カテゴリ:スポーツ( 875 )
素敵なマシン

e0077899_994521.jpg
トリノオリンピックのスケート競技を見ていて、
気になってしょうがないモノがある。
(ああ、アレやりたい・・やらせてくれるものなら、
 今から、トリノに行ってもいい)
そのモノとは?

製氷マシン

フィギアスケートや、スピードスケートの
合間合間に、痛んだ氷面を、綺麗にするマシンが
動いている。
結構でかい。4輪駆動の自動車ほどある。
アレが、いい
痛んで白く濁った氷を、見事に綺麗にしてしまう。
アレが通り過ぎた後は、まるで鏡だ。
ピカピカだ!
気持ちいい・・

あの気持ち良さは、何に似ているだろう?
芝刈り・・に似てなくもない。
バリカン・・に似てなくもない。

オリンピックのダイジェストを見ていても、
なかなか出てこない。
生映像を見ていると、アレが出てきて
表面すべてをピカピカにする様を、一部始終見せてくれる。
長々と見せてくれる。
どの選手より、出場時間が長い。
(フィギュアスケートの時に最も長々やる)

よし、もう、やり方は飲み込めたぞ。
頼む、アレに乗らせてくれ!残業もいとわないから・・
e0077899_910532.jpg

by ishimaru_ken | 2006-02-15 09:11 | スポーツ
スキーは危ない

e0077899_72445.jpg
スキーは危ない。
信州は飯山(いいやま)という所で、初めてスキーをやった。
34年前のことだ。

始めてなもので、イデタチがだった。
黒の学生ズボンに、上は、米屋さんが
雨の日の配達に来ている雨合羽。
腰に蓑(みの)を付けている。
(濡れ防止に、民宿で借りてきた)

よし!初心者スクールに入るぞー。
女の子3人と一緒だった。その中の一人が
盛んにこちらを盗み見するので、
気があるのかな、と思ったら、イシマルのイデタチ
気味悪かったらしい。

さあ、持ち前の運動神経がメキメキと音を立てて、
メキメキうまくなった。
3日目には、シャッシャッシャッが出来る様になった。
シャッシャッシャッとは、シャッシャッシャッの事で、
え~と、オリンピックでいうスラロームの事だ。
イシマル調子に乗った。

これまで、リフトを一段しか上がっていなかったのに、
もう一つ上がった
もう一つ上がったら、さらに上がある事がわかった。
さらに上がった。
さらに上がったら、もっと上があった。
もっと上に上がった。
そこは頂上だった。
聞くところによると、そのゲレンデは、長野国体が催された会場で
なんか激しいコースらしい。

上がったものはしょうがない。
降りた。というより、ころげた。
そのうち、何となく、滑りやすそうな急斜面に入った。
真っ直ぐシュプールが描かれてある。
直滑降のコースに入りこんだようだ。
どんどんスピードがあがる。
止まりようがない。
前方にコブが見えてきた。
(ん?ジャンプ台?)
イシマル、運が無かった。
時代が悪かった
時はまさに、札幌オリンピックの真っ最中。
ヒノマル飛行隊と云われた、笠谷(かさや)はじめジャンプ陣が
金銀銅を独占していた時だった。日本中が
ジャンプの魅力にとり付かれていた。
誰もが飛びたがっていた

シュワッチ!
イシマル飛んだ。笠谷になった。
踏み切りの前に身体を小さく丸める事を忘れなかった。

・ ・その後どうなったのだろう?
気を失うと目の前が真っ暗になるというが、
何故か真っ白になった。
雪の中に埋もれていた。
頭が下になって、上半身が埋まっている
人が集まって、引っこ抜いてくれた。
スキーの先端が右目の上に刺さって、
大量に出血している。
病院に運ばれた。
おかげで、今でも、右目のほうが小さい。

スキーは危ない。
特に、役者は控えた方がいい。
by ishimaru_ken | 2006-02-14 07:28 | スポーツ
スポーツマンNO1
TBSの番組e0077899_2085564.jpg
スポーツマンNO1が近づいてきた!

昨年の6月に
おバカなイシマルは
自分で遊んでいてケガをした。
右肩<肩鎖(けんさ)関節脱臼
(肩の靭帯断裂)
全治3ヶ月
完治6ヶ月
さて、ここから、どう
リハビリをするのか?
元に戻るのか?

もう、イシマルは
お終いなのか?

NO1にはなれないのか!
e0077899_2094713.jpg手術はうまくいった。
主治医は大畠先生だ。

名医である。













4ヶ月後、リハビリ開始
腕立て伏せが5回しか出来ない。
e0077899_20134732.jpg




さあ、その後のリハビリカリキュラムe0077899_20264195.jpge0077899_20262686.jpg













自転車 20~40キロ
海岸砂浜ランニング 4キロ
砂浜ダッシュ 30メートル×10本



腹筋 100回e0077899_21201816.jpg
背筋 100回
腕立て 200回
懸垂 50回
スクワット やれるだけ

スイミング2000メートル



e0077899_20344186.jpg



                 
                     

                       意味ない芸
バランスe0077899_2036408.jpg
登るe0077899_20373061.jpg











はたして、復活は出来るのか! 乞うご期待!e0077899_20454977.jpg
by ishimaru_ken | 2006-02-13 21:39 | スポーツ
オリンピックは気をつけて
e0077899_932876.jpg

さあ、オリンピックだ!
全国の、いや、世界中の人・・気を付けましょう!
~~~~~

シドニーオリンピックの時・・
やわらちゃんの試合を見たくて、ビデオに撮ったのだ。

期待ふくらみ、家に帰り、風呂に入り、ビデオの準備をして、
プシュッと、ビールを開けた。
 (この・・家に帰るまでの間が、苦難だった。結果を知っている奴が、
電車の中で喋りはしないか、号外がマカレてやしないか、
電光板で知らせてやしないか。とにかく
見ザル聞カザルで帰りついたのだ。)

 ビデオが始まると、準決勝が行われるところだった。
よおし!と気合が入ったとき、プルルルル
電話だ。
どうしよう?
ひょいと出てしまった。
第一声が、
  「やわらちゃん 金!」

 『!!ばかー!ナンテコトしてくれるんだー!
俺は今ビデオに撮ったのを、見ようとしてるとこなんだぞ!』

  「えっ、じゃあ、野村が金取ったのも知らないんだ。」

 『!!!きさまあ、黙れーだから今ビデオを・・
もういい!用事は何なんだ!』

  「いや、田嶋が銀取ったのを教えようと思って。」

 ガチャン!
オリンピックの期間は気をつけましょう。
by ishimaru_ken | 2006-02-09 09:35 | スポーツ
主治医はウインドサーファー
e0077899_8274268.jpg

石丸の主治医の大畠(おおはた)先生
実は、ウインドサーファーでもあるのだ。
主治医といえば、普通は内科と相場は決まっているのだが、
石丸の主治医は、整形外科
いつも、無茶ばかりやっているので、
生傷が絶えないのだ。
足の筋肉が切れたり
肩を脱臼したり、
そのたびに、お世話になっている。

この大畠先生、ウインドサーフィン好きがこうじて
海のまん前に整形外科を開業してくれた。
おかげで、海からあがった傷ついたウインドサーファー達が
かけこみ寺のように、病院にとびこむ。

あるときのこと、
K君というウインドサーファーが沖で漂っていた。
どうも激しいクラッシュをして、肩を脱臼したらしい。
そのままでは、沖へ、沖へと流されてしまう。
そのとき、たまたま近くを、大畠先生が
ウインドサーフィンで通りかかった。
そして荒れくれる海上で、
肩をグキグキと入れてくれたのだそうな。
なんという
<棚からぼたもち>・・?
<わたりに船>・・?
ん?・・こういうとき使うコトワザってなんだっけ?

出張診療としては、破格のワザをみせてくれた。
なんともたのもしい我らの先生なのだ。
神奈川県三浦半島の、津久井浜整形外科にいらっしゃるよ。
by ishimaru_ken | 2006-01-08 08:29 | スポーツ
犬年正月レース

e0077899_951174.jpg
与論島の、正月に、毎年ウインドサーフィンの
レースがある。
<タメトウカップ>という。
為藤さんという面白い名前のウインドサーファー
からとった冠レースだ。
去年出場したら、あらら、優勝してしまった。
今年も出た。
あらら、又、優勝してしまった。
二連覇だ。

「へ~すごいねえ!」
と思われた方・・すいません。
小さな、草レースですので、あしからず。
ただし、一応、そのレースの時の状況をお知らせすると、
風速―最大18メートル
17メートル以上が台風だから、結構なものである。
ウインドサーファーにお知らせするなら、
4,7(よんなな)ゲロオーバーだったぜ~>

面白いことに、二年連続、2位になった男がいる。
小島さんという、愛知県にある、ウインドショップ<ブルーム>
のオーナーだ。
悔しがりかたがハンパじゃない。
お酒をガパガパあおって、吼えている。
まあ、元気なことは、良いことだ。
来年かかってきなあ~
by ishimaru_ken | 2006-01-07 09:06 | スポーツ
SASUKE

e0077899_1435218.jpg
サスケ 2005冬
石丸謙二郎 第一ステージ最終エリア
ターザンロープまで行くも、タイムアップ、5秒ほど足りなかった。
たったの5秒だが、足りないものは、足りない。
力不足。
第一ステージとは、
100秒間の無酸素運動>なのである。
陸上競技では、800メートル走にあたるだろう。
第一ステージを軽々クリアしていく猛者たちは、
ただの筋肉野郎ではない。
心肺能力、そして、自己精神コントロール
非常に長けたスーパーヒューマンなのだ。

さあ、新たに又半年、精進の日々である。
by ishimaru_ken | 2005-12-31 14:00 | スポーツ
sasuke
サスケ2005冬
今夜、12月30日、夜6;30~9;00
TBS
by ishimaru_ken | 2005-12-30 08:13 | スポーツ
サッカー日本人の足技

e0077899_17303744.jpg
日本サッカー選手のテクニック(足技)が世界的に
認められている。
 なぜか?

石丸説
ボールと足の大きさの差はテクニックに比例する

検証
今ここに、ピンポン玉とバスケットボールがある。
ひとつづつ、床でバスケットのドリブルしてみましょう。
どちらが、簡単ですか?
当然、大きい方のバスケットボールですよね。

次に、そのバスケットボールを足でリフティングしてみましょう。
まあまあ、出来ますね。
では、ピンポン玉でやってみて下さい。
3回出来たら、あなたは天才です!
 つまり、足に対して、『ボールが大きく』なればなるほど
簡単になります。
裏返せば、ボールに対して、『足が小さく』なればなるほど
簡単になります。

さあ、解ったでしょう。
日本人は西欧や南米、アフリカの人たちに比べて、
足のサイズが小さい
だから、ボールあつかいが簡単になる。
テクニックがうまい・・
 どうですか?この説。

「韓国も小さいぞ、中国だって」

はい、その意見、ごもっともです。
だから、彼らもうすぐ、うまくなります。

なぜなら彼ら、日本人ほどブラジルサッカーに
憧れていませんでしたから・・
by ishimaru_ken | 2005-12-25 17:28 | スポーツ
スピードスケート
スポーツには、それぞれがある。
本人たちが気づいていないがある。
さあ、まもなく冬季オリンピック
そこで、気になるのが、スピードスケートの癖

「速い!速い!来たあ~岡崎ぃメダルだあ~!」

スピードスケートの選手がフィニッシュをした瞬間、
ガッツポーズをするより前にすることってなんでしょう?

フードをとる

フィニッシュするやいなや、「もうイヤン!」とばかりに
フードを片手で剥ぎ取る。
2秒以内に剥ぎ取る。
全員剥ぎ取る。
世界中の選手が剥ぎ取る。

これってなんでしょう?
一刻も早く剥ぎ取らなければならないほど
苦しかったのでしょうか?
頭が後ろに引っ張られるのでしょうか?
それとも、蒸れて暑い のでしょうか?
そうだとすると、ユニホームを作っているメーカーの
怠慢ということになりますよねえ。

<石丸説>
ブサイクにみえる

あまたあるスポーツのユニホームの中で、
あの{顔を包む}ユニホームは、顔を
本人の素材以上にブサイクにみせる。
マスコミが追いかけたがる、あの岡崎朋美選手ですら、
フード顔は、
「う~ん、どうかなあ・・ 」
と思ってしまう。

スポーツもビジュアルの時代、
選手も、カメラをはっきり意識している。
フィニッシュの瞬間、ブサイクを捨て去りたいのは
当然か・・
それが証拠に、転倒した選手はなかなか
フードをとらないよ。
それにしても、早すぎる。

みんなで、応援しましょう・・声にだして、
「大丈夫だよ~君たち素晴らしきアスリートは、
 十分美しいよお~!」
e0077899_2125724.jpg

by ishimaru_ken | 2005-12-24 21:22 | スポーツ



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧