<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
セルティックのナカムラ
e0077899_4495153.jpg
<セルティック> って、わかります?

サッカーファンであれば、誰でも知っている名前だ。
そう、中村俊介選手が所属する、
イギリスはグラスゴーにある
プロのサッカーチームだ。

イシマル、そのグラスゴーの街をふらふらと歩いていた。
で、見つけたのだ、セルティック御用達のショップを。
「はぁ~い」
『ハ~イ』
中に入ると、緑と白の洪水だ。
セルティックのユニフォームカラーが、緑と白なのである。
という事は、中村選手が着ている例の、
緑と白のユニフォームも有る筈だよね。
キョロキョロしていると、あったあった!
例の横縞のユニフォームだ。
迷わず手に取る。
迷わずレジに持っていく。
すばやいミーハーである。

ん?レジ係りが何か言っている。
(何かを付けられる・・・?)
(ナンバーをどうとか出来る・・・?)
そうか!別料金で、背番号と名前を付けられる
と言っているのだ。
すばやいミーハーは、即座にお願いをした。

NAKAMURA

『ナァカム~ラ?』
「イエスイエス」
名前の文字を背中に貼る作業が面白い。
ローマ字のシールを、一文字づつ拾い出し、型枠に並べていく。
それをユニフォームの所定の位置に乗せ、
専用のアイロン機械でプレスするのである。

店員が、文字を拾い出し、並べていく。
<NAK・・・・>
やがて、全部を並べ終え、ちょっと離れて、
具合を確かめている。

彼の正面から、観察していた私である。
んん~?何かがおかしい?
逆さまになっている文字に何か違和感を感じる。
っとその途端、ひょいと、彼がユニフォームを持ち上げ、
こっちに、見せながら・・
『オケーィ?』

解った、違和感の原因が解った。
その文字は、こう並べられていたのだ。

<NAKRA>

「ダメダメ!が逆!」
え~私は、敢えてこいつを、カタカナ表記しない。
恥ずかしくて表記出来ない。
当の中村選手にも気の毒だ。
だから、今コレを見たあなたも、声に出して読まない方がいい。
間違っても漢字を当てはめたりしない方がいい。
当の中村選手に失礼だ。

結局、指摘をして、作り直してもらった。
しかし、今思えば、あの表記の間違ったユニフォームにも、
僅かながら、未練が残っている事を、ここに述べておきたい。

それを着て歩く勇気があるかどうかは別として・・・
e0077899_4501419.jpg

by ishimaru_ken | 2007-10-31 04:52 | その他
虹の見えないカメラマン
e0077899_841271.jpg
イギリスを南から北に向かい、
スコットランドに足を踏み入れると、風景が一変する。
それまでの、穏やかな緑のジュウタンが無くなり、
荒々しい地形が現れる。
山アリ、谷あり、湖あり。
絵に描いたような、自然の造形美に驚く。
あれは、自然が絵葉書を意識しているとしか思えない。
絵葉書用に、自らが、構図と色合いを演出したに違いない。

さらにスコットランドは、お天気の変化が凄まじく激しい。
雲ひとつ無い晴天だと思っていたら、
15分後に、雨が降っている。
一日に、20回も30回も雨が降る。
その合間は晴天だ。
スコールは南の島の特権だと思っていたら、
とんでもなかった。
そして、その度に、虹が出る
緯度の関係で、太陽が低い分、
大きな弧の見事な虹を見ることになる。

さて、問題です。
虹は何色(なんしょく)でしょう?

「そんなの、問題にもならないでしょ。7色だし」
はい、あなた・・正解です。
日本人にとって、虹はナナイロ。7色だと決まっている。
小学生でも知っている。
ところがどっこい、祭りでわっしょい!
イギリスの方に同じ質問をすると、怪訝な顔をされる。
「なぜ、そんな質問をするんだ?」
え~知らないのぉ~
「虹の色なんか、分かるワケないじゃないか」
へ~そうなんだ。何色どころか、なに色が有るかも知らないんだ。
学校で教えないんだ。
歌で、唄わないんだ。

それに、虹は珍しくも何ともないんだ。
実際、一日に5回も6回も、見事な虹に遭遇する。
その気になれば、20回、30回も夢ではない。
そして、その度に、カメラマンに向かって叫ぶ。
「あそこに、虹!」

カメラマンの杉下さんが、慌ててカメラを向ける。
そして、あたふたする。
『どこ?』

ほとんどの方は知らない事実だが、テレビカメラって、
覗いているモニターは白黒なのだ。
カラー映像を収録しながら、カメラマンが見ている映像は
白黒なのだ。
だから、虹が見えない。

<虹の見えないカメラマン>
なんか、どこかの映画のタイトルみたいだな。

「杉下さん、撮れました?」
『っと思うよ・・』
こんな会話が、
夕陽せまるスコットランドの大地にコダマしていた。
e0077899_852432.jpg

by ishimaru_ken | 2007-10-30 08:07 | その他
インド料理は勇気をもって
e0077899_846648.jpg
海外旅行の楽しみの一つに、レストランの食事がある。
レストランでの注文で、<イエス、ノー>の選択を迫られる。
「イエス」と言って、とんでもないモノが出てくる事がある。
「ノー」と言ってしまい、食事が出来ない場合もある。

すべては、メニューに写真が無い為に起こる悲劇なのだが、
その悲劇を回避したければ、
中華か、インド料理に行けばいい。
安心して食べられる。
味も、まあまあ間違いない。

そこで、イギリスを撮影中の我々スタッフは、
インド料理屋に入った。
スコットランドのグラスゴーにある、インド料理屋だ。

実は、私、<ナン>が大好きなのである。
主食系の食べ物で、ゴハンを除けば、
ナンが最も好きだと言っていい。
あの、マガタマの様な形の、柔らか生地を千切っては、
カレーに擦り付けて食べる美味しさは、格別だ。

ウエイターが注文をとりにきた。
「僕、ナン下さい」
『ナンなんて無い』
「え~なんでぇ?」
『それは、インド料理だろ。うちは、南インド料理だ』

言っている意味がよくわからん。
しかし、ウエイターがそう主張するのだから、そうなのだろう。

『コレにしたらどうだ』
ウエイターが、メニューのひとつを指差す。
さあ、ここで、イエスノーの選択を迫られる。
食べないより、食べた方がいいので、勇気を持って、
「イエス(じゃ、僕コレ)」

そして、勇気の結果、うやうやしく出てきたのが、
この写真の物体だ。
e0077899_8462835.jpg
これは、なんだ?!
象の牙かい?
コレをどうしろって言うんだ!
本当に、南インドでは、この物体を食べているんだろうな?
もし、食べれなかったら、
お持ち帰りとか、させてくれるんだろうな?
その場合、肩に担いで帰るんだろうな。
確かに、私は、イエスと言った。言ったよ。
イエスと言ったが、
これが日本だったら、絶対に、こう聞かれるぞ。

『お客様、本当に、よろしいんでしょうか?』
by ishimaru_ken | 2007-10-29 08:48 | 謙の発見!
レンブラント オジ様
e0077899_1235438.jpg
このオジ様、とても気になる、オジ様である。
ここは、イギリスのスコットランド
その湖の畔に浮かぶ、レストラン。

<家政婦は見た>ではなく、<イシマルは見た>
レストランの、あっちの方に居るグループの中に、
そのオジ様が居た。
このオジ様のポジションが、なまめかしい。

<顔半分、影>

オジ様の上方を見上げる。
なるほど、ひとつの大きな照明がコウコウと照らしている。
その照明は高い天井から照らしている。
その下に、梁(はり)がある。
そうすると、梁の影がどこかに出来る。
そのどこかに、かのオジ様が座ったのである。

オジ様は、単に食事をしている。
パンを食べている。
パクパク食べながら、世間話をしている。
その顔に、影が出来ている。
思いっきり影が出来ている。

あのオジ様は、あの影が気にならないのだろうか?
半影になっている状態に、気付かない筈がない。
自分の目の前にある食べ物に落ちている影に、気付く筈だ。
いや、そうでなくても、
顔の半分だけ光が当たっている事実に、気付かないワケがない。

 画家レンブラントは、上方から落ちてくる光に
 美を感じていたらしい。
 照らされる側と、影の側。
 その陰影こそ、究極の美しさだと感じていたらしい。

結果、レンブラント光線を浴び続けたオジ様は、
一時間に及ぶ食事中、半影を貫き通したのである。
もし、あれが、お日様であったら、
今頃、奇妙な<日焼け>が出来ただろうな・・
e0077899_124107.jpg

by ishimaru_ken | 2007-10-28 12:05 | 謙の発見!
イギリスの栓
e0077899_9522143.jpg
人は、余りにも単純な事が、解らない事がある。

上の写真を見て欲しい。
コレは、である。風呂の栓である。
この写真が撮られたのは、イギリスの某ホテルである。
地球の反対側の、文化の違う国家のホテルである。

風呂のバスタブにがしてある。
それはそれでいい。
ところで、<この栓はどうやって抜くんだろう?>

今から私はシャワーを浴びようとしている。
ジャージャーお湯を出そうとしている。
でも、このままでいいのだろうか?
ジャージャー出したお湯が、この写真の栓のせいで、
行き場をなくしてしまう。
何が何でも、栓を抜かなければならない
もう一回、思う。
(この栓は、どうやって抜くんだろう?)

栓に、クサリ状のものが付いてない。
周りを見回しても、ボッチは無い。
ボタンも無い。
スイッチ関係も無い。
壁を見回しても、何も無い。
見落としが無いかと、随分の時間、腕を組んで悩んだが
やっぱり何も無い。

ここはイギリスだ。
ジェームスボンドが、守っている国だ。
どこかの秘密のボタンを押したら、
バスタブ自体が180度クルリと回って、
水を吐き出すのではないか・・とまで考えた。

(どうやって、抜くんだ?)
裸で腕を組んでいる私が恥ずかしい。

このままでは、シャワーを浴びれないじゃないか。
ホテルのフロントに相談しようか?
でもここは、イギリスだ。
日本人の無能な恥を晒していいのだろうか?・・・

これは、栓だ。
たかが、栓だ。
たかが栓ごときに翻弄されて、
シャワーを諦めなくちゃならないのか!
我が情けなさに、思わずしゃがみ込む。

その時だ。
実に、単純な事に気付いた
原点に気付いた。

<触っていない>

そう、その栓に全く触っていない事に、初めて気付いた。
やには、しゃがみ込んだ私は、人指し指を伸ばした。
チョンッと、栓をつつく。

クルっ

栓が90度回る。

う~~~~む
問題は、いとも簡単であった。
チョンッで、済んだ。
クルッで、悩みは終わった。

かくして、
日本人の恥は水際で食い止められたのだった。
皆さん、<外国の栓>には、くれぐれも気を付けましょう。
e0077899_9523578.jpg

by ishimaru_ken | 2007-10-27 10:00 | 謙の発見!
イギリス カブレ
e0077899_10253395.jpg
海外に行くと、その国にカブレる。
帰って来ると、誰彼かまわず、その国を話しをする。

「そうねえ、イギリスの場合はねえ~」
イギリスに行ったイシマルは、帰って来るなり、
イギリスの話ばかりである。
イギリスに、10年くらい住んでいたかの様な話っぷりである。
例え、今みんなが話している内容が何であれ、話を強引に、
イギリスに持っていく。
ある意味、正常なカブレ方と云っていい。
外国カブレとしては、まっとうなカブレ方と云っていい。
逆に、
もし、昨日まで、海外旅行をして来た人物が
その国の話を全くしなかったとしたら、不気味でしょ。

えへん、
では、カブレイシマルが、イギリスの道路事情を話しましょう。
なんやかやで、1000キロほど、下の道を走ってきた。
1000キロとは、東京から福岡まで、
下の道で行ってきたのだ。
下の道とは、高速道路に乗らずに、という意味だ。
というより、高速道路は、ほとんど無い
言い換えれば、高速道路は必要ない。
道が空いているのだ。
ガラガラという表現は、当たっている。
都市部以外、スイスイ走れる。

何より、信号が無い。
郊外の交差点は、ロータリー式になっており、
行きたい方向へ行くには、そのロータリーにいったん入り、
好きな時に出ればいいのである。
車の絶対量が少ないので、渋滞する事がない。
そう、渋滞がない のである。

都市部以外では、渋滞がない。
たまに、小さな渋滞っぽいものが起こる。
しかし、もしアレを<渋滞>と呼ぶならば、
イギリス人が
日本のゴールデンウイークの高速道路を見たら、
駐車>と呼ぶだろう。

そう、信号の無さは、驚くばかり。
一時間走っても、信号が全く無い事は、ザラだ。
たまに信号を居つけると、
「わあ~信号だあ~」と声を出してしまう。
赤に引っ掛かると、
「わあ~赤だあ~」と意味の無い歓声を挙げてしまう。

『ニッポンには、シンゴー、ナイですかぁ?』
イギリス人の運転手が訊いてくる。

「おっ、渋滞だ!渋滞だ!」
『ニッポン、クルマたくさんナイですかぁ?』
e0077899_10262866.jpg

by ishimaru_ken | 2007-10-26 10:28 | その他
イングランドの旅
e0077899_7465538.jpg
世界の車窓から
今回の列車の旅は、イングランドのロンドンから、
スコットランドのマレイグまで。
列車を乗り継ぎ、乗り継ぎ、
1200キロを走破しようというのだ。

イギリスという国は、高い山が無い。
押しなべて平地だらけである。
かと言って、平らな平野が広がるワケでもない。
うねりのある、だらだらとした丘の状態が延々と続くのだ。
驚くことに、
その丘という丘がすべて、牧場になっている
元々あった原生林をあらかた伐採し、緑の牧場にしている。
そこに、羊や牛や、馬を放牧している。
ほとんどは、と言っていい。

その牧場の広がりを、感覚的に表現すると、
福島県から、愛知県までの山をすべて平らにし、
その土地全部、牧場にしてあると云っていい。
そこに、羊を大量にバラマイテある。

列車で走っていると、一時間走ろうが、二時間走ろうが、
風景は変らない。
一回写真を撮れば、OK。
ただ、見飽きる事はない。
その緑の広がりが余りにも、美しいからだ。
たまに、緑の平らな場所があるな・・と思えば、
そこには、ゴールネットがあり、サッカー場だ。
ゴールポストがあり、ラグビー場だ。
それも、一面あるのではなく、
ラグビー場が、一箇所に4面も、5面もあったりする。

<イシマルのイギリス感>
牧場の数は、人口一人に対し、ひと牧場ある。
羊の数は、人口の2倍いる。
道路にトンネルが無い。
いつも、曇っている。

ところで、
眠れない夜のおまじないとして、
「羊が一匹、羊が二匹・・・」
アノ文句から、どんな絵面を想像しますか?
私は、
羊が一匹、二匹と目の前を歩いていく姿を想像していた。
それは、一度に大量の羊を見たことが無かったからだ。
しかし、イギリス人の頭の中では、
一度に何百頭の羊が、すでに見えており
その端っこから、一匹、二匹と数えているに違いない。
そんな大量の羊を数える予想に疲れ、
きっと、眠たくなるのであろう。
だから、日本では、おまじないは、こうしよう。

「カラスが一匹、カラスが二匹・・」
e0077899_7473285.jpg

by ishimaru_ken | 2007-10-25 07:49 | その他
いざ イギリス旅行
e0077899_11223061.jpg
さあて、イギリス旅行に旅立った。
成田エアポートを離陸した。
足が、日本から離れた瞬間から、心はイギリスに飛んでいる。
ついでに、態度が急に外国人化する。
客室乗務員(以下、客乗)に英語で喋りかけられる。
返す返事が
hum hun
これは、「フムフム」ではない。
本人は、この相槌を英語でうなづいているつもりなのだ。
アクセントも最初の「hum」で下がり、
次の「hun」で上がっている。

『新聞読みますか?』
「hum hun」
『スリッパお使いになりますか?』
「hum hun」

日本にいた時どおり、「はい」でいいじゃないか。
「ええ」でいいじゃないか。
と思うのだが、口は「hum hun」と喋っている。
調子に乗ると、
「ワインはいかがですか?」
iya!

イエスと言えばいいのに、iya! っと発音する。
どこで覚えてきたのか、iya! っが出てくる。
これまでの日本の暮らしで、一度も使った事が無いくせに、
iya! っと、口は喋っている。
なぜ、イエスと言わないんだ!
いつからお前は外国人になったんだ!
との非難をよそに、恥ずかしげもなく、iya!

iya!のうちは、まだいい。
これが、否定形になると、外国人化はエスカレートする。
「食事お済みですか?」
nohoo

このnoの、nの文字を発音する時、
舌を上の歯の裏に思いっきり、押し付けている。
つまり、「ノ」の音が出る前に、
「んん~」という音を発しているのである。
はい、やってみましょう。
まず、普通に「ノー」と言ってみよう。
次に、舌を上の歯の裏に2秒ほど押し付けて
「んん~」と言ってから
「ノー」と言ってみよう。
ねっ、否定形が、なんか英語っぽいでしょ。

さらに、アゴを小さく振ってみよう。
『nohoo』
よおし、おまけだ、眉を吊り上げてみよう。
『nohoo』
こうなったら、ついでだ、両肩を上げてみよう。
「お食事片付けてもよろしいですか?」
nn~nohoo!
e0077899_11232255.jpg

by ishimaru_ken | 2007-10-24 11:25 | その他
ア リロル
e0077899_10275698.jpg
世界の車窓からの番組撮影で、イギリスに行って来た。
「え~アレって、ホントに行ってるんですかア?」
『うん、行ってるんです』
・・と言っても、スペシャル番組として、時々ね。

「え~イシマルさん、英語とか喋れるんですかア?」
『I can speak English ア リロル』

リロルである。
どの位、ア・リロルかというとだね。
そう云えば、以前、アメリカに向う飛行機の中で、
スチュワーデス、いや、客室乗務員(以下、客乗)が
こうのたまう。

カポトレ
こっちは、食事中である。
でっかい白人女性の客乗が、上から見降ろし、
「カポトレ」
(んん・・? 何を取れってか?)
「カポトレ」
(カッポレを踊れ?でもないし・・)
こっちがポカ~ンとしていると、
眉毛を吊り上げ、思いっきり、肩をすくめて、
去って行った。
あんだよ、その態度おお・・

ふむ、今のは、何だったんだろう?
すると、暫くして又、肩すくめ客乗がやって来て、
「カポトレ」
(又かよ)
「カポトレ」・・と、食事中の食器を指差す。
『え?カップ?・・カップを取れ?』
目の前のカップにコーヒーを注いでくれようとしているらしい。
(はいはい、カップくらい取りますよ)
・・と見ると、肩すくめ客乗は、お盆を差し出している。
お盆の上に、カップを乗せろと、合図している。
ん?
<お盆の上にカップを乗せろ>
お盆=トレイ
<トレイの上にカップ>
<カップ オン トレイ>

カポトレ

大いなるナゾは、かくも簡単に解けた。
カッポレを踊らなくてよかった。
これからの旅行の不安が、やや和らいだ。
英語がア・リロルでも、何とかなる目星がついた。
『きみ、きみ・・』
気を良くした私が、肩すくめ客乗を呼ぶ。
私は、パンが食べたいのだ。

客乗「パードン?」

イシマル『アイ アム パン
e0077899_10281780.jpg

by ishimaru_ken | 2007-10-23 10:30 | その他
ナカヒラ君 その後
e0077899_87689.jpg 
e0077899_873395.jpg
 
(そう云えば、ナカヒラ君どうしているかなあ)
二週間前に肉バナレを起こしたナカヒラ君。
いちいち事件を起こすナカヒラ君。
イシマルとおない年のナカヒラ君。
 (10月9日、10日参照)のナカヒラ君。

なんと、ナカヒラ君、たった二週間で、全治三週間の肉バナレを
克服し、歩ける様になっていた。
とは云え、まだまだ、リハビリ中。
ならばってんで、
おいらの車で、リハビリドライブと洒落込んだ。
ちょっと、車で行っては、歩く。
ちょっと山道に入り込んでは、歩く。
肉バナレのリハビリ訓練としては、理想的である。

さてさてそうして、山道を車が走っている時だ。
突然、ナカヒラ君の声がかかる。
「うっ、ちょっと停めてくれる・・」
キッーー
車が停まるや、慌てて飛び降り、路肩のしげみに・・、
グオオオオ~!

突然のゲロンチョである。
突然のババラッチである。

早い話が、クルマに酔ったのである。
自動車に酔ったのである。
いい大人が、クルマ酔いをして、
ゲロンチョをしているのである。
50才を超えた大人が、車酔いをして、
思い切りゲロンチョをしているのである。

(へぇ~おとなでも車酔いするんだ~)
あまりの珍しさに、暫く観察していた。

やがて、ふうふう言いながら、車に乗り込んできた。
『大丈夫?』
「オッケー」

クルマは走り出した。
その10分後のことだ。
「ティッシュ!ティッシュ!」
ナカヒラ君が叫ぶ。
隣のナカヒラ君を見た途端に、驚いた!
手が真っ赤である。
血だらけである。
顔を覗くと、鼻から口にかけて、真っ赤である。
血だらけの真っカっカなのだ。

『ひえ~!ど、どうしたんだよ!』
「うん、ナンだか、ハナ血みたい」

「みたい」じゃないだろ!
ボタボタハナ血だろ。
噴出してるだろ。
ティッシュ!ティッシュ!

ふ~む
キミの場合、いろんなモノが、よく出るねえ。
次から次に、よく出てくるねえ。
次はなんなの?
なにが出てくるの?
もうこの際、なんでも出せ
屁でもカッパでも出せ!

ただし、おいらの知らないとこでねぇ~
by ishimaru_ken | 2007-10-22 08:34 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧