<   2008年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧
北京の人力車
e0077899_7183253.jpg
昨日まで、北京を訪れた話を、さんざんお話しした。
実はもう一つ、話そうか、話すまいか迷っていた話がある。
「え~イシマルさん、いったい何日北京にいたんですか?」
『って、3日だよ。それも、二日は撮影所とホテルの往復だけ。
 自由時間は一日しかなかった。私の一日は長いかんね。
 私と一日行動したら、ハプニングやら事件やらの連続で
 ホウホウ逃げ出す羽目に陥るよ。』
「まだ北京の話ですかあ~?」
『まだって、まだ半分も話してないのに・・
 よし分かった、当人の人権を配慮して、
話すまいと思っていた、あの話で終わりにしよう』
~~~ ~~~ ~~~
紫禁城を抜けて、裏門を出た私である。
これから、ある場所に行きたいのだが、タクシーに乗れば、
10元(160円)の距離だ。
それじゃ面白くない。
辺りを見回すと、タクシーがズラリと並んでいる。
その片隅に、妖しい人影がうごめいているのが見えた。
(きっと、ぼったくり連中だろう)
と、ピ~ンときた私は、自らその怪しいヤツに近づいていった。
ど素人の観光客を演じていた。
キョロキョロ、オロオロ・・
疑似餌に引っ掛かった彼が近づいて来た。
(以下、セリフは多分そうだろう言葉である)

「どこ行くのですか?(英語)」
『~~~』
「私が連れて行ってあげます。小さな車でネ(英語)」
『humhum』
「乗りますネ、OK?」
『humhum』

英語を駆使する彼に連れられ、私はどんどん歩かされた。
5分も歩いた所に現れたのは、
自転車の後ろに荷台をくっ付けた三輪車だ。
コレに乗れという。彼が漕いで案内するという。
(ほお・・ぼったくられるのを承知で乗ってみるか・・)

ギ~コ、ギ~コ漕ぎ出した先にあるのは、
フートンの町並みだ。
昔ながらの家々が連なっている。
車で入れない小路を、三輪車が進んでゆく。
彼は漕ぎながら、ず~と解説を続ける。
「こちらの家の入り口の階段には意味がある・・」
『humhum』
「あの窓は、綺麗に磨かれている・・」
『humhum』
「今通り過ぎたヤツは悪い奴だ・・」
『humhum』

何を言われても、私はhumhumしか言わない。
実は、何を言われているのか、ほとんど解らない。
解ったフリをしているだけなのだ。
時折、ホントに解ったのか?という様な表情で聞いてくる。
そんな時は、手を変える。
『oh,of,course』(もちろん)
頷いている私の顔面の表情はイギリス人のそれだ。
ジェームスボンドだと言ってもいい。

そんなこんなで、小一時間が過ぎた。
「ここが目的地だ」
『センキュ、ハウマッチ?』
「720元(14000円)」

ここで、驚いてはいけない。
タクシーだと、160円で来れる場所に、
例え人力車で来たからと言って14000円はないだろう・・と
喧嘩を売ってもしょうがない。
最初から、ぼられるのは承知の助だ。
『ああ~~今お金出すから待ってね。え~といくらだって?』
ポケットから大きな財布を取り出し、
グチャグチャの紙幣を取り出す。
1元札だの5元札だのがゴロゴロ出てくる。
『ハウマッチ?』
「720元」
ああ、あったあった、72元。

途端に彼の目が据わる。
本気モードの顔つきになる。
ああ、チップね、財布の隅にあったコインを幾つかプラスする。
糸のように細くなった彼の目が、やには、かっと開き、
「払わないなら、ポリスに連れて行く」という。
『oh,ポリース、プリーズ』

その途端、彼は、急に紳士になった。
そして、パウチッコしてある、
人力車連盟の証明書を見せてくれた。
720元という、金額まで明記してある。
『oh、720元?72元じゃないのね。それは悪かった』
「じゃ、払って下さい」
『私、お金ないのよ。ごめんね、でもさ、
あなたの自転車漕いだ頑張りを祝して
靴下に隠してある50元札をアゲルからさ、勘弁して』

かくして、122元(2000円)の出費で、
彼と握手をして別れたのであった。

っと、その私の後姿に、彼の声が振ってくる。
「もう一方の靴下の中を見せろよ!」
脱兎の如く走り出した私は、サスケマンだった。
e0077899_718237.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-31 07:20 | その他
北京の撮影所
e0077899_794815.jpg
北京市の郊外に、撮影所のオープンセットがある。
余りにも広大な広さな為、スタッフは自転車で走り回っている。
われわれ役者は車でセット内を移動する。

共演者は、竹中直人。
彼とは、22年ぶりに再会した。
22年前に、「原宿シンデレラ物語」というドラマをやったのだ。
亡き上原謙さん(加山雄三の父)が、出演しており、
3人のシーンで、竹中直人が、加山雄三の真似、
鼻をかきながら、「幸せだなあ~」をアドリブでやったのだが、
上原謙さんは、全く反応がなかった。
無視されたのである。

そうだ!
そのドラマを思い出したら、その2年後を思い出した。
あれは、初めてニューヨークに行った時の事だ。
 (2005;12月7日参照)
空港からタクシーで、ホテルに向かった。
セントラルパークに近いでかいホテルだった。
キーを受け取り、部屋に入るなり、
まずテレビのスイッチを入れた。
アレっ!
私が映っている
竹中直人と何やら会話をしている。
そう紛れもなく、先述のドラマが流れているではないか!
初めて来たニューヨークで最初に見た番組が
日本の・・しかも、自分が出ているドラマだったのだ。
何たる偶然! 
私の前に、この部屋を使った客は日本人だったのか・・

さて、
北京のホテルに着くや、真っ先にテレビのスイッチを入れた。
おお~?
何やら、サスケみたいな競技をやっている。
これはなんだ?
漢字を読み進めると、どうもスーパーマリオを
素人参加で、人間がやっているらしい。
ほとんどクリア出来ない。
ふ~む、どこのお国も、おんなじだなあ~
e0077899_785778.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-30 07:10 | 仕事
ジスイズ テレビジョン
e0077899_6512183.jpg
このビル群は、北京のオリンピックスタジアムに程近い場所に
林立している建造物である。
見て頂きたいのは、一番左のビルの中層にある、テレビジョンだ。
液晶なのか、プラズマなのかは知らないが、
とにかく、その大きさに注目されたい。

縦が、5階分の長さがある。
という事は、1階を、4mで計算すると、20mになる。
ひえ~
横は30mにもなろうか・・
そして、このテレビは東を向いている。
実は、ビルの南側には更に、でかいスクリーン、
いや、テレビジョンがあるのだ!
縦が、7階分=28m
横が、40m 
 (私の概算)
ひえ~~~!
そのスクリーン、いやテレビが一日中、映像を流している。
中国4000年の歴史をこれでもかこれでもかと、流している。

SF映画<フィフスエレメント>で、未来都市のビルに、
大きなテレビ映像が映っているシーンがあるよね。
まさにアレである。

「ウチのテレビは100インチだよ!」
『いんや、ウットコのは、150インチあるよ!』
などと、自慢し合ってるレベルではないのだ。
インチと言っているウットコが恥ずかしくなる。
もはや、時代は <ヘーベー>である。
和風に言うなら、<>だ。

「ウットコのテレビ、16畳ありますんですの」
『あらぁ~タクのは、30坪ざ~んすけんど』

おっと、タクさんちは、で自慢して来たぞ。
となると、アメリカさんが黙っちゃ居ないだろう。
ニューヨーク辺りのビルに、もうすぐ現れるに違いない。
「ザットテレビジョン、イズ、5エーカー!
e0077899_651027.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-29 06:52 | その他
北京バイキング
e0077899_82455.jpg
「アレっ、ワンタンがない?」

ここは北京にあるホテルのレストランだ。
朝のモーニングバイキング会場である。
中華をはじめとする様々な料理が並んでいる。
よりどりみどりで、よりどってゆく。

さあて、<事件>は席に座り、食べている最中に起きた。
(ふむ、もう少し、ソーセージを食べよう)
皿を持って、バイキングテーブルに歩いていく。
ソーセージを2本取り、席に戻る。
(ん・・?食べかけのワンタンスープがない!)
え~片付けられちゃったのぉ~うっそぉ~
ちょっと席を離れた隙に、ウェイトレスに片付けられたのである。
んんもう、しょうがない。
ワンタンスープの場所まで出かけ、
半分ほど器に入れたワンタンを取ってくる。

(アレっ?今取ってきたばかりのソーセージがない!)
え~~?片付けられちゃったのぉ~?
うっそぉ~!
席を離れた時間なんて、30秒くらいでしょ。
このフロアを見渡しても、客なんて5人位しかいないじゃん。
ボクが食べている事くらい解るだろう!
ホントに、ウソみたいな事が起こるのだ・・
よし、ここで腹を立てたら日本人として、恥ずかしい。
シズシズをおとなしく、再びソーセージを取りに行く。
ちょっと落胆したので、今度は一本だけにした。
席に戻る・・

(え~~~え~~~!ワンタンがな~~い!)
たった今置いたばかりのワンタンがな~い!
そりゃ、確かに、半分しか入ってなかったとは云え、
ボクという人間が、席に座ったり立ったりしているでしょ。
ねえねえウェイトレスさん、ボクを見てくんない?
ボクという人間が、食べる気満タンで、動き回ってるでしょ。

ここは、そのウェイトレスを追いかけるしかない。
イシマル「ちょっと待って~それまだ食べかけだろぉ~」
ウェ 『・・・・』
そうだった、言葉通じないのね・・
と、思ったその時、いい事に、通訳さんが姿を現した。

通訳さんに、事の顛末を説明する。
ウェイトレスに訳して貰う。
イシマル「食べかけてる器を片付けないでちょうだい」
ウェ 『(中国語)ども、すみません』
(ふんとにもう、頼むよね~)

っとその時・・
「えええ~!アレ見て、ボクのテーブルから、
ソーセージが片付けられているぅ~!」
もう一人、ウェイトレスがいたのだった。
e0077899_811169.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-28 08:04 | その他
北京ダック
e0077899_815670.jpg
<北京ダック>
古今東西、様々な贅沢料理がある中で、
この名前だけは、別格である。
順位を付けようにも、もう、どうしようもないのである。
美味いとか、ベリーテイストとか、
形容詞が成り立たないのである。

この北京ダックとは、味わうモノではなく、儀式だと思っていた。
中華料理のコースの中にあり、
高級感を引き立たせるパフォーマンス的存在だと思っていた。
食べるフリをしてもいい料理だと思っていた。
一切れ、あわよくば二切れが、回ってくる
<おこぼれ頂戴>的なモノだと信じていた。

「皮だけ食って、あとは捨てるんネ!」
そんな、残念な思いをしたのは、私だけだろうか?
むしろ、あのデップリした肉を食ってみたい・・
そんな思いに、目の前で、皮だけ剥がれ
去ってゆく肉を睨み付けたのは、私だけだろうか?

とかいいながら、私は北京ダックの店にいた。
その店は、北京ダックの超有名店であった。
その証拠にこんな、証明書を渡されたのだ。
e0077899_83528.jpg
あんたが喰ったダックは
1億1518万4407匹目》 だけんね

ひえ~
確かに今、喰いましたですぅ。
皮だけでなく、身も、喰いましたですぅ。
ほんで、頭も出されたので、てらいもなく喰いましたですぅ。
舌も出されたので、食いましたですぅ。
コリコリして旨かったですぅ。
万頭に包むこともなく、ガツガツ
デップリした肉を喰いましたですぅ。

この証明書は何を訴えているのだろうか?
自慢せよ・・と奨励しているのだろうか?
ダック達を追悼せよ・・と促しているのだろうか?
それとも、喰った私に反省をすすめているのだろうか?

うん、少しだけ、反省している。
食べ残したからね。
だって、その前まで食い続けていたんだもん。
e0077899_80678.jpg
                   ダックの舌
e0077899_805830.jpg
                  ダックの頭
by ishimaru_ken | 2008-10-27 08:19 | その他
北京 刀削麺
e0077899_4584386.jpg
~昨日の続き~
腹がはちきれんばかり・・とはよく言ったもので、
北京の街中をフラフラしながら、腹十二分になってしまった。
そんな時に、その店は現れたのだ。

<山西 刀削麺> (とうしょうめん)

このコーナーに造詣の深い方なら、私が、どれほど、
刀削麺にゾッコンなのかご理解頂けていると思う。
その刀削麺の本場でその店を、見つけたのだ。
しかも、山西省正宗などと、書いてある。
正宗っちゃなんね?
まるで、の名前みたいじゃんかね。
と名の付く麺の、王道みたいじゃんかね。

さて、この店の前で、しばし私は佇んだ。
腰に両手を当てて、天を仰いでいた。
え~と、今日初めてこのコーナーをご覧の方には
分からないでしょうが、一昨日から観覧されている方には、
分かる話です。

早い話が・・腹がいっぱいなのだ。
この時点で、腹を揺すりながら、歩いてきたのだ。
ゲップとか云うレベルではなく、
はあ~ふ~は~ふ~の状態と云えば、ご理解頂けるだろうか。

そんな時に、現れたのが、私が恋してやまない、
刀削麺だったのだ。
運命の神とは、これほどのイタズラをするのだろうか?
《刀削麺を食べるだけの為に、中国に行きたい》
とまで願っていた私に対する仕打ちが、この遭遇であった。
e0077899_4594282.jpg
はあ~ふ~の私の前で、おじさんが、
シュッシュッっと麺を削っていた。
ポチャンポチャンと鍋に麺が、飛び込んでいた。
グツグツと麺は茹だり、どんぶりに注がれてゆく。
「あんちゃん、喰ってきな!」
そう言われたに違いない中国語に
返事を返した私の手の中には、すでに熱々のドンブリがあった。
はあ~ふ~ふ~ふ~
ああ~うまい~

この4時間後、北京ダックのフルコースを食べるはめになるとは、
もちろん、知る由もなかった・・
e0077899_458567.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-26 05:01 | その他
北京モツ
e0077899_546451.jpg
ガツガツと肉を喰らい、
昼間っからビールを飲まされてしまった私。
ふらふらと、歩き出したその先に、そいつはあったのだ!
この衝撃はキツイ!(上写真)
食い物の魅力を具象化した店である。

街中の道路上に、それはある。
大きな鍋は湯気をほとばらせ、グツグツと音を立てている。
鍋の中では、コレ以上濁れない程、濁りきった汁が、
グツグツぶくぶく泡だっている。

浜名湖のうなぎ屋が、
「明治時代から、タレを繋ぎ繋ぎ、やってきました」
っと、自慢しているのだとすれば、
恐らく、鍋の前に立つシェフの彼に、インタビューすれば、
きっと返ってくるだろう・・
『4000年前から、繋ぎ繋ぎ、やってきました』

この食い物は
 <モツ汁>であった。
12元(200円)と壁に書いてある。
すぐに注文した。
数種類のモツと豆腐を、グツグツ鍋の中から取り出し
ブツンブツン、切り刻む。
最後に、4000年の汁を注いで、どうぞ!
客は押し頂く。
シェーシェー

さあて、4000年のお味はいかが・・?
(ごめん、4000年とは、お店は言ってないかんね)
ん~~~腹いっぱいだったんで、よくわかんな~い・・

っと、ここで、まだ食道楽は終わらなかったのだ。
又、明日・・
e0077899_546787.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-25 06:00 | その他
北京肉店
e0077899_9173031.jpg
北京の前門大街の下町を歩いていた。
腹ペコであった。
すると、その店は、当たり前のように、私の前に現れた。
肉がブラ下がっている。
鳥なのか、豚なのか、アヒルなのか、ガチョウなのか、
何なのか、ワケの分からないアメ色をした美味そうなヤツが、
私を呼んでいる。
みんなを呼んでいる。
その前を通る地元の人、観光客を呼んでいる。
アレを見て、呼ばれて、お呼ばれしないヤツは、不届きモノだ。

吸い込まれる様に、店のドアを押す。
「いらっしゃいまし~」の言葉は、ない
入ると、テーブルが3つほどあり・・
というより、3つしかなく、そのひとつに相席する。
そっちのテーブルには、家族連れ、
あっちのテーブルには、カップル、
私のテーブルには酔いつぶれたおじさん一人。
昼間っから。

丸イスに座るや、店のおばちゃんが来た。
「:*+m_@:;dkp?」
何が食べたいか訊かれたようだ。
ショーウインドーの、鳥なのか豚なのか・・の
中から、三つほど指差すと、にっこり笑った。
「/.;j1*e5-n0?」
何を言われたか分からないが、とりあえず
プヨウ(不要)いらない』と言う。

ここで、中国語講座です。
欲しいときは、<要(ヨウ)。
いらない時は、<不要(プヨウ)>
e0077899_9193651.jpg
っと教わった私である。
ところがである。
私の前に、先ほどのおばちゃんがビールを持ってきた。
昼間っからビールである。
プヨウっと言ったよ」
ヨウヨウ
「いんや、プヨウ、プヨウ!」
『ヨウ、ヨウ』

私の発した、<プ>は、無視され、
強引に、ビールを飲まされる羽目に陥ったのだ。
そして、出てきた鳥なのか豚なのか・・の肉の
美味い事、うまいこと・・
ハグハグ、ぐちゃぐちゃ・・
しかも、私が指差した時、指先がサマヨッタのだろう、
ワケのわからぬ麺の丼が、付いてきた。
e0077899_9201073.jpg
これは何だったのだろう?
ちゃんと切れてもいないし・・

勘定は、46元(740円)であった。
満腹で、店を後にした私に更なる興奮が待っていた。
それは又、明日・・
e0077899_9203754.jpg
            店内より通りをのぞむ
by ishimaru_ken | 2008-10-24 09:23 | その他
北京 ダウンタウン
e0077899_6285342.jpg
                        漬物屋
胡同(フートン)
北京の紫禁城の周りに、昔から存在する住宅街である。
まあ、日本的に云えば、城下町であろうか・・
現代では、下町(ダウンタウン)とも云える。

下町好きの私は、とりも直さず、フートンに足を向けた。
向けた・・と云えば、カッコいいが、歩いている内に、
いつの間にか、フートンに迷い込んだと云うのが、真相だ。
フートンを一言で表現するなら、狭い小路の迷路である。
乗用車では通り抜け出来ない小路が、
コレでもかコレでもかと続く。
首都なる北京の
コンクリートジャングルでは味わえない世界がそこにある。
しかし、その暮らしは、少しづつ変わってきているとみえる。

では問題です。
例えば、このお婆ちゃん、何をしているのでしょう?
e0077899_630680.jpg

答え;
足腰を鍛える為、自転車の機械を懸命に漕いでいるのです。
これは、何でしょう?
e0077899_6304481.jpg

答え;
 ルームランナー(日本でも、通販で買った人もいるよね)

と、云いながら、この方には驚いた!
e0077899_6311055.jpg

自転車の荷台の横に、プロパンボンベを縛って走っているのだ。
写真では、普通だが、このお方、
フラフラ、ガリガリ、
ボンベを、地面にコスリながら、左に40度以上傾いて
自転車を走らせていたのだ。

っと、この駐車している車は・・?
e0077899_6313648.jpg
タイヤにハッポースチロールが貼り付けられている。
タイヤを盗まれない用心だろうか?

え~と、この・・車に見える自動車。
e0077899_632764.jpg

実は、バイクを改造したタクシーです。
客は一人しか乗れない。
一回乗ると2元(32円)
ただし、違法です。
だから、それを承知で乗った私は、警察に止められたら、
「私は、運転手の親戚だ!」
・・と流暢な中国語で言えなければならない
by ishimaru_ken | 2008-10-23 06:46 | その他
フートン
e0077899_640369.jpg
北京のタクシーで、苦労しながら
たどり着いたのは、前門大街(ぜんもんたいがい)
フートンの街並みであった。
いや、フートンの繁華街であった。
北京ダックや、フカヒレの店とは、対極の店がそこにはあった。

たどり着いた私は、腹ペコの状態だった。
そこには、只でさえ、美味そうに見える中華料理店が、
しのぎを削っての、オンパレードなのだ。
安さ爆発!・・と、どこかの電気店よろしく・・
ヨダレたらたらの店の横に、ヨダレたらたらが続くのである。
その特徴を列記しよう。
・店構えが小さい。
・店に入る前に階段がない。(これは重要)
・店の前に、何が食べられるか書いてある。
・店の前に、ワケのわからん人が、タムロしている。
・店の中に、どんな時間でも客が食事をしている。
・その客は、何故かビールを飲んでいる。
・店の主人と客の区別がつかない。(服装が同じ)
・店は、決して客引きをしない。
・店の前に、猫が寝ている。

では、明日、勇気を持ってその店に入ったレポートを・・
e0077899_641821.jpg

by ishimaru_ken | 2008-10-22 06:41 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧