<   2006年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
富豪刑事
e0077899_7215087.jpg
TVドラマ 富豪刑事のイシマルのセリフ
『いくら華やかに見せようとしても、君たち成金組が作ったクラブなど、しょせん金メッキのハリボテ~』

又、事件が起きた。
ドラマのロケに 学士会館 という所を借りた。
ここは、東京大学や、京都大学などを卒業した方や、
学長などのみが入会出来る、由緒正しいクラブなのである。
建物も明治を思わせる古めかしさで、
それぞれの部屋で、会食が出来る。

それは、昼どきだった。
イシマルが現場から少し離れた、エレベーターの前で、
セリフの練習をしていた。
そして、エレベーターの前には、なぜか
スタッフが片付け中の、長椅子が置かれてあった。
上記のセリフのくだりになった時、
スーッ
エレベーターのドアが開いたのである。
中から、一人の初老の紳士
シルバーグレーの髪に三つ揃いの背広。
そこに、このセリフがかかったのである。

君たち成金組が作ったクラブなど、しょせん~』

カッ! 紳士の目が見開いた。
(きさまあ~!)
紳士のの口元が、引きつる。やにわ、
エレベーターの前にいる、無礼な男に、掴みかかろうと、
グッと、足を踏み出した。

ドガッ!
紳士の足が長いすにぶつかる。
バタバタ、ヨタヨタ~
必死の思いで、体勢を立て直した紳士!
怒りで顔が真っ赤に染まっている!
(きさまあ~!)
・・と、遠くから、
「○○様、こちらでございます。」
折りよく、タキシードの執事の声がかかった。

イシマルを睨みながら、背筋正しく、歩き行くあの方は、
ひょっとして、御偉い大学の元学長さんだったのだろうか・・
成金 呼ばわりされて、驚いただろうな。
苦学の末に、辿り着いた学長の身分だったろうに、
成金 呼ばわりは、可哀そうだったな。

一部始終を見ていた、イシマルのマネージャーが言う、
『あんな、見事な 間の悪い事って、あるんですねえ。』
e0077899_722251.jpg
6月9日夜9時 朝日放送 テレビ朝日系列
by ishimaru_ken | 2006-05-31 07:26 | 仕事
元気が良けりゃ
毎日、舞台を昼夜やっていると、かなり疲労が溜まってくる。
こういう時飲む、いい漢方薬なんだろう?
その薬のキャッチコピーを考えていた。

<元気なあなたが見たい!>
<明日こそ、すがすがしい朝を>
<さよなら疲れ君>

う~ん、いまいちかなあ~
と思いながら、歩いていたら、薬屋のガラスにコレが!

疲れて死にそうな方 店内へ>e0077899_582084.jpg

なーるほど、これでいいのか。
思ったままを言えばいいのか。
何事も直球が一番なのだ。
疲れてはいるが、死にそうにまではなっていない人でも
店内に入りたくなる。






入って、おそらく置いてあるだろう椅子に
倒れこみたくなる。
表のナントカ薬ちょうだい。
甘えたくなる。
毎日でも、この薬屋に通いたくなる。

そうかそうか、
病院も、少し営業努力をしましょう。

<疲れて死にそうな方、当院内へ>
by ishimaru_ken | 2006-05-30 05:10 | 仕事
シジフォスの投擲(とうてき)
e0077899_774664.jpg
この写真、何をやっているか、わかりますか?

誰かが、<砲丸投げの練習>をしているのです。
そっと、眺めていました。

彼は、所定の場所から、重たいタマを投げるのだ。
ひとつ・・ふたつ・・みっつ・・
3個のタマを投げ終わると、十数メートル先に転がった
そのタマを拾いにいく。
ぼそぼそと歩く。
拾っても、重たいので下手でよいしょと投げる。
やがて、再び、元の場所から同じ行為が繰り返される

彼は、ひとりだ。
コーチはいない。
ただ、黙々と重いタマを投げる。

これまで、様々なスポーツの練習風景を見てきたが、
これ程、短調で、つまらなそうな物は知らない。
つまらない なんて言ったら、彼に怒られそうだ。
逆に言えば、彼はすごい人なのかもしれない。

マラソンだって、ただ走るだけだが、
少なくとも、風景は変わるぞ
水泳は風景は変わらないが、長距離を泳ぎきった
達成感があるぞ
同じ投擲種目でも、円盤投げや、ハンマー投げは、
遥か遠くまで飛んだという満足感があるぞ
同じ球技でも、サッカーとは、天と地ほど開きがある。
待てよ? これは、球技じゃないのか・・

彼を眺めていたら、ギリシャ神話のあの話を思い出した。
《オリンポスの神々に敗れ去った巨人シジフォスは、その罰として、大きな岩を山のてっぺんまで、運びあげる苦役を課せられた。しかし、何度運び上げても、ゴロゴロと落ちてしまうのである。永遠に終わる事のない作業・・》

このギリシャ神話を、彼は知っているだろうか?
どうか知らないで欲しい。
もし、知ってしまったら、もう、
・・タマを拾いにいけなくなるよ・・
by ishimaru_ken | 2006-05-29 07:09 | スポーツ
旧暦 端午の節句
e0077899_7122598.jpg
旧暦の端午の節句が、もうすぐである。
太陽暦の5月31日
旧暦を重んじる台湾では、こう云われている。

《その日の正午に、生たまごが立つ

「ウソだと思うなら、やってみたらいいよ、イシマルさん。」
いきつけの台湾料理屋 華華(ふぁーふぁー)の
おかあさんがのたまう。
でも、その時間、ドラマのロケをやっているんだよね。
朝出る時に、生たまごを持って出るしかないな。
割れない様に、しなきゃな。
すごいな、立ったら!

正午のイベントが終わったら、たまご どうしよう?
そうか、ロケ弁当を食べる時、生たまごご飯にすればいいんだ。
弁当に生たまごをカケル人は、あまりいないだろうな。
羨ましがられるかな?

皆さんも<たまご立て>試してみませんか?
そして、昼定食、昼弁当に生たまごをかけましょう。
ハヤルかもしれません。
by ishimaru_ken | 2006-05-28 07:13 | その他
おのおの方
e0077899_993174.jpg
『おのおの方!エイ、エイ、オー!』

といえば、<忠臣蔵>の、トキの声である。
吉良上野介を討ち取った直後の、四十七士の叫びである。
一昨年、10時間時代劇<忠臣蔵>に出演した。
そして撮影は、いよいよ大詰、<トキの声>を迎えた。

この、番組の主人公《大石内蔵助》を演じているのは、
歌舞伎界の大御所、[ 中村吉右衛門 ] である。
吉右衛門と言えば、鬼平犯科帳の鬼ヘイである。
撮影現場でも、大御所過ぎて、近寄って行く役者はいない。
朝、「おはようございます。」
といったら、それっきりだ。
(・・と、誰もが思っていた。)

さて、いよいよ <トキの声>
撮影準備をしている待ち時間に、イシマルがバカな事を始めた。
血液型Aの人いる?』
「はい!はい!はい!」(四十七士が集まってくる)
『ほんじゃ、いくよ!おのおの方!血液型を述べよ!
(その人を指差すと、本人が血液型を叫ぶのである)
 !」
 !」
 !」

その間、大御所はといえば、ずっと離れた所で、多くの
取り巻きに囲まれて、メーク衣装直しに余念がない。

「は~い、テストいきま~す」
さあ、大御所 吉右衛門さんの出番だ。
我々は、内蔵助の周りを取り囲む。
宿敵、吉良を討ち取った喜びに泣きむせいでいる。
内蔵助、すっくと立ち上がるや、大声で

おのおの方!血液型を述べよ!』(指差す)
A A O !

・・・あっけにとられていた。
その場にいた、百数十人が、あっけにとられていた。
ポカンと口を空けていた。
歌舞伎でも、非常に有名なセリフを、
パロっちゃったのである。
しかも、歌舞伎界の大御所が・・

どうやら、吉右衛門さん、離れた所から、
こっそり、イシマルのバカを見ていたのだ。
見ている内に、やりたくなったらしい。

その後、どうなったかって?
み~んな、吉右衛門さんが大好きになっちゃった。
「おはようございます~」と挨拶したら、そのまま、
話し込んだりしている。e0077899_9114887.jpg

鬼ヘイさん
 なんとも、オチャメな方だったのだ。
by ishimaru_ken | 2006-05-27 09:14 | 仕事
不幸の電話
e0077899_9463023.jpg
『奥さん、心して聞いてください。今、火とか使ってますか?では、お伝えしますが、実は・・まことに言いにくいのですが・・あのですね・・先ほど私共に伝えられた・・・』

こお~んな電話が警察からかかって来たら、イヤでしょ。
イヤなのは、電話の内容がイヤなのではなく、
引っ張ってなかなか主題を喋らない事が、イヤなのだ。
つまり、

人は、<想像力がとても逞しい>動物なのである。

「え~、だって、ドラマの刑事さん、あんな、電話かけてるジャン」
はいはい、だからね、ヒロインをもっともっと、
悲しませる為に、わざとやっているのです。
上記の倍ほど引っ張れば、気絶までするでしょ。

分かり易く例えると・・
『お化けが出たあ!』
で始まる怪談はないでしょ。
『牛三つ時~』 から引っ張りに引っ張り、
後ろを振り向くだけで、1分も語ったりする。

要は、引っ張り方の長さと、聞いている人のショック度
比例しているのだね。

落語や、漫才ではその手法を逆手にとって、
こうやるワケだ。
『あなた、今電話で話して、大丈夫?お仕事中じゃない?周りに誰もいない?びっくりしないでね。今、学校から連絡があってね・・聞いてる?担任の先生が電話掛けてきてね。担任の、小林先生の方ね。でね、ケンちゃんがね・・・検便忘れたっていうの』

だから、イシマルは人にお願いしている。
不幸の電話は、「結論を先に言ってくれ」・・と
自己紹介も後回しにしてくれないか・・と

スリルを楽しみたい方でない限り、身近な人達には
お願いしといた方がいいかと思いますぜ・・
by ishimaru_ken | 2006-05-26 09:48 | その他
夢工房
e0077899_10261447.jpg

電話を掛けようとするのだが、なかなか、最後まで、
ダイヤルが回せない。何度やっても、失敗する。ああ~
 コレは、悪夢の話である。

夢の中はなんとも、まどろっこしい。
昔は、文字通り、ダイアルが回せなかった。
順調に回しているのに、最後の桁あたりで、
指使いを失敗してしまい、
フリダシに戻るのである。ああ~

そして、現実の時代は進み、ダイヤルから、
プッシュホンへと移行した。
我が家も、プッシュ式へと移行した。
となると、当然、悪夢の方も、プッシュ式へと
移行するだろう、と思った。

ところが、フシギ不思議。
悪夢の方は、なかなか移行してくれないのだ。
時代についていかないのだ。
1年経っても、2年経っても、夢では、ダイヤル
回せないでいる。
『おいおい、悪夢映像工房さんよォ、時代遅れとちゃうかい?』

結局、夢の中で、プッシュボタンを押し間違えて、
なかなか、掛けられなくなるまで、5,6年の歳月を要した。
夢工房とは、のんびりした所のようですな・・
by ishimaru_ken | 2006-05-25 10:27 | その他
レスキュー隊長
e0077899_11411667.jpg
レスキューされてしまった~
昨日の事。ウインドサーフィンで海に出ていた。
風が強かった。15,6m吹いていた。(17mから台風)
さあ、イシマル、トビウオさながらに海上を突っ走る。
そして、其の時が来た。
沖合い1キロの地点。

バキッ!・・マストが折れた。
~漂流~
選択肢は、少ない。
自力で、泳いで帰る・・か
誰かに、偶然見つけて貰う・・か

こういう時のイシマルのは、素晴らしく強い。
バキッ!折れた直後に、イシマルのソバをウインドのプロが
通りかかった。香村(こうむら)プロだ。
彼は、普段から、レスキュー艇を乗り回している
レスキューのプロでもある。
つまり、レスキュー隊長の目の前で、遭難したのである。
わかりやすく云えば、救急車の前で、コロんだのである。

『ああ、マストが折れたんだね。わかった。今から陸に戻って
 山田プロと、レスキュー艇で助けに来るから、寒いけど
 がんばって待っててね。』
との合図をして、香村プロは走り去った。
との合図いっても、口で喋ったわけではない。
片手を挙げただけだ。片手を挙げただけで、『 』の事を
理解させるのだから、さすが、プロだ。

さてさて、待つ事・・数分。
荒波を蹴立てて、レスキュー艇の登場だ。
船を操るのは、プロランキング3位香村プロ
船首にスックと立つ凛々しい姿は、3年連続1位山田プロ
二人足して、4位のプロ(足すなよ)が
台風に近い風の中を、しぶきと共にやってくる。
かっこいい!

結局、あっという間のレスキューであった。
ウインドサーフィンを知らない人に、言っておきます。
レスキュー体制は、きちんと整っております。
しかし、ここまで、素早いレスキューは、珍しいでしょう。

この場を借りて、御礼を申し上げます。
香村プロ全日本3位、山田プロ全日本1位
足して、4位(だから、足すなっちゅうの!)
ありがとうございました。
by ishimaru_ken | 2006-05-24 11:45 | スポーツ
立ち食いボンヌッフ
e0077899_1053656.jpg
東京は新橋駅のガード下に、立ち食いそば屋がある。
そこに、こんな文字が・・

ボンヌッフ

前から気になっていた。
何年も前から、気になっていた。
<ボンヌッフ>とは、何ぞや?
どういう食べ物なのか?
立ち食いそば屋で、出しているモノなのだ。
奇をてらって、ケーキなのか?
語感からいうと、フランス語のようだが・・
その裏をかいて、丼物という手もある。

果たして、その真相やいかに!
イシマル、ついに積年の夢を果たすべく(大げさだな)
新橋に出かけた。
ガラリじゃなかった、ふわり(のれんをくぐる音)
『ボンヌッフ下さい』

「あはは~」
笑いながら、おばちゃんが真相を話してくれた。
ボンヌッフとは、フランス語で <新しい橋>
つまり、新橋のこと。
そして、このお店の名前。 
もともと、喫茶店をやっていたのだそうだ。
相当昔の事だそうだが。
おばちゃんいわく、
ボンヌッフを頼む人が、今も、大勢いるそうだ。

そりゃそうだろ、おばちゃん、外ののれん見てごらんよ
そばやカレーと並べて
ボンヌッフの文字があるのだから!
e0077899_10531978.jpg

by ishimaru_ken | 2006-05-23 10:51 | 謙の発見!
地球産 けんじろう
e0077899_108343.jpg
<富山産> ブリ
<北海道産> ししゃも
<和歌山産> クエ

魚も産地を表示するようになった。
いい事である。正確かどうかはともかく、
食べる時に、イメージが楽しくなる。
(ああ、あの荒れ狂う吹雪の海で、捕れたカニなんだな)

県単位ではなく、ブランド魚になると、もっと、細かい。
<佐賀関産> さば 大分県
<十三湖> しじみ 青森県
など、自信があるのだろう。

と思っていたら、スーパーにこんな魚が・・
太平洋産> 切り身

おい!ちょっと待てよお~
いいのか、それで!
以前、<瀬戸内産>というのを、発見した時に、
(いいのかなあ)とちょっと思った。でも、許した。
その後、
日本海産>というのに出会った。
しばらく、見つめていた。
(太平洋ではない・という主張なんだろう)
と思う事で、無理やり、その場を去った。

そこへ、コレだ。 <太平洋産
 いいのか!ドン!(パソコンの横の机を叩く音)
世界一広い海がどこか、小学生でも知ってるぞ。
モアイ像も太平洋を眺めているぞ。
これは、<地球産>と書いてあるのと、たいして変わりないぞ。
むしろ、<海の魚> <川の魚>の方がまだいい。
書かれた切り身の、身になってみろ。
オレだったら、グレルぞ。
隣に<伊豆産>のキンメ鯛がいるんだぞ。
海が大きけりゃいいってもんじゃないんだ。
大は小を兼ねて、いい時と悪い時があるんだ。
これは、悪い時なんだ。

つまり、こう言う事なんだ。
ドイツのサッカーワールドカップに応援に行ったとしよう。
ドイツ人に、どこから来たの、と尋ねられた時、
一緒にいる、フランス人の友人に、こう紹介されるんだよ。
こいつ、太平洋の奴

まあ、買って、食べちゃったけどね。
by ishimaru_ken | 2006-05-22 10:11 | 謙の発見!



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧