<   2008年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧
座椅子の生活
e0077899_7234150.jpg
座椅子が好きだ。
食卓は床に座って食べる。
その方が、天井が高くなる。
となれば、座椅子が必要になる。
座椅子に、リビングの命を掛けていると言ったら大袈裟だろうか。

その座椅子に腰掛けている時、
何かの折に、後ろ向けにひっくり返る事がある。
恐らく、体重を後ろに不自然に掛けたのだろう。
ドタン!
天井を見ている。
両足が、天井を向いて、突っ立っている。
え~と、どうしよう?
横に倒れてから、起き上がろうか?
いや、横は、モノが置いてあって無理だな。
いやいや、倒れたのだから、元に復元出来ない筈はあるまい。
足の方向に、加重してみる。
少しだけ動く。
よし、反動をつけよう
足を前方へ放ると同時に、両手を頭の上から足の方へ投げる。
ソレっ!
おお~起き上がってきたぁ~
バタン!
はい、起き上がりましたぁ~パチパチ
年に何回か繰り返している行動である。

それが、昨日は違った。
いつものように座椅子に座ろうとした。
どっこいしょぉ~と座る私の右手には、
なみなみと注がれたお茶の湯呑み
左手には、汁気たっぷりのグレープフルーツのむき実
大量に皿に乗っている。

どっこいしょぉ~の勢いが強すぎた。
ゴタブンに漏れず、後ろにひっくり返った。
ひっくり返りながら、両手は、実に器用な動きをしていた。
二つの水分たっぷりの物体の水平を保ったのである。

さあ、想像して欲しい。
私は、先ほど述べた両足天井向けの姿勢になった。
ただし、両手を捻じ曲げ、危ない物体をささげている。
しばし、脳みその回転が止まった。
(どうする?)
いつもの、反動方式は通用しない。
そんな事しようもんなら、どうなるか・・想像すらしたくない。
(で、どうする?)

まず、手をフリーにしなきゃいけない。
だが、左右に水平な場所は無かったな。
本だの、いろんなモノが、林立しているな。
お茶と皿を降ろせないよな。
唯一平らな場所は、頭の上だ。
あそこに、お茶と皿を無事着地させるしか手はない。

さあ、皆さんやってみましょう。
空の湯呑みと皿を持って、仰向けになり、
頭の上の場所に水平を保ったまま、置けるかどうか!
左の皿を傾けると、グレープフルーツの蜜が垂れてくるぞ。
特に、右手のお茶は、入れたての熱々だぞ。

じわりじわりと、指先が回転し、
顔の上方を、恐ろしい液体が通過している。

その時、本気で思ったのだ。
(座椅子の生活は・・もうやめよう)
e0077899_7223187.jpg

by ishimaru_ken | 2008-02-29 07:26 | その他
緊急告知
2月28日テレビ東京、夜9,00から放送予定の
秘湯温泉の旅の放送予定が、突然変わってしまった。
ごめんなさい。
原因は、日本卓球が決勝に勝ち進んだ為だ。
アイちゃんが、大逆転スマッシュを決めたセイだ。
セイだなんて、言ってアイちゃんごめんね。
新たな放送日は、3月26日夜7;00になる予定
by ishimaru_ken | 2008-02-28 18:01 | 仕事
磨き④ カキ
e0077899_4332220.jpg
アワビを磨き終わったイシマル工房に、
広島県の友人 為藤(ためとう)さんから、カキが届いた。
そうか、カキを磨いてくれと、云うわけか!
冷蔵パックを空けると、大ぶりの殻つきのカキが並んでいる。
添付のパンフレットに、食べ方が書いてある。
そうか、やはり、磨く為ではなかったか・・

蒸し器を取り出し、8分蒸してみた。
良い頃合の蒸しカキが出来上がった。
ポン酢や、レモン醤油で食べてみた。
うみゃい!
ビールがすすむ。

そうだ、磨かなければ!
果たして、カキの本体はどうなっているのだろう?
一見、出鱈目な形状の中から、一定の形が出現するだろうか?
サザエや、アワビは、外見がどうであれ、
同じ形の本体が出てきた。
個性をつけていたのは、外側に着た、上着だったのだ。
その上着すら、似たものばかりを着ている事が多い。
双子が、同じ洋服を着ており、親が見分ける必要にかられ、
帽子だけちょこっと色を変えている・・のに似ている。

ところが、カキは、外観は、個性派集団だ。
二つとして同じ形がないように見受けられる。
親兄弟よりは、親戚の集団に見える。

ギャ~~~~~ン
イシマル工房がご近所迷惑を始める。
『あのお宅よくもまあ、毎日毎日、なんかやってらっしゃる
様子ですけど、お仕事ないのかしら?』

研究成果;
 カキは、本体の重量は3割に満たない。本体は薄い。
その形は不定形である。元々の殻の見た目がおかしければ、
そのおかしいままの本体を持っている。
そして、巻貝のようなパールの輝きを持っていない。

カキは、イシマル工房では不人気であった。
しかし、イシマル厨房では、大人気であった。
e0077899_4324014.jpg

by ishimaru_ken | 2008-02-28 04:35 | その他
磨き③ アワビ
e0077899_7105117.jpg
~昨日の続き~
魚屋さんから、走って戻って来た。

<アワビ>

アワビは高い。高いだけならいいが、昨日のように、
食べる方が優先になり、本末転倒しかねない。
(本当は転倒したい)
そこで、行きつけの魚屋、丸新に頼んで、食べ終わった
アワビの殻を貰ってきた。
小ぶりなヤツだ。

ギャ~~~~~ン!
グラインダーのケタタマシイ轟音が鳴り響き、
イシマル工房は、営業を再開する。
ご近所迷惑が始まる。
『あのウチさぁ、夏は夏で、エンジン草刈機で大音量を発する
ってのに、冬になったら、今度は何かしら?』

アワビの上着を脱がすのは難しい。
元々の本体に、微妙なシワが寄っているセイだ。

そして、アワビも又、巻貝である事が解った。
裸にしたものを、よくよく観察してみると、
確かに、巻いている。
サザエのように、巻きがはっきり外部から眺められないだけだ。
アケタ口が馬鹿でかいのである。
アワビのあの楕円形は、アケタ 口なのだ。
あくびを遥かに通り越した大口なのだ。
余りにも、口をアケ過ぎた為に、内臓やらなんやら、すべてが、
丸見えになってしまったのである。
「こりゃいかん」ってんで、
岩に必死でしがみ付き、
内部をお見せしないように、取り繕っているのである。

工房の研究成果;
サザエの殻本体は、全体重の4割ほどで、非常に薄い。
アワビの殻本体は、全体重の7割ほどで、厚め。
e0077899_7113382.jpg

by ishimaru_ken | 2008-02-27 07:15 | その他
夜光貝磨き ②
夜光貝(やこうがい)磨きが面白くなった。
磨く為に購入した、グラインダーの扱いが、格段に向上した。
ただ、全部を引っぺがすのでは、つまらないので、
こんな作品も作ってみた。
e0077899_985721.jpg
こうして、部分的に剥がしてみると、
イシマル工房の主任として、もっと他の貝を磨いてみたくなった。

魚屋さんに走った。
サザエを買ってきた。
一番デカイのを買った。300グラムあった。高かった。
まず、塩で茹でた。
中から、身を取り出し、上部のコリコリした部分を
ぶつ切りにし、ニンニクオリーブ油で炒めた。
バジルをまぶして、元の殻に戻した。
お皿に乗っけると、すぐに、冷蔵庫から、ビールを取り出した。
シュコッ!
ニンニクの香りが充満し、サザエの旨みに目尻が下がる。
e0077899_9102132.jpg
あっしまった!
こんな事をしてる場合じゃない。
肝腎な<磨き>を忘れている。

ギャ~~~~~ン!
イシマル工房は、再び町の鉄工所になった。
そして、工房の主任である私は、ある発見をしたのである。

貝と云うヤツは、裸の自分の上に、上着を着ているんだな。

元々の核となる母体があり、
その上に、白い石灰の様なモノが、厚く覆っている。
つまり、上着を着ている。
サザエのツノは、すべて上着なのだ。
だから、採れた場所によって、ツノがあったり無かったり、
大きかったり、小さかったり。
色も様々。
服(上着)は千差万別だが、脱がしてみれば、
中身は一緒なのだ。

?・・とすると、アレも脱がしてみよう!
再び魚屋に走らなきゃ!
今度は、ニンニクに気をつけよう!
e0077899_9105361.jpg

by ishimaru_ken | 2008-02-26 09:13 | その他
徘徊中年
e0077899_584941.jpg
「あ~暇だなあ~、今日どうしようかなあ~」

休みの日の標準的な感想だろうと思う。
ふむ・・・私も思ってしまった。
思ってしまった私は、ピコーーンと飛び起きた。

「よし!自転車で走ろう!」
ふむ・・・そこまでは良いだろう・・
ところが、私の場合、スグに考え方がエキセントリックになる。
どこまで行けるかな?

ちょっとそこまで~
と漕ぎ出したチャリンコなのに、トドマル事を知らない。
隣の町を過ぎても、漕ぐ事をやめない。
隣の隣の隣の町あたりまで漕ぎ続けているのに、
まだ帰ろうとしない。
むしろ、考え方として、
よおし、こうなったら!)
という危険な考え方が芽生えてくる。
何が、
<よおし、こうなったら!>・・かうまく説明出来ないのだが、
<よおし!>の気持ちが強過ぎるのである。
もはや、バック出来ない。
もはや、前進あるのみ!
<もはや>を使っている考え自体が意味不明だ。

長い長い時間が経った。
私は遥か彼方の、違う町に辿り着いていた。
その時、ふと思った。
ひょっとして、私は今、ちまたで問題になっている
アレをやっているのではないのか?

 <徘徊(はいかい)>

「いえ、私は徘徊していません」
と否定する説得材料が少ない。
あるとすれば、自転車の走行距離だ。
80キロ。

そして、徘徊をしていない証明をする為に、再び
走って帰ったのだ、わが町まで・・
80キロ。
e0077899_581842.jpg

by ishimaru_ken | 2008-02-25 05:10 | スポーツ
たっこの湯 ②
e0077899_5212259.jpg
~昨日の続き~
 
「雪山を登って、秘湯に浸かる」
言葉の響きが美しく、すぐにOKを出して参加してしまった私。
さあ、宿を出発という段になって、同行の山岳ガイドに
あるものを渡された。

ビーコン
電波を発するリモコン装置を、全員身体に付けさせられるのだ。
大きさはテレビのリモコンくらい。

「これ・・なんですか?」
雪崩が起きて、あなたが埋まった時、他の人のビーコンで
 探索出来るのです』
「チカチカ光ってますね」
『捜索ヘリからも探索出来ます』
「へ~それは良かった」
『200時間持ちます』
「ちょ、ちょっと待ってください」
『?』
「今、雪崩って言いましたよね、雪崩が起こるんですか?」
『たまに』
「・・たまに?」
『ときおり』
「・・ときおり?」
『ちょくちょく』

更に、身体にオレンジ色のヒモ切れを2本結ばれた。
「これ・・なんですか?」
雪崩が起きて、あなたが埋まった時、発見しやすい様に』
「やっぱ雪崩が起きるんだ、ちょくちょく
『ごく、たまに』
「・・・・・」

さて、我々秘湯探検隊は、新雪を蹴立てて山に分け入った。
この日は、とても天候に恵まれた。
気温もマイナス10℃を下回る事もなかった。
新雪もヒザまでだ
先頭の人間が、ラッセル(かき分けてすすむ)のも楽だ。
とはいえ、ちょっと足を踏み外すと、
モモや腰まで雪に埋まる。

ただただ、雪と格闘する事、数時間、
それはあった。

<秘湯たっこの湯>

昭和の始めまで、湯治の湯として存在していたものが
消滅してしまい、30年ほど前に、有志で復元したものだ。
夏場にはモノ好きが、湯浴みに登ってくるそうだが、
冬場に訪れるお馬鹿者はほとんどいない。
なんせ、天然の露天風呂。
気分は、極上。
但しこの日、温泉に浸かり始めた途端、
猛吹雪に襲われてしまった。
浸かったはいいが・・どうやって出るんだぁ?
 
 放送予定;テレビ東京系、2月28日夜9時~
e0077899_5205374.jpg

by ishimaru_ken | 2008-02-24 05:26 | 仕事
秘湯 たっこの湯
e0077899_5192498.jpg
                   かもしかの足跡
又、行ってしまった。
秘湯温泉に挑むテレビ番組だ。

前回は、秋田県のとんでもない山奥に、道無き道を登った。
今回の出発地はやはり秋田県にある
<乳頭(にゅうとう)温泉郷>
7つの温泉場が近隣に散らばっており、
秘境と云う名にふさわしい。
そうなのだ。出発地点がすでに秘湯である。
「もう、ここでいいじゃん」
という意見は、我々探検隊からは聞こえない。
あくまで、非常識な秘湯を求めている。
 しかも、この山歩きには、<雪>が絡んでいる。
それも、大雪だ。
もうちょっと北上すると、あの魔の山、八甲田山。
死の彷徨で知られる豪雪寒風地帯だ。

早朝、さあ、1歩踏み出した時の気温がマイナス10℃。
んん?
雪原の上方が朝日を受けてキラキラ煌いている。
マイナス10℃でキラキラ?
おお~見てしまった。

ダイヤモンドダスト
大気中の水分がそのまま凍ってしまう現象だ。
宿を出て、30秒後の事だった。
すぐにカメラを取り出して撮影したものの、
アレは、ウデのあるカメラの使い手でなきゃ、無理だな。

30分後、雪面にカモシカの足跡発見!
カモシカは前足で踏んだアトを、
後ろ足で踏むという事を知った。
そして、カモシカが通った跡を歩けば、
安全な道である事も知った。
なんせ体重が我らより重いくせして、
雪の落とし穴を未然に察知して歩いているのだから。

更に30分後、ウサギの足跡発見!
ウサギが歩く(跳ぶ)時、着地した前足より、
後ろ足の方が、前に着く事を知った。
ウサギの跡を歩くと、やや危険である。
なんせ、体重が遥かに軽いもんでね。

その30分後、<熊棚(くまだな)>発見!
熊が秋に、ドングリの木に登り、その実を食べながら、
枝で、棲家を作った跡だ。
熊が10m以上も木に登り、細い枝に座っていられる事を知った。
熊に追いかけられたら、木に登っても意味が無いという教訓だ。

それにしても、30分毎に、
次から次と様々なイベントで楽しませてくれる。

その30分後、何も起こらないのかな?
と余所見をして歩いていたら、道から外れてしまい。
ズボッ!
腰まで雪にハマってしまった。
雪山は非常に恐ろしい所である。
その話は、又、明日・・・
e0077899_5185325.jpg
                   たっこの湯
by ishimaru_ken | 2008-02-23 05:21 | 仕事
ピーナッツバター
e0077899_7495413.jpg
<ピーナッツバター>

今、こう書いて、ドキっとしてしまった。
書いただけで、罪悪感を感じてしまった。
口の中が唾液で、ジュブジュブになってしまった。
世の中に、こんな美味いモノがある事が信じられない。

バターという、人類が産み出した美味い物ナンバーワン
と、
食べ出したら止められないモノ、ナンバーワンが
手を結んでタッグを組んだのである。

そんなモノを、トーストの上に塗りたくって食おうなんて、
ダイエットを慣行している我が身にしてみれば、
もう、グレテしまったとしか思えない。

❤瓶入りのピーナッツバターをスプーンでガッポリ掬い取り、
そのまま、口の中に運ぶ。
舌と歯で、ネッチャリした茶色の物体をこそげ取る。
鼻に抜ける、気の遠くなる様な、芳醇な香り。

しまった!
書いているだけで、ダイエット人間としては、
罪悪感の塊りになってきた。

❤スプーンは駄目だな。
どうせなら、人差指を瓶の中に突っ込み、
ドブォ~っと、ピーナッツバターをこそぎ取ろう。
ネチョネチョの水飴状のヤツを、指ごとシャブルのだ。
何度も何度も、指に味がしなくなるまで、シャブルのだ。

いかん、いかん!
罪悪感が、怒涛の嵐で襲ってくる。

ああ、ピーナッツバター、食べたのは、いつだったかな?
もう、10年以上食べてないよな。
今度食べる時には、極上の涙を流すだろうな・・きっと❤
e0077899_7491461.jpg

by ishimaru_ken | 2008-02-22 07:51 | その他
ロッキーファイナル
e0077899_7265848.jpg
<ロッキー>
<ロッキーファイナル>
映画の話だ。
上記のロッキーからロッキーファイナルまで30数年間
シルベスタースタローンの闘魂を観てきた。

♪~パパっパァ~パパッパア~♪~
ロッキーのテーマが鳴り響く。
有り得ない様な話がドラマ化されている。
確かに<有り得ない>
ところが、アレから30年間の間に、
<有り得ない>様な、スポーツの戦いが
現実では、普通に繰り広げられている。

そうして思えば、映画ロッキーは、先駆者であり、
尚も言い換えれば、
有り得ない系を啓発させた功労者であろう!

っとそれよりも、問題はロッキーだ。
ロッキーが鍛えるシーンだ。
具体的に云えば、ロッキーが、ボクシングの基礎体力を
鍛えるシーンだ。
もっと具体的に云えば、ただ 走るシーンだ。
ただただ 筋トレを行なうシーンだ。

ところが!
そのシーンだけは、いつもダイジェストで表現される。
♪~パァパァパパパ~♪~
管楽器の鳴り響くミュージックの中、
スーパーダイジェストで、一気に過ぎ去る。
一ヶ月が一分で表現される。

そこで、私はモノ申したい!
我々、体育会系(頑張る系)が、何モノかに挑戦する時、
最も大変な作業は、
ロッキーの♪~パァパァパパパ~♪~
の状況なのだ!
戦いは、日々の地道な基礎体力を鍛えるシーンなのだ!
苦しみは、単に走るシーンなのだ。
寒い朝、布団から起き出して、
誰にも鼓舞される事なく、走り出すあなたの事実なのだ。

そして、通常、あなたの走った事実は、
誰かに褒められる対象にならない。
恐らく、生涯、褒められる対象にならない。
ところが!
それこそが、正常なスポーツシーンだ。
<あなたの苦しみは、あなた自身が知っている>

さあ、みんなガンバレ!
e0077899_7254774.jpg

by ishimaru_ken | 2008-02-21 07:28 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧