<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
川原毛温泉
e0077899_7334918.jpg
ドドドドドォ~~~
滝の音が聞こえる。
もう間もなく現れる筈だ、そのお風呂が・・・

車を置いて、歩き出したのは、泥湯温泉(どろゆ)だ。
秋田県の山深くにポツンと、湯を噴出している温泉場だ。
その傍にある川原毛地獄という、危ない地帯を過ぎ、
谷をどんどん降りてゆくと、その音は聞こえ始める。
ドドドドドォ~
そして、その滝は、突然目の前に現れる。

「ほお~・・・!」
思わず、お決まりの感嘆詞が口をつく。
やがて、なぜか私は、着てきた服を脱ぎ始める。
靴も靴下も脱ぎ始める。
本来ならスッポンポンになりたい気持ちを抑え、
滝に向かって歩き出す。
そして、・・ザブ~ン!

そう、なにを隠そう。
この滝は・・滝そのものが温泉なのだ!
暖かい湯水が滝の上部から、降ってくるのだ!
滝そのものは、10m以上はあろう立派な成りをしている。

その日は、家族連れで賑わっていたが、
普段は閑散とした個人風呂になるそうだ。
いってみれば、これこそ、本物の露天風呂である。
打たせの湯である。

もいっかい言っとくが、
お湯がその辺に湧いていて、滝の冷水でウメているのではない。
滝そのものが、お湯なのだ。
轟音を立てて流れ落ちる湯量は、半端ではない。
我が家の湯船であれば、0,2秒で一杯になるだろう。
そんじょそこらのスパの湯船3つ分くらい、
一分以内で貯めてみせる力量がありそうだ。
(なんで、0,2秒と解ったかって?
いや、そのくらいなんだよぉ)

という事は、滝の上流も温泉が流れている事になるな。
岩の間に浸かれば充分立派な温泉だ。
じゃあ、下流はどうだろう?
はい、勿論、温泉の川である。
どこに、浸かろうが自由である。
もし、この滝を、上空からヘリで眺めたとすると、
うねうねと流れる小川という名の、長い温泉場を
見る事になるだろう。
こんな温泉、日本に他にあるだろうか?

あまりの気持ち良さに、滝修行者の真似事をしてしまった。
ただし、熱さのあまり、頭がボー・・
ついでに教えます。
この温泉の滝 <川原毛(かわらげ)温泉>・・ただです。
e0077899_7325593.jpg
e0077899_73442100.jpg

by ishimaru_ken | 2008-08-31 07:36 | その他
岩洞湖
e0077899_421840.jpg
《本州で最も寒い処です》

目の前の看板に書いてある。
その看板を、オートキャンプ場の入り口で見ている。
どうしよう?
ココで、今夜泊まっていいのか?
ココとは、岩手県の北部、岩洞湖(がんどうこ)である。
《日本で》とは書かずに《本州で》と書いてある所がにくい。
よし、その謙虚さにあやかろうってんで、
我が車、ペンションハイエースを、オートキャンプ場の
指定された一画に停める。

オートキャンプ場なるものに初めて泊まった。
区画整理され、芝生を敷き詰めた立派な土地である。
およそ25坪、駐車場一台OK、電気あり、上下水道なし。
お隣との仕切りなし。
ただし、両お隣は、現在使われていない。
お値段、3000円。

湖が目の前だ。
白樺の林に囲まれ、酸素濃度が濃い。
なにより、涼しい。
都会は35度だと騒いでいるのに、このヒンヤリ感はなんだ!
とりもなおさず、炭に火を点ける。
途中の魚屋で買い求めた、おおぶりな秋刀魚を網にのせる。
辺りが暗くなってきた。
寒い・・かもしんない。
長袖シャツに着替える。

薄暮の中で、じっくり秋刀魚を焼いていた。
明かりを灯すのがもったいなく、白樺の白さを頼りに
秋刀魚を焼いていた。
焦げているのに気づかなかった。
焼きあがった秋刀魚に懐中電灯を当ててみると、
頭から尻尾まで、完璧な真っ黒であった。
炭で秋刀魚を焼いたのではなく、
秋刀魚を炭にした・・が正しい言い方になった。
うう、岩洞湖はやはり寒い。

そんなだから、さぞや星空が美しいだろうと、期待したのだが、
その期待を当人が裏切り、酔っ払って眠ってしまい、
う~ん、よくワカンナ~イ。
e0077899_4041100.jpg
       3000円の借景
by ishimaru_ken | 2008-08-30 04:09 | その他
氷渡鍾乳洞②
e0077899_8221839.jpg
~昨日の続き~
<氷渡り鍾乳洞>(しがわたり)
岩手県の山奥にある探検鍾乳洞。
本物のイントラの大崎さんに、
イントラされて入洞したイシマル探検隊(イシマル隊長他一名)。

「どうぞ」
イントラの大崎さん、私達をフリーにしてくれる。
真っ暗な洞窟を《どうぞ自由に彷徨いなさい》と云う。
迷った時だけ、示唆してくれると言う。
洞窟は、迷路になっている。
支道が次々に現れる。
私は、間違った方ばかり行きたがる。
その度に示唆される

這いつくばって進む箇所が現れる。
閉鎖恐怖症の方には、お奨め出来ない。
背中に背負っている小さなリュックを脱がなくてはいけない。
頭に被っているヘルメットを斜めにしなければ、抜けられない。
しかも、抜けた先に広い空間があるとは、保障されていない。
ズボっ
抜けた先は・・・広大な空間だった。
良かった・・

ヘッドランプの光だけでは、全体を捉えきれない。
高さも30~40mあると云う。
野球は出来ないがバスケットなら出来そうだ。
そして再び、小さなトンネル・・

この洞窟は、鍾乳石が手付かずである。
観光洞のように、灯りを常時点けていないため、
コケの発生もない。
勿論、人工的なものは、殆どない。
したがって、持ち込んだモノは、
おしっこに至るまですべて持ち帰らなければならない。

バタバタバタ
ヘッドランプを向けると、コウモリが数羽飛んでいる。
けっこうデカイ。

すでに一時間以上、登ったり、這いつくばったりしている。
ん・・?
何やら、水の音がする。
ゴー!
滝が現れた。
ヒエ~~
この滝も遡上するらしい。
そして、更にその奥に、地底湖が出現したのだ!
ここから先はゴムボートで行くという。
灯りを水面に当てる。
水自体は限りなく透明だが、底まで、光が届かない。
「深いんですか?」
『聞きたい?』
「いえ、いいです」

『はい、灯りを消してみましょう』
パチっ、ひえ~~~
真の闇とは、この状態だ。
目が慣れる事がない。
私は、もはやお日様を拝めないのかあ~~~~!

んなワケはなく、探検隊は、3時間半後に、
世の中に舞い戻ったのであった。
e0077899_823653.jpg
    地底湖をボートで行く
e0077899_8243360.jpg
     険しい岩壁を登る
e0077899_8252421.jpg
     深い穴に降りてゆく
by ishimaru_ken | 2008-08-29 08:34 | その他
氷渡鍾乳洞
e0077899_8175994.jpg
<氷渡鍾乳洞>

やっちまった!
いっちまった!
とんでもなかった!

岩手県の北部に、日本三大鍾乳洞を云われている龍泉洞がある。
そのさらに北部に
日本一の長さを誇る安家洞(あっかどう)がある。
そのさらに、ちょいと奥に、目指す鍾乳洞はあった。

氷渡鍾乳洞(しがわたりしょうにゅうどう)

観光洞ではなく、探検洞である。
その違いは明らかだ。
探検洞には、予約がいる。
イントラが案内してくれる。

<イシマル探検隊(隊長他隊員一名)、氷渡へ>

「鍵を開けます
イントラの大崎さんが、洞窟の入り口の鍵を開ける。
(ゴクっ、入り口には扉があって、鍵があるんだ!)
「鍵を掛けます
(ひえっ、入った後は鍵を掛けちゃうんだ!)
『あの、私だけが生き延びたら、鍵はどこに?』
「はい、ここに置きます」
『ああ、そこに』

「はい、ライトを点けて下さい」
入洞すると、全くの暗闇だった。
ヘルメットのライトしか頼るものがない。
ライトの電池が切れたらどうするんだろう?
との不安をよそに、暫く進むと、
「どうぞ」
どうぞ・・と言われてそこを見ると、下に穴が開いていた。
もの凄く小さな穴だ。

あなたの近くに、座布団があります?
その座布団を三角形に折りたたんだ大きさの・・穴です。
その穴に入れと云われている。
その穴の彼方に、広大な夢物語が広がっているのである。
広がっているのは、無理やり想像出来るが、
さて、その小さな穴に、自分の身体を沈める勇気、ある?
ある?

あろうが無かろうが、イシマル探検隊は進むのみ!
気温10℃(外気温30℃)
ジュールベルヌよろしい地底探検!

す、すごいです!
e0077899_8164314.jpg
          小さな穴を降りていく隊長
e0077899_82113.jpg
        岩を登る隊長 
by ishimaru_ken | 2008-08-28 08:21 | その他
語彙の少ない解説
e0077899_6515672.jpg
以前から、スキーのジャンプ競技を見ていて、
懸念していた事があった。
解説者の表現が少ないなあ~
語彙自体が少ないなあ・・と。
考えてみれば、冬季種目の中で、最も短時間で終了する競技だ。
滑り出してから、10秒しない内に、終わってしまう。
「高いです」
「蹴り出しが弱かったですねえ」
「着地はピタリと決めましたね」

文章3つも喋れば終わってしまう。
仕方ないと云えばそれまでだが、もっと語彙はないものかと、
歯噛みしたくなる。
私が食べ物番組で、
『うまい!』
とばかり言っているのを叱られているのに似ている。

そして夏のオリンピックだ。
水泳、<飛び込み>
この解説が又、語彙が少ない。
少なくならざるをえない。
こちとら、スキーのジャンプどころではない。
2~3秒ほどの短時間の勝負だ。
「決まりました」
「ちょっと、オーバー気味ですね」
「ちょっと、マイナス気味でしたね」
「うまくマトメました」

ほとんど無い欠点を、重箱の隅を突いて見つけ、
減点するゲームに見える。
スローモーションで確認して初めて、欠点が指摘出来るほどの
究極の美の世界だ。
語彙を増やせと要求するのが、酷ってものかもしれない。

そして新たな発見があった。
飛び込みの選手たちは、
飛び込むたんびに、いちいちシャワーを浴びるんだな。
待っている間、暖かいジャグジーとか浸かっているんだな。
ふ~ん、いいな。
飛び込みはしたくないけど、
飛び込みをした振りして、ジャグジーだけ浸かりたいな。

e0077899_6502440.jpg

by ishimaru_ken | 2008-08-27 06:55 | スポーツ
メダリストのインタビュー
e0077899_6152171.jpg
「金メダルを獲得しました!」
アナウンサーの絶叫が北京の空を駆け抜け、
電波にのって、日本中に広がってゆく。
競技終了の興奮冷めやらぬうちに、インタビューが始まる。
アナ 「おめでとうございます!」
センシュ『はあはあ』
アナ 「今の感想は?」
センシュ『最高です!』

選手の興奮だけが伝わってくる。
文字にならない、汗のシブキがとんでくる。
さて、それから、時間が経過する。
プレスルームに選手は移動し、数々のテレビ、ラジオ、紙面の
インタビューを受ける。
押しなべて殆んど似たような、質問だ。
その質問に丁寧に答えている内に、
選手の応答が、とても上手くなっていくのが分かる。
興奮という花火状態の言葉を、次第に整理整頓していっている
無意識のうちに、文章として、しっかり整頓されてゆく
質問されて、考える時間が短縮される。

見てる側も、それが面白くて、テレビのザッピングを始める。
選手インタビューを追いかけるのだ。
ある意味では、選手の成長を見届けている気分になる。
翌朝のインタビューともなれば、
かなり熟成されたストーリーを聞くことが出来る。
誰に教えられたでもなく、マスメディアに対応している内に、
自然と学習してしまったのであろう。

人は、インタビューで、同じ内容の質問を受けると、
ムッとするものだが、
なんたって、メダリスト。
一生で一回あるかないかの感激に、ムッとするどころではない。
むしろ、
「聞いて、聞いて、何度でも聞いて!」
己が英雄伝説が始まった<今>を、両手を広げて享受している。

いいなあ、スポーツは・・
それにしても、あいちゃんと松坂大輔は、よく似てるな・・
e0077899_6145098.jpg

by ishimaru_ken | 2008-08-26 06:16 | スポーツ
110ミリ
e0077899_7155547.jpg
「集中豪雨のお知らせです。栃木県○○地域に一時間に110ミリの雨が降っています」

ラジオのアナウンサーが喋っている。
○○って、ココじゃ~ん。
今、そこ走ってるじゃ~ん。
確かにさっきから、ワイパーを最速で振っても、
殆んど効果がない状態が続いていた。

テレビやラジオで聞く注意報の場合、
一時間に50ミリの雨というのが、<非常に強い雨>である。
なのに、今、110ミリなどという非常識な豪雨だ。
倍以上である。
あっという間に、道路がチャプチャプになってきた。
っと思うまもなく、バンパーが水に突っ込み始めた。
左側の斜線を走っている車は深い所に、浸かってしまい、
ついに止まってしまっている。

こういう場合、どうしたらいいのだろう?
端にも寄れぬ。
センターラインも水没。
悪い事に、夜が始まったばかりである。
対向車のライトは水上を進むボートのサーチライトだ。
ノロノロと前身していると、
前方が下り坂になっているのが感じとれた。
やばいぞ・・

普段、車を走らせていると、鉄道などをクグル道路がある。
そこには、カンバンに文字が書いてある。
《50ミリ以上の降雨時には、通行止め》

今、この車の隊列はそこに突き進んでいるのではないか?
現に、川のような水はザーザーと流れ込んでいるではないか!
とっさに、ハンドルを左に切る。
横道に入る。
難を逃れた。
しかし、110ミリの雨とは、生易いものではなかった。
交差点では、スポーツ系の車が、車高の低さの為か、
ついに冠水してしまっている。
中で、携帯をいじっていたアンちゃんの顔が暗かった。

110ミリの雨を表現します。
車運転中に、対向車線から、バシャっ!と
水溜りの水をぶっ掛けられる事があるでしょう。
一瞬何も見えなくなる。
あの状態がずっと続くと思って下さい。

110(ひゃくとう)ミリの雨をナメてはいけない。
っと、おまわりさんも言っているような気がする。
百獣の王ライオンも、吠えていたような気もする。
e0077899_717927.jpg

by ishimaru_ken | 2008-08-25 07:11 | その他
綱引き
e0077899_4504258.jpg
オリンピックの最終日の最終競技、<男子マラソン>
あの陸上競技場で、
観客が2時間待っている間にやって貰いたい競技がある。

<綱引き>決勝

昔のオリンピックでは、行なわれていた。
この綱引きを是非、復活させて欲しい。
国対国という団体戦として、
素晴らしい盛り上がりを見せられるだろう。
総体重の取り決めがあるので、公平な戦いになる。

決勝はやはり、3番勝負になるに違いない。
どの国が強いのか一目瞭然の戦い。
この競技ほど、自国の旗を応援しがいがある競技もないだろう。
ニッポンお家芸とも云える・・綱引き。
綱の代金以外、さしてお金の掛らないスポーツ・・綱引き。
それでいて、作戦の奥深さに驚いてしまう。

以前、テレビの番組で、
綱引き世界一の、大分県のレディースチームと
むくつけき男たちが対決する機会があった。
男たちとは、きんにくんと、現役プロレスラー達である。
体重はレディースチームの倍はあろう。
誰がどうみたって、ごりらの様な男たちの勝ちは決まっている。
っと、思っていたのだが、予想は完全に裏切られた。
総体重でも劣るレディースチームが、
テクニックとチームワークで、圧倒したのである。
この勝利は、一種快感であった。

さほど、綱引きというものには、極意が存在する。
さあ、世界大会を是非、オリンピックにしよう。
マラソン中継をスタジオで見ながら、
綱引きに、心躍らせるのです。
ひょっとすると、
第一回大会なら、日の丸が揚がるかもしれない!
e0077899_4483612.jpg

by ishimaru_ken | 2008-08-24 04:51 | スポーツ
金メダル?
e0077899_10324557.jpg
昨日、夜、うちに帰ってすぐにテレビをつけた。
つけた途端、末続たち4人の選手が日の丸の旗を体に巻いて、
騒いでいる。
おお!
っという事は、陸上400mリレーで3位以内に入ったのだな。
横に、ジャマイカの選手もやはり国旗を巻いている。
どれだろう?メダルの色はどれだろう?
その時、興奮した様子のアナウンサーが声を張り上げた。

アナ「日本やりました! 陸上トラックで、金メダルです!」

もう、びっくりである。オリンピック陸上トラック競技で
日本人がメダルをとった記憶がない。
確か、大正時代あたりに、一人いたような気がする。
で、今・・金メダル
ウサイン・ボルトのいるジャマイカにも勝ったのか!
ひえ~~~~! と目の玉が裏返ったら、

アナ「あっいえ、銅メダルです」

え~~?言い間違えたのぉ~
金と銅を言い間違えたのぉ~
そりゃあ、ずっとテレビを見ていた人には、
間違いはすぐ分かるでしょうけんど、
世の中には、見事なまでに悪いタイミングで
テレビをつける人もいるんでね・・私のように。
たった2秒ほどの間に、私がどれほど興奮したことか!
たった2秒で、どれほど人間が興奮出来ることか!
たった2秒で、どれほどの絵面が頭に浮かんだことか!

私が、どれほど100mのリレーに思い入れを持っているか?
どうか、今日は過去ログを見てやってくらはい。
<2007、1月11日>
 42,195キロリレー
e0077899_10322077.jpg

by ishimaru_ken | 2008-08-23 10:34 | スポーツ
VS ライオン④
e0077899_7403044.jpg
~昨日の続き~
昨日まで、体操と陸上フィールドを考察してきた。
では、最も気になる陸上トラックを大考察しようではないか。

私は原始時代の猿である。
その猿が、どう生き延びるかの話だと思って頂こう。
猿の周りには、ライオン、ヒョウといった猛獣が闊歩している。

《 100m走》
 必要です。ライオンから逃げるには、最も必要です。
 しかし、今の人類のタイムでは、到底足りません。
 どの位足りないのか、計算したくないほど足りません。
 
《200m走》
 必要です。ハイエナから逃げる程度でも必要です。
 しかし、ハイエナ君は、ジョギングしかしてくれません。

《800m走》
 ライオンは、本気にならないヤツが嫌いなのだ。
 そろそろ、本気になりたいのだ。

《3000m障害》
 ライオンは真剣になりました。なったものの、
 「やべえ・・」とか思い始めてます。

《10000m》
 ライオン君の興味が、急になくなりました。
 
《マラソン》
 ライオン「食欲がなくなったぜ」
 立ち代り、インドネシア出身のオオトカゲ
 <コモドドラゴン君>が、私を追いかけ始めました。
 彼は、スピードは遅いのですが、心臓が凄まじく強いのです。
 コモドラ『24時間、追いかけられるぜぇ』
e0077899_7452592.jpg

by ishimaru_ken | 2008-08-22 07:41 | スポーツ



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧