<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
遺影プロ
e0077899_9194053.jpg
アーティストの特権
作家や、作曲家が亡くなると、その後も、
著作権料というものが、入ってくる。
残された家族には、有難い制度である。
画家だって、残っている絵を売ればいいわけだ。
ところが、同じアーティストでも、役者は死んだらしまいだ。
家族は路頭に迷うばかりである。

・・とそこで、イシマルは考えた。
こういうプロダクションはいかがだろう?

遺影プロ

早い話が、遺影を貸し出すプロダクションである。
ドラマの中で、仏壇などに、
出演者以外の遺影を飾ってある時がある。
その写真を貸すのだ。

このプロに所属しているタレントは、年に一回遺影写真を撮る。
毎年ストックされる。
年齢別の遺影が貯まっていく。
そして、やがてそのタレントが亡くなったら、次の日から、
遺影は働き始めるわけだ。
ギャラは、ご希望の場所に振り込まれる仕組みだ。

どうです? たいした額にはならないが、
死んでも、働き続ける立派な役者なのだ。
家族想いの役者だったと感謝されるに違いない。
『ねえ、あの役者さん、死んでからの方がいい芝居するねえ』
な~んて評価が出ないとも限らない。

どうです?
やってみませんか?
ただし、一般の方は加入出来ません。

『わしらの仕事取るなよ~』
by ishimaru_ken | 2006-07-31 09:22 | 仕事
1・4倍速
e0077899_8403530.jpg
DVD持っている方、こんな実験をしてみましょう。
といっても、DVDの機種による。
1・4倍速の機能付きがあったら、
時代劇を、1・4倍速で見るのだ。
すると・・驚くなかれ・・
役者のセリフが、韓国語に聞こえるのだ!

なぜなのか? 理由はわからない。
普通の番組だと、あまり効果はない。
時代劇がぴったりである。よそ見をしていたら、
韓国ドラマかと思ってしまう。
日本語に比べて、韓国語が特別、早口とは思えないのに、
錯覚してしまう。
(もともと、時代劇はゆっくり喋るからなのか?)

ぜひ、お願いしたいのだが、
どなたか、韓国語を喋れる方がおられたら、
いったい、どういう風に聞こえるのか?
教えて欲しいもんだ。

そして、不思議な事に、2倍速にすると、
もう、ただのせっかちな日本語である。

だから、さらなる実験をしてみたい。 逆の
1・4倍のスローにしたら、どう聞こえるのだろうか?
(今のところ、スローにすると、音が消えてしまう。)
モンゴル語あたりに聞こえないかなあ・・・
それともありきたりの、
ジャイアント馬場になるのだろうか?

ホオア~
by ishimaru_ken | 2006-07-30 08:40 | 謙の発見!
ヘラクレスの石
e0077899_15233310.jpg
『いったあーーーホームラン71号!世紀の新記録!』
数年前、アメリカの大リーグで、大騒ぎになった瞬間だ。
そのホームランボールの値段が一億円をガバっと超えた。
そのボールは、今どこにあるのだろう・・・

今の世の中では、記念の品が大流行の高値である。
恐らく、昔から大流行だったのだろう。
ではでは、大昔、あの石はどうなったのだろう?
あの石・・とは?

古代ギリシャの筋肉系の英雄ヘラクレス.
彼が、コロッセオ(競技場)で投げたあの石である。
つまり、投げた距離を競っていたあの時代。
連戦連勝のヘラクレス。
人々が考えられないほど遠くまで投げた大記録!
その大記録を作った、その石を、きっと誰かが、
大事に保管した筈なのだ。
たぶん、王様だろうと思うが、
宮殿のどこかに保管した筈なのだ。

近隣の王様が、尋ねてくると、自慢気に保管場所から出して
『ヘラちゃんはよ、この石のココばコウ握って投げちょった。』
『このへこみにクレちゃんの親指の跡が残っちょる。』
『実は半分に割れてな、片割れは、ほれあのお月様じゃ。』

ふむふむ、様々な記念品が、大切にされたのはわかりました。
で・・今・・どこにあるのですか?
ヘラクレスの石は?
まさか、我が家の漬物石って事はないでしょうね。

どうもねえ、スポーツの記念品なんて、
その時代だけのモノなのかもしれませんねえ。
イチローのバットも忘れられるのかなあ・・・
by ishimaru_ken | 2006-07-29 15:26 | スポーツ
帰ってきた 歩く衝動
e0077899_1246266.jpg
学生時代、ある日。
コンパの飲み会がお開きになった時、終電が終わっていた。
それぞれ勝っ手に帰っていく。
最後にイシマルと、正体の無くなった、男が、一人
残された。
口も効けず、歩けもしない酔っ払いが一人。
しょうがない。背中におんぶした。

さて、我がアパートはどっちの方角かな?
月をたよりに、歩き出す。
(東京の方ならわかるかな?成城学園から、池袋まで)

しかし、正体の無かった筈の男が、苦しみだした。
悪酔いをしている時に、おぶわれる程気持ちの悪いものはない。
あばれる。
悪態をつく。
ふん、そんなこたあ、知ったこっちゃない。
オレねえ、君の名前もよく知らないんだぞ。
それを連れて帰ってやろうってんだぞ。
1時間も歩いていると、さすがに静かになった。
2時間目には、ほんとに正体を失った。
やがて、夜がすっかり明けた頃、アパートに辿り着いた。

この日の歩きばかりは、衝動ではない。
おまけに、予定にない荷物まであった。
ただ、収穫はあった
人をおんぶして、6時間も7時間も歩けるという発見。
おんぶされた側は、別に、感謝しちゃいないという驚き。

だって、昼頃目が覚めたら、いなくなってたもんね・
ま・・いっか・・
by ishimaru_ken | 2006-07-28 12:52 | 昔々おバカな話
ととこ
e0077899_3575536.jpg
たらこ> 以外に、たらこ みたいなのは無いのかな?

<めんたいこ>だって、たらこを辛くしたモノだし・・
他に <いくら>ぐらいかな、魚の卵を、
しょっぱくして食べているのは。
どうして、他の魚の卵しょっぱくして食べないのだろう?

よく釣りに行く。 釣れた魚を捌くと、
中から、卵が出てくる。捨てない。
煮付けたり、ホイル焼きにして食べる。
なんたって、卵だもん、旨くないわけがない。
なのに、日本で通常食べられている魚の大半の卵は、
捨てられている。  
魚屋さんで、
『アジの卵いかあですかあ~』
『はあ~い、さばこ ですよ~ふた腹200円!』
などというのは、聴いた事がない。
『ほい奥さん、たいこ 安くしとくよ、デンデン』
ダジャレも使えない。

どうして、魚の卵を、たらこの様に食べないのだろう。
不味いのだろうか?
いろんな卵を、すでに塩付けにして、食べてみたのだろうか?
多くの水産加工業者が、幾度も実験したのだろうか?
民間のおかあさん達は、食卓で、試食済みなのだろうか?
<ためしてガッテン>では、もう、試してみたのだろうか?

試しに試したあげく、これは食えない・・
と結論付けたのだろうか?
日本中で、大量に捨てているほどの、不味さなのかい?
何とかしたいなあ・・卵好きのイシマルとしては・・
何とかならないかなあ・・魚の卵たち

少なくとも今夜は、カレイのの子持ちの煮付けにしよう。
by ishimaru_ken | 2006-07-27 04:05 | その他
大字ゴルフ 字ゴルフ場
e0077899_692215.jpg
ゴルフ場の中に家を建てさせて貰えないものだろうか?

ゴルフ場のコース内には、随分遊休地があるように思える。
ちょっとした網さえ作れば、ゴルフボールも
飛んでこないだろう。 たとえば、
ロングホールの横に、10軒ほどの家が建っているとする。
きちんとした、お洒落な家であれば、
それなりの景観を保てるだろう。
むしろ、面白いコースになるのではないか。

売り出せば、買い手はすぐに付くのではないか。
ゴルフ好きには、たまらないだろう。
隠居生活には、最高に違いない。
景色はいいし、運動も出来る。
通勤だって出来るぞ。
芝の手入れのアルバイトだって出来る。

ゴルフ場経営者だって、この不景気のご時勢の折、
非常に助かるのではないか?
日本中にどれほどゴルフ場があるだろう。
その一割に、10軒の家が建ったとしたら、
相当の数になるだろう。
都会の住宅問題も少しは、息をつけるだろう。

(芝の除草剤の農薬問題を、どうするかって?)
はいはい、その家のおおまかな周囲だけ、除草剤を使わない
家の住人が責任を持って、草抜きをするのだ。
実際、あるゴルフ場では、会員が草抜きをしているらしい。

さあ、早いもん勝ちでっせ。
どこのゴルフ場が最初に始めるか!
誰が、最初に住み始めるか!
by ishimaru_ken | 2006-07-26 06:11 | その他
ジダンの頭突き
e0077899_625096.jpg
イシヤンで~す。
ケンちゃんで~す。

イシ『ジダンが頭突きやって大騒ぎだって?』
謙「相手は、マテラティはんですわ。」
イシ『なんや、ほならええわ』
謙「ええわて、なんで?」
イシ『あのノッポやろ?』
謙「ウン」
イシ『ゴツーンとやろうと思たら、胸やったんやろ』
謙「そのとおり」
イシ『それなあ、もし、日本の大久保やったらどうなる?』
謙「身長168センチのあの大久保でっか?」

イシ『おんどれ!母ちゃんの悪口言いおってえ~ゴツーン!』
謙「ゴツ~ンて、大久保の<>に、当たったやないか。」
イシ『ほなら、大久保のに向ってゴツ~ン!』
謙「ありゃ、ジダンはん、ひざまずいとる。」
イシ『ひざまずかんと、胸に届かへんのや!』
~~~   ~~~
・・・と、この二人に今日は、任せようと思ったのだが
まだ、この二人、芸風が確立していないので、
うまく解説が出来ないようだ。

ジダン君もマテラティ君も身長190センチ程の大男なのだ。
(マテラティ君の方が5センチ高い)
だからこそ! ジダン君は相手の胸に
頭突きをカマセル事が出来たのだ。
これが、日本の大久保だと身長差で20センチはある。
頭突きしようにも、ひざまずくしかない。

つまりだね、ジダン君は、殴ったり、蹴ったりする蛮行
を避けるために、<頭突き>を働いたのだが・・・
実は、目の前にいたマテラティ君が、
理想の高さ>の標的だったのだな。
今回の世界的なサッカー悲劇事件の、最大条件は
身長
だったのである。
by ishimaru_ken | 2006-07-25 06:26 | スポーツ
開け閉め
e0077899_10241388.jpg
はい、あなたはエレベーターに乗りました。
ドアを閉めようとします。その時、このマークがあるのです。
このデザイン、良く目にするよね。
エレベーターの大半はコレと言ってもいいかもしれない。
しかし! このデザインを見て、瞬時に、どちらが
開ける(閉める)方か、分かる人います? います?
このデザインに出会って、恐らく10年以上経つと
思われるが、未だに、一瞬ウッっと戸惑ってしまう。
押そうとした指が、宙をさまよってしまう。

この分かりにくいデザインが、どうしてエレベーター界を
席巻しているのだろう?
もともと、デザインをなすった方は、良かれと思って
作られたのだろうが、
みんなが、みんな、一瞬ウッっと戸惑っているのだ。

なんとかドラーの追求も構わないが、
イシマルとしては、このデザイン問題を一刻も早く
ナントカして貰いたい。
コレを放置しておくから、図に乗った輩がこんなものを
作ってしまったではないか!
e0077899_10251023.jpg

ほらみろ、さらに図に乗って
あげくに高速道路にも、作ってしまったではないか!
e0077899_10252572.jpg

by ishimaru_ken | 2006-07-24 10:29 | その他
なんじゃコラ
e0077899_8462052.jpg
ものすごく面白い遊びを発見したぞ!
発明・・かもしれないが、そんなのどうでもいいわい。

では、説明しよう。
まず、上の写真を参照。
鏡がいる。 鏡を二人の真ん中に位置する。
両手で持って、
上半分相手の顔
下半分自分の顔になるように、調整する。
早い話が、自分で鏡を使って、合成写真を作るのだ。

その鏡の大きさの理想は、横幅が8センチ
e0077899_8464389.jpgフチ無しの縦長がベスト。

さあさあ、何はともあれ、やってみましょう!
合成の真ん中は、鼻の真ん中
ベストだ。
相手は、性別が違う方がいいな。
つまり、男女でやってみよう。





わはははは~
あのねえ、ひょっとすると、この遊びは日本中を席巻するよ。
ひょっとしなくても、みんな楽しめるよ。
あまりにも面白いので、名前を付けといた。

なんじゃコラ
by ishimaru_ken | 2006-07-23 08:49 | 謙の発見!
歩く衝動 デラックス
e0077899_835487.jpg
30年ほど前、首都圏の電車が、ストライキをやった事があった。
小田急と西武以外の、すべての鉄道が10日近く止まったのである。
地下鉄もだ。
当然、通勤、通学が出来ない
たいがいの会社は休みになった。
しかし、大きな会社は、休まなかった。
その大きな会社が集まっている、大手町という所で、
イシマル、喫茶店のアルバイトを、していたのである。

『明日から来られる人いるかい?』
店長が言う。
来られますが。」
イシマルが応える。

ストライキ当日から、<来られる人>イシマルが歩き始める。
片道、3時間半歩くのである。
往復7時間の通勤だ。
喫茶店の実働時間は6時間。
おかしな労働になった。
近所のホテルに泊まりこみの店長と二人だけの労働が
10日近く続いた。
そして、やがて、ストライキは終わった。
同時に、通勤遠足も終わった。

『ところで、君、どうやって通って来てたの?』
「歩いてですが・・」
『あっそう』
これだけだった。
遠距離通勤の事は言わなかった。
ボーナスはくれなかった。
帰りの電車で、当時流行っていた歌を口ずさんだ。

♪~生まれた~時がぁ、悪い~のか・・
  それとも~オレがあ~悪いぃ~のかぁ・・♪
by ishimaru_ken | 2006-07-22 08:37 | 昔々おバカな話



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧