<   2008年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
パヤオ釣り
e0077899_731060.jpg
沖釣りに行った。
と云っても、南の島、与論島から船に乗って沖を目指した。
船が走る事、40分、大海の真ん中にそれはあった。

 <パヤオ> 浮き漁礁

海底から伸びるケーブルに、直径2mほどの、<浮き>を
縛り付けてある。
それだけで、小魚が集まり、中魚が集い、
やがては、でっかい魚が集合するって按配だ。

「水深どれくらいあるんですかぁ~?」
船頭さんが応える。
『1500mくらいじゃねぇかのぉ』
ひえぇ~
思わず、船べりに、シガミ付く。

さあ、釣るぞぉ~
針に10センチほどのキビナゴを付けて、海に放り込む。
ふわふわと漂いながら、キビナゴが沈んでゆく。
その時だ。
船頭さんが、叫ぶ。
マグロじゃあああ~!ほらほら!」

船頭さんが指差す方を見やると、1メートルはあろうかという
マグロが、ピョンピョン海面から飛び出している。
何匹もハネテいる。
と眺めている間もなく、
ズドン!
竿が、思いっきり引っ手繰られた。
ギューーーン!
テグス(釣り糸)が、もの凄い勢いで出てゆく。
両手で、竿を立て、必死で、身体をのけ反らす。
二の腕が悲鳴をあげる。
よし、マグロに負けじと、渾身の力でテグスを巻き始める。
キリキリキリキリ
やがて、バシャバシャと大騒ぎをして揚がってきたのは、
体長60センチ、3,5キロほどの丸々と太った
キハダマグロの子供であった。
ご当地では、<シビ>と呼ばれている。

それから、夢のような時間がおとずれた。
休む間もなく、色んな種類の魚が釣れあがる。
ツムブリという流線型の奴は、80センチあった。
他に、サジ、カワハギ、カンパチ、カツオ、ムロアジ

途中何度も、テグスがギューーンと出て行くデカイ奴が掛かる。
しかし、奴は恐らく20キロクラスのマグロと思われ、
プツンとテグスを切られてしまう。

そして、そいつは、突然現れた。
現われた途端、とてつもない光景を見せてくれた。
あまりの事に、口をあんぐりと開けるしかなかった。
・・そいつの話は、又明日・・・
e0077899_74839.jpg
e0077899_733666.jpg

by ishimaru_ken | 2008-01-21 07:06 | その他
イシマル三兄弟
わたくし、イシマルは三つ子の三人兄弟である。
e0077899_935644.jpg
長男は、ナレーションの仕事をしている。
世界の車窓からなんて、20年を超えてしまった。
いつも、声を使う仕事なので、あまりハシャガズ
カラオケにも行かず、ストイックな生活をしている。
酒は自宅で、チビリチビリやっている。
e0077899_9353970.jpg

 ↑次男は、ドラマの仕事をしている。
朝早くから、撮影に出かけ、夜遅くまで、働いている。
殺したり、殺されたり、ハタマタ、殺す人を捕まえたり、
結構忙しそうだ。
時折、思いついたように、顔にパックを貼ったりする。
でも、二日と続かない。
髪の毛は気になるらしく、お風呂のアトは、不老林をかけたり、
ペンタテガンを振りかけたりしている。
が、それも、忘れる事が多い。
酒は、舞台が終わった後など、
仲間と居酒屋で夜中、いや朝まで、飲んでいる。
e0077899_936243.jpg
末っ子は、スポーツマンだ。
スポーツは見るのも、やるのも好きだ。
それが嵩じて、サスケにも出るようになった。
普段は、ウインドサーフィンやったり、
フリークライミングやったり、
自転車乗ったり、
そうそう、釣りも好きだし、
根っからの、アウトドア派である。
年がら年中、遊ぶ事を考えている。
酒は、キャンプでバーベーキュー!
星の下で仲間とワイワイ!

ふむ、で、今書いているのは誰かって?
そらああた、末っ子に決まってるでしょうがに、
このエエカゲンさは・・・
e0077899_9364640.jpg

by ishimaru_ken | 2008-01-20 09:43 | その他
救急救命士 吉田さん
e0077899_339262.jpg
救急救命士の<吉田さん>

っと云ってもご存知ないでしょうね。
ところがどっこい!
この吉田さん、とんでもない命の番人だったのだ!

 話は、6年前にさかのぼる。
ドラマ<救急救命士牧田さおり>を撮影するにあたり、
横浜にある、本物の救急車の隊長に教えを請うたのだ。
その本物の方が、<吉田さん>だった。

話は突然、一年前に戻ってくる。
去年、初の<東京マラソン>が開催された。
そのマラソンに、くだんの、吉田さん
3万人と共に走り出したのだ。
走るのが好きな救急救命士だったのだ。

グェ!
わたくしイシマルは、その夕方のニュースを見て驚いた!
吉田さんの顔がアップで出ているではないか!
なんばしよっとね!
なんでも吉田さんは、走っている最中に、
心不全を起こした人を、救助したらしい。
偶然とは云え、希少な確率で、人命救助をしたらしい。

ふ~んそうなんだ。
映画のワンシーンみたいな素晴らしい事を成し遂げたんだ!
我々がドラマでやっている様な事を、
こともなげにやってのけたのだ!
コトモナゲに・・

ふ~ん凄いな・・と思っていたら・・
半年後だ・・
横浜で行なわれたマラソン大会のニュースが流れていた。
(なんばしよっとね!)
再び、吉田さんの映像が流れているではないか!
へ~ なんでも、
参加していた44歳の女性の、止まってしまった心臓を
生き返らせたそうだ!
すごい!凄すぎる!

ん?
ちょっと待てよ?
吉田さんは凄いヨ、凄すぎるヨ・
でもな
次のマラソン大会はどうなるのだろう?

「ねえねえ、あの人、例の救急救命士じゃない?」
『そうか、あの人の近くで走っていれば、いいかもね』
「え~?むしろ、あの人の周りで走ってると、
心臓止まるんじゃないの?」
『三度目の正直とか、言うしね』

喧々諤々、なんやかや、吉田さんの廻りに
集まってくるマラソンランナーと
離れていくマラソンランナー。

あなただったら、どっちですかぁ?
e0077899_3394841.jpg

by ishimaru_ken | 2008-01-19 03:41 | 仕事
迷子の子
e0077899_5571650.jpg
「私、散歩に出ると、最終的に迷子になっちゃうの」

・・とのたまうのは、女優の浅野温子(あさのあつこ)である。
何をバカな事を・・
自宅から歩き出して、迷うなんてあるワケないじゃん・・
と思い、よくよく聴いてみると・・

温子「朝、7時頃歩き出すのネ」
イシマル『ふむふむ』
温子「お昼を過ぎて、2時頃になるとネ・・」
イシマル『ちょっと待て、散歩でそんなに歩くのか?』
温子「うん、で、ハッと気付くと、ココがどこかわかンない」
イシマル『東京なんだから、電車がどこかに走ってるだろ』
温子「電車の線路に沿って、歩くと、よけい迷ってしまう」
イシマル『あっそ』
温子「おまわりさんに、ココがどこか聞いた事もあるのネ」
イシマル『散歩じゃなくて、ただの迷子の子供じゃないか』
温子「グルグル廻り歩いてたら、夜になってしまったノ」
イシマル『おい、大丈夫か?』
温子「夜になると、余計解らなくなって、やっと帰り着いたら
   8時過ぎてた事もある」
イシマル『12時間以上歩いてたのか!』

温子「どうしたらイイ?」
イシマル『どうしようもないだろ、散歩は、短くしなよ』
温子「大阪は近鉄線沿いが、迷い易いナ」
イシマル『大阪でも、歩いてんのか?』
温子「名古屋は、地下街がグチャグチャだナァ」
イシマル『名古屋もかい』
温子「どうしよ?」

イシマル『あのね、まず、首に、ロケットをぶら下げなさい。
   その中の紙に、住所、名前、電話番号、を書いて、
   迷ったら、交番に行って帰り方を尋ねなさい。』
温子「へぇ・・」
イシマル『あと、最近の携帯で、携帯ナビというのがあるから、
   すぐに加盟しなさい。
   現在チミがどこにいるか解る様になってるから、
   お父さん、お母さんと相談して、買って貰うんだよ』
温子「・・・・」
イシマル『返事は?』
温子「ほぉ~い」
e0077899_555131.jpg

by ishimaru_ken | 2008-01-18 05:58 | その他
飛んでる飛行機
e0077899_7423775.jpg
飛んでる飛行機の中から、他の飛んでる飛行機を見たことある?

飛行機に乗る時は、いつも窓側だ。
上空に挙がると、当たり前の様に、いつも晴れている。
蒼い蒼い宇宙色の空が広がっている。
 その蒼空をじっと見つめていると、
シミのようなモノが見える事がある。
よくよく見ていると、そいつも動いている様子が分かる。
更に良くみると、尾翼が付いていて、
同じ方向に飛んでいる飛行機だと、気付く。
距離は数キロ、離れているだろうか。

こちらは、だんだん高度を上げているのに、
あちらは、下げているらしい。
やがて、翼が見えるようになってきた。
下の雲海の上を滑るように、飛んでいる。
デジタルカメラをズームにして覗いてみる。
ふむふむ、頭が膨らんでいるジャンボ機だな。
二階建ての二階にも窓があるぞ。
尾翼が赤いから、JALだな。

成る程、デジカメでこの程度の事が分かるなら、
次のフライトでは、双眼鏡を持ってゆこう
フライトと言ってみたかった)
うまくすれば、窓側のお方のお姿が見られるかもしれない。

おっアチラは雲海に突っ込もうとしている。
きっと、シートベルト着用の機内アナウンスが
しつこく流れているだろうな。
倒したシートを元に戻せ・・と言われているだろうな。
まもなく、すべての電子機器を沈黙させろ・・と言われるぞ。
トイレには、もう行けないらしいぞ。
大きく揺れているが、飛行には、問題がないらしいぞ。

おおい大丈夫かあ~窓側の方ぁ~
何か視線を感じたら、それは、私ですよお~
e0077899_7421992.jpg

by ishimaru_ken | 2008-01-17 07:43 | 謙の発見!
納豆腹いっぱい
e0077899_541642.jpg
小学校の頃から、納豆を食べていた。
しかし、食料がまだまだ豊富でない時代。
我が家もごたぶんに漏れず、納豆の量が少なかった。
5人家族で、朝、ワンパックである。
パックと呼ぶのは、おかしいな。
一藁包みである。
 足りる筈もなく、母親がその中に、大根おろしだの、
ネギだの、鰹節だの、ちりめんじゃこだの、グジャグジャと
混ぜ込み、偽装増量をしていた。
だから、一人頭の大豆の粒は少なかった。

「いつか、納豆を腹いっぱい食べてみたい・・」
ほのかな願いを、小さな胸にしまいながら、大きくなった。
大きくなってからも、願いは同じだった。
「いつか、納豆を腹いっぱい食べてみよう」

そんな願いなんて、簡単に叶えられる筈である。
買ってきてコネればいいんだから・・
しかし、事はそううまくは運ばない。
やってみようと思っても、
なぜか、心にブレーキが掛かってしまう。
(そんな大それた事をしていいのか)
ふんぎりがつかない。

そうそう、あれは、目一杯大きくなり、40才を越えた頃だ。
友人3人とウインドサーフィン合宿を行なった。
朝飯を私が作る事になった。
4人分の食材を買い込む。
当然、納豆を3パック×2=6パック仕入れる。

トントト、トントン~
早朝から、ネギを刻む音高らかに、朝餉の鼻歌が流れる。
6パックの納豆を丼に掻き出し、混ぜくる。
 ほう・・・
納豆も6パック分ともなると、粘りが激しく、
混ぜくるのに、力が要る事が分かった。
正しいハシの持ち方では、指が疲れるので、
正しくない握りバシで混ぜくる。
そこに、辛子、ネギ、卵黄を混ぜ、出来上がりだ。
大量の粘り糸が膨れ上がり、丼に盛り上がっている。

「飯だぞ~」
3人は、起きてくるなり、
『・・あ、俺、納豆駄目』
『・あ、俺も駄目』
『俺も』

え~うっそ!
3人とも、食えないの~?
どうすんだよ~この納豆・・・

そう、長年の願いが叶う瞬間が、訪れたのである。
はからずも・・

うん、食べました、全部。
でもね、理解しました。
納豆には、適量のご飯が常にないと、美味しくない事実を。
あまりの量の納豆の為、ご飯をチビチビしか食べられなかった。
ご飯1に対して、納豆4くらいの割合になってしまった。
ううぅ・・

「いつか、ご飯に適量な納豆を腹いっぱい食べてみたい!」
e0077899_5425516.jpg

by ishimaru_ken | 2008-01-16 05:44 | 昔々おバカな話
ホワット イズ ディス?
e0077899_6272837.jpg
コレなに?
上の写真の物体、なんだか分かる?
ヒント
 建築現場・・
 磁力・・
 拾う・・
e0077899_6311246.jpg
答え
 <釘拾い道具>

上の写真の一番右の部分に磁石が入っている
その部分をアップにしてみた。
この部分に入っている磁石で、釘を拾うのだ。
建築現場や、我らの撮影現場には、トンテンカンの後の
釘がいっぱい落ちている。
いちいち拾えない位、たくさん落ちている。
落ちたあげく、土に潜り込み、見つからなくなっている。
ソイツを拾おうって寸法だ。

昔々には、U字型の磁石を土に放り投げて、
折れた釘を拾ったもんだった。
そうやって拾った釘を集めて、売りに行ったもんだった。
売ったお金で、ガムやチョコレートを買ったもんだった。

もんだったって?え~イシマルさん戦後闇市ですかぁ~?」
いえいえ、そこまでではないのだが、似た様な事はしていた。
昨今、銅線が盗まれる問題で、大騒ぎしているが、
私達も、小学生の頃、銅線を売っていた
ただし、盗みだけはしなかった。
家庭や工場でいらなくなった銅線を、小さな体に担いで
町の工場に売りに行った。
ヒィヒィ担いで、20円位だった記憶がある。
それでも、20円で、メンコが30枚買えた。
ビー玉なら、50個買えた。
森永の板チョコが一枚買えたかもしれない。

まさに、映画<三丁目の夕日>の世界である。
e0077899_6283160.jpg

by ishimaru_ken | 2008-01-15 06:29 | 謙の発見!
唐突な会話
e0077899_58667.jpg
言ってみればアレだよな、今日の~~~」

この会話は、変である。
二人が会話をしていたとする。
そして、しばらく沈黙していた状態から、
突然喋り出したセリフである。
相手には、「何を言ってみればアレ」なのか解らない。
でも、話としては、不自然なく繋がっていく。
通常の会話で、そんな接頭語を盛んに使っている事に気付く。

まあそうだよな、今日の~~~」
1分ほども、会話の無かった横の人物に話始めるにしては、
理解出来ない、接頭語である。
(何が、まあそうなのか)前フリが全く無い。

こういう会話をしている事ってない?

やっぱりそうだよね、俺今日さあ~」
俺今日~のあとの、文面とは関係なく、話が始まる。
きっと、頭の中で、色々考えていたのだろうが、
その説明は全く無く、
「やっぱりそうだ~」で始まってしまう。

でもね、今日はさ~」
しばらく黙っていた人が喋り始めるには、
適していない否定語の「でも」だ。
何に対して、でもと言っているのだろう?

こうやってあらためて文字にしてみると、
おかしな会話をしている事が解る。
しかし、通常会話で、結構頻繁に出現しているのである。
しているのであると、書いたが、
ひょっとして、ワタシだけだろうか?
どうです?あなた。
妙な、接頭語を付けてません?
e0077899_5111835.jpg

by ishimaru_ken | 2008-01-14 05:13 | その他
不純な動機
e0077899_554640.jpg
私の知り合いのオジサンに、
高校時代、水泳部に入っていた男がいる。
その動機が不純だった。
水泳部に入れば、女子生徒の水着姿を
どうどうと眺められると考えたのである。
動機そのものは不純であるが、青年としては、正常である。
断っておきたいが、45年ほど前の話である。
さらに断ると、45年前も今も、不純さは同じであるらしい。

話を進めよう。
同じく入部した仲間も動機が不純だった。
不純さの動機が同じだった。
その不純さが影響して、練習が熱心でなかった。
だからか、過酷な練習に耐えかね、次々に止めていった。
結果、残った選手が少なかった。
ところが、不純な動機に執着し続けた彼は、残ってしまった。

しかし、そんな水泳部にも、水泳大会はやってくる。
ご存知の通り、水泳は、種目が多い。
泳法だけでもたくさんあるのに、
100mから、1万mまで何種目もある。
となると、彼の、水泳部は、
一人が数種目にエントリーしなければならない

いくら高校生とはいえ、コレは大変だ。
そして、彼は、出続けた。
泳ぎ続けた。
その結果、水泳界では<前代未聞の失格>を演じるハメになった。

余りの疲労の為、レース中に、
プール内に立ってしまったのである。
立って休んでしまったのである。
これは、マラソン選手が路上に座り込んだのとワケが違う。
<失格>である。

水泳をやっている方なら分かると思うが、
レース中に、休んで立っちゃった選手なんかいやしない。
水泳選手とは、歩くより泳いだ方が楽な連中ばかりである。
なのに、彼は立っちゃった。
水泳選手がブクブク溺れかけたのである。

不純な動機のむくいは、こんな形で彼を襲ったのであった。
とは言いながら、彼の<不純な動機>は
多少、スポーツの進歩に貢献したかも・・しれない。
e0077899_633734.jpg

by ishimaru_ken | 2008-01-13 05:56 | スポーツ
為藤さん
e0077899_8232772.jpg
                     夜光貝
<為藤(ためとう)さん>
一昨日、お話した、為藤カップの主賓である。

どうも、この方が気になる。
年の頃は、60才を超えたあたり。
バリバリ現役のウインドサーファーである。
見た目は、どこからどう見ても、漁師である。
彫りの深い、非常に味わい深いお顔をしている。
「いえ、私は美容師です」
と言われても、信じたくない。
「いえ、私は、弁護士です」
と言われても、余計信じたくない。

そもそも、<ためとう>などと云う、
絶滅危惧種的な名前を、冠している希少な方である。
さあ、その為藤さん。
何かに没頭すると、徹底的にはまり込む性格を有していた。
困った事に、その為藤さんの前に、こいつが、置かれた。

 <夜光貝>(やこうがい)

沖縄などの、南の島のお土産ショップに行くと、
この夜光貝が、ピカピカにミガカレて、
ショーウインドーで売られている。

どうぞミガイテ下さいと、為藤さんにプレゼントされた。
途端!
為藤さんの目が光り出した
今思えば、あの瞬間に、<ハマッタ>のである。

さっそく、徹底的にはまり込む性格が発揮された。
磨きにかける道具を買い込んだ。
ルーターという、普段の生活では、凡そに立たない、
ガリガリ磨く道具も買い込んだ。
様々な道具と薬品を買い込み、日夜、磨きに命を掛けたのである。

そんで、どうなったか?
数ヶ月後、執念の磨きに掛けた<指>が、悲鳴を挙げ、
病院送りになったのである。
診断の結果・・
 <腱鞘炎(けんしょうえん)>

力を入れていた親指が、曲がらなくなってしまったんだソナ。
さあ、皆さん、このお話を、お馬鹿・・と呼ぶか?
素晴らしか・・呼ぶか?
まあ、終わりの写真を見て判断して下さい。
私のピクチュアの中の、大好きな一枚です。
e0077899_8225998.jpg

by ishimaru_ken | 2008-01-12 08:27 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧