カテゴリ:スポーツ( 860 )
クライミング 野口啓代
e0077899_10531767.jpg
 昨日、クライミング競技で男子が凄いと語った。
しかし、女子がどれほど優れているか!
登場するのは、この方。

野口啓代》 のぐち あきよ 27才

ワールドカップは、サッカーやスキーの専門ではない。
クライミングもその歴史は長い。
その中で、野口啓代さんは2009年に、
ワールドカップ女子年間総合世界チャンピオンに輝くや、
10年、14年、15年と4度のチャンピオンになっている。
日本人における、各種スポーツの
ワールドカップ総合優勝の最多記録と言っていい。

日本では、まだまだ認知度が低いが、
世界では、スーパースターなのである。
クライミングが盛んなヨーロッパでは、
おそらく万来の拍手をもって迎えられるだろう。
誰かが気付けば、空港で騒がれると聞いたこともある。

彼女の特徴は、身体の柔軟性と握力だ。
クライマーには、握力がそれほど強くない人が多い。
握力より、ホールド力が要求される。
で、彼女の握力だ。
その昔、王貞治さんの握力が57キロと、何かで読んだ。
大人の女性は、20~30キロとも読んだ。
野口さんに握手状態で、力をこめてもらった。
ギュ~~~
「痛タタタ・・・」
なんと、握力が王さんほどもあると言うではないか。
その腕は細い、一般の女性より細いかもしれない。
指だってむしろ華奢だ。
これはどういう事だろう?

クライミングをやって気付くのだが、
彼らは、体重が重くなってはならない。
筋肉量が目に見えて増えると体重が増える。
よって、筋肉は太くなってはならない。
細いまま強くならなくてはならない。
そんな事が可能なのか?

《筋力》という言葉を使うと、筋肉の力・・と考える。
ところが、彼ら的には、筋=スジの力なのではないだろうか。
はい、ここで、腕の内側を見て欲しい。
手のひらを顔に向けると、手首のところに、
浮き上がった2本の盛り上がりがヒジに向かって伸びている。
これが、スジだ。
このスジは、実は鍛えられる。
筋肉のように容易には鍛わらないが、
クライミングをする事によって、
徐々に徐々に、鍛えられてゆく。

彼女が、考えられないほど小さなホールド(石)を手で掴み、
身体を持ち上げていけるのは、
このスジの強靭な力なのだと思う。

そして、野口啓代は、3年後の東京で、
誰もがうらやむ色のメダルを狙っている。
e0077899_10521926.jpg

by ishimaru_ken | 2017-02-08 05:51 | スポーツ
クライミング 楢崎智亜
e0077899_10464981.jpg
 東京オリンピックの正式種目に決まった
《スポーツクライミング》
今世界を驚かしているのは、日本人だ。
日本人選手だ。
それも、男子女子双方が、世界の頂点を極めている。
昨年のクライミングワールドカップの年間総合優勝は、
日本人のこの方だ。

 《楢崎智亜》 ならさき ともあ 20才

彼の最大の特徴は、ランジである。
ランジとは、ジャンプである。
足と腕、両方を使って、ホールド(石)からホールドへ跳ぶ。
その跳躍力が、とんでもない。
凄まじいと言っていい。
これまでの常識が葬り去られるほどの距離を跳び上がってゆく。

実際、間近で見る機会を得た。
 (はは~ん、あのホールドまで跳ぼうとしてるナ)
相当、上部にあるホールドを私は見ていた。
そのホールドさえ、普通の人では届きそうにない。
(ふ~ん、あのホールドまで跳べる人がいるのかぁ~)
その瞬間だ。
ともあ選手がふっと消えた。
跳んだ。
いや、ロケットで撃ち出されたと言おう。
その身体は、異常なスピードで舞い上がってゆく。
まるで、特撮で身体にピアノ線を装着して、
吊り上げているかの様だ。
私ごときが想像していたホールドの、
さらに1m上のホールドを掴んだのである!
しかも、伸び上がった限界ではなかった。
まだまだ余裕があったではないか!

もの凄い人間はいるのである。
あまりの事に驚いた私の目から、なぜか涙が流れていた。
この驚きは、以前テレビ番組の《アフリカの自然》で見た、
鹿がライオンに襲われた時、
異様なジャンプで逃げのびた映像以来である。
「動物って、もの凄いんだ!」
そして、今、
 「人間って、もの凄いんだ!」

彼は、3年後、東京オリンピックの一番高い所を狙っている。
e0077899_10445028.jpg
      楢崎智亜             野口啓代
by ishimaru_ken | 2017-02-07 05:43 | スポーツ | Comments(0)
スキー場のツッシの濡れた手袋
e0077899_10521051.jpg
 ツッシーが、スキー場で失敗をやらかした。
寒い場所としては致命的な失敗だった。

昼食レストランのトイレに入った。
そこに物置台がなかった。
外した手袋の置き場がない。
困った。
仕方なく、ジャーと流すトイレタンクの上に、なにげなく置いた。
そこまでは、まあ、よくやる事だ。
やがて事を済まし、安心したのかコックをひねった。
ジャ~~~~
身支度を整え、振り返り、そこに悲惨な光景を目にする。
手袋が、水たまりの中に沈んでいる
すぐさま取り出したものの、びしょ濡れだ。
手で絞ると、濡れぞうきんのように、水が絞り落ちる。

いつまでもトイレから帰ってこないツッシーを待っている私の元に、
哀しい顔をした本人が戻ってきた。
 「今、マイナス何℃ですかネェ」
お馬鹿な顛末を語るツッシー。
私が渡すティッシュを必死に手袋に突っ込み水分を取ろうとする。
しかし、一度濡れきった手袋はそうそう簡単に乾きやしない。
濡れた手袋で、マイナスの気温の中、
時速数十キロでの疾走は無理だ。

 『これ、使いなヨ』
私のインナーの手袋を貸してあげた。
薄手だが、素手よりましだろう。
そして、2時間後・・・
そろそろ終わりにしようとしていた時間に、ツッシーが声を挙げた。
 「ボ・ボク、担いでいるリュックの中に・・」
 『中に何?』
 「予備の手袋がある事を思い出しました!」

ふ~ん、良かったネ。
すべてが終わって、帰りの車の中で思い出さなくて・・・
e0077899_10512581.jpg
そういえば以前、同じような話があったナ。
《又々忘れられたグレープフルーツ》2011;11月7日
by ishimaru_ken | 2017-02-05 05:49 | スポーツ
デブセン スキー大会
e0077899_10573689.jpg
 「アレは、デブセンのコースです」

苗場スキー場に、レース使用の専用コースが敷設されていた。
アレは何だろうとの私の問いに、大畠師匠の答えた言葉だ。

デブセン?
なんだろうデブセン・・?
デブ専用のコースだろうか?
小錦だの曙クラスの巨漢が滑りおりてくるのだろうか?
大迫力だろうな?
見てみたいナ。
そんな空想をしながら、5分後に、もう一回問うてみた。
 『デブセンって何ですか?』
 「デブセンじゃなくて、デモセンです」
 『はっ?』

デモセン・・・
デモンストレーション選考会と呼ぶ競技会らしい。
私が聞き間違えたものとみえる。
スピードだけじゃなく、スキー技術そのものを競う大会。
明快な説明に納得した。
納得はしたものの、最初に抱いたイメージというものは消えない。
「デモセン」と耳では聴いても、私の頭の中では、いまだに、
曙が走り、武蔵丸が転げまわっている。
フィニッシュで雪壁を突き破った大砂嵐が、
雪だるまとなって仁王立ちしている。
e0077899_10571722.jpg

by ishimaru_ken | 2017-02-04 05:55 | スポーツ
スキー タイムチャレンジ

e0077899_09301158.jpg
今年のスキー場の雪は、多い所と少ない所に分かれている。

全体的には、多いと言えるだろう。

多いゲレンデは、毎日吹雪いている状態であり、

少ないゲレンデは、毎日晴れている。

どちらを選ぶかは、その人の好みだが、

私は、晴れを選びたい。

 「おっアレは何だろう?」

晴れ重視で辿りついたスキー場に、

三角の旗を立てたコースがあるではないか!

スキーレースのスタートゲートがあるではないか!

なんか書いてある。

 (500円払えば、何度でもスピードチャレンジできる・・)

払った。

ゼッケンを身に着けた。

緑のボタンを押すと、数秒ブザーが鳴り、

その間にバー(横棒)を足で押してスタートする。

 「おお、ワールドカップと同じじゃないか!」

300mの距離に配置してある20ほどのマークを、

右に左にクリアし、

フィニッシュを決めると、自動的にタイムが表示される。

1回目:

 コースアウト

2回目;

 転倒

3回目;

 50、65秒

4回目;

 49、21秒

5回目

 48、11秒

6回目;

 コースアウト

7回目;

 47、88秒

8回目;

 47,07秒

結果、タイムは微妙に縮まることがわかった。

この後、果敢にコースを攻めたのだが、

努力のかいなく、タイムは縮まらなかった。

縮まらない理由を考察してみる。

スキーで走ると、その跡にトレースができる。

いわゆる凹みのスジだ。

私が1回目に滑った際、悪い道スジをつけているのである。

私のヘタクソのスジの後を、再び、

私というヘタクソがスジをさらに凹ませてゆく。

8回目を終わった頃には、

みっともないほどの膨らんだトレースが生まれた。

この日は、私しか滑っていなかったので事なきを得たが、

もしこの後、チャレンジする人がいたら、

湯気をあげて怒るに違いない。
 「誰だ!幼稚園児のようなクネクネ道をつけやがって!」

e0077899_10270809.jpg


by ishimaru_ken | 2017-02-03 05:45 | スポーツ
雪の石鎚山登山
e0077899_8422855.jpg
 石鎚山(いしづちやま)に登ろう!
以前から、あたためていた山登りだ。
四国の最高峰(1982m)であり、岩場でもあり、
写真を見るたびに、そそられていた。

「よし、行こう!」
思い立った季節が問題だった。
厳冬期。
石鎚山ロープウエイを降りた所は、スキー場だった。
登山口がスキー場?
気温は、マイナス。
アイゼン履いて、雪を踏みしめてゆく。
今朝がたまで、雲一つなかったお天気が、一転カキ曇り、
強風が吹き始める。
体感温度は相当寒い。

石鎚山は修験の山とも呼ばれる。
信仰の山である。
多くの修験人が訪ねるための木道が延々続く。
しかし、この時期は、木道の階段は雪におおわれ、
完全なる雪中ザクザク登山となる。
2017年、正月2日。
登山客は、30人ほど。

山頂に着くも、15m以上の烈風が吹きすさび、
視界10m。
なあ~んも見えん。
お社にお参りして、すぐさま、下山。
下界に降り立つと、晴れていた。
そして、私は、風邪をひいたのである。
e0077899_8424025.jpg
e0077899_5165056.jpg

by ishimaru_ken | 2017-01-23 05:41 | スポーツ
2016お馬鹿テン スポーツ編
e0077899_8405186.jpg
《スポーツ編》

《パンツ忘れた》           2015;10月20日

《燕岳の滝のぼり》          2015;10月21日

《燕岳のアドベンチャー道》      2015;10月22日

《リフトは恐い②》          2016;1月19日

《エアー休憩》            2016;1月21日

《安全第一 アンチェンティイー》   2016;3月1日

《食い放題呑み放題①》        2016;5月7日

《熱中時代と熱中症》         2016;8月5日

《オリンピックを録画で観る》     2016;8月8日

《オリンピックで足がつる》      2016;8月21日

《高橋は松友の頭にスマッシュを?》  2016;8月23日
e0077899_8395652.jpg

by ishimaru_ken | 2016-12-28 05:38 | スポーツ
ビーム射撃
e0077899_12532249.jpg
 「今日は、3つ離れた駅から走り出そう」
滝田隊員と遠足ジョギング。
列車に乗って、適当な駅で降り、走り出すのである。

「おっ、アレは何だろう?」
小一時間走っている時だった。

《アーチェリー、射撃》
看板を見つけた。
アーチェリーは分かるが、射撃って何?
鉄砲撃てるの?
日本じゃ無理だよネ。
無理なのは承知で、ふたりはジョギングコースをはずれる。
 「すみませ~ん、射撃ってできますか?」
 『免許はお持ちですか?』
 「いえ」
 『ライフルはお持ちですか?』
 「いえ」
 『では、その自動販売機で1010円払ってください』
 「へっ?」
 『ビームライフルをお貸しします』

ビームライフルという、レーザービームを的に当てて、
点数を競う競技があるらしい。
ライフルのように実弾が出ないので、
衝撃がなく誰でも楽しめるのだそうだ。
『では、このライフルをお持ちください』
持った・・・重い。
7キロあり、本物のライフルと同じだと言う。

まずは、机の上に腕を乗せた状態で、両手で構える。
お尻は椅子に座っている。
10mほど先に2センチくらいの的がある。
それに、銃眼を合わせて引き金を引く。
っと、簡単に述べたが、構えた途端、的がグラグラ揺れる。
いっときもジッとしていない。
そりゃそうだ・・
非常に小さな的を双眼鏡で狙っているワケで、
焦点が、定まらない。
呼吸を止めても、揺れる。

ええいままよ・・撃った。
バギュ~ン
射撃的な擬音を発してくれる。
手前にある電光掲示板に、
点数と的のどこに当たったかが表示される。
 5,2点
滝田くんと変わる。
バギュ~ン
 10、2点

あんだと?
最高点が、10,9。
小数点以下は、0,1mmに細分されている。
10m先でそのズレを修正しなければならない。
よし、勝負だ!
10発づつ撃ってその合計を競う。

結果的に、我々は優秀であった。
10点以上を頻繁にたたき出した。
特に、滝田くんに至っては、4連続10点以上など・・
立って撃つやり方にも挑戦した。
こっちは、揺れが相当ひどくなる。
なんせ7キロの銃。
それでも、10点代を出すものだから、
係員の方が、初めての我々を褒めてくれた。

褒められたら、又行くしかない。
よし、またジョギングの途中に寄ろう。
そしてこれからは、『ゴルゴ滝田』と呼んでやろう。
e0077899_1253579.jpg
 緑は10点以上 赤は最高点
by ishimaru_ken | 2016-12-20 05:52 | スポーツ
びと びと たずねびと
e0077899_950742.jpg
 《びと》と付く名詞?
思いつくモノを書いてみた。
 《恋人》
 《旅人》
 《待ち人》
 《尋ね人》

この並びは、
歌の歌詞に登場する順番とも言える。
ところで、最後の《尋ね人》。
おたずね者ではない。
あくまで、尋ねている人。
「この人知りませんか?」
「この人、見たことありませんか?」
「この人、いなくなったのですが、知りませんか?」
「山に行くと言って出かけ、帰って来ないんです」

山登りがますます盛んになっている。
高齢者登山は、もはや当たり前の時代になった。
そういうお前もじゃないかと指摘されそうだが、
私なんぞは、まだまだヒヨッコである。
70才、80才の御仁が、リュック姿で、
高山をにこやかに闊歩している。
たった一人の単独行も多い。
登山届を出していないと、途中で遭難すると、誰も助けられない。
意外や遭難は、高山より低山が多い。
高い山は上部には木々がなく、見晴らしがいいので迷いにくい。
それに対し、低い山は密林の中で道がわからなくなるのである。

「そんなの歩いていれば、どこかに辿りつくでしょう」
この考えは、甘い。
山は、登山道以外は実に歩きにくい。
「お宅の屋根に登ってごらんなさい」
そう言われて、すぐに登れない状態に似ている。
つまり、登れば、屋根から落ちる可能性がおおいにある。
登山道だけが、比較的に安全とされているだけなのだ。
「えっ、あんなピクニックのような山で遭難?」
そんなことすら起きている。

コアな山登りショップの掲示板には、
《たずねびと》が写真付きで貼られている。
「○月○日、○○山で見かけた方はいませんか?」
連絡先が書かれてある。

悲しい尋ね人情報だ。
この場合、山の名前が書かれてあるのでまだいい。
どこの山に行ったのかさえ、わからない人もいる。
毎週毎週、山に行く人で、毎回書置きをしていない人もいる。
本人とて、まさか遭難するとは思っていない。
そうなると家人は、
山に行くと言いおいて、実は、家出をしたのではないかとさえ、
勘ぐってしまう。
これまでの山登りは、偽装だったのかとさえ、疑いはじめる。
(小説だと、このケースはよく使われる)

すべては、登山届を出していない事に因がある。
登山届は、ネットでも出せますよ~~ん。
e0077899_9492220.jpg

by ishimaru_ken | 2016-12-16 05:47 | スポーツ
北風と太陽
e0077899_6261285.jpg
 《北風と太陽》
昔話である。
「コートを羽織った旅人のコートをはがそうと、
 北風がビュウビュウ寒い風を吹きかけても、脱がなかった。
 そこで、太陽が暖かく照らしたら、すぐに脱いだ」
というお話し。
人には、「厳しさよりも、愛情で接しなさい」という逸話だ。
ところが、この逸話は、
ウインドサーファーには当てはまらない。

コートをはおったウインドサーファーがいる。
海岸ベタで、じっと海を眺めている。
ただただ風を待っている。
お陽さまがポカポカ照らしつけても、コートを脱ぎゃしない。
熱々の蕎麦をがっついていても、脱ぎゃしない。
っとその時、北風が、ピューピュー吹き付ける!
ありゃま・・
すぐさま、コートを脱ぎ捨て、海にとびだすのである。
ウインドサーファーは、北風を厳しさとは捉えていない。
むしろ、ポカポカ陽気を歓迎していない。
小春日和に心地よさを感じていない。
《木枯らし》なんて単語に反応したりする。
「♪~北風ピープー吹いているぅ~♪」
童謡はコレばかり歌っている。

「え~寒いのが好きなんですかぁ~?」
いや、好きじゃない。
望むらくは、小春日和で風が吹いてくれればいい。
ポカポカ陽気で、風が吹いてくれれば嬉しい。
ところが、秋から冬の風は、寒ければ吹くのである。
冬将軍が風を連れてくるのである。
嬉しいような悲しいようなスポーツをしているのが、
ウインドサーファーだ。

寒くて辛くないかって?
その質問には、こう答えよう。
「ラグビーは、吹雪だろうが、やるでしょ!」
e0077899_6243864.jpg
 時速30キロの私(左)のボードに座って遊ぶテクニック
by ishimaru_ken | 2016-12-12 05:23 | スポーツ



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧