カテゴリ:スポーツ( 867 )
サッカー日本人の足技

e0077899_17303744.jpg
日本サッカー選手のテクニック(足技)が世界的に
認められている。
 なぜか?

石丸説
ボールと足の大きさの差はテクニックに比例する

検証
今ここに、ピンポン玉とバスケットボールがある。
ひとつづつ、床でバスケットのドリブルしてみましょう。
どちらが、簡単ですか?
当然、大きい方のバスケットボールですよね。

次に、そのバスケットボールを足でリフティングしてみましょう。
まあまあ、出来ますね。
では、ピンポン玉でやってみて下さい。
3回出来たら、あなたは天才です!
 つまり、足に対して、『ボールが大きく』なればなるほど
簡単になります。
裏返せば、ボールに対して、『足が小さく』なればなるほど
簡単になります。

さあ、解ったでしょう。
日本人は西欧や南米、アフリカの人たちに比べて、
足のサイズが小さい
だから、ボールあつかいが簡単になる。
テクニックがうまい・・
 どうですか?この説。

「韓国も小さいぞ、中国だって」

はい、その意見、ごもっともです。
だから、彼らもうすぐ、うまくなります。

なぜなら彼ら、日本人ほどブラジルサッカーに
憧れていませんでしたから・・
by ishimaru_ken | 2005-12-25 17:28 | スポーツ
スピードスケート
スポーツには、それぞれがある。
本人たちが気づいていないがある。
さあ、まもなく冬季オリンピック
そこで、気になるのが、スピードスケートの癖

「速い!速い!来たあ~岡崎ぃメダルだあ~!」

スピードスケートの選手がフィニッシュをした瞬間、
ガッツポーズをするより前にすることってなんでしょう?

フードをとる

フィニッシュするやいなや、「もうイヤン!」とばかりに
フードを片手で剥ぎ取る。
2秒以内に剥ぎ取る。
全員剥ぎ取る。
世界中の選手が剥ぎ取る。

これってなんでしょう?
一刻も早く剥ぎ取らなければならないほど
苦しかったのでしょうか?
頭が後ろに引っ張られるのでしょうか?
それとも、蒸れて暑い のでしょうか?
そうだとすると、ユニホームを作っているメーカーの
怠慢ということになりますよねえ。

<石丸説>
ブサイクにみえる

あまたあるスポーツのユニホームの中で、
あの{顔を包む}ユニホームは、顔を
本人の素材以上にブサイクにみせる。
マスコミが追いかけたがる、あの岡崎朋美選手ですら、
フード顔は、
「う~ん、どうかなあ・・ 」
と思ってしまう。

スポーツもビジュアルの時代、
選手も、カメラをはっきり意識している。
フィニッシュの瞬間、ブサイクを捨て去りたいのは
当然か・・
それが証拠に、転倒した選手はなかなか
フードをとらないよ。
それにしても、早すぎる。

みんなで、応援しましょう・・声にだして、
「大丈夫だよ~君たち素晴らしきアスリートは、
 十分美しいよお~!」
e0077899_2125724.jpg

by ishimaru_ken | 2005-12-24 21:22 | スポーツ
サスケ応援団長
三歳の子供が、腹筋しているのを見たことがある?
腕立てしているのを見たことがある?
懸垂しているのを見たことがある?

見たことがあるのだ。
レン君
友人の長男だ。
e0077899_4265938.jpg

日本最強の、サスケ解説者である。
9回大会から、15回大会まで
毎回、応援席で、声をからしている。
そして、放送されるや、ビデオに録画し、
最低一日3回、<サスケ>を見ている。

つまり、サスケは半年に一回あるので、
半年間は同じビデオを見続ける。
計算すると、500回以上、サスケビデオは回転する。
あら、どうなるか?
こすれたビデオは、ザーザーとなり、
ほとんど、見えなくなる。

見えなくなるまで、1本のビデオを
見たことがありますか?
そのサスケビデオが、半年ごとに、
更新されるのだ。

なんという情熱!
なんという熱さ!

サスケ出場者の経歴や
何回大会で、どこまで行った・・だの知りたい時は、
レン君に、聞くことにしている。

レン君に応援されるたびに、
『頑張らねば』 と思う石丸である。

そのレン君・・まもなく 6歳
by ishimaru_ken | 2005-12-23 04:25 | スポーツ
サスケ
『○○選手の応援の方、いらっしゃいますかあ?』

スポーツ番組のサスケを収録中、
スタッフが大きな声で、観客席に呼びかける。
観客席には、100人の出場者の 家族やら、
応援者があふれかえっている。
その家族やらが、○○選手の応援しているところを、
TVカメラに撮りたいわけだ。

「はい!」
カワイイ声がして、手があがっている。
5・6歳の男の子だ。

『○○選手の関係者の方ですか?』
「ちがいますぅ」

ほい、その選手が終わった。次の××選手だ。

『××選手の応援の方、いらっしゃいますかあ?』

「はい!」
又、あの子だ。
「はいはい!」
おっ今度はこっちにもいる。
 ~~~
そりゃそうだ・・
みんな自分の家族だけでなく、出場者の中の、
好きな人も、応援しているわけだよな。
そこに、あの声がかかれば~
『○○選手の応援の方、いらっしゃいますかあ? 』

小さいお子さんはすぐ反応しちゃうよね。
だって、応援したいんだもんねえ。
お子さんでなくても、手を上げそうになってる
大人もいるってえのに。

すると、スタッフも言い方を変えてきた。

『○○選手の応援で来た方、いらっしゃいますかあ?』

「はい!」・・・又、あの子
これは、子供の勝ち。

この戦いが、毎回繰り広げられている。

 「はい!」の男の子、実は、石丸の応援で、
名前は・・・
 <れん> くん
e0077899_14421183.jpg

by ishimaru_ken | 2005-12-22 14:39 | スポーツ
サスケへの道

e0077899_2111089.jpg
脚力をつける為に、普段から、<重り>を足に付けている。
片足、1.5キロ 両足で3キロ
e0077899_2114562.jpg

最初は、重くて足を引きずるようにして
歩いていたが、だんだん慣れてくる。
慣れてくると、足に付けていることすら、
忘れてしまう。
走り出す。ジャンプする。
はいはい、何事も

<慣れたときが危ない>

先日
重り>を付けたまま、自転車で走りまわっていた。
いつもの事である。
その日、あまり行かない 川のソバ を通りかかった。
余所見でもしていたのだろうか、
自転車がフラついた。
とっさに立て直した。
『お~とぉ、アブねえ、アブねえ・・』

ちょいと待て!
『アブねえ』 じゃあ、すまねえだろ!
今こけてたら、君は、川にドボンだぞ。
ドボンとなったら、どうなる?
川の水深は2メートル以上あるわな。
足に<3キロの重り>を付けて、君は泳げるか?
その重りを君は、何秒ではずせるか?
パニックにならずに、はずせるか?
息は続くのか?

ひえ~!

教訓
 重りを付けて、水のソバに近づかないように
しましょう。
by ishimaru_ken | 2005-12-15 20:59 | スポーツ
sasuke
三歳の子供が、腹筋しているのを見たことがある?
腕立てしているのを見たことがある?
懸垂しているのを見たことがある?

見たことがあるのだ。
<レン君>
友人の長男だ。

日本最強の、サスケ解説者である。
9回大会から、15回大会まで
毎回、応援席で、声をからしている。
そして、放送されるや、ビデオに録画し、
最低一日3回、<サスケ>を見ている。

つまり、サスケは半年に一回あるので、
半年間は同じビデオを見続ける。
計算すると、500回以上、サスケビデオは回転する。
あら、どうなるか?
こすれたビデオは、ザーザーとなり、
ほとんど、見えなくなる。

見えなくなるまで、1本のビデオを
見たことがありますか?
そのサスケビデオが、半年ごとに、
更新されるのだ。

なんという情熱!
なんという熱さ!

サスケ出場者の経歴や
何回大会で、どこまで行った~だの知りたい時は、
レン君に、聞くことにしている。

レン君に応援されるたびに、
『頑張らねば』 と思う石丸である。

そのレン君・・まもなく 6歳
by ishimaru_ken | 2005-12-14 04:25 | スポーツ | Comments(0)
角乗り
e0077899_14411972.jpg

『用意が整いますればぁ、沖へと~押し出します~』

先日、東京は、江東区、木場(きば)という所を
通りかかった。 大きな公園があり、
ピ~ヒャラドンドン~笛太鼓・・祭りらしい。
のぞいてみると・・おお!やっていました!

角乗り> (かくのり)
お江戸の昔から、木場に集まった材木を水上で
人力で動かしていた頃からの{ワザ}ですね。

今じゃ、区の無形文化財らしく、
こうやって、ワザ見せ興行をなさっているようで・・

『お次は、尾張名古屋は~金のしゃちほこぉ~』
e0077899_1444665.jpg


次から次とワザを繰り出し、中には、
イキな娘さんも登場。
中学生が出てきたと思えば、3歳の子供を
肩車して角乗りをする猛者もいる。

そういえば、昔テレビで見たときには、
1本の角材に二人が乗って、
クルクル回しながら、相手を落水させる・
というような戦いがあった気がするが・・
今は、やんないのかな?

とても面白かったが、残念なのは、
飛び入り参加}コーナーが無かったことだ。
うう~~やりたい~
e0077899_14461589.jpg

by ishimaru_ken | 2005-12-04 14:36 | スポーツ
ピザーラカップ
e0077899_1227136.jpg
ウインドサーフィン毎年恒例、
ピザーラカップ> が、神奈川県三浦半島 津久井浜で、
11月25(土) 26(日)に開催された。
エキスパートからビギナーまで 200名近い選手が
全国から集まった。

なんといっても、この大会、各クラス優勝者には、
マウイだのグアム、サイパン航空チケットが
ドパ~んと振舞われる!
その他の景品も豪華きわまりない!
おまけに、夜のパーティーの料理の素晴らしさ。
そして、昼は昼で、ピザ食べ放題である。
e0077899_12372870.jpg 
まあ、
景品はさておき、ウインドサーフィン好きの
老若男女が、青空の下、ビーチで、
くつろいでいる様は、なんとも清清しい。

レース結果は、
2日間、風があまりにも弱すぎて、
ビギナークラスのみ成立となった。

この石丸がエントリーした、エキスパートクラスの
1レース目の同じヒートに、ウインド界のスーパースター
浅野則夫選手が・・
アマチュアNO1の浦上選手が・・
いて、「よおし!」と気合が入っていたのだが、
 まあ、私の場合、序二段が、
朝青龍に挑むようなもんだな・・

 さて、お次のレースは・・?
e0077899_1233257.jpg

by ishimaru_ken | 2005-11-29 12:38 | スポーツ
マラソンランナーのすごさ
e0077899_21142347.jpg
マラソン選手と一緒に走った事がありますか?
わたくし、あるのです。

といっても、40年ほど前のこと。
小学5年のとき、上の6年生にあの
宗(そう)兄弟がいたのです。
いわずとしれた、日本が誇る、マラソン界の
双生児 宗茂 宗猛
いまだにどっちがお兄さんかわかんないんですが・
そのふたりが、どれほど速かったか・・

 あるときの学校行事
5年6年合同のマラソン大会
小学生だから、3・・4キロでしょうか・

用意ドンで走り出した200人あまり。
 というより、結果から。

ほどなく帰ってきた宗兄弟のふたり。
まだ、走り足りなくグランドを2周
それでも、誰も帰ってこないので、
3階のクラスに戻り、運動着を着替える
再びグランドに戻るも、誰の姿もみえず。
ふたりで、土に穴をほり、仕方なく
ビー玉遊びを始めた。

・・と・やっと、3番手が、息を切らせて帰ってきた。
そのあとの連中にいたっては・・
おいらが帰ってきたときには、
次の授業が始まっていたじゃ

マラソンは、見るスポーツです!
by ishimaru_ken | 2005-11-16 10:14 | スポーツ
洞窟探検
e0077899_22292637.jpg
洞窟探検   
「ギヤア~!」
洞窟が、もし、照明のない「真っ暗」だったとしたら・・・

地底探検ビギナーコースを見つけましたよ。
まずは2箇所紹介。

入水鍾乳洞
e0077899_22351151.jpg

入場料700円払った入り口で、ロウソクとマッチを渡される。
中は真っ暗。 真の暗闇。 往復1時間。
ヒエェー!
「途中でロウソク消えたら?!」
ふふふ・・真の暗闇が待っているのです。
必死でマッチを摺って、ロウソクに火をつけるしかありません。
なのに、入場料700円。
ぎゃあーーー!」



景清洞
e0077899_22401270.jpg


入り口で、ヘッドライト付のヘルメットを渡される。
歩く歩く、
そのうち、だんだん暗くなる~
そのうち、全く暗くなる~
今来たこの道暗くなる~
 (明かりを消すと・・)
ギヤアー!」
e0077899_22464257.jpg

by ishimaru_ken | 2005-11-07 22:50 | スポーツ



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧