カテゴリ:謙の発見!( 828 )
ワイングラスの怪奇現象
e0077899_1517510.jpg
e0077899_15172585.jpg
 どうも不思議で・・首をひねっている。

ワインをグラスで呑んでいる。
南の島で買い求めた厚手のグラスだ。
赤肉を喰らいながら、赤ワインをたしなんでいる。
チビチビ・・ゴクン
グラスをテーブルに置く。
すると・・次にグラスをあげた時、
底の部分に付いたであろう赤ワインが少量、
テーブルに付着している。

コレは何?
ガラスの底から漏れたの?
なバカな・・
じゃどこから水分がテーブルにコボレたの?

ゴクリとやった時に、唇とグラスの間から漏れて、
グラスの外側に漏れワインが付着した。
その数滴が、グラスの外側を下にたれて落ちた

とも考えられる。
そんな事があるだろうか?
試しに、ゴクリとやり、
テーブルに置いたグラスを観察してみた。
果たして、グラスの外側にワイン成分が垂れるだろうか?
・・たれていない。
もう一回試みる。
・・たれていない。
再度やってみる。
・・たれていない。

ふ~~む・・
しばし研究を中止し、普通にワインを楽しむ。
しかして、10分後。
ふと見ると、テーブルに赤い水滴が付着しているではないか!
怪奇現象再来!
私が見ていない間に、何かが起こったのである。

よし、実験を進化させよう。
わざと、グラスの外側にワインを少しだけ漏らし、
それが、たれるかどうかやってみる。
ゴクリ
・・たれていない。
量を増やしてみる。
ゴクリ
・・たれない。

おかしい・・
ふたたび中止し、ワインを楽しむ。
しかして10分後。
おお~赤ワ・ワ・ワインがテーブルに!
やはり私が見ていないと、何かが何かしている
怪奇現象としては、実にみっともない規模であるが、
何かが起こっている。

昨夜は、それ以上ワインを呑めなかったので、
検証できなかった。
よし、今夜さらに実験を続行しよう。
今宵は、白ワインで試してみようかな・・・
e0077899_15174185.jpg

by ishimaru_ken | 2017-12-04 05:34 | 謙の発見!
ウッドペッカー
e0077899_8104651.jpg
 「エヘヘヘェ~~ヘェ~」
ウッドペッカー発見!

魚の腕に当たる部分の骨に、
《鯛のタイ》なるモノがある。
その骨は、人の腕に当たるヒレにくっ付いている。
身体の両側の腹の部分にヒレがあり、
ヒラヒラと動かし、前後上下に泳いだりする。
最も器用に動かせる機関だ。
人間の肩甲骨に当たる。
ほとんどの魚には、コレがある。

冒頭の写真は、《ブリのブリ》を取り出す前に、
ヒレ付きで撮ったものだ。
そうすると、ウッドペッカーが現れる。
トサカが立っている。
「たまたまじゃないんですか?」
たまたまだが、
他の魚でも、やはりウッドペッカーが現れる。

大きな魚、小さな魚、のウッドペッカーを集めて、
人形劇をやったら、面白いかもしれない。
影絵でもいいかもしれない。
まずはこんな劇をやってみよう!

題名『ペッカーの冒険』

「うぅぅう~う~」
「けけけけ~~け」
会話は全部こんな感じだ。
ミュージカルもいいかも。
e0077899_8111659.jpg
       トサカを取ると
by ishimaru_ken | 2017-11-29 06:09 | 謙の発見!
後吉
e0077899_745743.jpg
 大分県にある宇佐神宮で、おみくじをひいた。
すると・・
見た事もない漢字が書かれてあるおみくじだった。

 《後吉》

なんと読むのか?
「あときち」と読む・・・らしい。
大吉だの末吉だの、様々な吉を引いてきたものだったが、
後吉は知らなかった。
『今の状況にかかわらず、いずれ吉になる』
という意味だと知った。
前吉はないらしい。
良いのか悪いのか、内容を読んでみても、よくわからない。
ま・いっか。

神社でおみくじは買う。
買うが、一喜一憂はしない。
お賽銭代わりの感覚だ。
私は、占いをしない。
ありとあらゆる占いの類に関心がない。
これはしょうがない。
そうなのだから、そうなのだとしか言いようがない。
むしろ、占いで楽しむ方達がうらやましい。
喜んだり落ち込んだり、多少人生が動くようで、
それなりに面白そうだ。

しかし、占いに全く反応しない私が在る。
 「ねえ、何型?」
血液型を聞かれても、違う型を教えたりする。
タロットカードが登場すると、どっか行っちまったりする。
家の方位も気にせず。
名前の画数も気にせず。
星座は観るだけにし、
手のシワは・・・
ジッと見て、我が暮らしをつぶやく糧とするだけ。
「働けど働けど わが暮らし・・・」
e0077899_7445016.jpg

by ishimaru_ken | 2017-11-26 05:43 | 謙の発見!
ランドセルあけることからはじめよう
e0077899_10574140.jpg
 《ランドセルあけることからはじめよう》

電柱に張ってあった標語である。
文字を見ると、子供が自ら書いている。
そこは、南の島。
標語を書きましょうと、教師にうながされ、
生徒が書いたと思われる。

「ランドセルをあける」
ふむ、その昔、小学生の頃、
学校から帰るやいなや、ランドセルを玄関に投げ捨て、
とびだした。
行く先は、山であり、海であり、友達と遊ぶ為だ。
カラスが、カアーと鳴くまで、遊びほうけた。
特に自然豊かな地方では、毎日遊ぶ場所に困らない。
一年中、違う場所で遊べる。

今日は、山の隠れ家。
今日は、海の洞窟。
今日は、橋の下のウナギ釣り。
 今日は、お城の井戸のぞき。
 明日は、川でフナ釣り。
 あさっては、谷でターザンごっこ。

遊び100%の驚くべき環境だ。
学校が奨励する勉強など、見向きもしない。
したがって、帰宅時にランドセルを開けたことがない。
ポ~~ン
ランドセルは、放られる。

冒頭の標語は、その子供達に、あえて呼びかけている。
《ランドセルあけることからはじめよう》
ま・・無理かな・・
なんせ、自然あふれる小学校だもの・・
e0077899_10572530.jpg

by ishimaru_ken | 2017-11-18 05:56 | 謙の発見!
号29めもか
e0077899_104913.jpg
 《号29めもか》
e0077899_10491174.jpg


島から島を結ぶ船の船体に、
「この船はこういう船ですよ」
と、名前を書いてある。
日本の港に泊っているすべての船舶には、
船体番号を書いてある。
小さい船から大きな舟まで、すべらく船名が書かれている。
新造船が造れば、船体番号の数字が増えてゆく。

船は、トラックに似ている。
運転席から見ると、両側(両舷)がある。
その側面に、トラックは名前を書く。
 《石丸工務店》
このトラックが走行中、
トラックの左側を走っている車から見ると、
その文字は、こう書かれている。
 《石丸工務店》
ところが、トラックの右側を走っている車から見ると、
このケースがある・・
 《店務工丸石》

進行方向を意識した書き方である。
以前ほどではないが、この書き方はまだまだ生きている。
そんな時、冒頭の文字を見つけた。

 《号29めもか》
さあ、アナタに問いたい。
この中の数字は、
 29ですか?
 92ですか?

これまでの並びは、漢字かカタカナか平仮名だった。
まさか算用数字が書かれているとは、考えていなかった。
ドキッ?
どちらなんだろう?
「92号なんて、そんな数の船番号はないだろう?」
この考えは間違いかもしれない。
103号なんてのもある。
さあ、アナタはどう考えますか?

よし!
答えを知るには、
あの船の反対側に書かれてある文字を見なければ!
(あの桟橋まで、走って見に行こう!)
気合を入れたその時、
『出航いたしま~す』
乗船した船が、カメラのシャッターを押した瞬間に、
岸を離れたのであった。
うぅぅ~答えは闇の中にぃ~
いや、波の中にぃ~
e0077899_10484270.jpg

by ishimaru_ken | 2017-11-17 05:47 | 謙の発見!
井戸をのぞきこんだ
e0077899_19583981.jpg
 井戸をのぞきこんだ。

よくある事だが、よくある事でもない。
ここんとこ最近、井戸にお目にかかれない。
かかれても、フタをしてあるか、
水が溜まっていないか、
もの凄く深い井戸であるか・・

その昔、我らの住処の周りには、井戸があった。
井戸には、『くるる』がぶら下がっており、
その滑車で、桶を吊り下げ、水を汲んだものだった。
スイカを冷やす為に、桶に乗っけて降ろしたものだった。

くるるを降ろし、巻き上げると、くるるが、
『クルルクルル』と巻き上げ音を発し、
 「おお、くるるはクルルと音が鳴るから、くるるなんだ!」
ハッシと手をうち、感動したものだった。
昔人の言語感覚に、いたく心うたれた。

 「おっ、井戸があるじゃないか」
旅先で見つけた井戸を、思わず覗き込んだ。
すると・・・
浅くもなく、深くもなく、
ほどよい距離に水が溜まっているではないか。
水面に、私が映っている。
背景に、真っ青な大空が映っている。

井戸の底・・
お菊さんやら、貞子が登場するような、
暗い憎まれ場所に、
さわやかな青空が、真ん丸で切り取られている。

そこに、ひょっこり顔を出してみた。
ついでに声も出してみた。
 「おお~い、スイカを落ろしてもいいかい?」
e0077899_19582737.jpg

by ishimaru_ken | 2017-11-16 05:57 | 謙の発見!
123456789
e0077899_1244233.jpg
 コレは何だろう?
《123 45 6789》

この写真を撮ったのは、
羽田空港から3時間半。
到着した石垣島から船で1時間。
船をおりた西表島(いりおもてじま)の港から、レンタカーで1時間。
路肩に何気なく停まった場所に建っていた。

123の後に,丸が付いている。
123°
そして、45の後に、コロン。
45’

もう一回、全部を記すと、
 123°45‘6、789”

はい、もう分かりましたネ。
子午線を表している。
経度でもある。
<東経>である。
ただし、読み方はよくわからない。
「ひゃくにじゅうさんど、よんじゅうごふん」
までは分かるが、その後はうまく読めない。

西表島のこの場所が、地球的にピンポイントで
数字の美しい羅列となった。。
ほお~
ここで、ポンッと膝をうつ。
ってぇことは、地球上に、他にも、
この数字を並べられる地点が存在するかもしれない。
慌てて、地球儀を探した。
んなもの、すぐにあるワケがない。
地図はないものか?
コンビニもない島で世界地図を要求するのは酷だ。
こんな時は、パソコン!
すぐに世界地図を開く。
なになに・・・
ふむ、西表島から北に定規を当てる。

中国がある。
シベリアもある。
南へたどる。
フィリピンがある。
ニューギニアがある。
オーストラリアが広大に広がってある。
ふ~ん、ずいぶんあるじゃないか・・
希少ではないのか。
よく考えれば、南極にもあるハズ。

ちぇ、おおいに喜んだのだというのに・・
見つけた瞬間、人差し指を3回くらい振って指さしたのに・・
「こ、こ、これは!」
慌てなくてもいいのに、慌てて写真を撮ったのに・・
世界的には、大したことなかったのか・・

ま、いっか、日本では唯一の場所なんだから。
e0077899_1244330.jpg

by ishimaru_ken | 2017-11-15 05:43 | 謙の発見!
ぐまなへ
e0077899_1224739.jpg
 何と書いてあるか分かるかな?
とある茶店の前に掲げられていた板看板。
左は、
ぐまなへ あります》
右は、
馬さしさし

《ぐまなへ》?
想像してみる。
~~~ ~~~ ~~~
熊鍋料理のこのお店のご主人が、木の板に書いた。
 《馬さし》
次に何気なく、書いた。
 《くまなへ》   
書いてみて気づいた。
へ の部分に点々が書かれてない。
「しまった!」
ま、いっか、書き足そう。

その時、店の奥から声がかかる。
『馬さしも書いておいて~』
「もう書いたァ~」
返事をしている間に、気がそがれ、
点々をうつ場所を間違えてしまった。
く に点々をうった。
 ぐまなへ

そのことに気づきもせず、《馬さし》の方に目を移す。
「おっと、刺し身の さし を書いておかなければ・・」
すでに、馬さし と書いてある下に、
さらに さし と書いてしまった。
 馬さしさし

かくして、奇妙な看板ができあがったのだが、
おおらかなのか、読み返すことをしないのか、
そのまま飾られ、誰からも指摘されることもなく、
すえ置かれたのである。
~~~ ~~~ ~~~
・・と思う
e0077899_1223214.jpg

by ishimaru_ken | 2017-11-13 06:01 | 謙の発見!
カーナビで日本を振り廻す
e0077899_15585635.jpg
e0077899_15593069.jpg
 カーナビは、地図を拡大したり、縮小したりできる。
しかし、最大の大きさにしても、限界がある。
私の車のナビは、せいぜい5キロ表示である。
県の全部が見られるかどうか。
そんな時・・

長野県でレンタカーに乗っていた。
カーナビのスイッチをいれた。
地図を大きくしてゆく。
県をすぎ、おお~おお~なんと!
日本列島全部が現れたではないか!
よし、このまま走ろう!
進行方向が真上になるようにセッティングする。

《木曽路はすべて山の中である》
この書き出しで始まる<夜明け前>を書いた島崎藤村。
その通り、木曽の道は曲がりくねっている。
すると、どうなる・・?
ナビの日本列島が、グラングランと振り回される。
お隣の朝鮮半島までもが、回っている。
中国大陸すら登場し、回転に加わっている。
「おお、完全に逆さまになって、日本が腹をみせている!」
日本列島は、逆さまになると、
静岡あたりが、腹に見えることが分かった。

そして、新たなる発見!
日本列島レベルの大きさで車を走らせると、
今現在の車の向きがはっきり分かる。
東西南北の微妙なズレまで分かる。

ひょっとして、
地球規模まで拡大できるカーナビがあるのだろうか?
e0077899_15594274.jpg
e0077899_15595483.jpg
          静岡は腹
by ishimaru_ken | 2017-11-03 05:57 | 謙の発見!
ストーンサークルじゃないか!
e0077899_115851.jpg
 青森のとある緑の中を車で走っていた。
看板が現れた。

《ストーンサークル》

イギリスにある謎のストーンサークルなら知っているが、
青森に、ストーンサークル?
看板の指さす方向に進む。
すると、なんと縄文遺跡が発掘されたと書かれている。
ストーンサークルとは、訳せば、
《丸く並べられた石》
展示館があり、料金を払えば、観られるようになっている。
300円
内部に入る。
どこにストーンサークルがあるのだろう?
キョロキョロしていると、案内の方がやってきた。
 「今、熊が出るので、観られません」
 『へっ?』
なんと、熊出没中とのこと。
展示館の外に広大な土地があり、
肝心のストーンサークルがいくつか散らばっているとの事。
どうしても観られないのだろうか?
 「責任は負えない」らしい。

観られないと言われると、どうしても観たくなる。
しょうがなく、車で、その先に進むことにした。
すると・・どうだろう・・
道の両側に、そのストーンサークルが、見えるではないか!
一応、柵はあるが、カメラを向けてみると、
丸く並べられた石たちが、グルリ。
おお、あっちにも、そっちにも!
縄文時代の竪穴住居の柱石だと、さっき説明書きがあった。
日時計だとも説明されてあった。
ほお~~~

熊出現に目を配りながら、300円分、
眺めまわしたのであった。
e0077899_1145369.jpg
e0077899_114179.jpg

by ishimaru_ken | 2017-10-26 06:03 | 謙の発見!



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧