<   2008年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧
目つぶりジャンケン
e0077899_551334.jpg
空飛ぶ飛行船に、あなたが乗れるかもしれない。
ザ・マスターズの景品を賭けて、ジャンケン大会が行なわれた。

「さあ、このペアチケットを賭けてのじゃんけん大会で~す!」
イシマルがレースの終わりに、マイクで喋る。
私と全員がじゃんけんで戦う、例のアレである。
アイコも負けである。
「いくぞぉ~ジャ~ンケ~ンポン!」
85人が一気に、30人になる。
「ジャ~ンケ~ンポン!」
5人になった。
「5人の方、前へどうぞ」
ここからは、私とではなく、普通に自分たちでジャンケンをする。
「じゃんけ~んポン!」
おお~~~あっという間に、二人になってしまった。
50才を超えたウインドサーファーと、まだ若きレディースだ。
< ! >
ここで、私にあるアイデアが浮かんだ

「さあ、二人の対戦!では、お二人は、目をツブッて下さい。
 私が開けてと言うまで、決して開けてはなりません。
 手は、空に突き上げてください」
ワケも分らず、とりあえず、目をつぶる二人。
「さあ、いってみよう。ジャ~ンケ~ンポン!」

その瞬間、会場がどよめいた!
ワアアアアア~~~!
二人が空中に突き出した指の形がはっきりと、
勝ち負けを現している。
どっちが勝ったか、観客は知ったのである。
ウワアアアア~~~!
悲鳴の様な、どよめきが続く。
知らないのは、壇上の二人だ。
二人の心を覗いてみよう。
(え~ナンなの?なんなの?どっちかが勝ったの?
どっちなの?私なの?それとも。私は負けたの?
うう・・目を開けたい!)
観客は、その二人の心情が手に取るように分る。
目を開けた時の、歓喜と落胆、両方想像できる。

司会者イシマルは、なかなか目を開けさせない。
まだまだ、長引かす。
観客も、どよめきをいつまでも引っ張る。
(目ぇをぉ・・開けぇたぁあぃ・・)

「はい、目を開けて!」
そうっと、目を開けたふたり。
相手の頭上にある、指の形を見た瞬間!
レディースが飛び上がった
文字通り飛び上がった。
身体を弓の様にのけ反らせて、壇上から、空に飛んだ。
観客の目には、しばらく落ちて来なかったように思えた。
私の目にも、落ちて来ない彼女の歓喜の雄叫びが聞こえた。

へ~キミの場合、そんなに飛んでるなら、
もう飛行船乗らなくていいんじゃないの?

ふむふむ、この<目つぶりジャンケン> 面白いな。
e0077899_5503710.jpg

by ishimaru_ken | 2008-04-30 05:53 | 謙の発見!
空飛ぶ飛行船ペアチケット
e0077899_7463867.jpg
ザ・マスターズの今年の景品に、豪華なお品が届けられた。

<飛行船レッドツェッペリン号、ペア乗船券>

飛行船とは、空にフワフワ浮いている例のアレである。
ドコモだのフジカラーだのの文字を書いた、
空飛ぶ看板である。
実は、私は乗った事があるのだ。
私の友人友人知人旦那さん妹さんが、
日本飛行船の会社に勤めていたのだ。
どうしても乗せて頂きたいとの願いを込め、
新幹線代と宿泊代を、勿論自費で払って、
出発地の大阪、関西空港に向かった。
その情熱が通じたのか、
「じゃ、ひとりだけね・・」
まだまだ、テスト飛行中だったので、
乗船代はただにしてくれた。

飛行船は素晴らしい。
飛行機とは、全く違う。
熱気球とも違う。
熱気球は、風まかせだが、飛行船は行きたい所に行ける。
空を飛んでいるのではなく、空に浮かんでいる感が著しい。
え~と、飛行船の面白さの説明が難しい。
写真も、パソコンがいっちゃたせいで、無くなったし・・

ええい、今日は、以前の過去ログを参照して貰う事にしよう。
(2006;11月6日、7日、11日参照)
で、ペアチケット争奪戦のお話しは、又明日。
e0077899_7461292.jpg

by ishimaru_ken | 2008-04-29 07:47 | その他
写真よかですか?
e0077899_822898.jpg
「写真、よろしいでしょうか?」
役者をやっていると、サインと写真は、付き物である。
状況により無理な場合を除き、積極的にサインも写真も
させて頂いている。

ところが、以前こんな事があった。
「すいませ~ん、写真いいでしょうか?」
『あ、ああ、いいですよ』
気軽に返事をしたイシマル。
見ると、声を掛けてくれたお父さん、その後ろに、奥さんと、
二人の子供、そのお爺ちゃんお婆ちゃんが立っている。
その背後には、神社の鳥居・・と、背景ロケーションも
申し分ない。
『さっさ、集まりましょ』
とイシマルが率先して、皆を並ばせ、
その真ん中に陣取った。

ん?
なんか変だ。
お父さんが、あちらで、カメラを持ったまま、
構えるそぶりを見せない。
イシマルが、ニコニコ顔のまま、隣のお婆ちゃんを
横目で見ると、
同じ様に、目を横にひん曲げて、見返してくる。
下の子供たちを下目で見ると、
頭をのけ反らして、こっちを見ている。
ん?
ひょっとして・・・

が~~~ん!
そうだったのだ。
お父さんは、通りがかりの人に、シャッターを押してくれと、
頼んだのである。
「すみませ~ん、写真いいでしょうか?」
イシマルの事なんか、知りもしないのである。

『あははは・・・』
慌てて、取り繕いながら、お父さんからカメラを受け取り、
シャッターを押し続けた。
顔から、火が出るとは、まさにこの瞬間だ。
ご家族の消え入るような、
「ありがとうございました・・?」
の言葉を背後に聞きながら、すっとんで、退散したのだった。

恐らく、あの家族、家に帰るなり、今日観光地にいた、
とんでもないお馬鹿な野郎の話で盛り上がる筈である。
あちこち、電話を掛け、
「ねえねえ、今日さぁ~~」
を始める筈である。

ただ一点の救いは、彼らが、私が誰だか分らなかった事だ。
ああ、穴が無くとも、掘って入りたい。
e0077899_815073.jpg

by ishimaru_ken | 2008-04-28 08:03 | 昔々おバカな話
ココアといえば
e0077899_8133317.jpg
ウインドサーフィンの40才以上のレース、
 <ザ・マスターズ>が開催された、その日、
選手たちは、海から浜に上がってくると、
暖かく美味しい飲み物にありつけた。

<ココア>
大量のココアが大きな鍋で温められており、
いつでも、好きなだけ飲む事が出来るのである。
「暖かいココアいかがですかぁ~」
艶やかなココアギャル(?)の呼び声も手伝い、
選手皆、オカワリの手を休めない。
 《海、ショッパイ》
 《ココア、甘い》
この逆さまの関係が功を奏した。
ひとり、10杯は腹に収めているだろう。
私はそれ以上だった。
90人近い選手と、スタッフ合わせ、100人以上が
ガブガブとココアを流し込む。
海岸一帯が、ココアの香りに包まれる。

そんな大量のココア、どうしたと思います?
お答えしましょう。
片岡物産という、輸入代理店の社長さんが、
イシマルのザ・マスターズの大会に、賛同して下さったのだ。
片岡物産さんは、あのココアの輸入代理店だったのだ。
ありがとう御座いました。

♪~チョコレートはメ・イ・ジ~♪
三時のおやつは、文明堂。
ココアと云えば、<バンホーテン
ココア界のオランダの老舗である。

イシマルが18才、東京に出てきた頃、
ある日、このバンホーテンにハマッタ。
大きな缶入りのバンホーテンを買ってきた。
作り方にも凝った。
大匙スプーン3杯ほどのココアをカップに注ぎ、
お湯をたらり、
ハシでコネコネかき回すのである。
ペースト状になるまで、コネコネを繰り返す。
その後、暖めておいたミルクを少しずつ注ぐのである。
最後に、砂糖をガッポリ入れた

ハマッタからには、ハマリ飲みする18才のイシマルである。
一日に、最低でも5杯は飲んだ。
多い日は、10杯飲んだ。
そんなハマリッ放しの日々が、ふた月も続いた頃だ。
 身体がダルイ事に気付いた。
常に、微熱が身体を包んでいる。
鏡を覗くと、まあるい顔がこっちを見ている。

さ、砂糖だ。
砂糖が私を蝕んでいる。
ココアというポリフェノールたっぷりの健康食品を
砂糖づけにして、飲み続けていたのだ。
18才とは、お馬鹿な年代である。

そのお馬鹿な経験が、このザ・マスターズでは役に立った。
砂糖を全く使用しなかったのである。
砂糖を入れなくても、バンホーテンは美味しいと云う恍惚を
証明してみせた。

なぜ、今まで、海から上がったら、ココア
という図式が思いつかなかったのだろう?
う~む、又しばらく、ハマリそうだなぁ・・・
e0077899_8125853.jpg

by ishimaru_ken | 2008-04-27 08:15 | 昔々おバカな話
ザ マスターズ
e0077899_7512911.jpg
<友、遠方より来たるあり、又楽しからずや>

遠方、すなわち遠くから、友人が訪ねて来ると、嬉しい。
その楽しさを連れてきたのは、例の、為藤(ためとう)さんだ。
例の、と云ったのは、
今年、何度もこのコーナーに登場しているウインドサーファーだ。
で、何しに来たかって?
e0077899_752033.jpg

毎年、私が主催しているウインドサーフィンのレース
<ザ・マスターズ>
に参加する為、はるばる広島県から、車を飛ばして来たのだ。
ザ・マスターズ と云うからには、お年を召された方が
出場される。
40才以上にならないと、出場出来ない。
第4回目の今年は、最高齢72才を筆頭に、
平均年齢48才の、自称若者が集まった。
二日間、暴れて遊んで、呑んで喰って、ボロボロになってやろう!
と意気込む、遊びの達人たちが、全国から、集まったのである。

ウインドサーフィンとは、風が無ければ始まらない。
その風が、今年もガンガン吹いた。
二日間、風速10~15m吹き続けた。
17m以上が、台風だから、その威力は想像できよう。
これほど強風が吹き荒れると、通常、レースの数は少なくなる。
余りにも疲れるので、休憩を多く取らなければならない為だ。
ところが、しかし、主催者の性格が問題だった。
サスケだのスポーツNO1だのに、出場しているお馬鹿な
イシマルが主催者だった。
ガンガンバリバリのイシマルだった。
休憩などと云う、考えを持ち合わせていなかった。

結果から述べると、二日間で、6レース!をクリアした。
ウインドサーフィンを知らない方に申し上げると、
ウインドサーフィンのプロのレースでも
一日に、2レースぐらいしか消化しない。
それほどに、風が強い日には、過酷なのである。
なのに、だのに、40才以上のレースで、
一日に3レース、二日間で6レースも敢行してしまった。

選手は朝、7時には、浜に集まり、日が沈むまで、
闘っているのである。
その体力やいかに!
平均年齢48才の体力やいかに!
その気力やいかに!

おまけに、初日の夜は、パーティまであるのだ。
さんざん飲んで喰って大騒ぎをするのだ。
ボロボロに輪を掛けて、ベロンベロンのおじさんが
大量に出現するのだ。
だのに、なのに、翌日には、風速10mを超える風の中に、
元気良く飛び出して行くのだ。

その戦いに、為藤さん<61才>が
遠方より来るありしたのである。
しかも、本格的なレースは、初めての経験である。
神奈川県の三浦半島、
未だ水温は低く、ブルブル震えながら、足をツリながらも・・
最終的に、全レースを完走した!のである。
その為藤さんが、ゆっくりの広島弁で、仰る。

「ワシ、一番年上かぁ、思たら、
 四ン番目ぇじゃったんじゃねぇ~
 どぉこでも、上にゃァ、上がおるちゅうコッチャねぇ」
e0077899_7522429.jpg

by ishimaru_ken | 2008-04-26 07:57 | スポーツ
でっかい花火
e0077899_13514032.jpg
肉を焼いている。
フライパンに、牛肉を乗っけて、ハシでツツイテいる。
激しく焼いてやろうと、ハシの先で、フライパンに
ギュゥゥっと、押し付けた。
その時だ!

クゥゥゥウゥ~
ハシを伝わって、肉が鳴く様な、振動が伝わってくる。
あの振動って、なんだろう?
試しに、フライ返しで肉の全体を押し付ける。
ギュゥゥゥウゥ~
今度は大きく鳴き出した。
試しに、ハシ一本を鉛筆のように持ち、肉を押し付ける。
クゥゥゥゥ~

おおこの振動だ!
この振動は何かに似ている。
以前にやった何かだ・・なんだろう?
細かく指先に伝わってくる確かな、重厚な響き。
ナンだろう?ナンだろう?
細いハシの様な物を、真下に向かって持っている状態・・

っと、ひらめいた・・思い出した!

<線香花火> だ!
線香花火が燃え盛り、やがて丸い火球状態になる。
その火球に繋がったヒゴを、親指と人差し指で摘まんでいると、
クゥゥゥゥ~ っという、振動が伝わって来る。
まもなく、あの溶鉱炉のような火球から、パチパチと
火花が飛び散り始める筈だ。

火球「もう我慢出来ません!火花オッパジメテもよかですか?」
ジリジリと焦れる火球の叫びが聞こえそうだ。
その焦れさ加減そのものの振動が伝わる。
クゥゥゥゥ~アノ振動に似た感触は、他では、
肉を焼く時の、コノ感触以外に知らない。

ふむ、すると何かい?
非常に熱い物に直に触れると、アノ振動が伝わってくるのかな?
きっとそうなんだろうな・・
っとフライパンを眺めながら思ってしまった。
試したくないが。

ふむ、考えようによっちゃ、
あのジリジリとくる熱さの振動は、
引力というハシを太陽に突き刺して、
<巨大な線香花火>をしているようなモンかな・・
e0077899_13501579.jpg

by ishimaru_ken | 2008-04-25 13:56 | その他
いよっ日本一!
これから、数枚の写真をお見せします。
どの写真にも、共通しているモノがあります。
勿論映っているモノです。
さて、それは何でしょう?
 <富士山>
e0077899_744529.jpg
e0077899_7442380.jpg
e0077899_7443890.jpg
e0077899_7445048.jpg
e0077899_745474.jpg
e0077899_7451748.jpg
e0077899_745296.jpg
特に、最後の一枚は、朝焼けに浮かぶ富士山なのですが、
残念なことに、カメラマンの腕が悪くて、
ただぼやけた映像にしか見えません。
e0077899_7432311.jpg
そういえば、昨日乗っけた写真や文章はどこに行っちゃったのだろう?
by ishimaru_ken | 2008-04-24 07:56 | その他
e0077899_733513.jpg
↑ コレが何だか分りますか?
大きさを云いましょう。
ワンブロックが、30センチ×30センチ。
答え;
 <苗代>(なわしろ)
すなわち、稲の苗だ。
稲もこれだけ整然としていると、実に美しい。
「気をつけ!」の整列している姿を見れば、間違っても、
雑草だとは、思うまい。
ところが、昨今、コレがナンだか分らない方も増えた。
苗代という名前は知っていても、実物をみた事がないのである。
主食の幼年期を知らないのである。
まあ、しょうがないやね。
最近は、苗代も温室で育て、見えないように隠してあるもんね。

そう云えば、夏目漱石のこんな話を聞いた事がある。
(漱石専門家の方、間違ってたらごめんなさい)
夏目漱石が、小説家として名を成して随分経った頃、
ポソっとつぶやいたと云うのだ。

「秋になって、町外れに行くと、黄色いものが
一面に広がっているんだけど、アレは何?」

今の時代ではない。
昔々だ。
まだまだ、農村が絵を描いたような農村であった時代だ。
漱石は、米は知っていたが、
稲との関係に結びつかなかったらしいのだ。
あれだけの、文学を世に送り出した文豪にして、
こういう事が起こりうる。
ましてや我ら、苗代を知らない位で、落ち込む必要もない。

それにしても、稲の苗って、食べられないのかな?
あれだけ瑞々しいんだから、オヒタシにとかしたら、
すんごく美味いんでないかい?
e0077899_73117.jpg

by ishimaru_ken | 2008-04-22 07:04 | その他
北京の車窓から
e0077899_63583.jpg
 世界の車窓からの映像を見ていると、
面白い光景にたくさんお目に掛かれる。
むしろそんな光景に出くわしたいと、願っている自分がいる。
 10数年前の北京駅の切符売り場が、面白かった。
当時、北京の切符売り場は、
人が整然と並ぶシステムが無かった。
早い者勝ちだったのである。
するとどうなる?

4つ程の売り場に何百人の人達が殺到したのである。
おしくらまんじゅう状態である。押しているうちはまだいい。
問題は、運よく買い終えた人だ。
その窓口から、去りたいのだが、
後方から大勢の人に押されている為に、脱出する事が出来ない。
1対何百に勝てる奴などいやしない。

っと突然、行き場を失った男性が、
なんと!
売り場全体を覆っている金網に登り始めたのだ!
ガッシガッシと金網を掴み、身体を持ち上げる。
金網を登るクライマーとも云える。
車窓班のカメラは、確実にそのクライマーを捉えていた。
そのクライマーから目が離せなかった。
じわり・・じわり・・
やがて、ついに身体を持ち上げ、人ごみを脱した。
すなわち、キップ売り場の真上に
ヤモリの如く張り付いているのである。
脱したものの、どうするのだろう?
車窓班のカメラはしぶとく追う。

じり・・じり・・なんとその男性、横に移動を始めたのだ。
クライミング用語で云うところの、
<トラバース>
非常に難しいテクニックだ。
しかも、掴まっているのは、細い金網。
恐らく、指は悲鳴を挙げているに違いない。
じり・・じり・・
思いのほか、長い時間が経過した。
トラバースする事、10mあまり・・
やや人ごみを外れた地点で、
ドスン!
見事、着地したのである。
脱出成功!思わず、拍手ぅ!

そこで、車窓の映像は終わる。
ふむ、彼は素晴らしかった。
拍手を送った。それはそれで良かった。
でもさぁ、他の人達は
買ったあと、どうやって脱出したんだろう・・・?
e0077899_559359.jpg

by ishimaru_ken | 2008-04-21 06:04 | 仕事
疑わしきは ②
e0077899_732480.jpg
疑われてはいけない
生きる事のテーマにこの標語を掲げているのは、
父親だ。
疑われる=犯罪者
疑われれば、悪い事をしたのと同じである。
との信念を持っている父親は、息子に厳格なる心情を伝えた。
その伝え方が・・コトワザだった。
昨日に続き、二つ目のコトワザだ。

<りかにかんむりをたださず>

父親は何故か、口述で、コトワザを伝えた。
息子がまだ、小学生だった為か、
漢字で書き表してくれなかった。
このコトワザの本来の意味はこうだ。

梨下(りか)に冠(かんむり)を正さず
 梨(なし)の木の下で、帽子を被り直してはいけないよ・・
 人が見たら、まるで、
 梨を盗んでいるみたいじゃないか。

ところが、
いきなり、小学3年生がこの言葉を聞かされたらどうする?
理解できるか?
その小学3年のけんじろう君は、こう思い込んでいたのである。

<リカに冠を、ただ、刺す>
 梨(り)はナシだと、父親の説明がなかった。
 そこで、リカと云う果物があるのだと、推測した。
 昨日の瓜田の話からして、畑関係の話だと、考えたのである。
 冠は知っていた。
王様の頭に載っているアレだ。
つまり、リカという果物に、冠を
<ただ、刺して>いたのである。
冠の尖った先を、リカという果物に突き刺していたのである。
《リカに冠を、ただ、刺す》

そんな事をした経験が無かったもんだから、
いつか、大人になったら、リカを見つけたいと考えた。
王冠は、どこかの王様にお願いして、貸して頂くと考えた。
その王冠をどうやって、振り上げて刺したらいいものか、
実は、未だに悩んでいる。
このコトワザが、頭に浮かぶたびに、悩んでいる。
真の意味を知った今でも、悩みは消えない。
e0077899_6534049.jpg

by ishimaru_ken | 2008-04-20 07:02 | 昔々おバカな話



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧