<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
孫の美容師
e0077899_4575037.jpg
『どこか、痒い所は御座いませんか?』

美容院で、洗髪中に言われる言葉である。
この質問をされて、
「はい、云々~」と返事をした事がない。
たとえ、痒い部分があったとしても、
その場所を言葉で表現出来ないからだ。

髪の生えている部分で、特定出来る場所は、<つむじ>位だ。
例えば、後頭部のある部分を特定したいのだが、
どう言っていいか解らない。
背中なら、「真ん中のちょっと上、もっと右」
という表現が出来る。
ところが、丸い地球儀の様な頭が、しかも、
顔を天井に向けて、寝ているのだ。
前後、左右、上下の方向性が解らない。

言っている意味の解らない人は
はい!やってみましょう!
右耳の少し上を指で触って下さい。
その少し、が痒いのです。
さあ、左ってどっちでしょう?
ある意味、すべての方向が左とも言える。
そもそも、最初に右耳の上と言ったが、
寝た状態でのはどっちだ?

お客のそんな迷想を知ってか知らずか、簡単に声が落ちてくる。
痒い所御座いませんか?
この言葉を掛けられて、
実際に痒い所を掻いて貰った人っているのだろうか?
貰ったって方、手を挙げなさい!
今、手を挙げたあなた、よく変ってると言われるでしょ。
(それはそれで羨ましい)

いいですか、あの言葉は、こういう意味なのですよ。
『洗髪は、もう、この程度でよろしいですか?』
『私も、毎日何人も洗っているので、疲れるんですよ』
つまり、
そろそろ終わりにします・・という前フリなんだな。

医者が『お大事に』と云うのと大差ないんだな。
飲み屋で、遠慮の固まりで残った
最後のひとかけの干からびた刺身が載った皿を、店員が
『お下げしてよろしいですか?』
と云うのと、同じなんだな。
「まだ食べる!」
などと、大人気ないセリフを言ってはいけないんだな。

元に返せば、たとえ痒い所があっても、
いや、痒くて堪らなくっても、
指摘してはいけないのだ。
なんせ、場所の特定を巡って、ふたりの間が
気まずい雰囲気になる事は、間違いないのだから・・・

『んもう~だから!右だって言ってるでしょ!!!』
by ishimaru_ken | 2007-01-31 05:01 | その他
とびうお
e0077899_813920.jpg
<とびうお>が飛んでいるのを見た事がありますか?

とびうお トビウオ 飛び魚
空を飛ぶ魚!
魚が空を飛ぶという、まさに進化の途中のミッシングリング
を現実に行なっている魚。

ここで、あなたに尋ねたい。
『象が空を飛んでいる』
と言ったら信じますか?
信じないでしょ。
じゃあ、エイが空を飛んでいる と言ったら?
こいつは、いるのだ。トビエイってえ奴が、ひょいと
飛んでいるのだ。
どこの世界にも、お調子モノはいるもんで、
ある意味では、そのお調子モノが進化のお手伝いを
しているのかもしれない。

楽しいのは、トビウオだ。
イシマルがウインドサーフィンをしている。
時速40~50キロで走っている。
すると、突然、前方でバシャっと飛び立つモノがいる。
トビウオだ。
体長30センチ程の青緑色をした美しい奴だ。
飛んでいる姿は飛行機に似ている。
ただ、飛行機と大きく違うのは、翼をバタバタと
扇いでいる点だ。

扇ぎ方が、バッタに似ている
似ている証拠に音まで似ている。
キチキチキチキチ
ウインドサーフィンが追いつけない。
という事は、相当のスピードで飛んでいる。
水面ぎりぎりをバッタの如く飛んでいく。
飛行距離がこれまた驚く。
50、60当たり前、時には、100mを超える。
いつか、トビウオ界のカールルイスの飛びを見てみたいな。

たぶん、もの凄い未来のいつか・・アイツは、水際を離れて
鳥に近づくんだろうな。
近づいた時、初めて気付くのだろうな。

「あれっオレに似た奴がいるぞ!」
・・カモメを見かけて・・
by ishimaru_ken | 2007-01-30 08:14 | その他
筋トレマネージャー
e0077899_9503588.jpg
『イシマルさんがエスカレーターに乗るのを初めて見ました!』

マネージャーがのたまう。
仕事で一緒にいるイシマルのマネージャーは、大変である。
体力が無くてはならない。
イシマル、エスカレーターを使わない。
すべて階段である。
東京の地下鉄大江戸線の、ホームから地上まで階段だと、
150段くらいある。
それにマネージャーは付き合わされる。
エレベーターも5階以上にならないと使わない。
イシマルは好きで階段を登っているが、
付き合わされるマネージャーは、たまったもんじゃない。

だから、という訳だろうか?
マネージャー広瀬(男、32才183センチ二枚目独身)は、
体力づくりにマラソンをしている
今度の、東京マラソンに出る。

先日のホノルルマラソンにも参加をして来た。
永井大(俳優)と前園(元サッカー)に勝ったと
豪語している。
実はその日、イシマルはロケで働いていたのだが、
マネージャーの体力づくりが優先された様だ。。
なんせ、イシマルの階段登りについて行く為である。
恐らく、今度の東京マラソンの日もイシマル、ロケが
あると思われるが、
マネージャーの体力づくりが優先されるだろう。
なんせ、エレベーターを使わせて貰えないのだから。

『エスカレーターに乗ってるのを初めて見ました』
私、右膝に水が溜まり、主治医の大畠先生から
階段に、ドクターストップがかかってしまった。
大江戸線など、もっての他である。

それにしても、エスカレーターはのろいなあ。
おととし、この欄で述べた疑問を思い出した。
エスカレーターのベルトは、どうやって作るのだろう?
ベルトに継ぎ目が見当たらないのだが・・・
輪ゴム切断方式か?
輪っか麺伸ばし方式か?
by ishimaru_ken | 2007-01-29 09:52 | スポーツ
懐かしの立ちション
e0077899_813475.jpg
<男が座って、小便をする>時代が来るかもしれない。

今、コレをご覧になっている男性諸氏に聞きたい。
洋式トイレに入って、小便のみを履行する時、
<必ず、座ってする>という方はおられますか?
おられますか?と疑問形にしたのだが、
応え様がないよね、ごめん。

この疑問を最近、各所の男共に投げかけた。
すると、返ってきた言葉の中に、
「うん、必ず」
という、以前では信じられない答えが頻発したのである。
その彼らを、さらに追及すると、
野外立ちション以外は、座りだという。
よほどの事がないかわり、立ちションもしないと云う。
最も激しい意見では、洋式が無い時には、
いつまでも我慢するという。

この御仁は、半分の人ではない。
(半分は英語で読んでね)
そうか
<男が座って小便をする時代>が来たのだ。

立って小便(TS)→座って小便(SS)
昭和以前     →平成以降
後世の人が振り返ったら、平成とは、
SSの始まった時代として、記憶されるのかもしれない。
未来の少年は言うだろう。

『え~、昔、立っておしっこしてたの?ウッソー!』
by ishimaru_ken | 2007-01-28 08:14 | その他
三つ子の魂
e0077899_7342663.jpg
ご飯を食べている時、ボロボロこぼす癖がある。
ご飯のみならず、おかずもこぼれる。
言っときますが、手先は器用です。
ハシの持ち方にも問題は無し。
ビー玉を摘めたりします。
ハシでハシを持てたりします。
ハシで文庫本をめくったりします。
ハシで、テレビのリモコンを押したりします。
ハシで大晦日の第九を指揮したりします。
ハシで痒い背中を掻いたりします。(当たり前か)

 なのに、何故かこぼれる
ふむ確かに・・余所見食いの傾向はある。
テレビを見たり、新聞読んだり、話をしたり。
でもそれって、普通だよね。みんなやるよね。
 なのに、イシマル、何故かこぼれる

先日、母親があるところで喋っていた。
『けんじろうは、小さい頃、食べ物をボロボロこぼす子でね、
 余りにこぼすもんだから、ある時、庭のニワトリを
連れてきてテーブルの下に放した事があったんですよ。
ニワトリが大喜びでねえ~』

なあ~んだ、三つ子の魂百までって奴かい。
by ishimaru_ken | 2007-01-27 07:36 | 昔々おバカな話
にこごり
e0077899_8352418.jpg
にこごり が好きだ。

魚の煮付けをした残りを冷蔵庫に入れて置くと出来る。
あれが美味い。
あれだけをご飯に漬けて、おかわりをする位だ。
今では、ごちそうと思って食べているが、
小さい頃は、あまりオカズが無かったので、
仕方なく食べていた。
でも、美味かった。

あのにこごりが、コラーゲンの固まりだと言う。
身体にいいという。
そこでだ!
にこごりの缶詰を売ってくれないかな?
それとも、もうあるのかな?

 <めばるにこごり>
 <秋刀魚にこごり>
 <イワシにこごり>
様々な にこごり商品が出るに違いない。
となると、当然プレミア品も登場する。
 <関サバにこごり> 盆暮れのご贈答用だな。
 <大間まぐろにこごり> 入社祝いだな。
 <新潟鯉にこごり> 出産祝いだな、産後の肥立ちに。
 <下関フグにこごり> 定年祝いだな。
 <明石鯛にこごり> 還暦の祝い用だな。赤いし。

贈られて来た、缶詰をキコキコと開ける。
お皿に、ポロ~ンところげ出す。
何かを期待する。
ものすごく期待する。
しかしである。
出てきたモノは、薄茶色のプヨプヨの固まりだ。
付随する物は何も無い。
固形物が何も無い。
コラーゲンに興味の無い方は、きっとがっかりする。
コラーゲンに興味のある方でも、たぶんがっかりする。
がっかりした挙句に、こうのたまう。
誰が、何故コレを贈って来たんだ!』
しかも、テーブルの前に立ちあがってのたまう。
嫌がらせか・・

そして、仕方なく、スプーンで一口すくい取り食べる。
その瞬間、感動が走る!
うまい!
二口目・・うまい!うまい!
三口目・・うまい!うまい!うまい!
かくして、にこごりシリーズは、世に広まって行くだろう。
さらに、かくして、トロピカルフルーツ味の
にこごり缶詰が発売されるのだ。
うう・・・
それは・・イヤだな。
嫌がらせか・・
by ishimaru_ken | 2007-01-26 08:37 | その他
動くな!
e0077899_823857.jpg
DON‘T MOVE
 動くな!
うごくな!』と言われた事ありますか?

そう云えば、昔、<だるまさんがころんだ>をやった。
九州では、<坊さんが屁をこいた>だった。
それは、あんまりだってんで、
インドじんのクロンボ> に変えた。
(それも、あんまりだろう)

さて、
アメリカンフットボールのルールに、面白い罰則がある。

フォルススタート> (動くな!

ちょっと説明をしよう。
試合中に、「さあ、これから始めますよ!」
という直前に選手が、全員フリーズするのだ。
動いてはいけないのだ。
びくとも動いてはいけないのだ。
(厳密に言えば、ひとりだけ動いてもいい)

う~んこの説明では解りにくいので、
野球に置き換えてみよう。
野球でピッチャーが投げる瞬間に
他の選手は絶対に動いてはならないのだ。

「え~?動けないって? どの程度なんすか?」

は~い、今、パソコンにレディポジションをして下さい。
左の人差し指は,右の人差し指は

はい、 を触って下さい。
ピーピーピーピー!
審判のペナルティの笛が鳴り渡るのだ。

え~そんなもんでペナルティ?と思ったでしょ。 
んなもんどころじゃないから、アメフトの例題を・・・

ちょっと、右が気になるから、チラっと首を動かす
ピーピー!さっきからのダッシュに息が上がって肩をハアハア
ピーピー!オレ、ビートたけしなんだけど、首をピクっ
ピーピー!

とんでもなく、動く事にうるさい競技なのだ。
大の大人が11人、グッと我慢して、じっとしているのだ。
きっと、息もしていないに違いない。
恐らく、世界で最高の運動能力を持ったスポーツマンが
集まった瞬間なのに、
動いてはいけない

そんなスポーツ・・・面白いね!
by ishimaru_ken | 2007-01-25 08:25 | スポーツ
納豆をいじめないで
e0077899_6411442.jpg
納豆 に育てられた。

納豆が好きだ。
毎日食べる。
毎朝、朝食に必ず、納豆を食べなければ機嫌が悪い。
一日食べないと、靴下がずり下がった時の様な気持ちになる。
二日食べないと、高速道路で、トイレを我慢している時の様な
気持ちになる。
三日食べないなんて、考えられないので、言いたくない。

 『海外に行った時は、どうするの?』
あのね、その時は、もう日本の事すら忘れているので
いいのです。

ああ、うるわしいなっとう
小さい頃から食べていた。
毎日100g食べる。
年間、36kg
トータル、凡そ1,5トンの納豆を食べた事になる。
イシマルの身体は納豆で出来ている と云ってもいい。
『アレっこの間、サバで出来ているって言ってなかったっけ?』
(ん~あまり、細かい事にこだわらない様に)

大分県だったので、納豆を食べる人がほとんどいなかった。
小学校のクラスでも、イシマル一人だった。
おかげで、<なっとう> とあだ名まで、付けられた。
そのものズバリで、何のひねりも無かった。

日本の南西方向に行けば行く程、納豆を食べなくなる。
冷蔵庫が無い時代、腐りやすかったので、致し方ないが。
以前は、九州のホテルや旅館の朝食に、納豆は出なかった。
コレが辛かった。
自分で、買ってきて、食べていると、
他のお客に嫌がられた。
『そげな臭かもん、こねくっちゃなかろうモン!』
ろうモンと言われても、
コレが無いと生きていけんとですよ。
主食と云ってもいいとですたいばい。
郷に入っても、郷に逆らう事もあっとでごわす。

そうか!
どうせ毎日食べているのだから、
「さあ、朝ご飯食べよう~」
という言い方を変えよう!

「さあ、なっとう食べよう!
by ishimaru_ken | 2007-01-24 06:43 | その他
のど餅
e0077899_742548.jpg
毎年正月になると、痛ましい話が報道される。

餅をノドに詰まらす

そして、その報道を聞きながら、他人事だと思っている
自分の身に起こる事ではない と思っている。
たとえ自分が年をとっても、
『いくらなんでも、餅をノドに詰まらす事はないだろう』
とタカを踏んでいる。
思いっきり、タカをタカタカ踏んでいる。

詰まらせてお亡くなりになった方も、
恐らく、タカタカ踏んでいたに違いない。
何となく、情報として、<餅・ノド・詰まらす>
という思考はインプットされているのだが、
いったい!
どの年齢になったら、危機感を持てばいいか が判らない。

そういえば、おいら、今年も何の注意も払わず、
特大餅を3個食ったな。
あんな事をして良かったのかな?
50歳を過ぎたら、もう注意しなくてはいけないのだろうか?
60歳になったら、確実に警戒すべきなのか?
70歳・・・は気を付けようね。
80歳・・・・まだ餅食べたいよね
90歳・・・・・餅の前に、運転免許返還しようよ!
100歳・・・・・思いっきり、御餅を食べて下さい!

病院の総合検査に、是非この項目を入れて欲しい。
餅警戒ノド検査
嚥下(えんか)の力具合を、調べるのである。
ごっくん能力の調査だな。

どんな検査方法になるのだろう?
何か、飲ませられるんだろうな?
だんだん大きなモノを飲まされるんだろうな?
苦しいのかな?
イヤだな

「是非入れて欲しい」と云ったくせに
「イヤだな」はないわな。

『あ~謙じいちゃん駄目ですよ!その餅食べちゃ・・
 検査結果は30点の、餅不可だったでしょオ!』
by ishimaru_ken | 2007-01-23 07:43 | その他
沈潜ダイビング
e0077899_6291484.jpg
<沈船ダイビング>

と聞いて、どんな想像をします?
ここはひとつ、映画ジョーズの音楽を掛けながら
連想してみよう。

深~く、暗~い海底に沈む、一隻の船。
朽ち果てる直前の幽霊船。
夥しい貝が付着し、周りには、小魚が群れている。
ポッカリ空いた甲板の入り口から、
今にも、巨大な人食いサメが、飛び出して来そう。
わずかに届く青い太陽の光が、沈船の名前を描きだす・・・
そして、沈船にお決まりの、骸骨が
グワ~~!

そうなのだ!
その怖~い沈船に、潜って来たのだ。
ドボンと飛び込んだ海は、南の小島だ。
珊瑚の海だ。
透明度は高い。
ドボン! ごぼごぼ~ブクブク~
なんと、海底までは、50mもの水深があるのだ。
水深40mの所に、沈船の横っ腹がある。
どうやら横転しているようだ。
船の長さは50m。
中央から、マストが水平に伸びている。
そのマストに掴まり、つい懸垂運動をしてしまった。
(何の意味があるんだ?)

残念ながら、人食いサメも、骸骨も出演しなかった。
代わりに、それはそれは美味しそうな魚達
野生の姿を見せてくれた。

人間が、空を飛んでいるのと
水中数10mで、普通に呼吸をしているのとでは
いったいどちらが、びっくり仰天な事なのだろうか?
e0077899_6294382.jpg

by ishimaru_ken | 2007-01-22 06:31 | スポーツ



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧