<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
山ゆかば~

e0077899_10243045.jpg
大分県から、宮崎県まで、山越えで歩いたことがある。
途中に九州で、二番目に高い、祖母山という山がある。
その山中で、一泊した。
山は冷える。
そのせいか、風邪をひいた

宮崎側に降りると、天の岩戸で有名なところに出た。
といっても、民家は5軒。
熱のせいで、ふらふらしていると、
畑仕事をしていたオババがやってきて、
うちで、休んで行けという。
行った。
行った途端に倒れこんだ。
結局そのお宅に泊めてもらう事になった。

電気も来ていない山奥。
なのに、そのお宅は、みなと)さんという名前だ。
平家の落ち人(おちゅうど)かもしれない。
夫婦と子供二人、それに、80を過ぎたオババだ
そのオババが、

海を見たことがない
という。
湊家には、テレビはない。
水車発電なので、電化製品といえば、
15ワットの蛍光灯だけだ。
<海を見たことがない>人、今までに会った事があります?
日本で・・

唯一、子供たちが撮ってきた、写真で、見たそうな。
だけど、わからなかった、そうな。
見たいと思わないか、訊いた。
思わない、と言う。
そりゃ、そうだろう、80年、
平地すら見たことがない様な山奥で暮らしてきたんだもの。

恐らく、あのオババ、もう亡くなられているだろうが、
無理にでも、見せてあげたかった。
舐めさせてあげたかった、海の塩水を・・
by ishimaru_ken | 2006-04-30 10:28 | 昔々おバカな話
福ぶとん

e0077899_1031147.jpg
大学に入り、東京で下宿を始めた時のことだ。
その日、アパートに辿り着いたのは、午後遅くだった。
四畳半、カラッポだ。
さあ、何をさておき、フトンがなけりゃ、始まらない。
とは、いうものの、こんな時間からドコに買いに行けばいいのか?
ブーー (ブザーの音)
『配達で~す』
出てみると、フトンが届いている
しかし、心当たりを探しても、フトンを送った人なんかいない。
見ると、送り票が雨に濡れて
良く読めない
「いや、ウチのではないよ」
『いえ、おたくです。間違いありません。絶対です!』

どうも、この配達人、早く仕事を終わって、帰りたかったようだ。
強引にフトンを置いていった。
置いていかれた、イシマル、3秒で決断した。
ラッキー!

30数年の月日が流れた。
そのフトン・・先日ついに、ご逝去なされた。
当時、フトンが届かない・・とお怒りになったであろう方、
私が、代わりまして、天寿をまっとう差し上げました。
フトンに成り代わり、ご挨拶申し上げます。
             かしこ
by ishimaru_ken | 2006-04-29 10:08 | 昔々おバカな話
オルガノ

e0077899_108298.jpg
オルガノ
って知ってます?
何かの会社の名前だそうだが。
これが、気になってしょうがない。
{ノ}のところにがちょこっと付いただけで、
{ン}になる。
つまり、オルガン
全く違うのなら気にならない。
例えば、オルガケとかね。
看板書くとき、業者が間違ったんじゃないかと
つい思ってしまう。

と思っていたら、またまた気になる看板。
美容院の看板の中にあった文字
<カットおよびヘナカラー>
なんだよ ヘナカラー ってえ
{ナ}を{ア}に変えたら、
ヘアカラーだぞ。
{ナ}と{ア}は良く似ているぞ。
外人さんには、区別つかないぞ。
全く違うのなら気にならない。
例えば、ヘロカラーとかね。
看板書き間違ったでしょ と電話したくなる。

どうして、こんなギリギリの綱渡りのような
名前があるんだろう?
by ishimaru_ken | 2006-04-28 10:10 | 謙の発見!
待て!

e0077899_7362362.jpg
自動ドアに、よくぶつかる
自動ドアの開くのが、イシマルのスピードについていけない。
歩いていって、センサーの働いたあたりから、
もう開くだろう、もう開くだろう・・と思いながら、
進み、最後の最後、
首を縮めた格好で、ガーンとぶつかる
ぶつかった瞬間には、3センチくらい開いているのが
救いだ。
鼻をぶつけないで済む。

駅の自動改札機のカードがとれない
たいがい、通り過ぎてから、カードが出てくる。
もう出るだろう、もう出るだろう・・
出口に右手を持っていくのだが、
腕がピーンと伸びて、完全に後ろ手になっても、
出てこない。
10センチ通り過ぎてから、スッと出てくる。

パソコンの
(はい、ちょっと待ってねえ)
という合図が待ちきれない
ついつい、待たずに操作をしてしまう。
待ち無しで働かされたパソコンは、しょっちゅう機嫌が
悪くなる。

 どうも、この上記の事柄から、判断すると、イシマルは
待て
というのが、イヤらしいのだ。
<待つ>くらいなら、自動ドアと勝負したいのだ。
<待つ>くらいなら、自動改札機を教育したいのだ。
<待って>もいいが、パソコンには、早く賢くなって
 欲しいのだ。

犬はえらいな。
生涯、<待って>暮らしているのだから・・
by ishimaru_ken | 2006-04-27 07:38 | その他
フロッグとトード
e0077899_9233232.jpg

~ミュージカルは楽し~

『ピューモッソでアッチェル・・はあ~いグリースの所で、ストトンとフィルでロールして・・』
相変わらず、意味不明の単語が、稽古場の
イシマルの周りで飛び交っている。
上に書いた奴も、正しいのかどうか、わからない。
それでも、ナントカなるもんだから面白い。

フロッグとトード

このゴールデンウイークに上演するミュージカルだ。
2003年に、ブロードウェイで、
トニー賞を取りそこなった作品てえんだからたいしたモンだ。
何がいいかって・・
音楽が抜群に素敵なのだ
洗練されてオシャレである。

ただ、聞く方はいいのだが、
歌う方は、大変なのだ。
非常に難解な歌なのだ。
ミュージカルを長い間やってきた歴戦のツワモノに言わせても、
とても難しいという。
音がとれない。
リズムがとれない。
・・というより、
『なぜ、ここで、この音に移行していくんだよお~?』
『なぜ、歌は4拍子なのに、ピアノは3拍子なんだよお~?』
おまけに、激しく踊りながらだ。
6人でハモルんだが、6人全員違う、音階だ。
『なんで、こんなにオクターブが広いんだあ~?』

さてさて、2ヶ月以上に及ぶ、稽古の結晶が
まもなく、始まる!
by ishimaru_ken | 2006-04-26 09:25 | 仕事
ロッキングチェア
e0077899_9403638.jpg

ロッキングチェア> って憧れますよねえ。
今、ここにあれば、座りたくなるよねえ。
おばあちゃんが揺すっているのを見ると、微笑ましいよねえ。
『欲しい!』 家具屋で、目にすると、買いたくなる。
通販本で、写真を見ると、買いたくなる。
買って、揺すりたい、揺られたい。
居眠りしたい・・

ところが、ところが世の中、そうは話がうまくないんだな。
ほんじゃ、買ったとしよう。
座った。
揺らした。
気持ちいい・・
はい、ここまではいいでしょう。
10分経った。まだ揺らしている。
30分経った。時々揺らす。
1時間経った。揺れていない
ただの椅子だ。 正確に言えば、不安定に傾いた椅子だ。

自分で揺らさない限り、揺れないのだ。
ロッキングチェアの最大の欠点に、買ってから気付く。
揺らしてくれる、御親切な方が現われない限り、
椅子が傾いているだけだ。

この形態は、ウチワに似ている。
涼しくなる為に手を使って扇ぐ。
涼しくなるが、手の運動エネルギー分、暑くもなる。

つまり、眠くなるほど、気持ちよくなるのが目的で、
足でこぐ。
気持ちは良くなるが、足を使っている為に、
眠くはならない
(ああ、気持ちいいな、眠りそうだな・・)
と思った瞬間に、足が止まってしまい、揺れが止まり
はっと、目が覚めてしまう。
ロッキングチェアとは、どうも、矛盾した家具のようだ。

そうか!そうだったのか!
扇風機は、ウチワから始まったのか!
扇風機のおじいさんはウチワだったのだ。
ならば、ロッキングチェアの孫を作ればいいではないか!

電動ロッキングチェア
(商品名;エレッキングチェア)

《お好みの周期での揺すりが可能です。ランダム機能搭載。15分、30分タイマー付。もちろん、だんだん弱くなるスリーピングモードの設定。別売り、世界の子守唄20曲。》

作ったら、売れるかなあ・・
by ishimaru_ken | 2006-04-25 09:46 | 謙の発見!
重力発電
e0077899_10521481.jpg

日本のエネルギー危機を救う石丸案
 <重力発電>

山のてっぺんに重りを運ぶのです。
1トンづつの重りの板をレールで、運ぶ。
そのエネルギーは、水力発電でまかなう。
電気が余っているときに、せっせと運ぶ。
相当の量を運び上げておく。
何十万トンか、何百万トンか・・
一種の貨車のようなものに重りを乗っけておく。
その貨車は、山から麓まで急傾斜の
レールの上に乗っている。

はい、準備が出来ました。
さあ、水不足や、石油危機になった時、
その貨車がゆっくりと動き出すのです。
その落下エネルギーを電気に変えるのです。

細かいエネルギー計算はわかりません。
山の多いニッポン。
やってみる価値はあるんじゃない?
(おっこちてこないか怖い)と怒られそうだが・・
by ishimaru_ken | 2006-04-24 10:52 | 謙の発見!
ばったり②
e0077899_801561.jpg
昨日に引き続き、
とんでもない確率で出会う友人パート2
高校時代からの友人で、岩男(いわお)という姓の男がいる。
奴は大分県湯布院に住んでいる。
5年ぶりに羽田空港に行ったとき、出口で人にぶつかった。
岩男だった。
何年ぶりかの上京らしい。
 ふ~ん

その岩男が、家族で、湯布院から大分市に出向き、喫茶店で
お茶を飲んでいた。
『そういえば、イシマルは今頃どうしちょるかのう?』
久々に会話に出した。
家族が目をやると、喫茶店のピンクの電話で
イシマルが喋っている。
イシマル、ロケで、5年ぶりに大分に帰っていた。
 ふ~ん

その数年後、東京は新宿で、イシマル舞台千秋楽が終わり、
打ち上げ会場に向っていた。
ふと・・ほんとにふと、道の反対側にあるパチンコ屋を見た。
その一瞬だけ、パチンコ屋の自動ドアが開いた。
そこに、岩男が座ってパチンコをしていた。
数年ぶりに東京に用事で来たという、明日帰るという。
 ふ~ん

どっちかが間違いなく後をつけてるな・・
by ishimaru_ken | 2006-04-23 08:00 | 昔々おバカな話
ばったり①
e0077899_9591364.jpg

よく会う人というのがいる。
言い換えよう。
とんでもない確率で会う人というのがいる。
そのひとり・・俳優 加藤健一さん

東京都内で、ジョギングをしていると、ばったり会ったりする。
東京都内で、知り合いとばったり会う事なんてほとんどない。

ある時、函館でロケがあり、終わるや、空港に走った。
その日のうちに札幌に行って、ジンギスカンを食べたかったのだ。
空席待ちで最後の一人に滑り込んだ。
札幌に着くと、タクシーで知っている店に向った。
(アレぇ~!休みだ。)
もう一軒の知っている店に向う。
(え~!臨時休業・・)
しょうがなく、開いていた店に入った。
ビールを頼み、肉が焼け始めた時、
ガラガラ、ドアが開いた。
加藤氏が入ってきた!
空いていた隣に座る。
『やっ』
「ども」
札幌で、舞台の公演だそうだ。その店は飛び込みだそうだ。
ふ~ん、こんなもんかな・・

その1年後、南の小島で、ウインドサーフィンをしていた。
かなり長時間、海の上を走り回り、
やっと、砂浜に戻ってきた。
すると、
その真っ白な砂に文字を書いている男がいる。
加藤氏だ!
『やっ』
「ども」
偶然、バカンスで来たらしい。
ふ~ん、こんなもんかな・・

もはや、確率の世界を超えている。
そうでなきゃ、どっちかが、後をつけているに違いない。
by ishimaru_ken | 2006-04-22 10:00 | 昔々おバカな話
ミュージカル方言
e0077899_8063.jpg

<ミュージカル>を初めて、イシマルがやるのである。
これが、芝居と随分違うんだなあ。

ふ~ん、芝居をたくさんやっているのに、ミュージカルと
どう違うの?
そ、そうなんですよ。
僕も、おんなじだと思っていたのです。
どう違うか・・というと、
例えると・・

『お客様の中にお医者様いらっしゃいますか?』
飛行機の中で、赤ん坊が生まれそうだってんで、
アナウンスが入る。
 「はい、どうしました?」
『お医者様ですか?もう生まれそうです。よろしくお願いします』
 「いや、私は、歯医者なんだが・・」
『でも、医者ですよね』
 「ん~、どちらかといえば、獣医に頼んだ方が・・」

早い話が、専門職的な要素が多い。
ミュージカルをやるには、まず、
歌えなければ、話にならない。
踊れなければ、やめた方がいい。
要は、やりたいといって、すぐに出来るものではないのだ。
技術の比重が、とても高い。
そして、その技術を覚える事がいかに
時間と忍耐がいるものであるか・・
・・これは、あらゆる職業に通ずるものだよね。

さてさて、現在、稽古の真っ最中!
解らない音楽用語がバンバン出てくる。
リプライズ 行ってみよう』 みんな、すぐに歌いだす。
(ひえ~ な、なんだよう?)
『はい、とんだあー』 いっせいに歌っている。
(うえ~ん、どこに とんだんだあ~?)

などなど、ここに、文字に出来ない、未だ何と言っているのか
解らない用語があふれている。
いわゆる、業界用語って奴だ。
言い換えれば、<方言>だと思っていい。
方言を覚えるのは楽しい。

歯医者さんも、たまには、赤ちゃん用語を聞くのも
いいかもよ。
e0077899_802554.jpg

by ishimaru_ken | 2006-04-21 08:02 | 仕事



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧