<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
メロディ橋
e0077899_6515619.jpg
今日は、人間の思い込みとは、いかに激しいものかと云うお話だ。
先日、丹沢の山に登ろうと、登山口に辿り着いたところ、
面白い橋があった。

 <メロディ橋>
案内書によると、
この橋の欄干を叩くと、メロディが流れると云う。
どういう事だろう?
更に、案内書には、そのメロディは、
 《お馬の親子》 だと書いてある。
「♪~おうまの親子は仲良しこよし、
いつでも一緒にポックリポックリ歩く~♪」

ふむ・・欄干を叩く・・か。
よし、叩いてみよう。
欄干はアルミ系の金属で出来ている。
お馬の親子の歌を歌いながら、橋を渡る。
右手で、同時に欄干を叩いた。
♪~ゴンゴンコン~コゴンゴンゴン~♪~

おお!、見事だ、お馬の親子の曲が欄干の金属から、
メロディとなって聞こえるではないか!
へえ~よし、もう一回やってみよう。
♪~ゴンゴンゴン~
ん・・?
欄干の途中に何かあるぞ。
欄干の縦にハスかっている金属の棒と棒の間に、
鉄琴のようなものが、括り付けられている。
ズラっと、いくつも括り付けられて並んでいる。
そして、最初の鉄琴の横に、
スリコギほどの木の棒が置かれてある。
つまり、この棒で、鉄琴を叩け・・?
ひょ、ひょっとして、これが、メロディ橋?

順番に叩いてみた。
♪~コンキンキン~~~♪
完璧な、<お馬の親子>が、川面に響き渡った。

ん~っとするとだねぇ~
さっきのメロディは何だったの?
戻って、もう一回欄干を叩いてみる。
ゴンゴンゴン、ゴンゴンゴン、ゴンゴン~
全く音階のない、ゴンゴンが鳴り響くだけである。
金属音のするモクギョと変わりない。

しかし、さっきは、はっきりとメロディに聞こえたのに、
どういうこと?
つまりは、人間の思い込みとは、かくも錯覚を呼び起こすという
典型例が、そこにあったのだ。
自分に都合よく、音階を作り出してしまったのだ。

 山からの帰り道、再びその橋を渡った。
試しに欄干を叩いてみた。
ゴンゴンゴン~
モクギョの音が、静かな山間にコダマしていた。
e0077899_6513238.jpg

by ishimaru_ken | 2009-11-30 06:56 | 謙の発見!
風呂上がりの髪型
e0077899_6374587.jpg
おかしな事に気付いた。

お風呂から揚がって、鏡を覗き込むと、
髪の毛が、毎風呂のたんびに、同じ形になっている
鏡に映った像で説明すると、
左の方に、ピンと立ったアトムの頭みたいになっている。
風呂場で、最後に頭を触る、その触り方に決まりがあるらしい。
恐らく、ラストにシャワーを掛けた時だと思われる。

それにしても、毎回毎回、同じ形になっているのが不思議だ。
365日、同じ髪型で、湯上りを迎えている。
365日、どうやったら、同じ形になるんだろうと考えている。
しかし、肝心の風呂場では、そのコトを忘れている。
365日、忘れている。
忘れているからこそ、同じ形になるのかもしれない。

バスタオルで、バサバサっと拭いてしまうと、もう忘れている。
しかし、今日は確認した。
こうやって、文章にもした。
今夜の風呂こそ、シャワーの最中に、意識してやろうと思う。
自分の手がどうやって、フィニッシュたらしめているのか、
観察してやろうと、思う。

覚えてられるかな?
風呂場に、書いて貼っておかなければ、無理かな。
ん・・?
意識出来たとしたら、
自分の手は、いつも通りに動かないだろナ。
と云うことは、自分が気が付かないで、
観察する方法を見つけないとダメだな。
え~と、隠しカメラって事になるぞ。
ん、待てよ・・
自分で、気が付かずに、隠しカメラを設置出来るかな?
無理だな。
・・・・
私は今、なが~い堂々巡りの中に、入ろうとしている・・・
e0077899_637039.jpg
          ゴルフでショットを打つ樹
by ishimaru_ken | 2009-11-29 06:39 | 謙の発見!
ザッパ~ン
e0077899_7262638.jpg
 最近、バスルームで呂オケを余り使わなくなった。
ジャワーで済ます事が多い。
よもや、風呂オケで、湯船から湯を掬い取り、
ザッパ~ンと、体にぶっ掛ける仕草をしなくなった。
シャワーの方が、環境に優しいと云う理由もあるにはあるが、
シャワーで済ませる習慣が付いてしまった。
そこで、昨夜、やってみた。

ザッパ~ン!
思わず大声が出た。
気持ちいい~~!!
ザッパ~ン!ザッパ~ン!
いやっほ~!
ザッパ~ン!ザッパ~ン!ザッパ~ン!
ホロロロロロ~!

<日本人は、昔はこうだっだ>と云う体験を
しみじみ実感できる。
日本に生まれて良かったと思う二つのコトとは、
蕎麦をススッた瞬間と、
風呂オケでザッパ~ンをやった瞬間と言われている。
(誰に?)
(わたしに)
さほど、ザッパ~ンは、一日の疲れを癒やしてくれる。
会社のストレスは、
何杯ものザッパ~ンで拭い去る事が出来る。

この日本古来の伝統ザッパ~ンが無くならないように、
我々は、守らなければならない。
そして、お爺ちゃんお婆ちゃんにも、
この楽しみを続けて貰わなくてはならない。
五十肩になると、手が肩より上に挙がらなくなる。
大好きなザッパ~ンが出来なくなる。

そんな方でも大丈夫な商品を売り出して欲しい。
自動的にお湯が、洗面器に入って頭上に上がり、
やがて、我が頭めがけて掛けられる。
ザッパ~ン!
その名も、ずばり、
 《ザッパ~ン
e0077899_7251585.jpg

by ishimaru_ken | 2009-11-28 07:28 | 謙の発見!
レンタルは続く
e0077899_513382.jpg
私は自分が情けない。
一昨日と先一昨日、レンタルDVDを14本借りた話をした。
それを返却に行く話もした。
そう、返却に向かったのだ。
今日こそは、返すだけだと心に決めて・・

私は、自分を分別のある大人だと自負していた。
誘惑には決して屈しない強い男だと、胸を張っていた。
DVD屋からの帰り、その胸があっという間に、
しぼんでしまった。
しぼんだ胸の中には、5本の映画が抱きしめられていた。
その5本を あろう事か、瞬くうちに観てしまった。
そして、私の分別の無さは、それで終わらなかった。
次の日、この誘惑に弱い男は、返却に行ったDVD屋の帰り、
あろあろあろう事か、再び5本の映画を抱えていたのである。

計算してみよう。
今週、私は、24本の映画を観た事になる。
決して、暇なのではない。
ちゃんと、ドラマの撮影に行っている。
チャリンコで、40キロ走っている。
プールで、2500m泳いでいる。
小説も3冊読んだ。
ニュースはチェックするし、テレビドラマも観る。
では、なんでそんなに映画を観るの?

一言で、説明すると、
 「どうやら、映画が好きらしいよ」

でだね、さっき観ていたパニック映画
《カウントダウン》の中に、
こんなシーンがあったのだ。
(最後の写真)
テレビニュースが流れているシーンだ。
中国でまたも地震が発生」
というテロップが入り、右下に地図が表記されている。
そこには、日本地図が載り、
なんと、北海道に色が付けられているではないか!
ふ~ん、北海道は中国領土なんだ・・
e0077899_502760.jpg

by ishimaru_ken | 2009-11-27 05:03 | その他
忙しい時ほど サイクリング
e0077899_7365937.jpg
今日、40キロ、自転車で走ってしまった。
>、って事は、昨日って事だ。
一昨日って事だ。

忙しい時ほど、本がよく読めると云う。
忙しい時には、
電車に乗っている時間も、電車を待っている時間も、
すべからく、本を開いている。
なぜか、忙しい時ほど、脳味噌は、活性化しているようだ。

その伝でいくと、
忙しい時ほど、体を動かしたくなる
この仮説も有りうる。

さあ、その仮説を立証すべく、やたら忙しい時に、
私は、自転車で走っている。
昨日も、午前中と午後の撮影の間に空いた
<中アキ(なかあき)>の時間帯に、自転車をこいだ。
中アキタイムは、4時間だ。

衣装から、運動着に着替えた私、サドルに跨った。
ギュルルゥ~
こぎ出すと、もう止まらない。
ガッシャ~ン
こぎ終わって帰って来ると、
40キロ走っていた事がわかった。
ハアハア~
2時間かかった。
ハアハア~
スタンドを立てるや、
衣装室に飛び込み、衣装を着る。
「イシマルさん、どこ行ってたんですか?」
『いや、ちょっと、リオデジャネイロまで・・』
「意味わかりませ~ん」

「そう云えば、イシマルさん、時々アセビショになってるけど、
 何してるんですか?」
『いや、ちょっと、アセワンダムまで』
「駄洒落にもなってませ~ん」
e0077899_7363777.jpg

by ishimaru_ken | 2009-11-26 07:38 | スポーツ
レンタル レンタル レンタル
e0077899_72077.jpg
昨日の反省が全く生きていなかった。
又々、レンタルDVD屋に走ったのだ。
ど~んと借りたのは、6本!
7泊8日で借りた筈なのに、又しても、
1日で観てしまった。
昨日の8本と合わせて、14本の映画鑑賞である。

いくら映画好きだと言っても、この数字は異常だ。
時間にして、計26時間テレビの前に座っていた。
もっと解りやすく説明しよう。

昨日の早朝、このパソコンをバギュンと閉じて、
すぐに、1本目の映画が器械に放り込まれ、
それが終わると、引っ張り出した手で、
次の映画が放り込まれる。
それが、次から次と繰り返され、終わったのが、
夜の10時を回っていた。
チャリにまたがりレンタル屋に走る。
気持ちとしては、<返却>であった。
ふと、カウンターの背後にあった、作品に目が行く。
「おっ、アレ観てないナ・・」

気がつくと、手の中に6本のディスクが掴まれていた。
翌朝、パソコンバキュンと同時に、
ジ~~、器械が回り出した。

<火がつくと止まらない>
という言葉がある。
<映画を観出すと止まらない>
という言葉はない。
しかし、作ってもいいと、今思った。

実は、あと1本で14本目を観終わるのだ。
私は、今、とても心配で困っている。
その後の私の行動に自信がない。
きっと、返却行動に移るに違いない。
チャリを走しらせるに決まっている。
果たして、手ぶらで帰還出来るかどうか・・?
e0077899_704830.jpg
                      雑貨屋
by ishimaru_ken | 2009-11-25 07:03 | その他
クローバーフィールド
e0077899_81321100.jpg
                        あぶくま洞

 レンタルDVDを借りて、映画を鑑賞した。
8本借りて、ハッと気付いたら、8本連続して観てしまった。
連続して観るとは、トイレに立つ以外、
ず~とテレビの前に座っているのである。

<スタートレック>
 最新作は、スタートレック好きを満足させてくれる。
<P2>
 地下駐車場で起こった怖~い話だ。
<新宿インシデント>
 ジャッキーチェンが唯一アクションしない作品だ。
<ジャンパー>
 瞬間空間移動が出来る話。

っと、全部書いても仕方ない。
8本続けて、SFだの、サスペンスだの、ラブストーリーだの、
だのだの、観てしまうと、
どれがどれだか、何が何だか分からなくなった。
私の頭の中では、
ジャッキーチェンがスタートレックの宇宙船に乗っていたりする。
サスペンス2本続けた後に観た、ラブロマンスでは、
いつまでも、主人公の男が怪しかった

たぶん、続けて観ていい映画の本数は・・3本だナ。
4本目からは、頭が混濁してゆくナ。
続けて5本も6本も観るのは、映画を作った方達に失礼だナ。
題名と内容が一致しなくなるのは、あんまりだナ。

しかし、8本とも楽しめたのは良かった。
で、私が、今待ちわびている映画は、
<クローバーフィールド>のPart2 なのだ。
「観た!」
っと興奮している方は、インターネットで、
<クローバーフィールド ネタバレ>を検索すると良い。
まだ観ていない方は、観た後で、検索すると良い。
怖い映画を観るつもりのない方は、知らんぷりするが良い。
e0077899_813111.jpg

by ishimaru_ken | 2009-11-24 08:14 | その他
トマトのヘタ
e0077899_8372032.jpg
外食で、サラダを食べる機会は多い。
そのサラダの中に入っている、<トマト>が問題だ。
大きなトマトが切断されて入っている場合は問題ない。
一番の問題は、プチトマトだ。
小さなトマトが市場に出回るようになって、
何年くらい経つだろうか。
外食産業あるいは、スーパーのサラダコーナーでは、
丸ごと使用出来るので、時間持ちが良く、重宝されている。

今日の問題は、そのプチトマトのヘタだ。
緑色のヘタだ。
あの部分は、食べるモノではないわナ。
食べられないモノに分類してもいいわナ。
アレが大好きで堪らないというお人には、
まだお目にかかっていないわナ。

そのヘタが付いたままサラダに入っているのが、
気に入らない。
何も知らずにサラダをかき回して口に運んだ時、
そのヘタが紛れ込んで、イヤ~な感触を引き起こす。
ペッペッっと吐き出す。
なんで、オマエが入っているんだよ~!

なぜ、ヘタが付いているのか?
それは、レストラン及びスーパー側の策略だと思われる。
<見栄えがいい>
ただただ、その一点に絞られる。
真っ赤な実に付随する
サラダ写真家が、撮影するなら、決してハズサないヘタ。
見栄えの良さが、食感に勝った例として、
レシピ本に載せてもいいのではないかとさえ、思う。

しかし、BUT!ほんじゃけんど!
私は、アレがイヤだ。
いちいち、両手を突っ込み、ヘタを外してゆく。
先にかけてしまったドレッシングに、
手をビチョビチョにされながら、外してゆく。
ああ、ヘタが憎い・・

こんな思い・・いつかもあったな。
アレは確か、イチゴのヘタが付いたままのケーキだったナ。
あの時は、クリームだらけになった指を舐めたもんだった。
だからと言って、今、ドレッシングは舐めたくないナ。
ああ、ヘタが憎い。
e0077899_8375525.jpg

by ishimaru_ken | 2009-11-23 08:39 | その他
バリゲード
e0077899_5161444.jpg
昨日のロケ中に、びっくらこいてしまったのだ。
今まで、信じて喋ってきたものが、間違いだ言われたのだ。

イシマル「犯人は、バリゲードの隙間から発砲を・・」
監督「カット!そりゃ、バリケードやな」

ん・・?
バリケード
ケに点々無いの?
バリードじゃないの?
衣装 「バリケードだな」
助監督「ケードですね」
メイク「ケードじゃない」
ん? ・・ん?

英語辞書を引いてみたら、
Barricade  と書いてある。
ホントだ、 ではなく、 だ。
     G      C
おいらがその言葉を知ったのが15才の時だとして、
40年ほど、バリードと発音してきたぞ。
それは、間違いだったのかい?
誰も、今まで、そんな注意、勧告をしてくれなかったぞ。
一年に何回か、バリゲードと濁って喋ってきたぞ。
ん・・?
ナレーションにバリケードが、登場していなかっただろうか?

アナタはどうだろう?
ケと、濁らずに喋ってました?
一人でもいい、私の仲間はいないだろうか?
えっ、仲間になりたくないって?
えっ、そんな些細なことって?

あのね、人には些細なコトでも、私には重大なのですよ。
今食べているリンゴを
「そりゃミカンと云うんだよ」
と言われたようなもんなのだ。

ロケ現場で、オロオロしていると、折しも共演者のH君が、
こう喋っているではないか。
たすっと連れて来ましょうか?」

ん・・? たすっと?
それって、すけっと じゃないの?
<助っ人>

さあ、H君の慌てぶりっちゃなかったネ。
「え・・?たすっとじゃないの?!
ボク30年ほどずっと<たすっと>って
喋ってましたよ!!!」

H君の顔は、バナナを食べている時に、そりゃスイカだと言われた顔をしていた。
e0077899_515416.jpg

by ishimaru_ken | 2009-11-22 05:18 | 仕事
ウインドサーフィン考
e0077899_56872.jpg
<ウインドサーフィン>をアナタに説明するのが、難しい。
なぜか?
答えは簡単、
ウインドサーフィンの映像を見た事がないからだ。
では、なぜ無いのか?

はい、その前に、他のスポーツを思い出してみよう。
オリンピック種目は置いといて・・
サーフィンだの、スケボーだの、スノーボードだの、
ウインドサーフィンに相通ずる、横乗り系のスポーツでも、
TUTAYAに行けば、レンタルDVDが置いてある。
格闘技だの、プロレスだの、アーチェリーだの・・
普段接しないスポーツでも、
ケーブルテレビを見ている方なら、
視聴率絶好調!ってなもんだ。

では、なぜ、ウインドサーフィンに限って
メディアに登場しないのだろうか?
答えは、これも至極、簡単。

<撮影が難しい>

例えば、
スキーという種目は、ソコに雪があるから、
ソコを滑れば、ソレを撮れる。
例えば、
フリークライミングと云う岩登りのスポーツでは、
ソコに人が登るので、ソレを撮れる。
例えば、
トレイルランと云う山を走るスポーツでも、
ソノ道を人が走るので、ソレと撮ればいい。

そこで、問題のウインドサーフィンだ。
まずもって、風が吹くか吹かないか・・
そこから、頭を悩ます。
吹いたら吹いたで、台風並みの強風かもしれず、
はたまた、鯉のぼりがチョイとだけハタメク微風かもしれず、
その風向も360度定めやらず、
晴天なのか・・土砂降り雨なのか・・
いつその風が吹いてくるのか?
いつ止むのか?
撮影隊のカメラは、どこにどうしていたらいいのか?

一言で言いあらわすなら、
「カメラスタンバイ、いつどこでしたら良いですか?」

てなこって、世間的には、
ウインドサーフィンの映像は一般的ではない。
んだけんども、我々ウインドサーファーからしてみれば、
い~~~ぱい、DVDが出ておってだネ、
水面から、20m近く飛び出す映像もあったりしてだネ、
空中3回転する映像もあったりしてだネ、
大西洋を横断したりしてだネ、
時速100キロ近いスピードで走る映像もあったりしてだネ。
非売品だけんども、イシマルが波打ち際で、
溺れかけてる映像があったりしてだネ・・・
e0077899_554417.jpg

by ishimaru_ken | 2009-11-21 05:08 | スポーツ



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧