カテゴリ:謙の発見!( 769 )
ニラの親玉
e0077899_21153641.jpg
ニラの茎って知ってる?

おいら、知らなかった。
この写真の1本1本の周りに我らが知っている
いわゆる<ニラ>の葉っぱが大勢取り囲んで
いるわけだわな。
(にんにくの茎ではないよ)

ふ~んやっぱ、<ネギ属>じゃん

ちなみに、このニラは、台湾産だ。
そんで、こいつを、ジャァ~ン!とジャンしてやると、
すこぶる、ウマイんだなあ~
 滋養があるような・・
 強壮されるような・・
 グッと押されるような・・
 グッとニラみたくなるような・・

そんな野菜界のいい奴だ!
by ishimaru_ken | 2005-11-22 21:22 | 謙の発見!
絶叫マシンは毒
e0077899_2058972.jpg
これは、新聞の記事である

絶叫マシンは毒
<ドイツの医学者チームは、絶叫マシンの心臓病への
影響についての研究結果を発表した。 55人の患者を
約60mの高さからのジェットコースターに120秒間乗せ、
脈拍などを検査した。 その結果、脈拍が、一分間に
200を超え、危険な不整脈を起こす可能性があった。
(中略)
ユルゲン博士は「心拍数の変化には、心理学的な
恐怖が強く作用する。」とし、「心臓病の方は、絶叫
マシンに乗らないで」と話した。>

これは、まぎれもなく新聞の社会面の記事である。

ヒエ~!
ド・ドイツ人は、なんちゅうことをするんじゃー
というより、この医学者チームは、ものを知らんのか。
ジェットコースターに乗ったら、怖いのはあたりまえじゃろ
怖いから乗るんじゃろ。
心臓止まりそうになるのを、味わうために乗るんじゃろ。
遊園地のジェットコースター乗り場には、変えの下着
も用意してあるのを知らんのか。
 {乗せてみたら、逆効果で心臓が丈夫になる・・}
とでも思ったんか。
チームまで作らんと、危険かどうか解らんかったんか。
 
 それにしても、ドイツ人はすごい。
こんな実験に 55人も参加するのだから・・

 サッカーワールドカップは、ドイツ優勝だな・・
by ishimaru_ken | 2005-11-17 10:51 | 謙の発見!
名は体を表す!
e0077899_20574675.jpg
こいつ、イナダです。ご存知の出世魚です。
ガキの頃から言うと ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ
いいですね~ブリ。最後は、でぶっと太ったデップリブリ!

ちなみにご存知でしょうが、
ワカシっていうのが20~30cmの幼魚ですね。
人間でいえば小学高学年ですかね。
ってーことは、その前は何なんだろう?っと思うでしょ。
つまり「ブリのオギャー」は何ていうんだろう?

<モジャコ>こんな可愛い名前なんですね。

=名は体を表す=

さぁさぁさぁ、今から遡ること20年、いやもっと前かな?
オリンピックの金メダリストの名前を、ここに2人並べよう。
ではクイズです!
どちらが、重量挙げの金メダリストでしょう?
A・ジャボチンスキー
B・チャフラフスカヤ


正解は、♪ドロロロロロロロ~♪(ドラム音)
A・ジャボチンスキーに決まっとるやんけ。

ちなみにB・チャフラフスカヤは体操界において
「ロシアの妖精」といわれ、
世界中で憧れの的となった女性である。

当時の実況中継を再現してみまひょか。

アナ①「おっと!平均台から、あのチャフラススカヤ
    足を滑らして落ちた!
    ふにゃ~と立ち上がったチャフラフスカヤ、
    右頬に手をあて、悲しそうにハニかんでいます。
    そして蝶のように平均台にふわっと舞い戻りました!」

アナ②「出て参りました、人類最強の男・ジャボチンスキー
    6才の時、トラクターを投げ飛ばしたといわれる、
    あのジャボチンスキー。
    さぁ~金メダルへの挑戦!
    前人未到の280キロへのジャボチンスキー。
    深呼吸のジャボチンスキー。
    前かがみだジャボチンスキー。
    力瘤だ、ジャボチンスキー。
    挙がった!挙がった!ジャボチン!
    ジャボが挙がった!ジャボ!ジャボ!
    ジャボチン!ジャボチン!
   ジャ・ボ・チ・ン・ス・キー・ィー!!!!

=名は体を表す=

ほーらね、チャフラフスカヤって名前は可愛いでしょ?!
ジャボチンスキーは力強いよね

「わがんねのがぁ?ほんだら、分かるように説明してやるだよ」

チャフラちゃんが、もし・・・
ジャボチンスカヤという名前だったらどうなるでしょう?

アナ③「ジャボチンスカヤ、どどーんと平均台からコケ落ちた
    なんと、ジャボチンスカヤ不敵に笑っております。
    ジャボチンスカヤ、両手でパンパン腹を叩き
    ガハハと笑っております。
    止めればいいのに、片膝を平均台にかけ、
    ジャボチンスカヤ
    よっこらしょと立ち上がろうとしたら、
    そのまま向こうにジャボンと落ちました・・・」
    ジャンジャン

=名は体を表す=命名には気ぃつけなぁ。
by ishimaru_ken | 2005-10-26 22:24 | 謙の発見!
誰が<ペッ>ってやるんだろう?
e0077899_20192422.jpg誰が<ペッ>ってやるんだろう?
駅のコンコースを歩いていると黒いシミが無数にある。
あれは誰かがガムの噛みかすを<ペッ>て、はき捨てた後だよね

もちろん掃除の方が擦り取った後も無数にある。
誰だろう・・・ペッてやるのは。

考えてみると、実は
誰かがペッとやった瞬間を見たことがないのです。
30年以上、駅構内を歩いているにもかかわらず、
ぺッの瞬間を見ていない…にもかかわらず、
駅には大量のガム後がまぎれもなくある。

一駅に100や200の単位ではなく
数千単位であるのではないだろうか…?

とすると、
少数ではない人間が、四六時中、<ペッペ、ペッペ…>
飛ばしている…としか考えられない。
(お掃除のおじちゃんも頑張ってはがしているしね)

皆さん、見たことあります?<ペッ>の瞬間。

ねえねえ、ペッをした人に注意をするって怖いよね。
だって、ペッする人は、ゴツンをする人かもしれんもんね。

ここで提案!
ぺっした瞬間を見たら、とりあえずその人を見ましょう。
このイケナイ行為をしたときに、
<見る>=いけないことをした人にとっては<見られる>
という、無言の警告が最近なされてないんだなぁ~。

小さな抵抗だ!やってみるか!!
ペッした人を「見る」「見る」「見る」!
e0077899_20251692.jpg

by ishimaru_ken | 2005-10-20 23:00 | 謙の発見!
ハザードランプ マナー
e0077899_1937239.jpg

良かれと思ったことが仇になる話
車を走らせています。
高速道路を走っていると、
自分の前方にウインカーをつけた車が割り込んできました。
カッチ、カッチとハザードランプが点きました。
これは「ありがとう」「スンマセンナー無理な割り込みして」
の意味である。

今ではウインカーに次ぐほど
正当行為として行われているこの行為は、
実はいまから遡ること十数年前に
トラックの運転手たちの間で行われたのは始まり
…と言われている。

あまりにも車社会が殺伐としているので、
<割り込んだ時くらい挨拶しようや>ということで始まったこのマナーは、あっという間に全国の一般ドライバーに広まった。

ふーん、始めに思いついた人は偉いやっちゃ。

だた、あえてここで、大きく首を傾げたい。

この行為には、危険が潜んでいるかもしれないのだ
ありがとうのサインとしてカッチと1回だけつけるならまだしも、
2回3回とつける車のなんと多いこと!
(例えば高速を100キロで走っているとして、
カッチ・カッチ・カッチと3回点滅させる間には
およそ100M進んでいることになる)

高速道路で前方に割り込んできた車が
カッチ・カッチ…とハザードを点滅させる。
あなたはこう思うかもしれない
(…ん?もしかして、前方に障害物があって停止しようとしているのかな?…本来のハザードランプの使い方をしているのかな?)

そうなると自然に足は軽くブレーキを踏む。
スピードは緩む。
後方の車もブレーキを踏む…。
軽い渋滞が始まる。・・・と、それならまだいい。

カッチカッチにあまりに慣れっこになってしまい
本当は前方に障害物があり、前の車は停止しようと
本来の意味で使用しているのに、
あなたは「ありがとうのサインじゃな」と勝手に思い込んでしまい、そのまま突っ込む。

新聞には載らないが、こんな事故原因例は、
実は結構多いのでないだろうか?

でも、だからといって、
この素敵な<ありがとう>のマナーを全面的に止めろ・・と
いっているのではないですぞ。

ここで提案
<ありがとう>のサインは1回だけにしないかい?
しかも瞬間フラッシュというのはどうだい?

これはそんなに難しいことではない。
ハザードボタンを出来るだけ早く2度押してみてごらん。
つまり<点いた&消えた>。

あなたがたとえどんなに早くボタンを押しても、
必ずバザードランプは点いているはずだ。
早速、誰かに見てもらって試してみよう。

では、実践してみよう。
…すると、こうなる…

高速道路を走っている。前方に車が割り込んできた。
黄色いハザードランプが一瞬フラッシュする。
(あーあれは「ありがとう」のサインだな)
0コンマ数秒のことである。
そして何事もなく、快適なドライブは続く。

もう、現在すでに
このようにハザードを使用しているドライバーもいる。
しかし、まだあまりに少数だ。

「おっ、こいつできるな!」 と言われてみない?
by ishimaru_ken | 2005-10-19 19:45 | 謙の発見!
おーい!紙!
e0077899_1984510.jpg
(Aはペーパーが折り返してある。Bはちぎったまま)

さあ、ここであなたに問題です。
上のつたない「絵」を見てください。

あなたがホテルに泊まりました。
トイレに行きました。
AとBのトイレットペーパーが設置されています。

さて、どちらを使用しますか?

んーなの、どっちゃでもえいやん・・・と思った方。
その辺で休憩してて下さい。

実はこのAとBの間に『日本文化の真髄』が隠されているかもしれないのです。
鮨屋のカウンターに通じる「清潔」という日本文化の真髄を垣間見ることができるかもしれないのです!

まず、
★Aと答えたあなた

この三角形におったトイレットペーパーは
一体誰が折ったんですか?
第3者ですよね。おそらく、お掃除の方だと思いますが
かなりきちんと清潔さを保たれていると思いますが
少なくとも、このペーパーに「触ったという証拠」は、まぎれもない事実ですよね。

ここに捜査一課の刑事のあなたが現れて
「触ってる!」
まさに証拠を見つけ、ニヤリとするでしょうね。

そうなんですよ、「折り返している」・・・ということは
誰かが必ず触った・・・ということなんです。
その人の衛生状態はどうであれ、
触ったことはまぎれもない事実なんです。

ここまでは、お分かりいただけましたか?


さて、
★Bと答えたあなた
「一見乱雑、ちぎりっぱなし、どうでもいいや・・・」のように見える
このトイレトペーパー・・・

ここに、さっそうと前出の刑事のあなたがやってきます。

「ふむふむ、こいつぁ、誰もふれてねぇーな。
少なくとも触れてねぇ可能性が大じゃな」


さあ、賢明なみなさんは、分かりましたよね。
AとB、どちらが清潔に近いトイレットペーパーであるか。

何故なんでしょ?

日本が育てた清潔文化の現れとして
折り曲げたペーパーを使いたいんでしょうねぇ~

でも、but、しかし!

これから、みんな「清潔ちぎりっぱなし」使ってみない?
by ishimaru_ken | 2005-10-12 20:09 | 謙の発見!
エスカレーターの謎
e0077899_19583826.jpg皆さん。エスカレーターの手すりを今まで見て触って「継ぎ目」って見たことありますか?
継ぎ目・・・無いんですなーこれが。
継ぎ目が無いってどういうこと??
もしかして、輪ゴム状態?!
うん、ひょっとしなくても、あれは輪ゴムだ!

では、
いったいどうやって、あの手すりの輪ゴムさんを作ったんだろう?
あの輪ゴムさんは平均しても、総延長20~30mはあるでしょ?
長いものになれば100mくらいあるでしょう。

いったい、どうやって作るんだろう?

<輪ゴムを作るような裁断方式>
つまり蕎麦切り方式だと
とんでもなく広大な工場で、流れてきた手すりを
その幅でジャッコンジャッコンと裁断する風景が思い浮かべられる。

しかし!

考えてみるに、日本中のエスカレーター、動く歩道は
長さが違う。
一定規格なんてあろうはずがない。

輪切り方式では、採算が取れないはずだ!

ではでは
<ソウメン伸ばし方式>・・・だとすると。

こう考えてください。
ソウメン生地(うどん粉の塊だわね)の真ん中に、
二本の棒を突っ込み、左右に伸びるだけ伸ばしてみまひょ。
どんどん伸びて、ビロビロ伸びて、ほーら出来上がり!

・・・てな感じで、手すりも伸ばされたんですかねぇ~??
でも、そんな見事に伸ばせるもんですかね・・・

うーん わからん。
謎だ!
エスカレーターの謎だ!


明日、エスカレーターに乗られる方。
勇気を持って、近場の係員に聞いてもらえませんか?
「もしもし、このエスカレーターの手すりはどうやって作ったんですか?」
by ishimaru_ken | 2005-10-11 20:23 | 謙の発見!
不思議体験
人間は、錯覚をする動物である。
<錯覚体験>
こんな体験ありませんか?
スポーツジムにランニングマシンってのがあるでしょ。
タッタ、タッタ走ります。10分~15分。
その後、突然マシンを降りる。
すると、グゥワァーーーっと、
周りの景色が前方に向かって流れる。
言い換えると、自分が後方にすっ飛んでいく。
ただ立ってるだけなのに・・・。
これって、何だろう?
錯覚、錯視というものなのか、これが?

体と頭で、何かがおこってることは間違いない。

e0077899_14493229.jpg
<錯覚体験>
こんな体験はありませんか?
いいですか、まず大きな滝を見に行く。
華厳の滝のような瀑布を見に行く。












その滝の真ん中あたり、水が勢いよく落ちてポイントを見つめる。
滝に水が落ちるポイントを約20~30秒くらいみつめる。
そしてそのまま・・・
ここが肝心です・・・
『ハイッ、せーの!』

<目を滝から横の岩壁に動かす>

!!!グワーンと岩壁が上昇していく!!

岩が上へ上へと昇っていく。
なんと、硬い岩壁が変形する。
ウルトラQ(古いかな?)のタイトルが
ひん曲がるみたいに変形する。

この不思議体験には驚くよ!
ただし、注意!小さい滝ではなく大きな滝で試すように。

おっ!これを読んでスポーツジムに走った人。
君は偉い!君を自慢したい!
おっと!今、滝に向かおうとした人。君はもっと偉い!
あなたが日本の未来を変える!!
by ishimaru_ken | 2005-10-10 21:09 | 謙の発見!
魚釣りの話を少々・・・
「鯛55cm、オー!」
「カワハギ28cm!ヒエェー」
「鯖50センチ!ウッソ!!」
これはスポーツ新聞の釣り欄を見て驚きの感想。
・・・でもね、皆さんはこの「○○cm・・・」で魚を想像できます?
紙面に自慢げに載っているの「大鯵45cm」の文字だけで・・・想像できます?
スポーツ紙の釣り欄・週刊釣り新聞を見るにつけ、以前から思っていた・・・。

e0077899_2116550.jpg

そうだ!!
メジャーを新聞の中に書き込んだらどうだろう。
紙面の枠にメジャーレイアウトしたら!!
もちろん常連の釣り人は1センチ単位で長さ&大きさ、もしかしたら重さまでも想像出来るだろうけど。
実際には紙面を読んでるほとんどの人は、あまり実感できないじゃないかな?

さーこのアイデアいかがかな?
新聞・雑誌関係者の皆さん、早い者勝ちでっせ。

<写真・2005年9月/新潟粟島での釣果>
*釣果=「ちょうか」と読みます
by ishimaru_ken | 2005-10-06 21:22 | 謙の発見!



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧