<   2005年 12月 ( 49 )   > この月の画像一覧
SASUKE

e0077899_1435218.jpg
サスケ 2005冬
石丸謙二郎 第一ステージ最終エリア
ターザンロープまで行くも、タイムアップ、5秒ほど足りなかった。
たったの5秒だが、足りないものは、足りない。
力不足。
第一ステージとは、
100秒間の無酸素運動>なのである。
陸上競技では、800メートル走にあたるだろう。
第一ステージを軽々クリアしていく猛者たちは、
ただの筋肉野郎ではない。
心肺能力、そして、自己精神コントロール
非常に長けたスーパーヒューマンなのだ。

さあ、新たに又半年、精進の日々である。
by ishimaru_ken | 2005-12-31 14:00 | スポーツ
sasuke
サスケ2005冬
今夜、12月30日、夜6;30~9;00
TBS
by ishimaru_ken | 2005-12-30 08:13 | スポーツ
シティーボーダー

e0077899_87187.jpg
実は
東京ってえ所は、スキー、スノボーの
ゲレンデだったのです。

こういうことです

 大雪が降るのです.
ザカザン降るのです。
降る年は東京でも、3回くらい降るのです.
東京は坂が多いのです。

 「ある駅」から「次の駅」まで、ほとんど下り坂なんて
場所が都内にはいっぱいあるんですなあ。
大雪が降れば、自動車連中は都内では
あまり走らなくなりますねぇ。
つまり、「ある駅」からスノボーでさっそうと滑り出すの
ですよ。 そして、「次の駅」まで楽しんだら、
100何十円だかの、ひと駅分の料金を払って、「もとの駅」
に戻るのです。
10回乗ったって1000いくらですよ。
スキー場のリフト代より安いよね。

「へーそんな場所、そうそうないでしょ?」
はいはい、お答えしましょ。
たとえば、
小田急線の東北沢~代々木上原
完璧に下り坂で、歩いても14分。
たとえば、東西線、神楽坂~市谷
かなりの傾斜ですよ。
恐らく、捜せば、かなり発見できるのではないか!

 はい、こういうことです。
「わっ!雪ふってるー!」
 リーンリ―ン(これ、電話の音です)
「けんちゃ~ん、滑りいこっかぁー」
 {うん、今日どこ行く?}
「あのさ、この前、小田キュー攻めたから、今日カグラで、
パイプやろうよ。」
 {わかった、じゃ、○○誘って、カグラの出口でねー}

ほらぁ、簡単でしょう。
これは流行り出したら大変ですよ。
あるひと駅だけ、スノボーかついた奴ラが片乗するん
ですよ。
わかってる奴らは、ちゃっかり、一日乗り放題の電車券買って
たりしてね。(あるんだって、そういう券が)

さあ!これを知ったからには、すぐにスポーツ店に
走りなさい。
あなたも、今日からシティボーダー!
by ishimaru_ken | 2005-12-30 08:09 | 謙の発見!
南国の市場の偶然

e0077899_10554728.jpg
魚市場が好きで、旅に出ると、
その町の漁港に朝早く行く。
まだ、薄暗いうちから、声が飛び交い活気がある。
 南の小さな島の漁港に行った。
南国特有の派手な色の魚が並んでいる。

e0077899_1056651.jpg

なんとか買えないものかと、近くにいたおばちゃん
声をかけた。 すると、実に気安くOKしてくれた。
やら、の魚をせり落としてくれた。
おばちゃん、南国特有のなまりが強く、
頭を柔軟にしていないと、何をいっているのか
わからない。
尋ねると、魚屋さんらしい。
そういえば、10数年来の友人のおかあさんも
魚屋だったなと思い、ふと名前を尋ねると、
まさに、そのおかあさんだった!

なんという偶然!
10年前、その友人と真夜中に海にもぐり、
大きな魚(ミーバイ)をモリで突いてきた。
その魚で、鍋パーティーをやろうということになり、
夜まで、彼の母親の魚屋さんに、預かってもらっていた。
そして、夕方、彼が魚屋に行ってみると、
突いた魚がない。
「ああ、欲しいという観光客に売った。」
とあっさり。

なるほど、その母親が、このおばちゃんなのか・・
太っ腹で、やさしいおっかあだ。

よし、鍋パーティーの続きをやろう~
e0077899_10562143.jpg

by ishimaru_ken | 2005-12-29 10:59 | 謙の発見!
肉変化

e0077899_9272094.jpg
スーパーで、見たことも聞いたこともない『肉』を
見つけたのですわいなあ。
その、肉の名前は

 「しびれ

(なあ~んやあ、そんなん知ってるでぇ)
というお方は、パソコンに水ぶっ掛けて、もう寝なさい。

「しびれ」 って知ってましたア?

焼き肉の世界は結構言葉遊びが多いと
思っていたが、初めて聞いたね。
「しびれ」 だって・・
焼肉の世界は、
「かしら」 だの 「はつ」 だの 「ぼんちり」
だの、まあ・・割りと具体的な名称を使用していますね。
その具体性がいやで、食べず嫌いの女性が
大勢いるのも確か。
その例
 トンソク=ブタの足
 ミミ  =ブタの耳
 ツラ =ブタの顔
 コブクロ=牛の子宮
  (そのままやんけぇ~!)
ちょっとひねって、
 ハツ  =心臓(ハート)
 タマ  =精嚢(ひねってるかな?)
 サオ =陰茎(そ、そんなもんまで食ってるのか)

こお~んなに猥雑で、具体的で、連想ゲーム
みたいなのが焼き肉屋さんなのだよ。
なのに、なのにだよ。
アル日突然見たことも、聞いたこともない
お肉が現れたんですねえ。
しかも、情緒たっぷりに・・
なんと、日本的なお名前か!
なんと、わびさびの世界をわきまえたお名前か!

「しびれ」

いったい、どの部分のどういうお肉なのか?
これは、今までの焼き肉やさん感覚でいくと、
「しりびれ」の略ということになるのだが、
牛や、ブタにははあるが、「ひれ」は無い。

ということは、全く新しい感覚を持った名ずけ親が
いるというこっちゃ。

「しびれ」ているから、に関する部位かとも
思うが、足関係はほとんど、解明されている。
「しびれ」るから、のある部分とも思えるが、
そんな牛はいないし、
あえて、毒を追求すれば、フグを食った時に
唇が「しびれる」ので、
くちびる
かなとも思う。

買いました
食いました
 結論は?・・・・

美味かったです。
レポーター的にいうと
「見た目は、まぐろのトロみたいなんですけどもぉ、
 鉄板の上に置くとすぐに火がとおって、
 しかも、焼いてる時は脂が全くでないんですぅ。
 あの、何て言うんですか、鳥のささみみたいな
 焼け具合でぇ、そんで、パクリと口に入れると、
 鳥のささみとは、全く違う触感て言うんですかぁ。
 むしろ、パリパリに焼いたクレープの中に
 柔らかチーズが出てきたような、
 えもいわれぬクリ~ミーな舌ざわりで、
 あえて、つけるとすれば、醤油とわさびなのかなあ~」

「しびれ」ましょう!
早く「しびれ」ましょう

グラム 158円でっせ
by ishimaru_ken | 2005-12-28 09:33 | 謙の発見!
特異日

e0077899_6571280.jpg
『明日は晴れの特異日です』
テレビを見ていると、天気予報で発表がある。
<特異日>

そうか!ピーンときた。
喧嘩特異日
ってのは、いつだろう?
普段仲良しの人達が、つい喧嘩をしてしまう日。
そんな日は、一年の中でいつだろう?

石丸説
喧嘩特異日<12月24日・クリスマスイブ

恋人、友人、夫婦、親子、
クリスマスイブには、大きな期待をふくらませ
それぞれの、楽しき空想が働いているでしょう。
その期待がふくらめば、ふくらむほど、
相手との間での、ギャップが大きくなり、
ついつい、衝突してしまう。

つまり、期待どおりに成りにくいのが、
クリスマスイブなのです。
こんな、楽しそうな日に、日本中で、
喧嘩をしているのです。
あっちゃこっちゃで、「わ~んわ~ん」となっているのです。
だから、イブに、喧嘩をしてしまった君。
大丈夫ですよ~

だって、ニッポンの喧嘩特異日なんだから・・・
by ishimaru_ken | 2005-12-26 20:56 | 謙の発見!
かもちゃん?
e0077899_12403074.jpg

オットセイアシカあざらしの区別がつかない。
世の中の人は、別っているのだろうか?

石丸の認識
オットセイ;黒くて小さい奴
アシカ  ;オットセイより、ちょいと大きい奴
あざらし ;さらにちょいと大きい奴

『アシカのけんじろう君が輪投げに挑戦です!』
って、アシカ君が、風邪ひいたとき、
<アシカのショー>を
こっそり、オットセイちゃんが務めていないのかなあ。
アシカ君が運動不足でぶくぶく太っちゃったので、
明日から、あざらしのショーに看板変えよう
ってことはないのかな?

あざらしさんだって、
「おら、人間と猿と犬の区別がつか~ん」
と言ってるかもしれない。

「私だって、山田さんと高橋さんをよく間違えるのよ」
と思ったあなた。
それとちょっと話が違うので、
黙っていましょう。

オット!まだいた!
セイウチ・・トド・・ゾウあざらし・・
うう~もういないだろうな~
神は御自分に似せて人間を作ったそうだが、
アシカ君たちは、どいつが代表なんだい?

鴨川に現れた『かもちゃん』ってのは、
ほんとに あざらし なんだろうか?

ゾウあざらし は別った!
鼻のビロ~ンと長い奴だ!
by ishimaru_ken | 2005-12-26 12:32 | 謙の発見!
ジングルベル

e0077899_5105580.jpg
子供の頃のクリスマス
おやじが楽器を弾く人だった。
明大マンドリンクラブで弦楽器を弾いていた。
その為か、おかげか、クリスマスイブは、
家族演奏会になる。
バイオリンにギター、オルガン、
5人家族が、それぞれの楽器を持つ。

『ジングルベル』 『きよしこの夜』
わたくしの楽器は、いろいろ。
カスタネット、トライアングル、タンバリン
早い話が、みそっかすだ。
弾けない人でも、弾ける楽器だ。
最後は、オヤジの『チゴイネルワイゼン』で終わる。
バイオリンの曲の中でも、究極に難しい曲だ。
体をくねらせ弾きながら、
難しい箇所にさしかかると、
で、メロディを歌い、
難所を過ぎると、再び弾きだす。

食卓には、おふくろが作ったケーキが置いてあった。
上部のクリームに字が書いてある。
 
 1961
声に出して、読もうとした。
すると、向かいに座っていた妹が、大きな声で。
「せん、きゅうひゃく、ろくじゅう、いち」
・・なるほど、どちらから見ても、
1961
なかなかシャレたおふくろだ。
このシャレを使える年は、僕らが生きているうちはこない。

1961年のクリスマス
いまから、44年前のことである。


e0077899_1657528.jpge0077899_16583876.jpg
by ishimaru_ken | 2005-12-26 08:08 | 昔々おバカな話
ああドザエモン

e0077899_76217.jpg
そのロケは川に突き落とされて
死ぬシーンでした。
まあ、よくある事だから、気軽に出かけました。
川につきました。
川は川でも、天下の隅田川
二十数年ほど前に、ヘドロで有名になった川でした

日が暮れてその場所に着くと、
川の水面がブキュっという音をたてて
アブクを繰り出している。
そのアブクに粘性があるのか
なかなか消えないのが不気味過ぎる。
何か、茶色いものが浮かんでいるので
のぞいてみたら、鳩らしき死骸だ。

まわりをよくよく観察すると、腐りきったペットボトルだの
マヨネーズのチューブだのが、ドプドプと浮いている。

 「あのーすいません。オレぇここに落ちるんですかぁ・・」

『えっ?なんすか?テストお願いしまぁす。』

撮影とはナンとも、淡々と運ばれるもので、
ドブドブもブキュブキュも関係無いようで・・
 「この場所は、かの有名なヘドロの~」
などという科学的な屁理屈的な意見は、
馬耳東風、人畜無害、人三化七の世界に押しやられ、
はっと気づいた時には、
 『は~い、本番!!』
の声が、響き渡る。

時は、2001年 3月とはいえ
東京は、冬将軍のぶりかえしのまっさ中。
スタッフの・・ダウンジャケット、二枚重ねの姿に
さしもの 肉体俳優石丸も{涙の遺書}を書いたとの
助監督の証言がある(?)。

『はい!本番行きます!』

この世のものとは思えぬ満月を映し出した、水面へと
さよならダイブを楽しんだのさ・・

『カット!』
の声と共に、浮き輪が投げられ、
自力で救命ボートに這い上がったおいらに
誰も触ろうとしなかった。
地獄の黙示禄さながらの姿に、誰もが
映画「アンドロメダ病原菌」
をイメージしたのだろう。
ボチョリボチョリと
まつげの先から、たれ落ちる緑色のしずくを
とても美しく見つめていました。

天を見上げれば、早春の満月。
その素敵な満月を思いっきり吸いこみながら
思いました。

 「面白れえなあ、俺たち」
 『面白れえなあ、俺たちの世界』
by ishimaru_ken | 2005-12-26 06:57 | 仕事
役者稼業
e0077899_4121872.jpg

突然、ドラマが入る。
どのくらい突然かというと・・
夜、酒をくらって、ぐでんぐでんの寝入りっぱな、
リ~ンリ~ン(古かった)
ポロロンポ~電話が鳴る。
『今から、宅急便で台本届けます』
(届けられちゃうのぉ~)

翌日、現場に駆けつけると、
監督が挨拶もそこそこに、台本の手直し
伝えてくれる。
「こうしました」
『そうしましたか』
(夜中に覚えたセリフは全部朝露とともに消え去った。)

ポルシェが登場した。
大型クレーンも登場した。
カースタントチームが、おそろいの制服で登場した。
大量のスポットライトの中を黄色のポルシェが
タイヤをきしませながら、
横浜の倉庫群の中を疾走する。
かっこいい。

「じゃ、石丸さ~んお願いしま~す」
  『はいはい、チョット待ってねぇ、』
「石丸さん、このバミリに立ってください」
  『へえへえ』
「この場所をいっさい動かないで下さい。」
  『なヌ?』
「まばたきもしないで下さい!」
  『へえへえ・・・・エ?』

時はおりしも平成13年、数える事2001年
数えなくても3月下旬。
横浜の倉庫群に爆音高く
走りこんできた黄色いポルシェ!
昨日台本を貰っただけのしがない役者に向かって
野生の咆哮さながら、雄たけびをあげ、
ポルシェカレラ1000万円が
突き進んでくるではないか!

〈ないか!〉
といってるうちに、ギョエーっというブレーキ音が
鳴り響き、昨日宅急便で渡された台本を
まだ、自分のとこしか読んでいない役者の向こう脛の
1メートル手前でバンパーが止まった。

めまいがする。
今朝、何を食べたっけ?

 「はい!本番行きます!」
  (今の本番じゃなかったんだ・・)
 「本番!」

グオロロオ~ン キュるキゅりぃ
黄色のポルシェ1000万円が
わたくしめがけて飛んでくる。

「カーットオ!!」
おいらの向こう脛、の先50センチに
止まった黄色の鉄骨が湯気を出している。

なんで、おいらここにいるんだろう?
何をしているんだろう?
地球温暖化とかはどうなったんだろう?
麻原はもうゲロしたんだろうか?

 「テイクツウー行きま~すぅ」
よくよく見ると、俺の隣に、ふたりの人間がいて
そのふたりが、あまりの恐怖に飛びのいたらしい。
NGらしい。
らしい

「ホンバン!」

ヘナチョコビナはどうなったんだろう?
カレーの毒は誰が入れたんだろう?
地雷は世界中にあといくつ残っているんだろう?

ギョオオオ~ン!ギエエエッツ!

黄色いバンパーは
脛の10センチまでせまる。
身動きひとつしなかった。
まばたきひとつしなかった・・
そして・・
まだ、セリフも覚えていない・・この役者への
御褒美として、夜食のおにぎり2個が
与えられた。

面白いな俺達・・
楽しいなこの世界・・
by ishimaru_ken | 2005-12-26 04:09 | 仕事



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧