<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ストリーキング
e0077899_620816.jpg
 公園で脱いだの騒いだのと、かまびすしい。 
ここで、問題です。
《日本で最初に、ストリーキングをやったのは、誰でしょう?》

36年前です。男です。
役者です。ナレーターもやってます。
とここまで、ヒントを出せば、
回転の良いあなたは、もうお解りですね。
答え;
 いしまるけんじろうさん

36年前の3月10日だったか・・
テレビを見ていたら、小野田さんが、ジャングルの中から、
日本に帰国して羽田空港に降り立った。
そのあとの、ニュースが気になった。
「アメリカでは、街中を裸で走り過ぎる
 ストリーキングというものが流行っています」

ピ~~ン!
っときた私は、翌日すぐに決行することにした。
(なにがピ~ンなんだろう?)

翌日は日曜日だ。
場所は、人がたくさん集まる、表参道と明治通りの交差点にした。
後見人は、昨日やはりピ~ンときた友人の岩男くんだ。
ピ~ンとはきたものの、彼は、私より足が遅いとの言い訳をし、
選手選考は簡単に決まったのである。
時は、お昼の12時丁度、
ビル群の裏手で着替えを済まし、
(この場合、着替えというのだろうか?)
服一式を抱えた岩男くんが見守る中、
素っ裸のイシマルが、走りだした。

さて、100mを11秒台で走ったという健脚が生きるのか!
裏手から、明治通りの舗道に出た途端、
人ごみの大渋滞にはまった。
走れないじゃ~~~ん!
<ストリーキング=裸で走る>
との定義からすると、歩いているのでは、様にならない。
何より、制服の方に捕まってしまう。
そこで、一計を案じた。
ストリーキングを動詞化して、
ストリーク!ストリーク!
と怒鳴りながら、走ったのである。
何事かと、道が開かれる。

総走行距離、400m、
時間にして、3分ほどの疾走であった。

待ち続けた岩男くんから服を奪い取り、着替えた私。
(ほんとに、着替えたでいいのかな?)
犯人は現場に戻るの言い伝えどおり、犯行現場に向かった。
驚くべき事に、その現場は、
何変わらぬ日常を取り戻していたのである。
キャーキャー阿鼻叫喚を期待していた我々は、力が抜けた。
こんなもんなんだ・・・
そんなもんなんだ・・・

それでも、次の日の朝日新聞の社会欄を開くと・・
《日本で第一号のストリーキング現る!原宿の表参道を、
 素っ裸の若い男が、ホイサホイサと掛声を挙げながら、
 走り去るのを・・・》
by ishimaru_ken | 2009-04-30 06:21 | 昔々おバカな話
手洗い
e0077899_655246.jpg
                八重桜の花びらジュータン
<外から帰ってきたら、を洗い、ウガイをしましょう>
私が忘れずに、守っている決まり事だ。
 先ほども、帰ってくるなり洗面所に向かった。
ブチュっブチュっ!
上から押すと、液体石鹸がとび出す仕組みのボトルに手をかざす。
透明の液体が出てくる。
蛇口をひねり、水で手をこする。

ん・・?
泡が出ないナ・・
もの凄く手が汚い時、一回目では泡が出ない事がある。
(そんなに汚れてたかナ?)
ブチュっブチュっ!
さらに、押して液体石鹸を取り出す。
手をこする。

ん・・・??
泡が出ない・・
ほんの少しも泡が出ない・・?
手のひらを見る。
確かに、汚れてはいるが、二回目の石鹸だぞ。
もう一回、ブチュっブチュっ!

あれえ~~?
泡はどこいっちゃったの?
私の手のひらでは、もう泡はたたなくなっちゃったの?
どうなってんだよ~~
っと、その液体石鹸に顔を近づけたら、
そこには、こう書いてある。

 《GUM》 ガムデンタルリンス

お口をクチュクチュやる液体だ。
私が期待していたボトルは、反対側においてあった。
 
 《キレイキレイ》 ハンドソープ

私は、ほっと胸を撫で下ろした。
良かったネ・・
キレイキレイでお口クチュクチュやらなくて・・
e0077899_641239.jpg
e0077899_642966.jpg

by ishimaru_ken | 2009-04-29 06:05 | その他
22222キロ

常日頃、マイカーを運転している方に訊きたい。
総走行距離の数字が、特定の数字になる瞬間って、好きですか?
例えば、10000キロ丁度とか・・
7777キロとか・・99999キロとか・・
連番好きの日本人にとって、車のメーター表示は、
魅惑的な刻み数字なのだ。

先日も、走りながら、マイカーのメーターを見たら、
<22218> との表示が・・
(おお、あと4キロ2の連番ではないか!)
その時が来たら、写真を撮ってやろう。
ルンルルンルル~♪

(おっあと3キロだ)
道も広いし、駐めやすいな。
(よおし、あと2キロだ)
高速に入る前に、その瞬間が訪れそうだな。
(オッホ~あと1キロ!)
そう云えば、<11111>キロの時は、失敗したんだったナ。
寸前まで、覚えていたのに、最後の最後に他の事を考えて
はっと気づいたら、11113キロになってた。
他の事って・・なんだっけ?
そうそう、あの時、新装の蕎麦屋の看板を見つけたんだ。
丁度、お昼時で、腹がグウグウ鳴ったんだ。
思わず、唾をゴクンと飲み込んだんだ。
そんで結局、蕎麦屋に入ったんだっけ?
入らなかったんだっけ?
あれっ、食べた覚えがないって事は、入らなかったんだな。
連番のいい時間をやり過ごすは、蕎麦も食べなかったはで、
あのがっくり加減はヤバかったナ。
しばし、ハンドルにうっぷしてたナ。

アレっアレアレ・・?
今、何キロ?!
あああ~ああああああ~!!!

 <2222

3キロも行き過ぎているゥ~~
通りすぎているゥ~~~
ウぅ~ソぉ~!
なんでこうなの?
なんで、こうなるの?
4キロも前から、逐一数字を確認してたじゃない!
なんで、最後の1キロだけ、忘れちゃうワケ?
うううぅぅ~~
おいらの場合、いつもこうだ。

しばし、ハンドルにうっぷしていた・・
e0077899_6504747.jpg
e0077899_948153.jpg

by ishimaru_ken | 2009-04-28 06:37 | その他
食えんだろ
e0077899_6425381.jpg
                     素敵なオムライス
おかずとして出された料理の中に、
食べられないモノが入っているのが気に入らない。
食べられないとは、嫌いだという意味ではなく、
食べるべきでないモノと、とって頂きたい。

<イチゴのヘタ
ケーキなどのお菓子類にふんだんに使われるイチゴ。
ちゃんとヘタが取られてあれば、いいのだが、
赤と緑のコントラストを強調する為か、
わざと、ヘタを付けっ放しにしてある場合がある。
あのヘタは、食えんだろ。
と云うより、汚くない?
フォークとスプーンで食べろというが、
どうやってこのヘタを取れってかぁ~

<ブイヤベースに入っている海老のカラ
あのチクチクするカラを取り除くのは、めんどくさいゾ。
頭の先から伸びた触角を間違えて、口の中に入れてしまい、
痛タタタタ・・

<ボンゴレスパゲッティに入っているアサリの殻
フォークで柔らかい麺に突き刺そうとすると、
とても、嫌な感触で金属の先が、貝殻に突き当たる。
キィ~~と、刷りガラスをこする音が鳴る。
この貝殻は食べ物ではないだろ。
どっちかと云うと、器だろ。
柔らかい麺と、ごちゃ混ぜはイカンだろ。
それともなにかい・・?
量を増やす為の、偽装増量材として使っているのか?
そういやあ、ブイヤベースのムール貝も同罪だ。

<ミネストローネスープに入っている月桂樹の葉っぱ
30年前より以前の頃に、スパゲッティや、洋風スープに
月桂樹の葉っぱが入っているのを発見した際、
目を丸くして言ったものだ。
「このスープは、本格的だ!」
しっかり味付けが成された本物だと、皆が感じたものだった。
それを見越して、コックさんも、盛り付けに添えたものだった。
しかし、現代まで来ちゃうと、もういいだろ。
料理に月桂樹の葉っぱを使うのは構わないが、
盛り付ける器に入れるのは、もういい加減いいだろ。
アレは食べられないモノじゃないか。
木の葉っぱだぞ。
僕らは、コアラなのか・・
インコなのか・・
せっかく美味しくいただいている最中に、グワシッと紙の様なモノを
噛みしだいた時の不愉快さってないぞ!
ないぞ!
どうしても入れたいってのならサ、
《葉っぱ入ってます》の張り紙しといてネ。
e0077899_6385257.jpg
               烏骨鶏のたまご
by ishimaru_ken | 2009-04-27 06:49 | その他
トニーそば
e0077899_5433334.jpg
e0077899_5463721.jpg
<トニーそば>
石垣島で見つけたそば屋である。
そばと言っても、沖縄県であるから、沖縄そばの事だ。
それにしても、この看板の好き勝手さは、秀でている。

数十年前の東映映画を彷彿とさせるイラスト。
恐らく俳優の誰かの似顔絵だと想像できるのだが、
誰だかわからない。
店主ご本人は、旗を持ったオジサンだと思われる。
このオジサンが、トニーさんだろうか?
それにしても300円は安いな。
ついでに売っているTシャツが500円なのだから、
どうも、値段設定がおかしい。

 今日も良い旅でありますように 
 トニーTシャツ 500エン
 アミーゴにプレゼント!!

と、張り紙があるが、売れるのだろうか?
別の壁にも、イラスト入り看板。
いったい誰のファンなんだろう?
まさかオジサンの若い頃なんて言うなよ!
e0077899_5472243.jpg
       石垣島からの距離カンバン
by ishimaru_ken | 2009-04-26 05:45 | 謙の発見!
ソフトクリーム
e0077899_6194786.jpg
この写真の意図するところが解るだろうか?
まあ、私がやっているからには、おふざけには違いない。
撮影場所は、三浦半島の久里浜港。
黒船が来航した港でもある。
答え。

<スタッチ オブ リバティ>
 自由の女神

ニューヨークのマンハッタン島の入口に建つ像にならって、
東京湾の入口の港に、自由の女神の持っている聖火を
アシラッテみた。
聖火が無いので、ソフトクリームで代用した。
(ふ~ん、くだらないの>
と思ったあなた!
正解です。

本当は、単にソフトクリームが食べたかったのである。
ところが、このソフトクリームと云う奴が、
ダイエットの大敵なのである。
普段ほいほいと食べるワケにはいかないのである。
何かと大義名分をくっ付けないと、
食べるのはおろか購入すらも、し辛いのだ。

そこで、明治時代という古典的な考察と、
ニューヨークというハイカラな場所をごちゃまぜにして、
何だか訳解らない理由にしあげて、
買い求めたのだ。
ついでに、写真まで撮ったのだ。
そんな事までしたものだから、太陽で溶けだして、
ドロドロ、ポタポタ、
慌てて食べるものだから、知覚過敏で歯が沁みて・・・
e0077899_619458.jpg
                    あけび
by ishimaru_ken | 2009-04-25 06:18 | その他
食べたい
e0077899_6241255.jpg
                    鯛飯(たいめし)
最近、私のこのコーナーを拝読されている方々から、
こんな声を頂く。
「なんか、食べモノの話が多くない?」
「話の内容が、エンゲル係数高いよね」

ん~ごもっともで御座います。
いい大人が、食ってばかりのお話でいいのかな・・?
と、私自身も、ちょびっと危惧しておりました。
昔から、「腹が減った腹が減った」と騒ぐ奴に、
立派な人物はいないぞ・・と、父親から教育されたハズなのに、
腹が減ったどころか、
何をどう食ったか・・に拘わり続けている私なのだ。

ま、いっか。
どうせ、もう立派な人物にはなれないだろうし、
立派な人物は、誰かに頑張っていただこう。

私的には、視覚と嗅覚、
舌とノドと胃袋が連動して、立派な役目を果たしてくれれば、
満足なのである。

東に、素晴らしい蕎麦屋があると聞けば、高速を飛ばして
 食べにゆくのである。
西に、こだわりの豆腐屋があると聞けば、
 泊まりがけで、出かけるのである。
北に、極太のサバがいると聞けば、舌を真っさらにして、
 駆けつけるのである。
南に、新たにインドレストランが出来たと聞けば、
 長期間カレー断食をして食べに行くのである。

そうそう、このカレー断食はよく効く。
身体をカレーに飢えた状態に、干からびさせて置くのである。
ほんのちょっとのカレーの香りに、敏感な体に作り換えるのだ。
カレーって奴は、満腹状態でも、もう一口食べたくなる食い物だ。
だのに、
カレー飢餓状態で、インドレストランに入ったりすると、
目まいがして倒れそうになる。
注文してから、カレーが出されるまでが待ちきれない
スプーンをテーブルに叩きつけたくなる。
何とか気を紛らわそうとするのだが、
あの強烈な香辛料の匂いから、逃れるすべがない。
考えを他に逸らそうとするのだが、
ガーリックの香りが、強引にカレーを意識させる。

「ああ待てない!もう待てない!」コールが頭の中で鳴り響く。
こんな時、例え携帯電話が鳴っても、知らん顔だ。
私の身体はすでに、
すぐ来て!コールに耐えられない身体に仕上がっているのだ。
e0077899_6224925.jpg
                エクレア
by ishimaru_ken | 2009-04-24 06:25 | その他
ビギナーズラック
e0077899_6162922.jpg
<ビギナーズラック>

しばしば、使われる言葉だが、特に釣りに於いては頻繁に起こる。
先日も、船釣りが初めてという友人を、
船に乗せて東京湾に浮かべた。

竹中「あのデカイのは何?」
イシマル『タンカーだよ』
竹中「あの黒いのは?」
イシマル『潜水艦かなあ』
竹中「あの灰色のは?」
イシマル『イージス艦じゃないの』
竹中「ひえ~~」

いちいち感動している初心者であった。
この日は、お日柄も悪く、
同乗のタイ釣りベテラン達に、音沙汰が無かった。
そんな時に、威力を発する慣用句が、
<ビギナーズラック>
今夜の鯛の刺身を是が日でも釣って貰わなくてはならぬ。
ベテランの技術では、最早いかんともしがたい。
ここはひとつ、竹中くん!
君しかいないんだよ・・ラックを使って!

うわあああ~~~!
我らの思いが通じたのか、
竹中くんの竿が海中に突き刺さる。
「重いです・・重いです・・」
素直な感想を漏らす。
「なんか、コレってぇ・・凄いです」
半分パニクっている。
「あっ、軽くなりました!あっ、重くなりました!」
大騒ぎして、タモに収まったのは、3キロ弱の大鯛であった。
腹が白子でパンパンの、オスだった。

その夜、私が捌いて、見事な鯛の刺身を皆で頂いたのだが・・
この刺身がとんでもなく旨かった。
恐らく私がこれまで食べた鯛の刺身のベスト1かもしれない。
筆舌に尽くしがたいと云う表現がある。
まさに今の私の筆力では、この旨みを伝えられない。
一口食べた直後、立ち上がって後ろにのけ反り、
壁際に張り付いた私であった。
私以外のみんなは、ハシが止まらず、
ただただ黙々と、刺身を平らげていた。
皆の眼が喋っていた。
(なんなんだ、この旨みは・・!)

ビギナー竹中くん、ありがとう。
でも、もう君は使っちまったよ、ラック・・
e0077899_6125599.jpg

by ishimaru_ken | 2009-04-23 06:16 | その他
ザ・マスターズ 遠方賞
e0077899_5333175.jpg
<ザ・マスターズ>
今年も、我らが主催するウインドサーフィンのレースが催された。
風がやや弱く、穏やかな陽だまりの中、1レースが成立した。
遠くは、新潟、京都、大阪、和歌山、徳島、広島、福岡などから、
大勢の選手が駆けつけてくれた。
高速道路を長距離移動するのは、大変である。
マスターズに出場するために、
セッサしたり、タクマされたのである。

みんなありがとう、凄いなあ・・と思っていたら、
それどころではないとんでもない方が現れた。
「どうしても、マスターズに出場するんだ!」
との意気込みが高まり、彼は、飛び立った。
そう、文字通り、<飛び立った>のである。
飛び立った地を聞いて、跳び上がった。

 <ロンドン>

なんと彼は、ロンドンヒースロー空港から、
神奈川県三浦半島の津久井浜を目指したのである。
もの凄い目指し方だ。
なんという情熱!
なんという馬鹿さ加減!
なんというマイルの貯め方

彼から、道中、刻々送られてくるメールに、
《どうしても出たさ》が溢れている。
トランジットで立ち寄ったフランクフルトで、
6時間の足止めを喰らったらしい。
間に合わないのではないか・・?
空港内を走り回っている様子が察せられる。
とび出しそうな心臓をなだめているさまが、届く。
果たしてどうなったか・・?

間に合ったのである。
成立したレースに滑り込みセーフ!
見事、結果を残したのである。

<最遠方賞>を
当然貰えるだろうと思ったであろう福岡の皆さん、ごめんね。
今回だけは、彼にあげようよ。

よく頑張りましたネ、内藤くん!
e0077899_5325859.jpg

by ishimaru_ken | 2009-04-22 05:34 | スポーツ
ラザニア
e0077899_7421054.jpg
<ラザニア>
今、こう書いただけで、涎がドバっと出た。
ダイエットとか、健康とか全く考えないでよければ、
私にとって究極の大御馳走である。

小麦粉を捏ねた食べ物の中で、
あれほど見事な味に調理せしめた物体はないように思える。
その生地の合間合間に、挽き肉をねじ込み、
オリーブ油とガーリックの強烈なベース。
トマトピューレの酸味を加味し、
追い打ちは、チーズでコンガリ焼いてくれる。
おっと、又、涎が噴き出た。

もう、ずるい・・としか言えないラザニアの容姿だ。
しかも、一階建てではなく、4階建て5階建てに拵えてある。
食べる人の気持ちの煽り方を、ほんとに良く理解している。
構造自体を容易に見せてくれない狡さに感動すら覚える。

そこに、スプーンを入れる。
「ラザニアにはフォークでしょ」
という貴兄もおられるでしょうが、
私は、スプーンである。
スプーンでスパっと切り取った断面を、見てみたい。
断面と云ったって、チーズだのオリーブ油だのが、
垂れ下がり、崩壊寸前のビル状態である。
切り取るスプーンの動きにも、ヌチャネチャ音が纏わりつく。

ラザニアは、イタリアンレストランで、頂く。
ただでさえ、オリーブオイルとガーリックの香りに
溢れている場所に居ながらでさえなお、
ラザニアは、強烈な、惹かれる匂いを発している。
ニューヨークにあるイタリア系のコンビニには、
ラザニアが常に大量に、バットに入って売られている。
好きなだけすくって、レジで重さを測って貰う。
バットごと買いたくなるのは、私だけだろうか?

もし・・・もしだよ。
お弁当にラザニアを詰めて会社に持って行き、
昼休みに、チンをして食べ始めたら、
社内ではヒンシュクをかうだろうか?
e0077899_742361.jpg
       横浜ランドマークタワーより
by ishimaru_ken | 2009-04-21 07:43 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧