カテゴリ:謙の発見!( 793 )
おらが島の標語

e0077899_1783511.jpg
<お年玉は、500円までにしましょう>

 ある南の小さな島の役場に行くと、
こんな標語が張ってある。
好きです。この標語。
実にわかりやすい。
説明いらないよね。
よし、じゃあ、同じ役場にこんな標語が・・

<呼ばれていない宴会に参加するのはやめましょう>

 そうなんだな。飲んべえ達と淋しがりやは
宴会に出たいんだなあ~
何か人が集まって楽しくやっていると
参加したくなるんだなあ~
ところが、小さな島では、ほとんどが<知り合い>
なので、ひとつ宴会が始まると、
すべての飲んべえが集まってしまうのだな。
だから、あえて言っているのだな。
せめて、呼ばれていない宴会くらい、行くな}と
「ふ~ん、そんな標語大した事ないわい」
とほざいた方には、この標語を!

<葬式に、刺身を持っていくのは、やめましょう>

(もいちど言いますが、その島の役場に張ってある標語です)
この標語を見て、瞬時に意味が解かった方はえらい!
どういうことだろう?
ヒントを探そう。
<刺身>と言っている。
<食べ物>とは言っていない。
刺身を持っていくと普通どうなる?
刺身→お酒→宴会→ベロベロ→ゲロゲロ→喧嘩
つまり、<刺身>を持ち込めば、
どうなるか、み~んな知っているのだわな。
だから、役場がお達しを出したわけだ。

<頼む!原因は、あんたが持ち込んだ刺身だよ>・・と

それにしても、<葬式>と<刺身>をリンクした
この島の役場は、ちょいと面白く、信用してみたい。
がんばれ!与論島
by ishimaru_ken | 2006-01-11 17:15 | 謙の発見!
新党結成
e0077899_18501979.jpg

<世論党>
というのは、どうだろう?
今日は政治の話です。
ああめんどくさいなあ~と思った方、
見ないふりをしていましょう。

世論党(よろん党)
一言でいえば、今の世論をタイムリーに
政治に反映させる<党>の事だ。

世論党には、政治理念がない
うっそー!
本当です。この党の仕事は、世論調査です。
常に、現在の国民の大意を、調査しているのです。

さて、ここに世論党所属の国会議員が3人いたとする。
国会で、消費税値上げについて、採決があるとする。
その時、世論調査によって出た、<是>か<非>に
世論党員の3人は投票するのである。
たった3票というなかれ、3票が国の行方を
変える事がざらにあるのですぞ。
「それを、衆愚政治というんだ!」
と怒った方、まあいいじゃありませんか。
国民のささやかな抵抗なんだから・・

あるときは、与党になり、あるときは野党にもなる。
カメレオンみたいな党だ。

てなことを考えておりました。
南の島・・ヨロン島
by ishimaru_ken | 2006-01-09 18:51 | 謙の発見!
ウサギVSカメ
e0077899_100368.jpg

『もしもしかめよ~』
の歌を唄ってみて下さい。二番まで・・

さあ、お次に、『もしもしかめよ』の絵本が
あったら、最後のページを開いてください。
そこに、描かれている挿絵はどうなっていますか?
「かめが、山のてっぺんで、旗を持って、万歳している」
そうなんです。
<山のてっぺん>なのです。

もう一度、二番を唄ってみましょう。
『なんとおオッシャルうさぎさん、
 それなら私とかけくらべえ
 向こうのおやまのふもとまで
 どちらが先に行き着くかあ』

ふもと> 
といっているのです。
てっぺん> とは、言っていません。
挿絵と歌が矛盾しているのです。
これってどうなんでしょ?
少なくとも、幼児教育のご本なのですぞ。

なぜ、こんなことが起こったか?
理由
その①
 絵本画家が、歌を間違えて覚えていた。

その②
 出版プロデューサーが、<ふもと>では見栄えが良くないので
 <てっぺん>にするように、絵本画家につめよった。
 「それは無理だ」と言ったが、「他にも絵本画家は、
  いくらでもいるぞ」とすごまれ、偽造せざるをえなかった。

その③
 単に、絵本画家が間違った。
~~~~
ところがどっこい、最近の「もしもしかめよ」の
絵本を見て、びっくり!
最後のページは、ウサギとカメが仲良く手をつないで
山のてっぺんにゴールしているではないか!
平等教育というらしい。
ふ~ん・・
それでも、やっぱり、<てっぺん>なのね・・
by ishimaru_ken | 2006-01-06 10:04 | 謙の発見!
ハリセンボン飲ーます~
e0077899_1131842.jpg

ハリセンボン。
沖縄系では、アバサーと呼ばれている。
海に潜ると、どこにでもいる。
岩の陰に隠れている。
  『どうだ、見事に岩に化けているだろ~』
、ご本人
しかし、大きな目玉をギョロギョロさせているので
すぐ見つかる。
  『一応、フグだかんね。毒有るかんね~』
しかし、毒がないことを、みんなが知っている。
  『いじめると、トゲをとんがらかしてやっからなあ~』
しかし、そのせいで、ご本人が泳げなくなってしまい、
すぐに捕まる。

早い話が、ちょっとおバカちゃん。
だけど可愛い。

そのアバサーを食べようということになった。
勇気をもって、捌いた。
というより、トゲのある皮を、引ん剥いた。
ペンチで・・

味噌味の汁にした。
旨かった。
その身は、ご本人が言っているように、
フグだった。
e0077899_1133841.jpg

by ishimaru_ken | 2006-01-05 11:34 | 謙の発見!
もしも地震!

e0077899_871282.jpg
発明!
地震、雷、火事、親父
人は、もっとも恐ろしい地震が襲ってきた時
右往左往する。
そして、TV局は、その<地震>の瞬間を捕らえた映像
必死に捜しまわって、やがて流す。
(この『必死に』・・というところが大切なのだが・・)

必死に捜しまわった割には、天下のNHKも民放も、
その映し出す映像は、自らの社屋の内部の
映像か、コンビニか、お天気カメラか、
ちょっと頑張って、
市役所の庶務課の看板が揺れる映像だ!

これっておかしくないですか?
これだけカメラだの、ビデオだのが普及している
文明国において、10年一日どんな地震でも
まるで、コピーのような映像が流れている。

ピ~ン!
けんじろうくんは
ハツしてメイしたのですよ。

地震国に生きている日本人は、
地震に敏感になっていると同時に、
地震が起きた時の
  『おのが姿』
にも敏感になっているのではないか? とね。
  『おのが姿』
を見てみたいんじゃないか? とね。

<ここで、ちょっと、地震が起きたときの
典型的な我々の姿を見てみよう。>

ズンズン!
「おっ、ひょっとしたら、この揺れは地震かな?
 う~ん、もうちょっと、待ってみよう。
 このまま、本格的な地震になるのか・・それとも
 まあ、なんとなくの地震なのか・・まあ、恐らくは、
 たいした事はないだろうけど、一応の逃げる準備
 くらいはしておこうかな・・
 あっ、終った。
 うんもう、いつもいつも地震さんたら、
 だらしないんだからあ~」

あなたは何が見たい?
そう、あなたです。あなたの姿です。
これほど、無防備で素顔の姿はそうそう
ありません。
では、どうすればいい?
簡単です!

 <我が家のリビングだの寝室にビデオカメラを
設置すればいい。>

{え~そんなの、お金もかかるし、めんどくさいし
 だって、いつ起こるかもしれない地震の為
 コンビニみたいにビデオ回してらんな~い}

そうなのです、
ずーとビデオなんて回してらんないのです。

 <使い捨てビデオ> !!!

家の中にビデオが設置されているのです。
そして、地震のP波(縦揺れ)を感知すると
作動を始めます。
2~5秒後に襲ってくるS波(横揺れ)が来た時には、
ビデオはあなたの姿を捉えています。
テープは1分間録画します。(音声も)
電源はバッテリーです。

{え~だって、ビデオの機械って、高いでしょ?}

ふふふ・・
あなたが、おっしゃっているのは、ズーム機能だの
編集機能だの、文字打ちこみだの、逆光補正だの
水着が透けて見えるだの、だのだのだの・・・
「据え置き映し」とはかけ離れたところにお金が
かかっているビデオのことざんしょ。
「ただ映す。一分間」
これだったら、エジソンさんでも、すぐに
作れる機械ざんすよ。

このおこちゃまでも作れるカラクリビデオなら、
天下のソニーさんは、
 1980円
で売り出します。(諸費税別)?

あなたは気づくのだ、いかに自分が、
地震に脆弱であるかに~
 さあ、持ってケ泥棒!
by ishimaru_ken | 2006-01-04 08:11 | 謙の発見!
かもめVSとんび
e0077899_9442524.jpg

かもめと とんび どっちが賢いか?

船釣りに行くと、船の周りを、かもめが取り囲む。
たいがい海面に浮いている。
「ニャーニャー」と鳴いている。
釣り人が、釣れても持ち帰らない魚が釣れると
ポーンとほおり投げる。
かもめが、ギャーギャー鳴きながら飛び掛る
捕まえそこなった大勢のかもめ達が、泣き叫ぶ。
『きしょうめ!こっちに投げてくれよ!ああ腹減った!』
e0077899_9453978.jpg

時折、とんびがいる。
とんびは空中に浮いている。鳴かない。
ポーンとほおると、空から舞い降りる。
空から来る分、かもめより早い
「ほお~頭いいなあ」
とんびの勝ち~・・とはいかない。

<キタマクラ>という魚が釣れることがある。
 注釈:フグが(負けました)と叫んだほどの猛毒を持ち、
     どうやっても食べられない。食べたらすぐ死ぬ
     というので、付いた名前が、北枕。

キタマクラをポーンとほおる。
かもめは鳴かない。
チラっとだけ見る。
図書館でクシャミをした瞬間、職員がチラッと見る。
そのくらいのチラしかしない。
毒がある事を、全員が知っているようだ。
若かもめを含めて・・

そこに、とんびが飛んでくる。バシャ!
お得意のダイブ 足でガッシときたまくらを掴む
空中に上がると、首をねじ曲げて獲物を見る。
『ん?こいつキタマクラじゃねえか。ちぇっ、やっちまったぜ』
パッと離すのだ。

かもめの勝ち~
by ishimaru_ken | 2006-01-03 08:54 | 謙の発見!
貝?

e0077899_922281.jpg
南の小さな島では、生活観が違う。
だから、100円ショップも、こんな感じ・・
雑貨屋だ。
そうか、もともと100キンは雑貨屋か!
e0077899_921385.jpg


左は、すいじ貝   右は、くも貝の仲間
すいじとは、という漢字に似ているから、
水字~つまり、すいじ~というわけだ。

これを素潜りで捕まえてきた。
刺身にして食べた。
コリコリとして、うまかった。
by ishimaru_ken | 2006-01-02 09:25 | 謙の発見!
シティーボーダー

e0077899_87187.jpg
実は
東京ってえ所は、スキー、スノボーの
ゲレンデだったのです。

こういうことです

 大雪が降るのです.
ザカザン降るのです。
降る年は東京でも、3回くらい降るのです.
東京は坂が多いのです。

 「ある駅」から「次の駅」まで、ほとんど下り坂なんて
場所が都内にはいっぱいあるんですなあ。
大雪が降れば、自動車連中は都内では
あまり走らなくなりますねぇ。
つまり、「ある駅」からスノボーでさっそうと滑り出すの
ですよ。 そして、「次の駅」まで楽しんだら、
100何十円だかの、ひと駅分の料金を払って、「もとの駅」
に戻るのです。
10回乗ったって1000いくらですよ。
スキー場のリフト代より安いよね。

「へーそんな場所、そうそうないでしょ?」
はいはい、お答えしましょ。
たとえば、
小田急線の東北沢~代々木上原
完璧に下り坂で、歩いても14分。
たとえば、東西線、神楽坂~市谷
かなりの傾斜ですよ。
恐らく、捜せば、かなり発見できるのではないか!

 はい、こういうことです。
「わっ!雪ふってるー!」
 リーンリ―ン(これ、電話の音です)
「けんちゃ~ん、滑りいこっかぁー」
 {うん、今日どこ行く?}
「あのさ、この前、小田キュー攻めたから、今日カグラで、
パイプやろうよ。」
 {わかった、じゃ、○○誘って、カグラの出口でねー}

ほらぁ、簡単でしょう。
これは流行り出したら大変ですよ。
あるひと駅だけ、スノボーかついた奴ラが片乗するん
ですよ。
わかってる奴らは、ちゃっかり、一日乗り放題の電車券買って
たりしてね。(あるんだって、そういう券が)

さあ!これを知ったからには、すぐにスポーツ店に
走りなさい。
あなたも、今日からシティボーダー!
by ishimaru_ken | 2005-12-30 08:09 | 謙の発見!
南国の市場の偶然

e0077899_10554728.jpg
魚市場が好きで、旅に出ると、
その町の漁港に朝早く行く。
まだ、薄暗いうちから、声が飛び交い活気がある。
 南の小さな島の漁港に行った。
南国特有の派手な色の魚が並んでいる。

e0077899_1056651.jpg

なんとか買えないものかと、近くにいたおばちゃん
声をかけた。 すると、実に気安くOKしてくれた。
やら、の魚をせり落としてくれた。
おばちゃん、南国特有のなまりが強く、
頭を柔軟にしていないと、何をいっているのか
わからない。
尋ねると、魚屋さんらしい。
そういえば、10数年来の友人のおかあさんも
魚屋だったなと思い、ふと名前を尋ねると、
まさに、そのおかあさんだった!

なんという偶然!
10年前、その友人と真夜中に海にもぐり、
大きな魚(ミーバイ)をモリで突いてきた。
その魚で、鍋パーティーをやろうということになり、
夜まで、彼の母親の魚屋さんに、預かってもらっていた。
そして、夕方、彼が魚屋に行ってみると、
突いた魚がない。
「ああ、欲しいという観光客に売った。」
とあっさり。

なるほど、その母親が、このおばちゃんなのか・・
太っ腹で、やさしいおっかあだ。

よし、鍋パーティーの続きをやろう~
e0077899_10562143.jpg

by ishimaru_ken | 2005-12-29 10:59 | 謙の発見!
肉変化

e0077899_9272094.jpg
スーパーで、見たことも聞いたこともない『肉』を
見つけたのですわいなあ。
その、肉の名前は

 「しびれ

(なあ~んやあ、そんなん知ってるでぇ)
というお方は、パソコンに水ぶっ掛けて、もう寝なさい。

「しびれ」 って知ってましたア?

焼き肉の世界は結構言葉遊びが多いと
思っていたが、初めて聞いたね。
「しびれ」 だって・・
焼肉の世界は、
「かしら」 だの 「はつ」 だの 「ぼんちり」
だの、まあ・・割りと具体的な名称を使用していますね。
その具体性がいやで、食べず嫌いの女性が
大勢いるのも確か。
その例
 トンソク=ブタの足
 ミミ  =ブタの耳
 ツラ =ブタの顔
 コブクロ=牛の子宮
  (そのままやんけぇ~!)
ちょっとひねって、
 ハツ  =心臓(ハート)
 タマ  =精嚢(ひねってるかな?)
 サオ =陰茎(そ、そんなもんまで食ってるのか)

こお~んなに猥雑で、具体的で、連想ゲーム
みたいなのが焼き肉屋さんなのだよ。
なのに、なのにだよ。
アル日突然見たことも、聞いたこともない
お肉が現れたんですねえ。
しかも、情緒たっぷりに・・
なんと、日本的なお名前か!
なんと、わびさびの世界をわきまえたお名前か!

「しびれ」

いったい、どの部分のどういうお肉なのか?
これは、今までの焼き肉やさん感覚でいくと、
「しりびれ」の略ということになるのだが、
牛や、ブタにははあるが、「ひれ」は無い。

ということは、全く新しい感覚を持った名ずけ親が
いるというこっちゃ。

「しびれ」ているから、に関する部位かとも
思うが、足関係はほとんど、解明されている。
「しびれ」るから、のある部分とも思えるが、
そんな牛はいないし、
あえて、毒を追求すれば、フグを食った時に
唇が「しびれる」ので、
くちびる
かなとも思う。

買いました
食いました
 結論は?・・・・

美味かったです。
レポーター的にいうと
「見た目は、まぐろのトロみたいなんですけどもぉ、
 鉄板の上に置くとすぐに火がとおって、
 しかも、焼いてる時は脂が全くでないんですぅ。
 あの、何て言うんですか、鳥のささみみたいな
 焼け具合でぇ、そんで、パクリと口に入れると、
 鳥のささみとは、全く違う触感て言うんですかぁ。
 むしろ、パリパリに焼いたクレープの中に
 柔らかチーズが出てきたような、
 えもいわれぬクリ~ミーな舌ざわりで、
 あえて、つけるとすれば、醤油とわさびなのかなあ~」

「しびれ」ましょう!
早く「しびれ」ましょう

グラム 158円でっせ
by ishimaru_ken | 2005-12-28 09:33 | 謙の発見!



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧