではないか!
もう一本、カナテコを!
しかして2本のカナテコで、グイグイッ
突如、ドスン!
切り株の横に、だるま落としの如く、杉がまっすぐ落ちた。
やには、ゆっくり倒れ始めたではないか!
逃げろ~~~ロープを離せぇ~~~!
メリメリメリ、ドッタ~~~~~ン!
大音響を発して、杉は大地に横たわった。

巻き込まれた他の木は、なし。
ただの偶然。
成功・・・かな?

「はい、次のいきま~す」
ふたたび、15mの高みを見上げるのであった。
e0077899_1831649.jpg
e0077899_18311938.jpg

by ishimaru_ken | 2017-10-08 05:26 | その他
深夜の山小屋の打ち上げ花火
e0077899_8544357.jpg
 山小屋の音問題の中で、
コレが最大問題だ言いつのる人もいる。

《寝屁》 ねべ

深夜、20畳ほどの部屋に寝ている20人ほどの登山者。
標高2000mを超える山小屋では、
殆ど外音はない。
虫も鳴かない、鳥も鳴かない、泣く子もいない。
シ~~~~~~~~~ン
耳がどうかなりそうなほど、静かである。
そんな時・・
眠りながら、放屁する輩がいる。
放屁と言っても単純ではない。
では、パターンをあげてみよう。

①;《だからどうした派
 ボカ~ン!
 堂々と、屁をひる。
 ためらいはない。
 布団の中でひるというよりは、
 布団から,わざわざおケツを出してひっているから、
 あれほど大きな音がするのだと思われる。

②;《あ、出ちゃった派
 プッ
 音は、限りなく小さい。
 しかし、出た事を恥じるあまり、その直後に、
 ゴソゴソと何も無かったでしょう布団いじりをやり続ける。

③;《トランペット派
 プ~~~~~~~~~~~~~
 本人は、ヤバっと思った時点で、やめられなくなっている。
 変にやめると、音が極端な音に変化するのではないかと危惧し、
 今の状態をキープしようとしている。
 ゆえに、トランペットが続いてしまう。

④;《キツツキ派
 ぷ・ぷ・ぷ・ぷ・ぷ・ぷ・ぷ・ぷ・プチッ
 短音が小気味よく続き、最後にこれでお終いとばかり、
 プチッっと最終音で切れる。

⑤;《チャルメラ派
 パララ~~ララ パララ~
 メロディアスである。
 芸術家と言っていい。
 本人に、寝屁をしている感覚がないのかもしれない。
 陶酔感すらただよっている。
 しかし、二度と同じメロディはできないらしい。

⑥;《恐竜派
 パオ~~~ン!
 説明不要。

⑦;《三段跳び派
 プッ    プッ   ぷぃ!
 (ホップ・ステップ・じゃんぷ!)
 プッと出た後、まだ残屁があると気づき、
 さらにプッっと出してみたら、
 おおまだ残っているではないか!ってんで、
 最後は、きばって出している
 腹筋が活躍している。
 言いたくはないが、パンツ問題が気になる人である。

さあ、ここまで、夜中の競演が続いたところで、
部屋中の全員が、ハタと気づいた。
「いいのか、出しても」
(我慢しなくてもいいのだろうか)と開き直おりだしている。
山の上、2000mを超えると、気圧の関係で、
腹にガスが溜まりやすい。
普段、ガス関係に希薄な方でも、なにやら下腹部がうごめく。
「いいのか?」

そんな時だ。
誰かが、きっかけの一発を漏らす。
「バフン」
すると、①の《だからどうした派》さんが、
ここぞとばかり思いっきりひりだす。
バッコ~ン!
こうなったら、あとは早い。
派閥に入っていない人達までが、プイプイやりだす。
遠慮という美意識はふっとんでしまった。
代わりに、
<競演>という言葉が浮かんでくる。
アレに似ている。

 「さあ、隅田川花火大会、最後を彩るのは、
  8000発のスターマインでございます!」

乱れ打ちである。
ひとの心を揺り動かす、やりたい放題の暴れ打ちである。
バヒッ  ぷいっ ぷOOO     ピィィ
ブフォ  ブっ  ぱぉぉぉぉお~~ん
ドバッ ぷぅぅぅぅぅうっぅ


花火大会では、終わった後に、
「はい終わりました」とばかり、
光のない音だけの花火があげられる。
対して・・
深夜の山小屋では、やはり、最後に小さな一発があげられる。
ぷぅぅぅ
安心した我々は、再び眠りにつくのであった。
e0077899_8543031.jpg

by ishimaru_ken | 2017-10-06 05:52 | その他
葛の実
e0077899_14049.jpg
 我が家はツタに攻められている。
夏場は、ツタとの闘いと言っていい。
一か月も知らんぷりをしていられない。
高速カメラを設置して、早回しをしてみたら、
我が家に忍び寄るツタの俊敏さに仰天するだろう。

ツタと範疇を大きくして呼んだが、
アレは、《葛》(くず)である。
葛であると、思っていた。

昨日、そのクズを刈り取っていたところ、
葉っぱの裏に、実が付いているのを見つけた、
(冒頭写真)
アレッ?
クズの実と違うゾ。
確かクズはマメ科だったので、エンドウ豆のような実が付くハズ。
では、君はいったい何者?

先日、同じような疑問を抱いた。
東北自動車道の注意看板にある動物の名前が分からなかった。
「君はいったい何者?」e0077899_1424241.jpg
すると、キトクな方から我がホームページに回答があり、
「アレはカモシカですよ」と教えてくれた。
ありがたい。

疑問が解けるのは、気持ちがいい。
それも、色々考えた末に、教えてもらうのは好きだ。

最近は、疑問を口にした途端、
隣にいる人の指が機敏に動き、
10秒後には、答えを知らされる。
速い時は、3秒だ。
別に知りたくないワケではない。
知るまでに、ウンウンと考えたいのだ。
脳みそを絞っている時間が楽しいのである。

特にガッカリするのは、
私がまだ疑問を喋り終わっていない時、
つまり、疑問の内容がわかった時点で、くだんの指が動き、
私が語り終わる前に、答えが宣告されるケースである。
この時、私は彼を指さし、こう言い放つ。
ドレミファドンじゃないんだ!」
e0077899_13595069.jpg

by ishimaru_ken | 2017-10-04 05:59 | その他
蕎麦打ち道具屋
e0077899_1142160.jpg
 先日、蕎麦打ち道具を売っている店の前を通った。
二度も三度も振り返った。
ただ通り過ぎるのが難しかった。
買う予定はないのに、店の中に足を踏み込んだ。
まず目に入ったのは、

こね鉢
 中が赤く、外は真っ黒。
 サイズが大中小とあり、値段もそれぞれ。
 うどんも打っていいのかなと疑問が浮かぶ。

次が、
麺棒
 これもサイズ、つまり長さがいく通りもある。
 太さも様々。
 巻き棒とのし棒に分かれ、カバ材が高級だと書いてある。

のし板
 1m四角ほどもあり、蕎麦を打つ事を想像するより、
 この板を、普段どこに仕舞っておくかで悩み始めている。

蕎麦包丁
 <安来鋼磨 会津蒔絵 漆柄 桐箱付>
 <伝統鍛冶総火造り蕎麦包丁> 
 なんてのがズラリと並び、凄すぎて目がくらむ。

こま板
 打った蕎麦を切ってゆくときに、包丁に当てて、
 蕎麦を押さえておく板である。
 《桐》の板があったので、一番高いだろうと思ったら、
 その隣にある、《けやき》がもっと高かった。
 っと思ったら、さらにその隣にある《本漆》はもっと高い。
 いや、《黒壇》はさらに高い!
 いやいや、《イチイ》は、値段がハネあがる!
 おいおい、《木曽檜柾目》なんて、とんでもないゾ!
 え~~、《黒柿帯木曽檜》で跳びあがる!

やばい・・・
この店を早く出なければ・・・
目が慣れ始めている。
目が慣れる・・とは、買い求める時に必要なアイテムだ。
買い求めない人に、慣れるは、必要ない。
むしろ、無関心こそが求められる。
あぶない・・・
黒柿だの柾目だのの漢字が読めるようになっている。

「うどんも捏ねていいのなら、鉢くらいは買ってもいいのかな?」
不埒な考えが浮かんだ。
危険な流れになっている。
誰かに、後ろから引っ掴んで貰って、
強引に、この店を脱出せねばならない。
「五郎丸にタックルして貰えば、あっさり退出できるのだが」
なぜ、五郎丸が登場するのかわからない。
明らかに、我を忘れかけている。
誰かぁ~レッドカードを出してくれぇ~~~
e0077899_11426.jpg

by ishimaru_ken | 2017-10-03 05:59 | その他
蕎麦打ち
e0077899_1055944.jpg
 時折、蕎麦を打たしていただく。
自分では道具を持っていないので、友人の道具を借りる。
なぜ、自分の道具がないのか?
そんなに蕎麦が好きで、蕎麦打ちがしたいなら、
揃えればいいじゃないか・・という意見もある。

その答えは・・・
「自分がこわい」
もし、我が家に蕎麦打ち道具があったら、どうなる?
私のことだ、のめり込む。
おそらく毎日、蕎麦を打つ。
ともすれば、朝打ったのに、昼も打つ。
もしかすると、朝昼晩3回打つかもしれない。
かも、でなく、打つに決まっている。
それはそれで、構わない。
しかし・・・

打った蕎麦をどうする?
蕎麦は、一人前だの二人前だのと、
ちょびっと打つものではない。
最低5人前ほど打つ。
我が家に5人はいない。
もし、いたとしても、毎食、食べてくれるハズもない。
捨てる?
そんな勿体ないことは出来ない。
必然、製作者自身が食べざるをえなくなる。

大丈夫だろうか?
蕎麦が嫌いにならないだろうか?
ならないとしても、
何の為に打っているか疑問を抱かないだろうか?
抱いてしまったら、買い求めてしまった蕎麦打ち道具を、
にらまないだろうか?
にらまれた道具たちは可哀想じゃないか。
道具に責任はない。

この負のアリジゴクに陥らない為に、私は、
友人の道具を借りて、
時折、蕎麦打ちに興じているのです。
道具買いを惜しんでいる訳ではないのです。

「はい、打てました」
借りたお返しに、蕎麦を食べてもらいます。
友人はお義理にでも、「おいしい」と言ってくれます。
私も「おいしい」と言います。
e0077899_10552493.jpg
e0077899_10554292.jpg

by ishimaru_ken | 2017-10-02 05:54 | その他
新蕎麦の季節
e0077899_1143448.jpg
 新蕎麦の季節がやってきた。
都会を離れ、秋の空の中を走っていると、
蕎麦畑が、広がる。
まだ緑の残る平野に、真っ白い花の畑。
蕎麦だと知らなくても、あの美しさは目に染み入る。
蕎麦だと知れば、ゴクリと喉ぼとけが上下する。

30~40年前に比べて、蕎麦畑は増えた気がする。
それも圧倒的に増えたと思われる。
以前は、蕎麦畑をわざわざ探したものだったが、
今は、田んぼの横に、蕎麦の花が咲いている。
アッチにも蕎麦畑、ソッチにも蕎麦の花。

しかし、コレでも国産蕎麦は足りないらしい。
全く足りないと言われている。
さほど、我々が蕎麦を食っている。
同じ広さの土地で、
米や麦ほどの量が育たないのも理由のひとつであろうが、
蕎麦食いが進んだのが、最大の原因であろう。

《新蕎麦入荷》
看板を見つけると、腹も減っていないのに、入る。
もりそばを注文する。
不思議な食事である。
蕎麦以外、何も食べない
厳密にいえば、ワサビと少々のネギだけ。
栄養の偏りに、あれほど気を付けているのに、
蕎麦の時だけ、知らんぷりをする。
ノリすらいらないと拒否をしている。
最後に出されるスープだって、蕎麦だけ汁である。
他のモノは一切入っていないと断言できる蕎麦湯。

他の食事に例えれば、
ワサビ付きご飯を食べながら、重湯を呑んでいる。
食べ終わると、
「ああ、旨かった」
爪楊枝を使っている。
一週間に何度も、この変わった食事をしている。

イタリア人が、何も入っていないスパゲッティを食べながら、
それを茹でたお湯を飲んでいたら、
彼らと友達になれただろうか?
e0077899_11424897.jpg

by ishimaru_ken | 2017-10-01 05:42 | その他
スイカの種の問題
e0077899_9112734.jpg
 スイカの種は食べそこなった場合、どうなってる?

スイカの種はどこにいくのだろう?
スイカを食べる。
種をほじりながら食べる。
かなり真剣に種をほじる。
それでも、いくばくかの種をとりこぼし、
口内から喉に送り込まれる。
ゴクリ
呑まれる。
胃袋に届く。
かなり真剣にほじったハズの種なのだが、
100%は取りきれていない。
それよりなにより、過去に食べたスイカの種疑惑にのっとり、
「ま・いっか」
思惑が浮かぶ。
 「どうせ、種を喰ったとしても、なんの問題もないだろう」
これまで、おそらくスイカの種をいくばくか食ってきた。
いくばくかどころか、随分食ってきた。
喰う目的はないのだが、
メンドクサイという名目のもと、スイカの種は、
胃袋に取り込まれてきた。

だのに・・・
病気になったためしはない!
 「スイカの種により死亡!」
おそらく・・ない。

ああ~そんな事を考えていたら、
大好きなスイカの季節が去ってしまった。
e0077899_9104525.jpg
       久米島 ハテの浜
by ishimaru_ken | 2017-09-29 06:08 | その他
神武以来の天才 加藤一二三
e0077899_15555584.jpg
 《神武以来の天才》
将棋界で、昔から使われてきた言葉である。
ひふみんこと、加藤一二三(かとうひふみ)元名人を、
表わす時にのみ使う。
「じんむいらい」と読むのは間違い。
正解は、
「じんむこのかた」と読む。
神武天皇このかた、つまり、大昔から現在に至るまでの間、
唯一傑出した天才という意味で、
他には、天才はいないともとれる。

将棋好きの人には、加藤一二三さんのユニークな物言いと、
変わった動きは有名だった。
ひふみんなどと呼ぶのが失礼なほど、将棋は強いのだが、
なんせ、観ていて面白い人である。

最終局面で、自分の勝ちがほぼ決まった時には、
少し腰を浮かしながら、空咳をするようになる。
「勝った!」と宣言している。
された相手はたまったもんではない。
まだ逆転があるかもしれない時に、
カホッ(勝った!)、ゴホッ(勝利だ!)。

駒を将棋盤に打つ音が凄まじい。
パシッ!
なんて、柔な音でない。
バアァシィ~~ン!!!
駒が割れるのではないか?
心配してしまうほどの迫力で打ち付ける。
実際、香車を割った事もある
香車と云う駒は、漢字を見てもわかるように、
真ん中にタテに線が入っている。
ゆえに、割れやすい。

あまりの勢いで打ち付けるものだから、
置き場所が微妙にズレてしまった時など、
近所にある駒をふっとばした事もある。
テレビ対局で、実際見た。
対局者は、加藤ひふみさんの事だから、
「ま、あるはナ」
程度しか反応しない。
慌てて拾い集める姿が、巨体を動かしており、面白い。

何より加藤ひふみさんは、早口である。
頭の回転が非常に速いので、それに付いていこうと、
本人自身が、急いで喋っているとしか思えない。
頭の回転に、口の回転が間に合わない。
よって、まだまだ言い足りないらしく、
いつも、もどかしそうに喋っている。

加藤ひふみさんの得意戦法は、
《棒銀(ぼうぎん)》である。
棒銀とは、飛車の前に銀が進む戦法で、
長いクレーンの先に歯がついたショベルカーを、
想像すると分かりやすい。
グワ~~ン!
飛車が銀をふりまわす!
迫力満点の戦い方、これ一本で、
天才集団の中、長い間戦ってきた。

神武以来・・この先、
《かとうひふみこのかた》となるのだろうか?
e0077899_1555412.jpg
  冒頭の写真は、駒柱が立った瞬間
で、あとの写真は、それからしばらく対局が進み、
再び駒柱が立つという珍しい局面
by ishimaru_ken | 2017-09-26 05:53 | その他
青函トンネル 坑道体験
e0077899_1338384.jpg
 青森県津軽半島の先っちょ、
《竜飛岬》(たっぴみさき)に辿りついた。
さきっちょの先っちょにある食堂で、
《海峡丼》なるモノを腹に収めたところで、
ふと・・・

確かここは、青函トンネルが潜り込む基地ではなかったか?
あったあった。
《青函トンネル記念館》
訪ねてみると、
「坑道体験しませんか」と誘いの文句が書いてある。
誘われなくとも、地下坑道である。
入らいでか、入らいでか!
e0077899_13383564.jpg
体験というので、ヘルメットを被るのかと、
期待していたのだが、それはなかった。
《青函トンネル竜飛斜坑線 もぐら号》に乗る。
斜めに傾いたケーブルカーで、地下140mまで、
降りてゆく。
地上でいえば、50階建てのビルを斜めに降りてゆく感覚。

薄暗い斜坑を降りる際、
ピコ~~ン、ピコ~~ン
高音が2秒に一回、響いている。
潜水艦のソナー探査の音に似ている。
たぶん、地下の神秘を演出する為に流していると思われる。
やるな・・・

着いた。
なにやら水がしみ出している。
現在水面下だと、案内の女性が教えてくれる。
しみ出した海水をくみ出すポンプとパイプを説明してくれる。
怖がらす為の演出だと理解していよう。
という事は、この上空というか水中に、
大間の本マグロ達が泳いでいる訳だ。

 ・発破のやり方
 ・穴の穿ち方
 ・3回の出水
 ・亡くなった方の人数

様々な情報を地下空間で、脳が吸い込んでゆく。
高倉健主演の映画《海峡》を観るようにと、
ポスターが貼ってある。
このまま北海道側まで歩くといった、
イベントはないのだろうか?

「時間です」
ふたたびケーブルカーで、ピコ~ンと地上へ・・
あっという間の、45分間の興奮であった。
e0077899_13384854.jpg
e0077899_1338576.jpg

by ishimaru_ken | 2017-09-22 05:36 | その他
岩手山はどこに?
e0077899_16365022.jpg
 あちこち動き回っている人(私)と、
都会に居て、そうそう出歩く事のない人の会話である。

「高速の東北道を走って、岩手山(イワテサン)に登ってきたんです」
『ああ、イワキヤマね』
「いえ、イワテサンです、イワキヤマ(岩木山)は青森県なんで」
『へえ~じゃどこの県にあるんだっけ・・そのイワ~』
「イワテサンです」
『秋田県だっけ?』
「違います」
『北海道じゃないよネ?』
「東北道だと言ってるんだから、東北です」
『わかった仙台だ!』
「違いますネ、しかも仙台は県じゃないし」
『あれっ・・鳥取県?』
「ものすごく遠くになりました」
『え~と、え~と、なんかヒント』
「ヒントというより、もう答えを言ってるようなもんなんだけど」
『うっそ?』
「じゃ、ヒント・・・イワテサンと言いましたよネ」
『うん』
「さんとは山でしょ。山をとって、県を付けたら~」
『山をとってェ・・・県を付けるゥ・・・わかった!!』
「はい、どうぞ」
『山がた県!』
「・・・・・・・・・・・・・・・・」
e0077899_16363126.jpg

by ishimaru_ken | 2017-09-14 05:31 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧