<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
隠れキリシタン
e0077899_8565353.jpg
                      天草 大江天主堂
 <隠れキリシタン>
熊本県の天草地方を旅すると、
江戸時代に隠れキリシタンの遺した遺産を数多く見かける。
幕府に見つからない様に、
村中で、秘密を守り抜いた辛い歴史があった。
村民が、もれなくキリスト教を信奉していたのだ。
家の中には、一見、仏教徒に見える様に、
仏壇や、神棚を飾っていたものの、
隠し扉の向こうには、十字架が掛けられてあったりする。
生活品の随所に、マリア様や、十字が隠されている。
幕府の役人が現れると、皆が団結して、隠しにあたった。
そう、確かに江戸時代、この村では、
全員がキリスト教信者であった

あった・・と断言したのだが、ちょっと待て?
「俺、賛美歌って歌いたくねえんだよな、音痴だし・・」
という、輩がいたのではないだろうか?
「どっちかと云うと、お経の方が唱え易いンだよな、節ないし」
という、異端児がいてもおかしくない。
「お釈迦様は、村の誰かに似てるけんど、
 マリア様は、外国人だからなあ・・」
という、馴染めない奴がいても不思議ではない。

そういう人は、きっと、
誰にも言えず一人で苦しんでいたに違いない。
彼は、隠れキリシタンの中で、更に隠れていた仏教徒。
つまり、<隠れ仏教徒>なのだ。

彼の信仰行動は、複雑である。
隠し部屋に皆と一緒に隠れて、聖書の勉強をしながら、
実は、心の中で、念仏を唱えている。
皆が、賛美歌を歌っている時に、口パクでお経を口ずさむ。
皆が、指と指を組んで拝んでいる時に、時々
指をそお~と伸ばしたりしている。

一番の問題は、幕府の役人が来た折だ。
本来なら、思いっきり仏教を信心出来る環境にあるにも拘わらず、
村人が仏教徒の真似をしているリズムに合わせなければならない。
何となく浮ついた信者でなければならない。
バレてまずいのは、役人にではなく、村人にである。

この二重構造を演じきるのは、容易いことではない。
これは、アレに似ている。
ドラマの中で、街頭テレビインタビューをされるシーンがある。
「犯人を目撃されましたか?」
『さあ、アレが犯人だったのか、ちょっと大きな声がしてぇ・・』
テレビカメラに向かって、素人っぽさを演じなければならない。
役者にとっと、アレほど難しいものはない。
<裏の裏>、<逆の逆>
本来ならば、元に戻って、正常な状態な筈なのに、
浮き足だってしまう。

天草の彼も、ヘタに演じている自分に気づいていただろう。
バレやしないかと、ドキドキしていただろう。
(仏様、どうぞお助け下さい)
十字を切りながら、想いは、酔眼の仏にあった。
e0077899_8561890.jpg

by ishimaru_ken | 2009-02-28 08:58 | その他
たられば
e0077899_8273979.jpg
                         アロエの花
<たら、れば> という言葉がある。

あの時、こうしていたら良かった。
あの時、そうしていなければ良かった。
後悔先に立たずという諺を、手短かに表現すると、
たらればになる。

使用例としては、たらればを言うな・・という使い方が正しい。
ふむ・・・
○○○○を言うな・・とは、否定的で面白くないよな。
そこで、今日は、○○○○を言おうでいこう!
たらればに対抗する言葉として、私が考えたのはコレだ!

ならしか
なら出来る、さあやろう!
しかない、さあやろう!

この例題の<今>を、<明日>に変えても同じ意味になる。
ようは、「さあ、やろう!」と思い立つ能動性が肝なのだ。
よし、久しぶりに大工の棟梁においで願おう。

『おぅおぅ、いい若ぇモンが、
 たらればたられば言ってンじゃネェよ。
 悔やんだって、しょうがねぇだろがょ。
 <ならしか>って言葉を知らねぇかぃ?
 なにぃ?奈良の鹿だってぇ?上手いこと言うねぇ。
 そじゃねぇよ。
 せっかく、たらればと悔やんだンならよ、
 よし、今しかない、今なら出来ると思ってみな。
 やるだけやってみな。
 後は、お天道さまだけが知ってらぃ。
 なにぃ?<しかなら>の方がいいって?
 すっぺた転んだ事言ってンじゃねえ。
 <しかなら>だとよぉ、
 <なるようにしかならない>って、ひでえ言葉じゃねぇかよ。
 なっ、明日から、おめえは、ならしかだぞ!
 んだから、奈良の鹿じゃねぇって、この唐変木!』
e0077899_825199.jpg
                   山で出会った鹿の親子
by ishimaru_ken | 2009-02-27 08:31 | その他
セメント
e0077899_835469.jpg
ドッガアアアア~~~ン!!

ドラマのロケで、火薬を使用して、爆発をやる事がある。
その瞬間が近づいてくると、出演者は勿論、スタッフも緊張する。
なんたって、ダイナマイトに等しいものが、爆発するのだから、
その威力は凄い。
音が凄まじい。
そして映像に迫力を加える為、
多くの飛沫が飛び散るように工夫する。
例えば、先日の仮面ライダーのロケでは、
伝統的な手法が用いられた。

セメント

紙袋に詰められたセメントを発火装置で爆破するのだ。
セメントと云っても、何やら、複雑な加工をしているらしい。
そいつを我々出演者の周りに、たくさん配置し、
誰ぞのセリフの語尾で、爆発させるのだ。

「は~い、本番いきま~す」
緊張しまくりの助監督の声が響く。
ふと、隣をみると、
出演者の小学生の女の子がブルブル震えている。
「怖いの?」
『・・うん・・』

その時、気づいたのだ。
私も、ブルブルではないが、震えている。
そう云えば、このセメントという爆破は、
初めての経験だったのだ。
テレビ画面では、知っていたが、実際には、見た事がなかった。
まもなく、セメントが行われるというので、
さっきから、緊張はしていた。
しかし、大人の役者なんだから・・と、
泰然と構えている気でいたのだ。

その私が、小学生の女の子が、素直に震えているのを見て、
自分の中の素直な部分は、やはり震えている事に気づいたのだ。
ああ、誰でも、初めてはやっぱ怖いんだ。
(ん・・?誰か何か喋ってるな)
と思ったその刹那!

ドッガアアア~~~ン!!

大音響と共に、灰白色の粉が舞い上がった。
息をしないように、と注意をされていたが、
それどころではない。
ゴホゴホゴホっ
灰色に染まった空気をかき分け、脱出を試みる。

カットオ~!
そうだった、本番中だった。
逃げてはいけなかった。
何でも、CGで合成出来る時代でも、爆破は、やっている。
セメント後、キャッキャッと喜んでいたのは、
セメント初心者の、小学生とオジサンだけだった。
e0077899_832294.jpg

by ishimaru_ken | 2009-02-26 08:04 | 仕事
粉グスリ
e0077899_8305418.jpg
粉グスリを飲む時、あなたは、水を先に口に入れますか?
それとも、クスリを先に口に入れますか?

問題は錠剤でも、カプセルでもなく、<粉グスリ>である。
クスリのこの状態だけが、苦い。
だから、何とか苦しまないで飲もうとする。

<水が先派>
 「舌に直に、クスリが降りかかると、苦さが直撃するじゃろぉ。
  ほじゃけ、先に水を含んどくんよ。
  ま、水のバリゲードじゃな」

<クスリが先派>
 『あら、そうするとサ、クスリを入れた時に、
  水の表面に広がってサ、
  口ン中のアチコチに粉がくっ付くじゃん』

<水派>
 「じゃから、その後に、もう一回水を飲むんじゃな」

<クスリ派>
 『そんな面倒くさ~い。どうせ苦い思いをするんでしょ。
  だったら、最初に舌の一部だけ、苦い思いすればいいじゃん』

<水派>
 「いんや、その一瞬が嫌いなんじゃな。
  先に水飲んどきゃ、薄れるじゃろが」

<クスリ派>
 『だからぁ、口の中じゅう粉だらけになるのが、解らないノ?
  それだったら、コップに水と粉を溶いて、
  飲むのと一緒じゃん』

<水派>
 「一緒じゃない!ああ今、水でバリゲードを作ってるナ、
  今、クスリが入ったナ、今さらに洗い流してるナ・・と
  いちいちの確認作業が病人には必要なんじゃ」

<クスリ派>
 『あっ、急に病人ぶった。
  どっちでもいいから、早く薬飲んで!』

<水派>
 「どっちでも良くない。最初に粉を入れたら、
  もし咳き込んだりすると、部屋中に、粉を撒き散らすぞ。
  ゴホゴホ・・と」

<クスリ派>
 『さっき、むせて、水吐き出してたのは、誰よ!』

<水派>
 「わしゃ、もう眠る。」
e0077899_8294383.jpg
                    あけび
by ishimaru_ken | 2009-02-25 08:31 | その他
ジャグジー
e0077899_8333542.jpg
スキュバーダイビングで、海に潜る。
私の場合、南の島で、冬に潜る場合が多い。
南国とは云え、やはり水は冷たい。
小一時間で、体が震えてくる。
そこで、海からあがったら、温かいジャグジーへ直行だ。
ジャグジーとは、屋外にあるお風呂である。
露天風呂とどう違うのか?と問われると、答え辛いが、
水着を着たまま入る露天風呂と云ったらいいか・・

そこに、ドライスーツのまま、ザブンと入る。
熱い風呂が苦手な私には、ジャグジーは丁度いい。
ドライスーツって奴は、寒さも防いでくれるが、
熱さも防いでくれる。
じんわりした、温かさに包まれるのである。
普段、風呂に5分も浸かっていられない私が、
数十分も、ウダウダしていられる。
時には、1時間もグダグダしてしまうこともある。
手の指の腹が、完全にお婆ちゃんになる。

そんな、ジャグジーを持ち運び出来ないものか・・
とツレヅレ考えていたら、
なんと、実現出来ることが解かった。
熱いお湯に耐えられる簡易プールを用意し、
それにお湯を溜めるのだ。
子供用プールは夏にだけ使うとは限らない。
ただし、やや熱に弱い。
何か被せる工夫をしよう。
これなら、小さな庭でも、ジャグジーに入れる。
追い炊きが出来ないだけの露天風呂だ。
身体が熱くなれば、寒風で冷ます。
寒くなれば、又浸かる。

冒頭の写真は、マリンレジャー用の、
ジェットで引っ張るゴムカップを利用している。
入湯の際は、くれぐれも尖った物を持ち込まないように!
くれぐれも、アルコール類を持ち込まないように!
e0077899_8355662.jpg

by ishimaru_ken | 2009-02-24 08:36 | スポーツ
ヒラメ
e0077899_8321071.jpg
「ヒラメだあ!」
海の上に浮かんだ船の上で、喜びの声を挙げる.
そうそう簡単に釣れない、高級魚ヒラメが釣れた喜びに、
思わず、歓喜のガッツポーズで、酔いしれる。

今日の話は、常連の釣り人だけではなく、
初めて釣りに出かけたアナタにも降りかかるお話です。

<ビギナーズラック>と云う昔からあるラッキー言葉がある。
分かり易く表現すると、
初めてチャレンジしたアナタに、
なぜか、最高の魚が釣れるのだ。

『うっひゃぁ~釣れたぞう、ヒラメじゃあ~!』

ヒラメと云えば、
《ヒラメの薄造り》
《ヒラメのエンガワ》
《ヒラメのムニエル》

美味しさにかけては、メダリストである。
よし・・仮の話だ。
そのヒラメが釣れたと、大騒ぎをしたアナタ。
その夜、友人を集めて、ヒラメ料理をふるまった。
ところが!
物知り顔の友人の一人が、ニヒルにつぶやくのだ。
ははぁ~ん、こいつは、<カレイ>だね。

ガアア~~~ン!
ヒラメだと思っていた魚が、実はカレイだと言うのだ。
おつう>が、隣の部屋で、カタコンカタコン・・
じぇったい見ないで下さいね!・・と言いながら、
実はカレイだったのだ。
与平(よひょう)は、傷つき驚いた。

そこで、本日の命題だ。
「ヒラメとカレイは、どこで見分けるのですか?」
ふむ、その見分け方は、とても簡単なのだが、
敢えて、私は教えない。
人生には、生涯、知らない方が良い事もあるのだ!

ちなみに、カナダでは、ヒラメの超特大(2m級)を
オヒョウ》と呼ぶ。
与平(よひょう)と、何か関連があるのだろうか?

教えないと言ったが、やはり教えよう。
ヒラメだかカレイだかの、白い部分を皿に付けて置く。
ハラワタが入っている部分を自分側に持ってくる。
その時、顔が左にくれば、ヒラメ。
右にくれば、カレイ。
覚え方として、
<左ヒラメ、右カレイ>と呼ぶ。
では、最後の写真はどちらでしょう?
e0077899_8311895.jpg

by ishimaru_ken | 2009-02-23 08:35 | その他
きてください
e0077899_6445671.jpg
                由布岳から 湯布院
 昔々、大分県の湯布院という町に、ある病院があった。
仮に、岩男(いわお)病院と呼ぼう。
岩男病院に、ある日、お尻におできが出来た患者が現れた。
院長が診察にあたった。

お尻を診察する為に、下半身、裸になって貰った。
診察ベッドに横たわる男性患者。
彼は、非常に生真面目な患者だった。
医者の言う事を、うのみにする患者だった。
うつ伏せのまま、院長にすべてを任せていた。

お尻の状態ををチェックし終わった院長が、
下半身むき出しの患者に優しく言った。
「はい、着て下さい

この日、院長はトイレが近かった。
その患者に、言葉を掛けるなり、そのまま、診察室を出た。
パタパタパタ・・
スリッパのパタ音高く、院長は、トイレへ急ぐ。
途中で、ロビーに待つ大勢の患者が目に入る。
優しい院長は、皆に、手を振って挨拶する。
掃除係りのおばちゃんが、通り過ぎる。
手を振って挨拶する。

しかして、院長は、トイレで、気持ちの良い放尿をしていた。
・・・ん?
院長は何か・・背後にただならぬ気配を感じた。
(誰かがいる!)
放尿を続けながら、グルリと首を回した。
すると、そこに立っていたのは!!!

 下半身素っ裸の男!

いわゆるブランブランの男。
放尿を続けながら、院長は言葉を吐いた。
「君、何してんの?」

『・・<来て下さい>って言われたから・・』

ん・・?来て下さい
ん・・?着て下さい・・

不安な患者にとって、医者の言葉は絶対である。
院長は、キテクダサイと言った後の行為を思い返す。
ロビーを通ったよナ。
数十人の患者がこちらを見ていたよナ。
皆が皆、目が皿の様になってたよナ。
私が手を振っているのに、なぜか
私のすぐ後ろを見ていたよナ。
いつも、ワイワイと騒がしいロビーが何故か静かだったよナ。
・・ん?
掃除のおばちゃんに手を挙げたのに、返事が無かったナ。
目がビー玉みたいになってたよナ。

首を捻じ曲げた院長・・その男性になんと言ったと思います?

「君も、しなさい」
e0077899_6441318.jpg
                由布岳にある城跡の小山
by ishimaru_ken | 2009-02-22 06:47 | 昔々おバカな話
オーナー
e0077899_8221312.jpg
仮面ライダー電王の映画第4弾が、
ゴールデンウィークに封切られる段になった。
その映画の中で、私は、<オーナー>と呼ばれている。
デンライナーという時空を駆ける列車の持ち主・・
オーナーと云う訳だ。
子供達の間で、私は、オーナーで通っている。

そんな一昨日、
小学3年の友人のレンくんが、ソフトボールの試合があるというので、
応援に出かけた。
チーム名は<ビッグアロー>
行って見れば、全国で最もレベルが高いと言われる
神奈川県の横須賀地域の小学校で、小学3年でありながら、
もう、ピッチャーを任されている。
さすが、我らがレンくん。
3才にして、腹筋が割れ、5才にして、腕立て伏せ100回を超え、
10mの崖から、川に飛び込むスーパーチャイルドである。

「ナイスピッチング!」
大声を出して、応援をしていると、
対戦相手のお母さん達が、イシマルに気付いたらしい。
ひそひそ話を始めた。

母「ねえねえ、イシマルさんと、ビッグアローと
  何の関係があるのかしら?」
子『オーナーだよ』
母「えっオーナー?」
子『そうだよ、オーナー』
母「イシマルさんが、オーナーなの?」
子『名前知んないけど、オーナー』
母「ええ~?イシマルさんって
  ソフトのチームを持ってんだあ
!」

 話は、訳のわかんない方へ走って行くのであった。
試合は、逆転逆転の末、レンくんが、勝利投手となったのである。
e0077899_8211481.jpg
e0077899_823566.jpg
         フェリーで見つけたオーナールーム
by ishimaru_ken | 2009-02-21 08:25 | スポーツ
カ~ン ゴ~ン
e0077899_9393927.jpg
<このロープにさわらないでください>

世の中に、これほど誘惑に駆られる注意書きがあるだろうか。
そのロープが、巻きつけられている場所は、
教会だった。
九州は熊本の、天草の最果てに位置する入り江に、
その教会は佇んでいた。

「こんにちは」
教会の入り口をくぐろうかと、足を踏み込んだ左手に、
その貼り紙があったのだ。
肝心のロープの行方を追うと・・
e0077899_940538.jpg

こういう風になっていた。
玄関の天井に吸い込まれていたのだ。
あの先はどうなっているのだろう?
当然、推理し始める。
いったん、教会の外に出て、上部を眺める。
ふむふむ、あの穴の上の行き着く先は、
塔だな・・
塔と云う事は、釣鐘があるに違いない。
カ~ンカ~ンと打ち鳴らす鐘があるに決まっている。
カンヌシさん・・じゃなかった、神父さんがやってきて、
この鐘を突くのであろう。
ん・・?待てよ?
教会の鐘ってのは、神父さんかその弟子が、
階段をヨンショヨンショと登って、突くんじゃなかったっけ?
このように、安易にロープを引っ張っていいんだっけ?
この辺のお気楽さ加減は、神様と関係ないんだっけ?

そう云えば、似たような風景を以前見たな。
あれは、確か山梨県を車で走っていた時だった。
あまりにも静かな村に、それに似合った静かなお寺があった。
その鐘つき堂に、問題のロープがあった。
鐘つきの棒の後ろに、そのロープが結びつけられていた。

疑問が湧いた私は、ロープの行方を追った。
スルスルと伸びたロープは、幾つもの滑車の助けを経て、
境内を渡り、
庫裡(くり)、つまり、住職の住まいの廊下に伸び、
更に、更に、伸び続け、ついには、住まいの最深部に
達していたのである。

どういう事か?
この地は寒い。
ご住職は、あったかい部屋の中から、定時の鐘を突くのだ。
ゴ~~~~ン!

神父も突くのだ、遠隔操作で。
カ~~~ン!
e0077899_95519100.jpg

by ishimaru_ken | 2009-02-20 09:58 | 謙の発見!
ロクバン、ロクバン
e0077899_8465527.jpg
昨日、コンサートの司会をやった・・と述べた。
そこで、又やっちまったのだ。

通常、司会者というのは、曲の合間合間に現れ、
次の曲の紹介をするのが仕事である。
この日も、そうだった。

 前半の半分くらいになった頃だ。
演奏が終わり、拍手が起こった。
さて、出番だ・・と、舞台袖から、舞台へ飛び出した。

「では、続きまして・・」
っと喋り出した所で、軽い失笑が起こった
(ん・・?なんだろう?)
出てくるなりの失笑とくれば、考えられる事は、ひとつだ。
何気なく、そおうっと、ズボンのチャックに触ってみる。
(あれっ?閉まってるな)
横目で、指揮者の橘直孝(たちばななおたか)さんを見やると、
何か不思議そうな顔をしている。
やや、非難がましい顔と言ってもいい。
(私は、又何か失敗をやらかしたに違いない)
この間も、私の口はからは、
訳の解らない弁解が次から次と並べられている。
(さっき、間違った曲を紹介したのだろうか?)
お客さんにも、小さなザワツキが起きている。
目の前の譜面台に置いてある、アンチョコをペラペラと
捲ってみるものの、何を間違えたのか、さっぱり解らない。

その時だ。
すぐ近くに座っているバイオリンの女性の声がした。
「ロクバン、ロクバン」
囁いている。
(ロクバン?って、今え~と曲は、確か4曲目だったよな)
再び、アンチョコをペラペラやる。
(う~ん解かんな~い)
この間も、口だけはペラペラと、意味不明の釈明を繰り返している。
聞かれてもいない、海外旅行の話をしたりしている。
「ロクバン、ロクバン」
バイオリンの女性がさらに、3人ほど加わって囁く。

ガ~~~ン!
わかったあ!
私は、今出てきてはいけなかったのだ。
さっき引っ込む時、私はこう言って姿を消したのだ。
『それでは皆様、<○○の楽曲>より、
 第5番と6番を、二曲続けてお聞き下さい』

つまり、5番が終わった後、拍手があったので、
司会者の習性として、舞台に飛び出してしまったのだ。
お客さんも、私がミスった事に気づいたのだ。
だから、失笑。
それを、ノラリクラリ訳の解らない言い訳を、し続けたのだ。

ああ、恥ずかしい。
舞台袖を穴だと思って、すぐに跳び込んだ。
そして、二曲目のロクバンが終わったあと、
こそおっと、舞台に忍び出たイシマルに、大笑いの洗礼があった。
e0077899_8463031.jpg

by ishimaru_ken | 2009-02-19 08:48 | 仕事



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧